オリパラ文化プログラム参加辞退の絵本作家のぶみ氏(43)に“いじめ問題”を直撃!「本当に腐った牛乳を先生に?」

オリパラ文化プログラム参加辞退の絵本作家のぶみ氏(43)に“いじめ問題”を直撃!「本当に腐った牛乳を先生に?」

オリパラ文化プログラムを辞退したのぶみ氏 公式YouTubeより

 東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」に参加していた絵本作家・のぶみ氏(43)が7月20日、当該イベントへの出場を辞退した。

 過去のSNSでの発言や、自伝で「女性教師に対し3ヶ月前の牛乳を飲ませた」と記述していたことが「いじめではないか?」と問題視され、ネット上で大炎上していたことが原因とみられている。のぶみ氏本人は辞任の理由について、公式なコメントを出していない。のぶみ氏の知人が明かす。

「これからしばらくは安全地帯でほとぼりが冷めるのを待つつもりでしょう。辞任当日の夜も『Clubhouse』内で通常の活動を続けており、今回の騒動に触れることもなく、ファンを相手に雄弁を振るっていました」

■執筆した絵本は約250冊の“ベテラン絵本作家”

 のぶみ氏は、これまで約250冊の絵本を執筆。絵本作家歴は22年のベテランだ。

 2015年に発表した代表作「ママがおばけになっちゃった!」(講談社)は61万部を突破、人気絵本作家として「情熱大陸」(MBS)をはじめ複数のメディアに出演してきた。

 NHKとの縁は特に深く、Eテレの人気子供向け番組「みいつけた!」の「おててえほん」というコーナーのイラストを担当、「おかあさんといっしょ」(Eテレ)で放送された人気曲「おしりフリフリ」や「コチョコチョむしのコチョたろう」の作詞を手がけるなどしてきた。

 その一方で、のぶみ氏は“元ヤンキー”の絵本作家であることを自称している。過去の雑誌のインタビューでは、小山田氏同様、前述の“牛乳事件”以外にも数々の武勇伝を語っている。

■「池袋のチーマーのヘッドだった」「160人の暴走族のリーダー」

〈昔は池袋のチーマーのヘッドだった。だけど、当時の仲間はスレてて、仁義に反することばっかりする。だから、ムカついてチームをやめた。その後、ピュアな友人がほしくて通った保育士の専門学校で、絵本を描き始めたんだ(略)講師からは「これが一番いけない」と、作品を指さされた。あまりにけなされた時には、ケンカ腰で講師と口論した。イスと教壇を蹴り、黒板を殴って教室を出て行ったこともあった〉(「AERA」2005年2月14日号)

〈高校時代、暴走族のリーダーだったんですよ。160人ぐらいいたかな。ボクが考える遊び方がウケたんです。高速道路で花火を撃ち合ったり、消火器をブチまけゴーストバスターズのマネをしたりね。子どもを楽しませる、いまのボクの職業からはとても想像できないと思いますが…〉(『FRIDAY』2016年12月30日号)

■“元不良”たちの間で当時ののぶみ氏を知る者はいなかった

 また、別のテレビ番組のインタビューでは「過去33回逮捕された」と告白していた。だが、取材班が都内の同世代の“元不良”を複数取材しても、彼を知る人物は現れなかった。

 前出の知人が語る。

「彼は『売れるには、自己プロデユースが大事だ』とよく話しています。『元暴走族で今こういう感じっていうことで、メディア出演の依頼がくるんだ』って……。彼が何よりこだわっていたのは『どうやったら有名になれるか』でした。承認欲求が強く、輪の真ん中にいることが好き。でも我が強く他人の気持ちを理解しようとしないため、これまでもたくさんの人と揉めてきた」

 実はのぶみ氏の炎上騒動は今回が初めてではない。2018年2月に、“元うたのおにいさん”の横山だいすけ氏も巻き込んで「あたしおかあさんだから」騒動を引き起こしている。

■たびたび「炎上騒動」を起こしていたのぶみ氏

「『あたしおかあさんだから』はのぶみ氏が作詞を手掛け、だいすけお兄さんがネット配信番組で歌った曲です。『あたしおかあさんだから』というフレーズを14回つかい、子育てのためにネイルも仕事も、遊びも全部やめると宣言するお母さんのことを描いた曲でした。これが『母親に自己犠牲を強いている』『ワンオペ育児賛歌だ』と批判され、ネットで大炎上したのです」(児童書編集者)

 最近では、のぶみ氏が絵本のテーマにしてきた「胎内記憶」が物議を醸した。のぶみ氏は自身のSNSで『帝王切開でうまれるのも くもの上で自分できめるみたい』『病気のマルを選ぶ子は 神さまと病気をもって産まれても 耐えられるママをえらぶそうだ』(原文ママ)などと綴っていた。

「のぶみさんがこれまで手がけた作品の多くは、子どもというより、育児に悩む母親をテーマにしていました。読者のなかにはそんなのぶみ氏の作品に感銘を受け、のぶみさんが主宰するワークショップを手伝ったり、彼の活動を支えるボランティアとなるママもいました。そうして“のぶみ信者”となったママのなかには子どもが成長し、育児を卒業してものぶみ氏を崇拝し、妄信から家族内が不和になるケースもあった」(のぶみ氏の元支援者)

■のぶみ氏はファンと不倫関係だった…?

 今から3年前の2018年2月、「あたしおかあさんだから」騒動が勃発した際、文春オンライン取材班のもとには、のぶみ氏がとあるそうしたファンの女性と「不倫関係に陥っている」という情報ももたらされた。この件については #2 で詳述するが、当時取材班は様々な疑惑について直接話を聞こうと、のぶみ氏が参加したイベント後に行われたファンとの食事会が終わるのを待っていた。

 しかし、食事会が行われた飲食店では常に、支援者たちが周囲を警戒するようにのぶみ氏を囲み、取材班はのぶみ氏への“直撃”を断念せざるを得なかった。食事会で、のぶみ氏は女性ファンたちに囲まれ満面の笑みをみせていた。前出の元支援者が語る。

■「イベント後に親しくなった参加者にハグを…」

「あそこは、完全な『のぶみ村』で、村長であるのぶみさんに何があろうと、ボランティアやスタッフたちが献身的に守ってくれる。どれだけ炎上しても、周囲は諫めることをしないので、彼のスタイルはずっとかわりません。のぶみさんは、イベント後に親しくなった参加者にハグを求めることがよくあります。進んで近寄る参加者もいれば、嫌がる女性もいる。でも彼はおかまいなし。基本、美人な女性とのハグは長く、なかには口説かれた女性もいる。女性ファン同士のトラブルもよく聞きます」(前出・のぶみ氏の元支援者)

 今年、緊急事態宣言中の時期にも、のぶみ氏は東京オリンピック・パラリンピックの文化プログラムの一環として、絵画イベントを開催している。

「今年の5月と6月に、障がいをもつ方を集めてのイベントを開きました。ただ、参加者が密な状態で作業することを強いられる場面があり、『何故こんな時期に?』と関係者の間でも批判の声があがっていました」(前出・のぶみ氏の知人)

 文化プログラムを辞退した翌日の7月21日、取材班は自宅を出るのぶみ氏を直撃した。

「のぶみさん、すみません。文春オンラインです」と記者が声をかけると、のぶみ氏は何も言わずに突然全力で走り去ってしまった。30分後、偶然駅前の天丼屋で昼食をとりコンビニに立ち寄る姿をみかけた取材班は、店を出た後にのぶみ氏に再び声をかけた。

■「すみません、何も話せないんです」

――先ほどは驚かしてすみません。なぜイベントの出場を辞退されたのでしょうか?

「すみません、何も話せないんです」

――「腐った牛乳を先生に飲ませた」などSNSで問題視された記述は事実でしょうか?

「……」

――本当に元暴走族の総長だったんですか?

「……」

 無言で、そのままタクシーを止め、乗り込もうとしたのぶみ氏。記者が最後にこう質問すると、一瞬、身体を固まらせた。

――のぶみさん、過去の不倫についてもお聞きしたいのですが。

(タクシー運転手に)「すいません、出してください」

 そのままタクシーは記者をおいて走り去ってしまった。 #2 では、のぶみ氏の過去の不倫相手の告白を、その証拠と共に詳報する。

《相手女性が告発》絵本作家・のぶみ氏が“復興ボランティア不倫”「NHKの仕事の後はきまって私の家にきました」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)