「紫外線から肌を守る」だけじゃない日傘の“もう一つの大切な役割” 男性にも知って欲しい「医師の勧める日傘の選び方」

「紫外線から肌を守る」だけじゃない日傘の“もう一つの大切な役割” 男性にも知って欲しい「医師の勧める日傘の選び方」

©iStock.com

 陽炎が漂うような炎天下でも、日傘をさして凜とした表情で歩く女性は涼しげだ。

 一方、滝のような汗で肌にワイシャツを貼り付けて、頭から湯気を上げて、口半開きで歩くお父さんの姿は、こちらまで暑くなってきそうで、できることなら見たくない。

 異なるのは「日傘の有無」。

 汗濡れシャツのお父さんに日傘を持たせればあら不思議。汗も止まって表情もキリリと引き締まり、クールで爽やかな紳士に早変わり……。そこまでは極端ではないものの、当人の感じる清涼感は大きいはずだ。

「炎天下における日傘による熱中症予防の有効性は論文になっていて、医学的にも推奨されるアイテムなんですよ」

 と語るのは順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科准教授の木村有太子医師。

 日傘が担う最大の効能は「紫外線から肌を守る」というもの。女性が日傘に求める最重要機能もここだ。メーカー側もそれは知っていて、傘の生地にUVカット加工を施すなど、さらなる販路拡大に力を入れている。

■日傘の“もう一つの役割”

 しかし、日傘にはもう一つの大きな役割がある。「遮光による体表温度の上昇抑止」だ。

 この時期、日なたを歩いていてビルや木の陰を見つけると、誰でも陰を選んで歩く。そしてめざす陰に入った瞬間、その清涼感に恍惚の表情を隠せなくなる。そして、地球上に「陰」があることに感謝し、歓喜の涙にむせぶのだ。

 日傘をさす、という行為は、そんな歓喜を持ち歩くのと同じことなのだ。

「日傘の有効性を検証した論文には、炎天下のイベントで日傘を使うことで、熱中症のリスクを下げることができた――と書かれています。そう考えると、日傘を女性だけのものにしておくのはもったいないですよね」(木村医師)

 事実、そのことも生産者側は知っていて、メンズ日傘の開発には業界を挙げて取り組んできた歴史がある。

 国内約40社の洋傘メーカーで構成される日本洋傘振興協議会事務局の田中正浩氏は語る。

「当協議会でも10年ほど前から『男性に日傘』を呼びかけ、2013年には“日傘男子”という言葉が流行語大賞にノミネートされたのですが、話題レベルに留まり、市場拡大には至っていないのが実情です」

■なぜ“準備万端”なのに男性に日傘が広まらないのか

 医学的に推奨され、メーカー側の生産供給体制も整い、しかも年々酷くなる殺人的な猛暑――。それでもなお男性が日傘を持とうとしないのはなぜなのか。

 そこで記者は、周囲にいた15人の男性に、「日傘を持っているか?」と訊ねてみた。

 結果は、「持っていない」13人に対して「持っている」が2人。

 多数派の「持っていない派」の男性からは、「正直言って女性がうらやましいが……」「人目が気になるうえ、片手が塞がってしまう」などといった言葉も聞こえる中、数少ない「持っている派」は、日傘の所有理由をこう答えた。

「帽子では暑くて汗で濡れてしまうが、日傘ならその心配がなくて快適だから」(A氏=60代)

「交際中の女性の日傘に入れてもらったところ、その涼しさに感動して。当時は外回りの営業職だったので、すぐに購入しました」(B氏=30代)

■今度は女性に聞いてみた

 こうした男性心理を、世のご婦人方はどう見ているのだろう。

 こちらも記者の周辺の30〜50代の女性13人に訊ねて回ったところ、9人の回答を得ることができた。

 まず「日傘男子を見たことがあるか」という質問。「ある」が6人、「ない」が3人。「ある」と答えた6人の女性に、その時に持った印象を率直に語ってもらったところ、声を揃えてこう答えた。

「意識高い人!」

 しかし、同じ「意識高い」でも、その評価は真二つだ。

 肯定派は、「気になって顔を凝視したら、男性としてはかなりきれいな肌だった」(Cさん=40代)。否定派は、「『美意識が高いのですね』と半分馬鹿にしてお世辞を言ったら、『紫外線はお肌の敵だから』とマジ返しされて……」(Dさん=50代)。

■「“美容”を気にし過ぎるのは男らしくない」は少数派

 では「自分の配偶者や恋人などに日傘の使用を推奨するか」という質問にはどう答えるのか。

「勧める」2人
「条件付きで勧める」5人
「勧めない」2人

「勧めない」という意見からは、「ただの友人や知らない男性が日傘を使うことには何も思わないけれど、恋人となると話は別。保守的な考えかもしれないが、他者の目に見える形で“美容”を気にし過ぎるのは男らしくないと思う」(Eさん=30代)という声も聞こえてきた。

 ただ、それはあくまで少数派。

「夫と歩いているときに日傘をさしている男性を見かけて,『ほらね。あなたも日傘を持っていいんじゃない?』と言ったことがある。夫は日焼け止めさえ塗らないので、額や鼻が日焼けして赤くなるので……」(Fさん=40代)

 他にも「積極的に勧めることはないが、日傘をさしたからといって止めるつもりもない」という意見など、肯定的な意見が多数を占めた。「健康のためには日傘をさしてほしいが、それによって周囲から妙な目で見られたらかわいそう」(Cさん=40代)などの揺れる女心も続いていく。

■お医者さんの勧める「日傘の選び方」

 すでに触れた通り、男性の日傘は「美容」よりも「体温調節」を主たる目的としている。日本の厳しい夏において、時にそれは「生命維持」の役割を担うことさえありうる。

 そこで前出の木村医師に、同じ使うなら男性はどんな基準で日傘を選ぶべきかを訊いた。

「持ち運びのことを考えるとコンパクトさは重要ですが、実際にさす時には“陰が肩まで覆う大きさ”が理想です。女性用の日傘ではちょっと小さいので、やはりメンズ日傘を選んだ方がいいでしょうね」

 高校野球の選手が、真夏でもハイネックのアンダーシャツを着ているのは首筋に日光を当てないことで体温の上昇を防ぐのが目的。日傘で顔や頭だけを隠しても“体温調節”という意味では効果が小さくとどまってしまうのだ。

 今回、男性の意見にこんな声があった。

「わざわざ日傘を買うのはもったいないので、雨の時に使う折り畳み傘の流用でいいのでは……」

 これに対して木村医師はこう答える。

「雨傘だとUVカット加工がされていない可能性があります。いまは男性用にも“晴雨兼用”があるので、そうしたものを選ぶといいかもしれません。ただし、晴雨兼用はあくまで日傘としての機能を重視していることが多いので、本格的な雨には向きません。その点は理解したうえで選ぶといいでしょう」

■個人レベルの“温暖化対策”、してみませんか?

 ちなみに、大量の紫外線を浴び続けると、しみやしわなどの「光老化」の原因となるだけでなく、口唇ヘルペスの再発や、最悪の場合皮膚がんの原因を作り出すこともある。昔と違って温暖化の進んだ現代の日差しは、甘く見ると取り返しのつかないことになる、ということは肝に銘じておきたい。

 最後に「日傘男子」の底辺拡大に向けて、Gさん(40代=女性)がこんな意見を語ってくれた。

「初めのうちは奇異に見えても、すぐに見慣れて普通の光景になるような気がする。ただ、おじさんたちは『いまさら日傘なんて……』と恥ずかしがったり面倒臭がったりすると思う。流行るなら若い男の子たちから広がっていくのでは」

 たしかにそうだ。人生百年時代に生まれた若い男性諸氏は、これから何十年という長い年月を熾烈な日光と闘いながら生きて行かなければならないのだ。

 今回は少々高めの年齢層の声に傾いてしまったが、もう少し下の世代には、日傘男子も受け入れてもらえるかもしれない。というより、受け入れないことには生きていけない環境になりつつあるのだ。

 地球規模での温暖化対策が急がれるのはもちろんだが、個人レベルでできる対策(日傘、帽子、サングラス、日焼け止め)を真剣に考える時期に来ていることは確かなようですよ。

(長田 昭二)

関連記事(外部サイト)