東京五輪でお祭りムードに…コロナ感染大爆発 それでも楽観的な菅首相が“信じているもの”とは?――東京五輪の光と影

東京五輪でお祭りムードに…コロナ感染大爆発 それでも楽観的な菅首相が“信じているもの”とは?――東京五輪の光と影

©iStock.com

 開会式直前の関係者“辞任ドミノ”に始まり、メダル候補のまさかの敗戦やダークホースによる下馬評を覆しての戴冠劇、コロナ禍で開催され、明暗含めて多くの話題を呼んだ東京オリンピック。ついにその長い戦いも閉幕しました。そこで、オリンピック期間中(7月23日〜8月8日)の掲載記事の中から、文春オンラインで反響の大きかった記事を再公開します。(初公開日 2021年8月3日)。

*  *  * 

 東京五輪が始まったのでいよいよ答え合わせができます。メダル獲得予想? いいえ、こちらです。

「夏に五輪をやって、お祭りムードのなかで総選挙」(自民党中堅・朝日新聞デジタル4月15日)

 五輪が始まれば国民はお祭りムードになる。その高揚感で菅政権の人気もあがる。この手の政府・自民党のコメントが以前からあちこちで報道されていた。ちなみに上記は4月の記事。

 では始まってどうなったか。

『五輪で消えた自粛ムード』(毎日新聞7月30日)

 やはりお祭りムードになった。菅政権の見立て通りでした。さすがです。こんな記事もあった。

「五輪で『楽観バイアス』緊急事態宣言意味なさなく」(専門家・NHKニュース7月28日)

「楽観バイアス」とはオリンピックの開催でコロナを軽くみてしまうこと。ここでもポイントとして「五輪のお祭りムード」が指摘されています。

■「楽観バイアス」を次々に確認

 実は五輪による「楽観バイアス」は政府・自民党でも次々に確認されています。時事ドットコム(7月27日)はメダルラッシュで国民の五輪祝福ムードが高まることを期待する声を報じた。

「雰囲気がいい」(自民党幹部)

「政権に追い風になればいい」(官邸幹部)

「内閣支持率が好転すれば衆院選も早くやってほしい」(自民党の閣僚経験者)

 皆さんうかつすぎてドキドキします。

 もっと正直に言ってしまう人も。自民党の河村建夫元官房長官は、

「五輪がなかったら、国民の皆さんの不満はどんどんわれわれ政権が相手となる。厳しい選挙を戦わないといけなくなる」(共同通信7月31日)

 政権による五輪の政治利用と選挙利用を認めました。

■東京五輪による「高揚感」の結果…

 菅首相も五輪に夢中です。日本勢初の金メダルを獲得した柔道選手に電話した。明るいムードを演出する戦略なんでしょうが、原稿らしきものを見ながら電話するって振り込め詐欺グループを想起させてむしろ不穏でした。

 ここであらためて振り返りたいのは「高揚感」です。菅首相はこれに期待していました。確かに朝から晩までテレビで五輪をやっていれば高揚感とまでいかなくても開放感は感じます。

 その結果…。

 西村康稔担当相は「そのままの高揚した感覚で外出してしまうと、感染力の強いデルタ株はちょっとした隙で感染を広げてしまう」と述べた(衆院議院運営委員会・7月30日)。

 田村厚生労働大臣はNHKの「日曜討論」で、感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の広がりで局面が変わっているとして、感染リスクの高い行動などを控えるよう、重ねて国民に理解と協力を呼びかけた(NHK8月1日)。

 両大臣があたふたしている。高揚した感覚で外出しないよう、大臣がわざわざ言う事態にまでなった。

■「お祭りムード」のしっぺ返し

 しかし週明けの読売新聞オンラインは次の事実を伝えた。

『都内週末の人出、五輪会場周辺では3割以上増加…緊急事態宣言の効果発揮されず』(8月2日)

 ああ…。

 これまで安倍・菅政権は説明や論理を軽視してムードを利用して押し切ってきた。今回しみじみしてしまうのは、ムードを利用してきた政権がムードに打撃を受けていることだ。自分でお祭りムードを期待していたのに強烈なしっぺ返しを食っている。さらに言えば国民が五輪に高揚したとしてもそれが菅人気につながるかは怪しい。つまり元も子もない。

 そして危惧されているのは「デルタ株」である。

 7月30日におこなわれた首相会見では気になることがあった。菅首相が感染急拡大の原因を「デルタ株の猛威」と説明したのだが、そこには「デルタ株がすごいから仕方ないよね、誰が首相でも同じだよね」というニュアンスが漂っていたこと。

 すると案の定、会見の最後に「デルタ株を見くびっていたことが、感染爆発の背景にあるんじゃないか」と水際対策の不備についてきっちり記者に迫られていた。※Jane's Defence Weekly東京特派員の高橋浩祐氏。

■デルタ株の水際対策に失敗

 それに対し菅首相は「水際対策というものも、通常の6日とかそれぐらい延長して、しっかりと入国した人についてはチェックする体制という水際対策というのはきちんとやっています」(首相官邸HPより)。

 実はデルタ株の水際対策の「失敗」についてはすでに指摘されていた。 『文藝春秋』8月号 で分科会の小林慶一郎氏が書いている。

 日本でデルタ株の脅威が認識されたのはGWの頃。小林氏はその頃に停留を6日間ではなく14日間にしたほうがいいと提言していた。

「危機感が募り、早急に水際対策の強化をするよう分科会の場で強く主張しました。インド等からの入国者の停留を、豪州、NZと同じように14日間にすべきだと言ったのです。」
 
 しかしこの提言は「マンパワーが足りないことが大きなネック」だとして潰され、「幻の提言」になった。

 記事のタイトルは『分科会メンバー手記 コロナ第4 波「菅官邸の陥穽」』。水際対策の不徹底が第5波を招く、とある。その通りの展開となっている。この点の責任論だけでも気になる。

■ほんとうは怖い菅首相の「楽観主義」

 それでも菅首相は楽観的だ。国民が楽観バイアスになるのも首相が楽観的だからか。しかしこの「楽観」はよく調べると怖い。

 首相が見ているシミュレーションは、新規感染者がだいたい2000人以下の範囲で収まるものだったという(朝日新聞デジタル7月31日)。

 楽観シナリオが首相に集まる理由について、首相周辺は「首相がそういうデータを出せというから、そうなる」と語っている。これは楽観というより逃げだ。都合のいいものだけ信仰だ。

■「言霊になるからやめろ」

 そういえばこんな記事もあった。4月下旬に3度目の緊急事態宣言が出た。設定された期限は5月11日。閣僚のひとりは首相に「5月上旬は、まだ感染者数が増えている。解除するなら、それなりの理由がないと理屈が通りません」と伝えた(朝日新聞7月21日)。

 これに首相は、

《「言霊になるからやめろ」と応じたという。》

 言霊…。

 感染者数が増える可能性を口にすると本当になるかもしれないから議論しない、考えない。これではもうオカルトである。

 でも、そういえば、何を問われても「安心安全」としか言わないのも言霊を信じているからだろうか。会見で用意された言葉しか言わないのもアドリブを言えば言霊になってしまうからだろうか。すいません、「答えない」意味を首相側の気持ちに立って考えたらそんな仮説が浮かんでしまいました。

 東京で新規感染者が初めて3000人を超えた日、官邸側は「本日はお答えする内容がない」として首相の取材対応を拒否。目の前で起きていることから逃げた。

 IOCの広報部長が感染者数の増加と五輪の関係について「パラレルワールド(別世界)のようなもの」と発言したが、ほんとうはパラレルワールドに一人でいるのは菅首相なのかもしれない…。そこに流れるニュースは日本人選手の金メダルのみ…。

 以上、真夏の怪談でした。
?

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)