「密漁アワビは売ってるんですか?」「あれ、ヤクザだから気をつけなよ」…潜入労働で見えてきた“築地市場”の危ういリアル

「密漁アワビは売ってるんですか?」「あれ、ヤクザだから気をつけなよ」…潜入労働で見えてきた“築地市場”の危ういリアル

©iStock.com

 アワビもウナギもカニも……。日本人が口にしている海産物の大多数が実は密漁品であり、その密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっているという。その実態を突き止めるべく、ジャーナリストの鈴木智彦氏は築地市場への潜入から密漁団への突撃まで、足かけ5年に及ぶ取材を行った。

 ここでは、その取材内容をまとめた著書『 サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う 』(小学館文庫)の一部を抜粋。鈴木氏の潜入労働によって見えてきた築地市場の実態について紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■原爆マグロの記念プレート

 年明け5日、この日は築地市場の初競りだ。

 その年末、『すしざんまい』と銀座の老舗『久兵衛』が競り合い、青森・大間のマグロが1億5000万円で落札されたため、マスコミのカメラがあちこちにいる。

 ターレーで走っているとカメラを向けられた。ピースサインをしようと片手を離したら、前のターレーにぶつかった。

「ちゃんと前見ろ馬鹿野郎!」

「すいません!」

 相手がヤクザだろうが、魚屋だろうが、笑顔に拳は当たらない。謝れば済む。よほどのことがない限り。

 この日のマグロの競りでは、最高額が736万円だった。築地のご祝儀相場でいうと、この程度が平均値だという。

 この頃、少しずつマグロの産地偽装についても調べ始めていた。アワビを扱っている業者は築地合計で10社ほどだが、マグロは200社近い専門店がある。市場がでかければ悪徳業者が存在する確率もでかくなる。

 実践的なマグロの基礎知識を得るため、私をしごき抜いたバイト先の主任を飲みに誘ったが、なかなかスケジュールが合わず、知り合いのヤクザに片っ端から電話し、拝み倒してマグロ専門店の社員を紹介してもらった。

「東京は裾野が広い。マグロ一貫に数千円払うブルジョアもいれば、バチと本マグロの区別さえ付かない消費者もいる。だから築地には極端にいい魚か、極端に悪い魚が入荷してくる。一流店の仕入担当は、産地など気にせず、マグロの中身だけを見て買い付ける。産地にかかわらずいいマグロには金を払うわけで、ここで産地偽装は成り立たない。

 反対にマグロの本当の味も分からないクセに、頭でっかちになって『やっぱり大間のマグロは最高だ』などと見栄を張る人間はカモにできる。本当は激安なマグロを高値で売りつけられたのに、自分の思い込みを盲目的に過信するからインドマグロを食べても大間の本マグロと信じ切ってしまう。夏の大間はあまり品がよくないんだが、産地がマグロのすべてと思ってる。こんなやつ、騙したくもなるだろ。量販店相手の仲卸が常日頃から産地偽装をしてるといいたいわけじゃない。良心的な店はどんな客にもフェアーな商売をしてるだろうし、インチキに抵抗がなければやり放題に偽装してるはず」

■都営大江戸線の地下鉄工事で再注目された原爆マグロ

 綺麗事が多いとは思うが、初対面だからこんなものだろう。試しに自分で実験した。「冷凍マグロと生マグロ」、「中国船から揚がった大西洋のマグロと日本の漁船が水揚げした太平洋のマグロ」を食べ比べる。まったく分からなかった。

 築地とマグロといえば、市場の正門には原爆マグロの記念プレートが設置されている。

「1954年3月1日、米国が南太平洋のビキニ環礁で行った水爆実験で被爆(原文ママ)した第五福龍丸から水揚げされた魚の一部(約2トン)が同月16日築地市場に入荷しました。国と東京都の検査が行われ、放射能汚染が判明した魚(サメ、マグロ)などは消費者の手に渡る前に市場内のこの一角に埋められ廃棄されました。

 全国では850隻余りの漁船から460トン近くの汚染した魚が見つかり、日本中がパニックとなって魚の消費が大きく落ち込みました。築地市場でも『せり』が成立しなくなるなど、市場関係者、漁業関係者も大きな打撃を受けました。

 このような核の被害がふたたび起きないことを願って、全国から10円募金で参加した大勢の子供たちと共に、この歴史的事実を記録するため、ここにプレートを作りました。

マグロ塚を作る会   1999年3月1日」

 築地を訪れる観光客は、大方、観光気分になっていて、このプレートに見向きもしない。しかし当時の築地はまさにパニックだった。原爆マグロ騒動は、日本中を巻き込んだ。

 原爆マグロが再び注目されたのは、都営大江戸線の地下鉄工事の時だった。

 埋めたと言われていた場所に駅を建設することになり、工事の際に大量の骨が出土すると思われた。が、掘り返してみると、1メートルほどで明治期の地層が出てきた。汚染マグロを埋めたのは地中3メートルだから、ここではないどこかに埋めていたのだ。いまも合計2トンの原爆マグロは築地市場のどこかに眠っていることになる。

 豊洲に移転し、本格的に築地の解体工事が始まれば見つかるかもしれない。

■密漁アワビ発見

 ようやく密漁アワビの取材を始めた。

 この仲卸に築地のアワビを一番売るカリスマがいたから、わざわざバイトに来たのである。ターゲットは面接してくれた幹部の実父で、役員である。この仲卸は一族による血族経営になっている。

 が、こちらは岸壁を配送所にしているので話しかけるきっかけがない。年々売り上げは下降しており、バブル期の多忙さは数倍以上だったそうだが、いまでも魚河岸には決まった休み時間がない。どこでも喫煙が黙認されているのは、ゆっくり腰掛け、コーヒーを飲みながら優雅に一服する時間がとれないからかもしれない。かといってバイトが役員を飲みに誘うのも不自然である。

 バイト先には私のようなパートを含めて50人近くが働いている。社員は事務所に机があるので、店舗の2階で着替え、タイムカードを押すのはバイト組だけだ。

■「あれ、ヤクザだから気をつけなよ」

 その一人に目が留まった。立ち居振る舞いの細部がヤクザっぽい。バイトだから兼業で魚河岸の他にも働いているだろう。あれこれ周囲に訊いてみると、「あれ、ヤクザだから気をつけなよ」と言われた。調べてみるとヤクザが経営するキャバクラの店長らしかった。ネオン街の景気が悪いので、店が終わったあと魚河岸でバイトをしているらしい。

 昔から兼業ヤクザともいうべき人種はけっこういる。タクシー運転手をしながら、居酒屋で働きながらヤクザをやるというケースは思いの外多い。その代表格が土建屋ヤクザだ。マスコミや警察は、暴力団が土建業に進出しているととらえているが、それは実情に即していない。

 彼らは土建業が正業で、ヤクザはあくまで副次的だ。ヤクザが土建屋になったのではなく、土建屋がヤクザもしていると表現するのが正しい。それぞれ仕事を持っている個人事業主の互助会……それがヤクザであり暴力団の姿である。

 そもそもヤクザは商売ではない。ヤクザのプライドは、額に汗して働かないことである。実際、極めて高い暴力とそれを換金できる才覚さえあれば、縄張り内でトラブルシューターになれる。が、暴力の専業者になれるのは一握りしかいない。武闘派と呼ばれる組織に本当の暴力派は数人だけで、あとはイメージをレンタルしている。ヤクザ組織の基礎を支えているのは兼業ヤクザ、つまり正業を持つ人間たちなのだ。

 山口組を日本一の暴力団組織に育て上げた田岡一雄組長は「正業を持て」と繰り返し組員にハッパをかけた。清掃業、廃棄物処理業、土建業、芸能興行などが当時の主流だ。

■衰退する仲卸業者

 バブル期、2億円で取引された仲卸の鑑札は、700万円程度にまで暴落した。仲卸の総数も1200軒から600軒弱と、最盛期の半分に落ち込んでいる。仲卸の経営者たちも、自分たちが衰退する産業だとは自覚している。仲卸は半分以上が赤字経営の零細企業で、豊洲への移転で、さらに半分近くがそのうち廃業する見込みだという。

「引っ越しの費用だけでも数千万はかかる。赤字なのにそんな金は出せない。補助金と同様の貸し付けを実施したところで、焼け石に水だ。競争が激しくなる中で、貸し付けを返済できる見込みがあるとは思えない。不透明なことが多く、市場内の動線もメチャクチャなまま計画が進んでしまった」(4人の従業員を抱える仲卸業者社長)

 暗礁に乗り上げた密漁アワビの取材はまったく違うルートから再開できた。築地で仕事をしている際、知り合いのヤクザとばったり会い、「密漁品を探しているが見つからない」と相談したところ、とある業者を紹介されたのだ。

■堂々と売られる密漁アワビ

 その業者のもとで、密漁アワビは堂々と売られていた。

「もちろん仕入れ値は買い叩く。キロ8000円が相場のものなら、密漁品の場合5000円から3000円。キロ1万8000円のアワビは1万2000円。仕入れ先は漁師が多い。不意の現金収入が必要になって、自分たちがいずれ獲るはずの(禁漁期間に密漁した)アワビを売りに来る」

 その業者は、実際に「千葉県産」と偽装した静岡県産の偽装アワビを私に見せた。密漁と産地偽装をミックスさせることで、おおっぴらに密漁アワビを店頭販売するのだ。

 築地は密漁品の取り締まりを強化しているが、漁師と業者の共犯関係はなかなか断ち切れるものではないという。客からの需要はある。その要望に応える形で密漁品を仕入れる。

 3月、春の選抜高校野球大会の開幕が迫ってくると、場内に野球賭博の紙が回ってきた。胴元はある仲卸の関係者で、ある日、「ヤクザがやってきた」と大騒ぎになった。これだけおおっぴらにやっていれば、暴力団の耳にも入るだろう。それなりの落とし前を要求されても同情などできない。

 築地市場でのバイトを辞めたのは4月の半ば過ぎである。

■「築地で密漁アワビは売られてるんですか?」と質問すると……

 会社が飲食店を出すというので、メニューやイメージ写真を撮ってくれないかと頼まれた。1万円のバイト料の他、「役員と飲みたいです」とお願いすると快諾してくれた。それまでただのアルバイトが役員と飲む機会などまったくなかった。

 西葛西の寿司屋でごちそうになり、その後、周辺のスナックに連れて行ってもらった。

「アワビが商売になったのは平成元年頃までだね。当時は確かに儲かったよ。でもこの不景気ではアワビなんて買う客は少ない。千葉の大原、三陸、伊勢、伊豆などは乱獲で大振りなアワビはほとんど獲れない」

 午後10時過ぎ、役員はカウンターで白河夜船となった。目を覚ました際に、「築地で密漁アワビは売ってるんですか?」と質問した。

「ああ、売られてるよ」

 その一言が聞きたくて、4ヶ月の間、築地で働いたのだ。

 翌日、上司に退社しますと伝えた。生まれて初めての円満退社だった。数ヶ月後、この仲卸を訪問すると、仲のよかった社員がオレオレ詐欺の出し子で逮捕されていた。

 豊洲に移転しても、こうしたおおらかさを失って欲しくない。

【後編を読む】 火箸で頭部を一刺し、硫酸をかけて失明に…「銚子の虎」が統治していた港町の“黒い影”の実態

火箸で頭部を一刺し、硫酸をかけて失明に…「銚子の虎」が統治していた港町の“黒い影”の実態 へ続く

(鈴木 智彦)

関連記事(外部サイト)