「お金しか信用できなかった」3億円貯金したAV女優・里美ゆりあが7年間も確定申告を行わなかった“想定外の理由”

「お金しか信用できなかった」3億円貯金したAV女優・里美ゆりあが7年間も確定申告を行わなかった“想定外の理由”

©iStock.com

「自由に使える裏金を工面してくれるはず」 “悪魔の囁き”に耳を傾けてしまった青汁王子…脱税工作の知られざる“真相” から続く

 政府は2011年度の税制改正大綱で「健全な納税者意識のより一層の向上に向け、今後とも官民が協力して租税教育のさらなる充実を目指す必要がある」とうたった。しかし、世間を賑わせる脱税事件はいまだに多い。“租税教育のさらなる充実”は、果たされているのか。

 ここでは国税記者として長年活躍を続ける田中周紀氏の著書『 実録 脱税の手口 』(文春新書)の一部を抜粋。確定申告を7年間放置し、結果的に1億1550万円の追徴課税を命じられたAV女優、里美ゆりあ氏のエピソードを紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■3億円稼ぐも確定申告を知らなかった人気AV女優

 こうした租税教育のお寒い現状が引き起こした悲劇が、14年11月に表面化した人気AV女優、里美ゆりあさん(29)の所得隠しだろう。彼女は13年までの7年間、約2億4500万円の所得を全く申告していなかったとして、重加算税を含む約1億1550万円を追徴課税された。この件について里美さん自身は、17年11月に上梓した自伝『 SEX&MONEY 私はそれを我慢できない 』(展望社)で自身の想いを語っている。彼女の身上に関する記述は原則として、この自伝から引用した。

 1984年に母親の愛人の子として横浜市鶴見区で生まれた里美さんは、小学6年生でセックス初体験。中学にはあまり通わず、高校も1カ月で退学して、援助交際や風俗パブのホステスとして働くなど、奔放な毎日を送った。

 03年に「小泉彩」の名前でAV女優としてデビューし、08年に「里美ゆりあ」と改名して再デビューすると、「痴女女優」というハードなドS(極端なサディスト)キャラと、持ち前の白い肌と長い舌を生かしたプレイで人気に。これまでに400本以上のAV作品に出演し、ピーク時には単体(特定メーカーと専属契約して出演する作品)1本で数百万円を稼ぐ売れっ子になった。AV女優やグラビアアイドル、モデルなどで編成する女性アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」6期生としてバラエティ番組に進出し、テレビタレントとしても活躍を続けている。

■貯めも貯めたり3億円

 16歳の時、同棲していたDV男と別れた里美さんは、離婚して別々に暮らしている父親の指示で、父方の祖母と大叔母が大家である川崎市内のアパートの一室(2DK)に転がり込んだ。アパートのポストには鍵もなく、当初は風呂にシャワーも設置されていなかった。セキュリティなど存在しないも同然のボロアパートだったが、同居していた祖母と大叔母が亡くなり、AV女優としてブレイクしたあとも、彼女は都心のマンションなどに引っ越すことなく、月5万円の家賃を払って、ここで1人暮らしを続けた。それまでの経験から他人を信用できず、以前から「1人で生きていくしかない」と考えていた里美さんは、そのためのカネをひたすら貯め込もうと決意した。

「お金しか信用できなかった。お金だけが味方だ。お金は私の最終的な希望なんだ。だから、自分でお金を貯めるしかない。80歳まで生きるとして計算すると、3億円くらいあればいいんじゃないか。3億円貯めよう」(自伝より)

 それからはさらに徹底した節約を心掛ける一方、AVの出演料だけでなく、株取引で成功していた投資家など様々なルートから受け取った「お小遣い」、さらには飲み会に参加することでもらえる数万円やタクシー代などの現金収入を貯め続け、実際に3億円貯めた。頭の中は不安とカネに完全に支配されていたという。

■料調は「接待業」と認定

 個人事業主として、大手AVプロダクション「ティーパワーズ」(東京都品川区)と業務委託契約を交わし、活動に応じた報酬を受け取る里美さんには、確定申告の経験が全くなかった。その理由について彼女は、税務調査後に提出した「異議申し立ての理由書」の中でこう述べている。

「所属事務所の経理担当者から『10%の源泉所得税を徴収しているから、敢えて申告の必要はない』と聞かされたので、確定申告書は提出していません。私が使った費用などの領収書類は、ティーパワーズの社長が買い取ってくれていたので、過去の領収書等は所持していません」

 源泉所得税を徴収されて、経理担当者に「申告の必要はない」と言われていても、里美さんが個人事業主である以上、確定申告はもちろん必須だ。領収書の類も自身で保存し、事業収入から必要経費を差し引いて自身で確定申告するか、領収書などを税理士に渡して処理を依頼すれば済む。だが、彼女にはそうした知識が全く欠けていた。時々、撮影現場でスタッフなどから「年1回、申告しなければいけない」と耳にしていた里美さんが3億円貯めたあと、知人に「所得って申告しなきゃいけないの? したらどうなるの?」と尋ねると、「税金は自分の意思で申告するもので、申告したら今の貯金の半分くらいは税金として持っていかれるだろうね」と聞かされ、真っ青になったという。

 そして14年4月、恐れていた事態がついに現実となる。念願の3億円を貯めて、川崎市内のアパートから東京都目黒区内の賃貸マンションに引っ越していた里美さんを、料調(編集部注:国税局の資料調査課)の実査官4人が訪ねてきたのだ。同時刻にはティーパワーズに3人、千葉県内の実家に2人の実査官が来訪。倒産していた以前の所属事務所の社長にも反面調査(対象の相手先などに対する調査)が及んだ。

 AV出演料以外の里美さんの収入について、料調は「知人や特定の個人からの紹介で『接待業』を反復継続的に行い、対価を得た」と認定していた。国税当局が規定する接待業とは、どんな職業なのか。関係者が解説する。

「特定の客や客のグループに対して、飲食行為に伴う通常のサービスを提供するだけでなく、それを超える会話やサービスを提供する人たちを指します。要するに売春業、つまりコールガールです。料調は、里美さんが複数の会社経営者らと一定期間契約を結び、彼らが顧客を接待する際のコールガールとして派遣されていたと認定したのです。1990年前後に、複数の証券会社が産油国ブルネイの王族を接待したあと、当時売れっ子だった複数のAV女優を宿泊先のホテルに派遣して“売春接待”させていましたが、それに類する行為の報酬と見做したのでしょう」

■事情聴取中のショックから過呼吸症候群に

 里美さんに対する料調の事情聴取は約1週間、休みなく一日7〜9時間続けられた。事情聴取の終了後に彼女が提出した手書きメモ(4行目の途中までが里美さんの文字で、それ以降の7行分は担当のT税理士の代筆とみられる)には、聴取した料調の実査官の態度がいかに尊大で高圧的だったのかが記されている。

「国税局の○○さん〈原文は実名〉にうち合せの日に電話で日にちをずらして

ほしいと言ったところものすごいけんまくでおどされました。

『約束しましたよね?』『いつどこで誰とあうんですか』と仕事の内容についても

調査だからと協力するよう脅されました。

『売春業でも申告は必要だと言われ、あたかも私が

他人の紹介で売春を行っていたかの様に脅されました。

私が過去の婚約者からもらった慰謝料と言っても

『そんな筈はない』と笑われました。

このままだと『査察』に引き継ぐことになると言われ

まるで犯罪者の様な口調で話をされました。」(原文ママ)

 里美さんはそれ以外にも「7年前の○月○日、○円を口座に入れてるけど、これは何のお金?」「これはどこで、誰と会ったときのお金? 飯は何食った? 思い出して」「これはタクシー代としてもらった金? 何月何日何時ごろ、どこからどこまで乗ったの?」「これは誰からのお金? その人の連絡先は?」などと、根掘り葉掘り尋ねられた。逐一思い出せるはずもなく、聴取中に過呼吸症候群になるほど動揺した彼女は、やむなく供述書にサインした。

■「私は『女優業』ですから決して『サービス業』ではありません」

 最初の事情聴取から2カ月後の14年6月19日に、里美さんが所轄の目黒税務署長に提出した、ワープロ書きの申述書(重加算税を課せられた納税者が、不正な税務処理を行ったと認めて提出する文書)にはこう記されている。その一部を抜粋しよう。

「1、確定申告について

 私の税に対する無知、認識不足によりプロダクションからの報酬につきましては10%の源泉所得税が差し引かれていたので申告はしなくても良いものだと思っておりました。大変申し訳なく深く反省しております。

2、税務調査時における供述について

 調査官から『サービス業』との指摘があり供述書にサインさせられましたが私の無知とその場から一刻でも早く立ち去りたい気持ちから安易にサインしたものです。私は『女優業』ですから決して『サービス業』ではありません。

3、売春行為が違法であることの認識について

 私が今まで貯めたお金につきましては交際していた男性から確かに金銭の授受はありましたが私が決めた金額でもなく精神的、肉体的な慰謝料として頂いたもので自由恋愛の結果だとおもっております。売春行為が違法であることは知っていますし、ましてやそういう事を職業として考えた事は一度も有りません。 私の住居のセキュリテイが悪く物騒なので預金に入金しておりましたが全てお金は自分の名義で貯蓄おりましたし、決して隠そうと思ったことはありませんでした。

 以後このようなことがないように適正な申告をするよう努力いたしますのでどうか寛大なる処分をお願い申し上げます。」(原文ママ)

(田中 周紀/文春新書)

関連記事(外部サイト)