オリンピックと万博で観光誘致、必要経費は「宝くじ」で確保…「検閲済」絵はがきに残された大日本帝国のリアル

オリンピックと万博で観光誘致、必要経費は「宝くじ」で確保…「検閲済」絵はがきに残された大日本帝国のリアル

紀元二千六百年記念日本万国博覧会(「ラップナウ・コレクション」より)

 2021年の夏は、戦後76年を迎える。

 明治維新を経て誕生し、20世紀半ばに向かって拡大を続け、そして崩壊に至った大日本帝国。その栄枯盛衰を、世界的な絵はがき収集家ラップナウ夫妻による膨大なコレクションを題材に読み解いていったロングセラー『 絵はがきの大日本帝国 』(二松啓紀著)より、第二次世界大戦に向かっていく当時の日本について一部を抜粋して引用する。

◆◆◆

■オリンピックと万博で観光客誘致を目指した戦前日本

 昭和初期の日本は規模こそ小さいが、観光事業に力を入れていた。1929年には訪日外国人観光客が年間3万4755人、北米は第1位で8527人(24・5%)を記録した。当時は外国人観光客の購買力が格段と強い。アメリカ夫妻が体験した旅行は豪華客船の旅に始まり、飛行機、鉄道を駆使した日本観光の最新モデルプランだった。

 だが、満洲事変を機に外国人観光客は減少に転じていた。特に北米からの落ち込みが激しく、1932年には4310人と半減したままで改善の兆しさえ見えなかった。人形外交を実施した頃は東京オリンピック(1940)の招致活動が展開中であり、少しでも米国の対日感情を緩和したかった。

 オリンピックの東京開催が決定するのは1936年7月だ。これと並ぶ国家的な大イベントとして、日本万国博覧会の準備が進められていた。11月9日には紀元二千六百年記念奉祝事業としての開催が正式に決まった。主催団体となる日本万国博覧会協会は、東京府や東京市、東京商工会議所、神奈川県、横浜市、横浜商工会議所などで構成した。開催目的を「東西文化の融合に資し、世界産業の発達及び国際平和の増進に貢献する」とした。世界50カ国の参加が見込まれた。

 日本万博は東京市と横浜市の2会場を予定した。東京会場では東京市京橋区晴海町及び深川区豊洲町などの敷地(約150万平方メートル)に28館の陳列館(パビリオン)、横浜会場では横浜市中区山下町及び山下公園一角の敷地(約10万平方メートル)に3館の陳列館の建設を計画し、1940年3月15日から8月31日までの間、約4500万人の入場者数を見込んだ。

 日本万博の呼び物として「前例なき規模」の大サーカスや、世界旅行を疑似体験できる「世界風物モンタージュ」(合成写真による大型パネル展示)を挙げる。開催に先駆けて、富士山と金鵄を描いた絵はがきが公式ポスターと共通デザインだった。長崎県のデザイン画家中山文孝による作品だ。真っ赤な色彩であり、まさに日本の表象といえた。

■万博に必要な経費は「宝くじ」で確保へ

 日本万博に必要な諸経費を確保するため、日本万博協会は抽選券付き回数入場券(1冊10円、大人用1回入場券12枚綴)の前売りを決めた。ここで言う抽選券とは宝くじだ。販売総額の1割を当選金に充て、1等を2000円、2等を100円、3等を10円とした。

 第1回(100万冊)・第2回(100万冊)・第3回(165万冊)の計3回に渡って発売する計画を立てた。第1回は1938年3月10日から24日までを販売期間とした。当時の10円は高額ながら、日中戦争の軍需によって国内経済は好況が続き、第1回分は完売した。

 記念絵はがき(3枚組)からも当時の経済状況が見える。厚手の上質紙にカラー印刷し、金銀の彩色まで施し、豪華な仕様となっている。「大正広重」とも称された人気の鳥瞰図絵師吉田初三郎(1884〜1955)に作品制作を依頼し、「京都祇園・観光社」が印刷、発行している。

 会場風景を描いたタトウ(収納袋)では近未来の建物が並ぶ。「日本万国博覧会会場」では遠く富士山を背景に発展を遂げる東京湾埋立地が紹介される。まさに未来の臨海都市を予感させる景色だ。

「肇国記念館」は日本万博のメインとなる建物であり、総裁「秩父宮雍仁親王殿下」の肖像と共に朝日と白波が描かれる。記念印は「総裁奉戴式」とあり、日付は1938(昭和13)年4月21日だ。これより少し前の4月1日には国家総動員法が公布されている。豪華な絵はがきもまた日本の一断面を示す。

■「延期」「中止」…夢と消えた万博とオリンピック

 厳密にいえば、日本万博は博覧会国際事務局(本部パリ、BIE)が公認する「万国博覧会」ではなく、日仏間の交渉が続いていた。しかし、すでに日本政府は国家プロジェクトとして位置づけていた。日本万博が1940年8月31日に閉幕した後、東京オリンピックが9月21日に開幕する計画だった。

 国際観光局は1940年の日本万博と東京オリンピックを絶好の機会とし、米国とヨーロッパから観光客の誘致を図った。パリに在外事務所(パリ市カプシーヌ街39番地)を置き、宣伝用の絵はがき「JAPON(日本)」を発行する。

 表面にはフランス語で「CHEMINS DE FER DE L’ETAT JAPONAIS(日本国鉄道省)」と「DIRECTION GENERALE DU TOURISME(観光総局)」と記載される。「観光総局」とはフランス語の直訳だが、ここでは国際観光局を指す。絵の右下に「SATOMI?37」の文字がある。1937年のパリ万博(5月25日〜11月25日)では積極的に「観光日本」を宣伝している。

 日本地図を見ると、東京の位置に「EXPOSITION(博覧会)」の文字とオリンピック・マークが確認できる。描かれた都市や名所、物産を順に列記すると、北海道のスキー、青森のリンゴ、十和田湖の紅葉、日光の東照宮、横浜、鎌倉の大仏、富士山、名古屋城、奈良公園の鹿、大阪、京都、神戸、広島の厳島神社、松山城、博多人形、熊本の阿蘇山、長崎などが描かれる。これらは昭和初期の日本において観光地や観光資源として認知されていた。

 さらに日本までの旅程について、カナダから横浜まで11日間、サンフランシスコから横浜まで14日間、パリから東京まで15日間、マルセイユから神戸まで32日間と挙げる。フランス人向けにもかかわらず、「世界地図の中の日本」ではなく、あくまでも「日本地図の中の日本」となっている。

 数々の観光誘致策が功を奏し、1935年度には外国人観光客が4万人を超えた。英米両国からの訪日も含めて回復傾向にあった。しかし、観光産業は平和を前提とするビジネスだ。日中戦争は泥沼化し、その前提条件が崩れてしまう。

 1938年7月15日の閣議によって日本万博は日中戦争終了までの「延期」、オリンピックは「返上」と決まった。国際色で彩るべき二大イベントだったが、国粋的な紀元二千六百年奉祝記念事業に位置づけられていた。日本中心の世界観が顕著になる過程を振り返れば「延期」と「返上」の結果は不可避だったのかもしれない。

■まだ先だった「ぜいたくは敵だ」

 ドイツの極東戦略は伝統的に「中国重視」を基本とした。再軍備を果たしたドイツは中華民国と1億ライヒスマルクの借款協定を結び(1936年4月8日)、軍事的・経済的な支援を行う代わり武器供与で得た利益をドイツ軍の近代化に充てた。

 ただし、ドイツの親中政策がそのまま「反日」を意味したわけではない。ドイツから見れば資源も資金も乏しい日本に魅力が欠けていたに過ぎない。日本もまたドイツとの急接近は英米両国の警戒を招く。

 ドイツとの一定距離を保ちつつ友好を図る姿勢が日本の外交政策だった。しかし、ソ連の脅威が日増しに高まっていた。「反共」の思惑で一致した日独両国は1936(昭和11)年11月25日、防共協定の調印に至った。

 こうした国際情勢に受けて、大阪毎日新聞は「日独協定記念」を前面に出し、1937年3月25日から5月23日(5月25日の記載もあり)までの間、阪急西宮北口駅の南部経営地(後の阪急西宮球場一帯)を会場に「大毎フェア・ランド」を開催する。

 3月24日付の大阪毎日新聞は「見逃せぬ趣向の数々」「待望・朗春の贈り物」との見出しで、「待望久しき本社主催の『大毎フェア・ランド』はいよいよあす25日花々しく開場する、朗春を目がけての催物は多いが何といっても『大毎フェア・ランド』こそ群を抜いた奇抜な趣向と色とりどりの催しで『天下に冠たり』といって差支えない」と宣伝する。

 続いて3月25日付の大阪毎日は両面見開きで懸賞付き広告を掲載する。会場風景を描いた漫画から有名商品(12種)の名前を探し出すクイズであり、読者が応募して正解すれば、抽選の結果、豪華商品が当たった。

 1等に「ナショナル受信機」、2等に「テイチクポータブル蓄音器」、3等に「クラブ化粧品・資生堂化粧品詰合函」を賞品に挙げる。「ぜいたくは敵だ」と言われる時期はもう少し後になってからだ。当時はまだ豊富な商品が街頭に溢れていた。

 新聞広告に加えて、開催を告知する絵はがきが発行される。印刷は凸版印刷株式会社の製作だった。「大毎フェア・ランド」の会場には、サーカス場や競犬場、映画館、演芸館、遊園地、阪急食堂などが設けられた。会場中央に日章旗、後方にナチスドイツの旗が見える。

 ドッグレースでは、2頭の犬と共に日本とナチスの旗が描かれる。だが、空中ブランコは米国の興行だった。“死のサーカス”と銘打った「ファンチョン・マルコ・ショウ」の演目であり、オートバイの宙返りまで繰り広げられた。来場者にはドイツも米国も関係がない。日常を離れた娯楽を求め、面白い催しを見たかっただけだ。

■同じ会場にナチスドイツと米国が混在した「不思議な空間」

 まだ日中戦争の前だ。戦時色を感じない。唯一のきな臭い展示が絵はがきで空中ブランコの背後に描かれる日独防共協定記念館だ。館内はヒトラーの塑像を据え、2000個の出品物を並べ、パノラマやジオラマを交えてナチスドイツの全貌を紹介した。「大毎フェア・ランド」は娯楽と消費を象徴する大イベントとなる。しかも同一会場にナチスドイツと米国が奇妙に混在した。後世から見れば、実に不思議な空間だった。

 この大毎フェア・ランドを開催中の1937年5月1日、阪急西宮球場の開場式が挙行され、施工主の阪神急行電鉄は上空から撮影した記念絵はがきを発行する。種々の催しに対応し、見やすさと収容能力の増加を狙って2重層式を採用し、観覧席収容人員は内野と外野を合わせて5万5000人を誇った。ただし、名物とされた巨大な鉄傘は1943年10月28日に解体式を挙行した後、金属類回収令によって供出されてしまう。

 阪急西宮球場は阪神電鉄の甲子園球場を強く意識した計画であり、写真からも分かるように周囲に水田が広がり、住宅も少なかった。社内では球場経営を危ぶむ声も多かったが、国防や軍事関係の催しに重宝された。球場建設に際して米国各地の球場設計図を取り寄せ、最終的にはリグレー・フィールド(シカゴ・カブスの本拠地球場)をモデルとした。本来、阪急西宮球場は日本の野球文化よりも本場のベースボール文化を強く意識した。いわば米国文化を象徴する場所でもあった。「親米」と「親独」の間で揺れ動いた西宮の一時期が垣間見える。

手足の吹き飛ばされた遺体、ぎこちない笑顔の日本兵と子どもたち…戦前の「検閲済」絵はがきにのぞく“大日本帝国” へ続く

(二松 啓紀)

関連記事(外部サイト)