「新・冷やし系そば」を食べ比べ 「しぶそば」「清水や」「雪国」で見つけた“厳しい夏”を乗り切る秘策とは?

「新・冷やし系そば」を食べ比べ 「しぶそば」「清水や」「雪国」で見つけた“厳しい夏”を乗り切る秘策とは?

渋谷にあったあの「本家しぶそば」を彷彿とさせる「しぶそば溝の口店」

 梅雨もようやく明けた。そして、東京にはコロナ禍による緊急事態宣言下のオリンピック開催という前代未聞の2021年の夏がやって来た。

 2020年の今頃は新型コロナ感染者数も少なく、楽観的な雰囲気があった。しかし、今年はまるで違う。混沌と憔悴と諦め感。唯一の救いはショウヘイオオタニサンだけである。

 立ち食いそば大衆そば店では、夏場に売り上げが落ち込む。そこに厳しい時短営業が追い討ちをかけている。大手チェーン店では新メニューを発売して乗り切ろうと必死である。

「小諸そば」では「せいろそばと穴子丼のセット」を7月7日から販売開始した。

「箱根そば」では岩下の新生姜を使った「新生姜のミニかき揚げ天と穴子天のそば」、「蒸し鶏の辛味そば」、「鮪たたき丼セット」を8月末まで販売中である。

「ゆで太郎」では「うな丼とのセット」メニューを限定で販売している。

 個人店でも「冷がけそば」などに注力している店も増えている。

 そこで、今回は大手チェーン店「しぶそば溝の口店」、台東1丁目の新規参入店「清水や」、梅島の古参個人店「雪国」を訪問し、夏を乗り切る気になる新メニューを食べてみることにした。

■大盛況の「しぶそば溝の口店」でいただく夏メニューは…

 東急線沿線の駅ナカを中心に展開する人気大手チェーン店「しぶそば」の溝の口店が6月18日にオープンした。同じ場所にあった「梅もと」が今年2月に閉店した後はどうなるのかとヤキモキしていたのだが、「しぶそば」が入ったことで、「しぶそば」ファンは大いに盛り上がったわけである。そして、7月9日から蒲田店を除く全店で「ぴり辛肉つけ蕎麦(大盛無料)」(680円)を新発売するという。そこで、発売最初の日曜日の午前中に「しぶそば溝の口店」を訪問してみた。

 店の入口左側におにぎり売り場があり、渋谷にあったあの「本家しぶそば」を彷彿とさせる外観である。入口右側には、「がっつりつけ蕎麦」というキャッチコピーに大盛無料の文字がでかく載った「ぴり辛肉つけ蕎麦」の大きなのぼりが鎮座している。やる気十分という雰囲気である。

 とにかく新店でとても綺麗なのだが、驚いたのは来店者が途切れないことである。外でメニューを見ている間にも、家族連れや男女を問わない若者達がどんどん入店している。自分もさっそく入店し、チケットを買って普通サイズで注文した。前後の様子では5人に1人は「ぴり辛肉つけ蕎麦(大盛無料)」を注文しているという感じだった。

 待つこと2分で自分の番号が呼ばれたので取りに行く。

■特製のつゆで煮込んだ豚バラのうま味がじわっと…

 まずその姿がなかなかゴージャスである。茹で立ての冷たい生麺の上に豚バラ肉がどさっとのり、多めのねぎと海苔、そして炒った白ごまが添えられている。冷たいつゆには水菜が入って、ラー油がかかっている。白味切りができる金属の道具にのった生玉子も付いてくる。つゆに入れたり、そばにかけたりとお好みでどうぞということのようだ。

 まず、豚バラ肉を食べてみる。しぶそば特製のつゆで煮込んだそうで、じわっと甘みとうま味が広がる。豚バラ肉の量も多い。ラー油のかかった出汁の利いた冷たいつゆにつけて食べるとこれがまた一段とうまい。自分は麺に全卵を落とし、七味をかけていただいたのだが、玉子のまったりした味と辛さが相俟ってなかなかよい。先日行った江古田の「のじろう」も豚バラ肉をつゆで煮込んでいる。豚バラ肉をうまくする秘訣はこの方法なのだろう。

 この夏はあと何回か食べに来そうな予感がする。定番の人気メニュー「冷しぴり辛ねぎそば」(490円)もあるし、「しぶそば」はぴり辛の名手の道をまっしぐらという勢いである。

■台東1丁目の「清水や」の夏のメニューは冷しゃぶそば

 台東1丁目の「清水や」は2月22日にオープンしたばかりの店である。7月に入り再訪すると、店長の宮田純花さんがにこやかに迎えてくれた。その日は緊急事態宣言の再発令前で、この夏をどう切り抜けるか気を揉んでいる真っ只中のようだ。「実は開店してから一度も、正常営業ということを知らないんです。ずっと時短営業ですから。なので、朝と昼の売り上げで勝負するしかないんです」と口調も切実である。朝定食で早朝の売り上げをUPする作戦は功を奏しているようだが、昼の売り上げはまだまだ上がってこないという。

 

 そんな中、「夏にぴったりなメニューを一生懸命考えたんです」と宮田店長はニッコリしながら入口のPOPを指差した。「冷しゃぶそば」(500円)である。

 さっそく注文してみた。待つこと2分。白い平皿にのった出来上がりの姿が実に美しい。

■「サービスたぬきもありますから」と嬉しい一言

 こちらは冷たい生麺の上にゴマダレのかかった豚バラ肉がどさっとのり、きゅうりの千切りとたぬき、そしてねぎが添えられて、ラー油がひと回しかけてある。なんとも涼し気な一杯である。

 ひと口豚バラ肉を食べてみるとこちらも柔らかく甘みを感じる。出汁つゆであっさり煮込んだそうである。「濃い味にするとそばと喧嘩してバランスが悪くなる」という。冷たいそばつゆとゴマダレがいい塩梅で、合間にきゅうりをパクっと食べて、かりっとしたたぬきの食感が時折り口中に広がって行く。これで「500円はぎりぎりの値段設定」というのがよくわかる。緊急事態宣言がなければこれで一杯やりたいところだ。叶う時が来るのだろうか。

「サービスたぬきもありますから、追いたぬきもおすすめですよ」と宮田店長。嬉しいじゃないですか。

■梅島の「雪国」の夏オシは冷し系そばと…

 梅島の「雪国」に前回訪問したのは去年の10月である。当時、店主の山田勇さんは売り上げ減に四苦八苦。熟成返しと出汁の香りが立つ先代のつゆの味を守りつつ、換気やビニールシートによるコロナ対策を万全に営業していたのだが、コロナ前の数字には程遠いと嘆いていた。コロナ禍2年目の夏、山田店主はどうされているか心配になり7月に入り訪問してみた。

 梅島駅改札から歩いて10秒で「雪国」に到着する。立地はすこぶるよい。山田店主が元気に迎えてくれた。

 しかし、開口一番、「店前のパチンコ屋さんが閉店して、ますます人が減っています」と状況は厳しいようだ。店の売り上げは、2020年は前年同月比で3-4割減が続いていたが、年末にかけて徐々に上向いていた。しかし、2021年の年初の緊急事態宣言で一気に減少し、その後解除すればやや戻し、また4月に発令されて減少するというのを繰り返しているという。

「この夏の緊急事態宣言は、相当厳しいのではないか。廃業か継続か常に考えています。もちろん、味の追求は怠りませんよ」と山田店主は悔しい思いを隠さない。

 そんな夏に向けて、今年は冷しのメニューに注力していると山田さんはいう。

■冷しむじなそば(410円)にカリッとした春菊天をトッピング

「冷しのメニューを入口にも貼っています」というので、もう一度外に見に行くと、「冷かけ・冷しわかめ・冷したぬき・冷しむじな・冷しきつね・冷し山菜」の6つのメニューが並んだPOPが貼られていた。さっそく「冷しむじなそば」(410円)に春菊天(70円)を追加して注文してみた。

 待つこと2分、どんぶりが登場した。たぬきが隠れてしまったが、春菊天ときつねものった清楚な姿だ。つゆをひと口。やや甘めの返しが十分に感じられる滋味深い冷やつゆである。この冷やつゆは岐阜の名店「更科」の冷したぬきのつゆに少しだけ似ていると思う。「雪国」ではそばは更科、藪、田舎を選べるが、店主が推薦する藪にしてみた。冷やつゆと藪の相性はなかなかよい。カリッとした春菊天とたぬきを食べてつゆを飲み、きつねをかじってまたそばをすする。しみじみと旨いと思う。

 冷かけ用のつゆは一番だし+二番だし+返しで作るという。もり・ざる用のつゆは一番だし+みりん+返しで作り方を変えている。温かいものも入れれば3種類のつゆを作っているというから驚きである。

■あたたかいつゆに冷たいそば…「つけ天そば」もうまい

 そんな話をしていたら、今年の夏は「冷し系」だけでなく「つけ天そば」(400円)もチャレンジしてみようと思っているというので、追加で注文してみることにした。

「つけ天そば」はあたたかいかけつゆ、冷たいそば、それに天ぷらを併せた一品である。あたたかいつゆと冷たいそばの組み合わせはなかなかうまい。てんぷらをつゆに入れて油を利かせると更にうまいと思う。「あつもりそば」や「セットメニュー」もあり、いつも何を頼むか悩んでしまう「雪国」だが、また1つラインナップが増えるのは嬉しい限りである。

「閉店30分前からは、天ぷらが余っていたら(廃棄するのはもったいないので)無料で差し上げますから、どうぞ声かけてください」とのことである。はやく売り上げの回復が訪れることを期待するばかりである。山田店主がんばって。

 さて、立ち食いそば大衆そば店で2021年の夏を乗り切るメニューを幾つか食べてみた。やはり、ポイントは「冷やし系」に「豚バラ肉」を使って「つけ蕎麦」にしたり、「冷しゃぶ」にしたり、また、天ぷらを「つけ天」でさっぱり食べられるように工夫していることである。新しいメニューに出会えることを楽しみにこの夏を乗り切ろうと思う。あと脱線だが個人的には中野ブロードウェイ地下の「デイリーチコ」の「和風冷しラーメン」(330円)も外せない。

写真=坂崎 仁紀

INFORMATION

「しぶそば溝の口店」
住所:神奈川県川崎市高津区溝口2-1-1(駅構内)
営業時間:7:00〜20:00(日祝19:00)
定休日:なし

「清水や」
住所:東京都台東区台東1-1-15
営業時間:6:00〜18:30
定休日:日・祝

「雪国」
住所:東京都足立区梅島1-12-7
営業時間:月〜金 6:30〜18:00
     土 6:30〜17:00
定休日:日祝(3連休の土)


?

(坂崎 仁紀)

関連記事(外部サイト)