辞任&解任ドミノの続く東京五輪“開会式オンエアバトル” ラーメンズもびっくりの「シュールなオチ」とは…?

辞任&解任ドミノの続く東京五輪“開会式オンエアバトル” ラーメンズもびっくりの「シュールなオチ」とは…?

©iStock.com

 東京五輪開会式の演出チーム。小山田圭吾氏に続き小林賢太郎氏がいなくなった。まるで開会式オンエアバトルである。

 しかし「呪われた五輪」という言い方はどうだろう。別に呪われてはいない。大会運営が最初から酷いだけだ。

 ある大会関係者は「責任の所在があいまいなまま、判断が後手後手になる。この大会を招致した時からずっと、問題の本質は変わっていない」と述べている(朝日新聞・7月18日)。

「ここまで来たら引き返せない。もう飛び込むしかない」(毎日新聞・5月29日)

 どちらも小山田&小林問題以前の記事である。大会運営の酷さは、たとえば開会式の演出チームをみてもメンバーの変遷が激しすぎた。

 小林賢太郎氏は、「女性タレントの容姿を侮辱するメッセージを演出チームのLINEに送ったとして辞任した統括プロデューサー佐々木宏氏のもとで演出を担当」していた(朝日新聞デジタル・7月22日)。

■リオ五輪閉会式での「安倍マリオ」 真の狙いは…?

 ここらへんにポイントがありそう。過去記事を振り返ってみると、私が五輪関係の記事で初めて「佐々木宏」が気になったのはこれ。

『安倍マリオ 当初候補はアスリート 3週間前に急きょ』(日刊スポーツ・2016年9月10日)

《演出を手がけたクリエーティブディレクター佐々木宏氏が都内で会見し、明かした》

 リオ五輪の閉会式に出てきた「安倍マリオ」で佐々木氏の名が出ていたのである。

 私があのとき安倍マリオの経緯を調べていたのは「安倍マリオとは小池百合子潰しではなかったか?」と思ったからだ。大会組織委員会前会長だった森喜朗と小池百合子は以前から仲が悪い。「小池百合子都知事がリオ五輪の閉会式で目立つくらいなら安倍ちゃんを出そう」という思惑は1%でもなかったか?

 この見立てが当たっているかどうかは森喜朗本人に聞くしかないが、安倍マリオの「成功」に森喜朗がご機嫌だったことは事実。以後、各所でネタにしていた。安倍マリオはこのあとの混乱の要因として覚えておいてほしい。

■当初の演出チームは山崎貴、野村萬斎らが名を連ねていたが…

 そもそも東京五輪の開会式の演出チームは映画監督の山崎貴氏、狂言師の野村萬斎氏、映画プロデューサーの川村元気氏らだった。

《このメンバーに注文をつけたのが、森氏です。リオ五輪の閉会式で、安倍晋三首相(当時)がマリオに扮して土管から飛び出す演出が話題になりましたが、セレモニーの成功に気を良くした森氏が、東京大会の演出陣にも『リオの演出陣を入れるべき』と主張。結果、佐々木氏や椎名林檎氏らリオのメンバーも加わった。〈演出チーム〉は計八人で船出したわけですが、これが現在に至る大混乱の始まりだったわけです」(組織委関係者)》(週刊文春・3月25日号)

 そのあと山崎貴氏→野村萬斎氏→MIKIKO氏と実質的な責任者がコロコロ代わる。野村氏を降ろしたのは森氏主導と文春は伝えた。

■開会式混乱の原点は5年前の「安倍マリオ」?

 さらにコロナで1年延期が決まってから「佐々木氏による“クーデター”が始まっていく」(週刊文春・同)のである。森喜朗の力を背景にして。

 文春の見出しは佐々木氏による女性タレントへの侮辱に関したものだったが、読んでみたら佐々木氏の「MIKIKO氏排除」というさらにえげつないことが書かれていたのだ。

 佐々木氏は小林賢太郎氏をチームに招く。「小山田氏を抜てきしたのも自分だ」と認めている(週刊文春・7月29日号)。佐々木氏が侮辱問題で辞任したあとは小林氏が演出を統括する体制になっていた。

 開会式の混乱は5年前の安倍マリオから始まっていた。森喜朗が東京の開会式にも口を出し、それに乗じて佐々木氏が開会式演出チームのトップになった。しかし森&佐々木の昭和オヤジスキームは価値観の古さ・酷さを世界に発信してしまい混乱をさらに生んだ。

■「開閉会式コンセプト=前を向いて生きる」

 古さのあとは「新しさ」である。

 現在の組織委の統括は日置貴之氏だが、この方のインタビューが話題なのだ。

『開閉会式コンセプト 前を向いて生きる』(日刊スポーツ・7月15日)

〈――開閉会式で何を伝えたいか

?

「大会の基本コンセプトに『ダイバーシティー&インクルージョン(多様性と調和)』とある。この時代に『国民は』とか『世の中の人々は』という表現は完全な時代遅れだ。国民って誰? 人々って誰? という時代。その人々とは日本人のこと? ということ。これを多様にイメージしていく。受け手の気持ちになって考えることが唯一、コミュニケーションの今後のあり方だ。それを考え開閉会式をつくってきた」〉

 ペラペラしゃべってる様子が活字だけでも分かる。注目は次のくだり。

〈――その「ダイバー…」

?

「それを言えない段階でだめ。僕が大事にすべきは、みんながそれを言える、理解する開閉会式にしなければいけない」〉

 食い気味で言われたことをわかりやすく表現している。記者の意地というか読ませどころだ。

■「復興五輪」の要素は「たまたま書いてないだけ」

 さらに「復興五輪」という言葉をコンセプトに盛り込まなかった意図を問うと日置氏は「省いたつもりはない。たまたま書いてないだけ。演出には復興の観点もあり、1ミリも忘れていない」。

 それを省いたというのです。軽さと虚しさ。このあとも、

「まあ、皆さんは日本人しか読まないメディアかもしれないけど(笑)。僕自身、海外でずっと生活してるので、やっぱりすごく不思議に思うところも日本にはある(笑)」

 イヤ〜な感じ。

■インタビューから漂う「インチキ臭さ」で思い出すこと

 さらに「コンセプトが全て英語だが高齢者の方も読むし、日本の新聞なので日本語表記がほしい」という記者の問いに「コンセプトの日本語は用意していない。世界に分かってもらいたいということで英語のみになった」。

 ありがとう、自称・ダイバーシティー&インクルージョン!

 ダイバーシティとかコンセプトとか気持ちよく喋ってるほどインチキ臭さが漂う。既視感があったと思ったらアレを思い出した。

 安倍前首相は2013年9月、IOC総会でのプレゼンテーションで原発の汚染水について「アンダーコントロール」と言った。しかし汚染水だけでなく現在は新型コロナウイルスもコントロールできないまま。大会運営のコントロールも最初から最後までめちゃくちゃ。アンダーコントロールはずさんな東京五輪を象徴する言葉となった。

 安倍氏がこだわった「完全な形での開催」は消えた。昨年の森喜朗インタビューによれば延期について「2年延ばした方がいいのではないですか」と森氏が言った際に安倍氏は「日本の技術力は落ちていない。ワクチンができる。大丈夫です」と応じたという(朝日新聞デジタル「森会長が語る舞台裏 『なぜ1年』問われ首相は断言した」・2020年4月1日)。

 ワクチン普及を前提として「1年延期」に自信満々だったのだ。

■辞任ドミノが続いた開会式の壮大なオチは… 

 こうしてみると安倍前首相の『アンダーコントロール』発言は壮大な出オチだった感がある。アンダーコントロールや安倍マリオというオヤジギャグに小林賢太郎さえ飲み込まれてしまったという解釈さえしたくなる。

 そして開幕直前にこんなニュースが。

『安倍前首相、五輪開会式欠席へ』(共同通信・7月22日)。

 出オチも凄かったがこんなオチも見たことない。

 見事にシュールなコントである。

(プチ鹿島/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)