《篠原涼子と市村正親、離婚発表》「妻は若くてキレイだし最高!」…夫・市村が語っていた妻・篠原との“夫婦円満の秘訣”

《篠原涼子と市村正親、離婚発表》「妻は若くてキレイだし最高!」…夫・市村が語っていた妻・篠原との“夫婦円満の秘訣”

篠原涼子 ©文藝春秋

 俳優の市村正親(72)と篠原涼子(47)が7月24日、離婚を発表した。新型コロナウイルス感染防止のために2人は別居しており、長男と次男の親権は市村が持つという。舞台での共演をきっかけに2005年に結婚した2人は、おしどり夫婦として知られていた。市村が語っていた篠原との“夫婦円満の秘訣”とは…。当時の記事を再公開する。(初出:週刊文春2020年3月12日号。肩書き、年齢等は当時のまま)

◆◆◆

「市村さんは、このドラマのオファーに『よかったじゃない!』と手放しで喜んでいます」(芸能プロ関係者)

 ミュージカル界の大スター、市村正親(71)をエビス顔にさせたのは、妻の女優・篠原涼子(46)。

 篠原が主演を務めるドラマ「ハケンの品格」(日テレ)が2020年4月に復活。実に13年ぶりの続編となる。

「前作は篠原演じる派遣社員の痛快さが女性視聴者を中心にウケ、最終回は26%の高視聴率を獲得。韓国でもリメイクされました」(スポーツ紙記者)

 4月期のドラマは各局、大物揃いだ。堺雅人の「半沢直樹」(TBS)、織田裕2の「SUITS」(フジ)、木村拓哉の「BG〜身辺警護人〜」(テレ朝)と、居並ぶ人気作の続編に篠原が挑む形となった。

 篠原は1990年、アイドルグループの一員としてデビュー。翌年「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジ)の出演者に抜擢された。

■篠原28歳、市村52歳の時に2人は出会った

「松本人志らに突っ込まれる天然気味の発言で、バラドル路線一直線かと思われたが、94年、小室哲哉が手がけた楽曲『恋しさと せつなさと 心強さと』で突如トップ歌手に大化け。そして2001年、舞台『ハムレット』での市村との出会いで“女優開眼”。篠原は2度化けたと言える」(芸能ジャーナリスト)

 当時篠原28歳、市村は52歳の既婚者。

「市村さんは篠原に『お芝居のセンスがある』と感じたそうで、自らアドバイス。プライベートでも急接近した。結婚は05年。今も、舞台や映画の仕事は『これ、いいんじゃない?』と市村さんが吟味して出演を薦めていますし、観た感想も伝えるそうです」(前出・関係者)

 それは複数の主演女優賞を得た映画「人魚の眠る家」(18年)の出演を決めた際も同様だったという。

「娘が事故で意識不明となる役柄で、篠原は『怖い』と2の足を踏んだのですが、市村は『いい作品なのに、お前がやらなくてどうするんだよ』と背中を押した。篠原はその場で事務所のスタッフに承諾の電話をしたそうです」(前出・記者)

■「妻は若くてキレイだし最高!」と市村

 市村はイベント時の会見など、ことあるごとに妻を臆面もなくベタ褒めする。

「『自分が若いのは美しいカミさんのおかげ』とか『妻は若くてキレイだし最高!』と。妻の話をすることでメディアが取り上げやすくなり、夫婦のイメージが上がることも計算しているのでしょうが、当然篠原も悪い気はしないはず。一方で、夫婦円満の秘訣は『忍耐』『男が逆らわないこと』などと笑いを取ることも忘れない」(同前)

 篠原は、有名私立小学校に通う小5と小2の男児の母でもある。

「運動会には毎年のように夫婦で参加しています。ママ友との食事会にも気軽に参加して、情報収集に余念がありません。息子さんの帰りを学内の食堂で待つこともあるそうです」(知人)

 市村も、夜9時前には帰宅する毎日だという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年3月12日号)

関連記事(外部サイト)