小山田圭吾のいじめ問題 誰も得しない“加害者インタビュー”を世に出してしまった「90年代サブカル」の空気

小山田圭吾のいじめ問題 誰も得しない“加害者インタビュー”を世に出してしまった「90年代サブカル」の空気

『クイック・ジャパンvol.3』(太田出版)

 東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を電撃辞任したミュージシャンの小山田圭吾氏。雑誌上で凄惨極まりない「いじめ体験」を大っぴらに告白する“異常事態”は、いかにして起きたのか――。

 サブカルチャーに造詣が深いロマン優光氏は、2019年に上梓した 『90年代サブカルの呪い』 (コア新書)の中で、〈当時の空気、サブカル色の強いミュージシャンとしての当時の氏の立ち位置からすれば、悪趣味/鬼畜系文化の影響のもとに起こったものであろうことは容易に想像することができます〉と綴っている。ここでは同書より一部抜粋して、紹介する。

◆◆◆

■小山田圭吾のいじめ問題

 小山田圭吾氏と言えば、フリッパーズ・ギターやコーネリアスとしての活動で知られるミュージシャンですが、本稿で扱うのは彼のその側面ではありません。ネット上で未だに語り継がれている、90年代に行われた、彼のいじめ加害者としての告白インタビューについての話になります。

 正確に言うならば、そのインタビューが誌面に掲載されて一般書店に流通していたことについての考察であり、インタビューや記事の内容に細かく触れることはありません。本書の主旨から外れるからです。本書の中で、彼を過去のその行為で断罪する気もありませんし、擁護する気もありません。

 ネットで問題にされてるのは『ロッキング・オン・ジャパン』(ロッキング・オン)の94年1月号に掲載されたインタビューと、そのインタビューの内容に興味を抱いた村上清氏が企画した、95年8月に刊行された『クイック・ジャパンvol.3』(太田出版)に掲載されている、いじめをテーマにした記事及び記事内で行われているインタビューです。凄惨極まりないいじめ(障がい者に対するものも含む)について面白おかしく語った部分が未だにネット上で非難されています。当たり前の話だと思います。

 当時としても、こういう内容のインタビューが掲載されるというのは普通は有り得ないことであり、明文化されていないものの、当時の空気、サブカル色の強いミュージシャンとしての当時の氏の立ち位置からすれば、悪趣味/鬼畜系文化の影響のもとに起こったものであろうことは容易に想像することができます。『ロッキング・オン・ジャパン』でのインタビューはブーム以前ではありますが、根本敬氏は既に『因果鉄道の旅』を出版しており、その影響は94年の時点でコアなサブカル・ファンの間では大きいものだったのです。

■2つのインタビューを比べると 

 そこで語られている内容が事実であるのかどうかは実際のところわかりません。ダウン症に関する発言が当時のテンプレ的なブラック・ジョークっぽい発言だったりすることから、実体験でない部分があったり(傍観者として見聞きしたり、読んだり聞いたりした他者の経験談からの引用など)、話を盛っていた可能性も考えられるのです。本音はどうあれ、偽悪的に振る舞うことが多かった人でもあります。編集者の方から取材を小山田氏サイドに申し込んだのですが返答がなく、これ以上の検証は不可能であるために、これ以上はインタビューの内容について、特に触れることはしません。

 二つのインタビューを比べると同じ事例について微妙な違いがあるようにもとれるのですが、『ロッキング・オン・ジャパン』(現在どうなっているかはわかりませんが)に関して言えば、当時の同誌はインタビュー原稿の内容を掲載前にインタビュイーに確認をさせないという方針をとっていました。相違点が存在することの原因は、現場での小山田氏側の発言の詳細さや、原稿チェックによる内容の補完があったかどうかの違いによる可能性も考えられます。

■モラルがない恐怖

 両方ともリアルタイムで読んだのですが、「なんでこんなの載せてるの?」と思った記憶があります。だって、誰も得をしないじゃないですか。加害者は悪く思われる。事実だとするなら、被害者はこのインタビューの存在を知れば、さらに傷つく。それを掲載した雑誌は当然モラルを問われるし、バカだとも思われる。

『クイック・ジャパン』の記事などは、被害者とされる人と直接コンタクトをとって小山田氏と対談をさせようとまでしていて、「この想像力のなさはなんなの?」と心底驚かされます。編集者がいじめを善悪ではなく俯瞰で考察するみたいな自分の企画に酔っているだけで、何も考えてないのです。

 いじめをする人間というのはいくらでもいますし、そういう人間が過去のそういう所業を反省しないまま出世したりすることもよくあります。大人になっても大して変わらず、パワハラ三昧の人間になっていたり。ただ、そのことを大っぴらに発信する人間というのは、あまりいません。

 普通は、世間のモラルというやつが許さないからです。改心しようが、改心してなかろうが、身内の席ならともかく、公の場では発言しないのが普通です。そういう部分にすら考えがいたってなかったというのは、異常な事態です。過去の懺悔がしたいという趣旨ならわかりますが、別にそういうトーンではないですし。

 根本敬的な方法論を踏まえたつもりで掲載したのかもしれませんが、もしそうなら基本的な部分で大きな誤りがあります。当時の根本氏の著作では、基本的に観察しているサイドが観察対象に対して危害を加えることはありません。他人に危害を加えるようなタイプの観察対象は存在しますが、あくまで観察される側です。奇妙なことに、ここでは観察される異常者の役割を小山田氏が果たしてしまうことになっています。

 たとえば、根本氏の著作に登場する極悪な異常者・内田は見世物として異常性を笑われる存在であって、読者に肯定的にとらえられる存在ではありません。「鬼畜系」の文脈で何かをしたいなら、根本氏の位置に小山田氏がおらず、内田の位置にいることになっているのは奇妙な話です。村崎氏(*1)は当事者としてゴミ漁りの話をしていますが、ゴミ漁りというのは直接的に接触するわけではないので、被害者というものがわかりにくいし、いじめに比べると生々しさはありません。青山氏(*2)に関しても、当時は紹介者のスタンスです。影響力の強かった人の中で明確な形で加害者の位置にいる表現をしている人はいなかったのです。

*1 村崎百郎 鬼畜系・電波系ライター。2010年没。
*2 青山正明 編集者、ライター。2001年没。

■頭おかしすぎなんですよ、当時としても

 特にひどく感じられるであろう行為に関しては、小山田氏が直接行ったわけではないように語られていますが、その部分がイメージを緩和したかというとそういうわけでもないのですから。

 小山田氏にしろ、編集サイドにしろ、悪趣味/鬼畜系のスタンスを大きく勘違いしたうえで、その影響下で無意識に行動していたのかもしれません。『クイック・ジャパン』の記事に関してはテーマ的にそういう振る舞いをする必要もなかったのですから。変な話ですけど、ギリギリのところでモラルを守るというか、モラルを理解した上で(当時としては)ギリギリのところで遊ぶのが悪趣味/鬼畜系だったし、何度も書いてますが、実際に鬼畜行為に及ぶことを推奨していたわけではないのです。それを鬼畜行為の当事者として、著名なミュージシャンが反省もなく面白おかしく語るというのは、頭おかしすぎなんですよ、当時としても。普通に考えてリスク高すぎです。誰も彼もが時代の空気に浮かれていたとしか思えないし、そもそも流行りに乗っかってみただけで、何もわかってなかったんだと思います。

 雑誌というのは基本的には買われなければ読まれません。立ち読みとか図書館もありますが、それも興味を最初から持っているから手に取るわけで、偶然に読んでしまうことはなかなかないでしょう。しかも、両誌ともジャンルマガジンであり読者層が限定されていたのです。

 たとえ、問題に思った読者がいても、当時はネットがありません。ハガキや電話で抗議するか、街頭で演説したり、道行く人に署名を呼び掛けるしかないのです。どれも精神的なハードルが高いですし、拡散力は低いです。踏み切る覚悟も大変だし、労力も半端ではありません。だから、当時は拡がりを見せなかったわけです。

(ロマン 優光)

関連記事(外部サイト)