親戚の娘を妊娠させる、妻に復縁を迫りバールで…そんな男が終戦直後の日本で“淫獣”と呼ばれるまで

親戚の娘を妊娠させる、妻に復縁を迫りバールで…そんな男が終戦直後の日本で“淫獣”と呼ばれるまで

1971年の大久保事件の際にも、新聞は小平と比較した。今回はそれだけ大きな衝撃を与えた「小平事件」について(読売)

 数多い犯罪のうちでも、戦後昭和の性犯罪といえば、この小平義雄による「小平事件」と1971年の「大久保清事件」がすぐ挙がるだろう。

 戦後のすさまじい食糧難のさなか、農村へ買い出しに出かける客で混雑する駅前などで若い女性に声をかけ、「一緒に行けば食糧が手に入る」「就職を斡旋する」などと言って人けのない場所に連れ出し、暴行した後、絞め殺して遺体を放置する――。

 その数は10人とされ、裁判で3人については認められなかったものの、7人が認定されて死刑に。「〇人目」という連日の報道は世間を震撼させた。「殺人暴行魔」「女性の敵」から“淫獣”とまで呼ばれた小平が犯行を重ねた1年余りは、敗戦を挟んで日本の社会が未曽有の混乱をきたし“無政府状態”だった時期。表向きの彼は、日本が戦争にひた走り、敗戦、占領へ移る時代に、市井の片隅でごく平凡な人生を送っていた。

 この時期にしかあり得なかった連続暴行殺人の実体と意味とは何だったのか。今回も差別語、不快用語が登場するほか、被害者は原則匿名に、住所も省略している。残虐な記述は割愛した。ご了解を。

■10メートル離れて全裸と半ば白骨化した遺体

 この「昭和事件史」の「仁左衛門一家殺し」や「プラカード事件」でも述べたが、敗戦直後の食糧の欠乏はいまからは想像もつかないひどさだった。配給制度はあったが、遅配、欠配続き。特に、敗戦の年1945年には台風などの被害も加わって農業生産が崩壊。翌1946年は食糧難がピークに達していた。事件が発覚したのはその年の夏だった。

〈女二人の怪死體(体) 芝山内 一人は全裸、他は半ば白骨化して

?

 17日午前11時ごろ、芝区増上寺境内供養塔裏山で、大森区大森5ノ103、木こり吉沢新三さん(44)が作業中、山の北側傾斜ササやぶの中に全裸の婦人の絞殺死体があるのを発見。付近の赤羽橋派出所に届け出た。愛宕署員が現場に急行。調査に当たったが、現場には、その全裸死体から約10メートル離れた所にも、さらに半ば白骨となった婦人の死体を発見。警視庁捜査一課では直ちに同署に捜査本部を置き、捜査を開始した。

?

 全裸の死体は年齢25歳。日本てぬぐいで絞殺され、死後約10日を経過。付近には履物、下着などの遺留品も全然残されていない。また、半ば白骨死体となった婦人は年齢20歳前後と推定され、白の半袖シャツに黒っぽいスカート。白軍用靴下を履き、死後1カ月を経過している。いずれも身元不明。死後の時間的経過からみて別個の犯行とみられているが、両死体とも暴行を加えられた形跡がある。現場はササやぶが身の丈ほど一面に生い茂っており、都心とはいえ増上寺境内は人通りもまれで死体の発見も遅れ、捜査は相当困難視されている。〉

 8月18日付読売は2面3段でこう報じた。当時の新聞は朝刊のみで原則2ページ。朝日は「裸體と白骨の女死體 増上寺境内草むらに謎の事件」の見出しで2段、毎日は「女の他殺體二つ 増上寺の裏山」で3段の扱いだった。読売の記事の推定年齢は2つの遺体を取り違えたようだ。

 内容が最も詳しいのは毎日で、現場について「毎夜50組くらいの闇の女がうろつく所で、合意のうえでなければ登れないけわしい所なので、被害者は闇の女説が有力である」と書いている。

 東京法令研究所・渡邊貞造「死の抵抗―小平義雄事件の公判記録」という1949年3月に出版された冊子は、警察か検察周辺の資料を基にしているのか、事件についての記述はかなり詳しい。それによると、第一発見者の木こりは戦災樹木の伐採をしていて、4、5日前から死臭に悩まされていたという。つまり、現場一帯も空襲に遭い、ササの間に焼け焦げた樹木が立ち並んでいたということだろう。

 現在は東京タワーのすぐ近くの都心の一等地だが、それでも夜間は人通りは少ない。敗戦直後の空襲で焼野原となった東京では、一面のがれきの中で夜の女が男の袖を引いて向かう場所になっていたようだ。

■「芝の裸女殺し捕る」

 翌8月19日付朝刊では、捜査のために18日に現場周辺で行われた“山狩り”の模様が報じられている。朝日は「顔見知りの犯行か 山狩りして(証拠)品集め」の見出しで写真も付いている。記事の中に気になる記述がある。

「現場から20メートル離れた所から発見された木綿の腹巻は引き裂いた跡があり、裸の女の絞殺に用いた細ひもとほぼ同一だが……」。これが後で、姉が作って被害者に与えた腹巻で、凶器に使われたと断定された。

 そして、発覚から4日目の8月20日、事件はあっけなく解決したように見えた。

〈芝の裸女殺し捕る 被害者は行司伊三郎氏の娘

?

 芝山内に発見された二人の女の死体のうち、裸の女の身元は20日、本所区東両国2ノ8、行司・式守伊三郎(本名・緑川義一郎)氏の三女(17)と判明した。8月6日午前9時、母親の寄寓先、目黒区下目黒4ノ973、山木方から白のワンピース、ズックの白靴という服装で10円(現在の約410円)持って、芝浦の方に就職を探すと言って出たまま帰らなかったもの。母親から警視庁防犯課に届け出があって分かった。本人は今年女学校を卒業したばかり。なお式守伊三郎氏は目下東北巡業中である。

?

 身元判明とともに同日正午、栃木県生まれ、渋谷区羽沢88、洗濯夫、殺人前科1犯・小平義雄(42)を容疑者として自宅で検挙。取り調べの結果、犯行を自白した。なお、別死体と同一犯人ではないかと捜査中。(8月21日付朝日)〉

■被害者に職のあることをほのめかし…

 朝日の記事には、被害者との接触の状況も自供を基に「就職斡旋を口實(実)に誘出す」の小見出しで記されている。

〈 犯人小平と被害者が知り合ったのは7月10日ごろ。ちょうど品川駅前で事故のあったとき、偶然そばにいた小平がよもやまの話をしかけ、被害者が職を探していると言うと、小平は職のあることをほのめかし、そこでお互いの住所を告げ合った。その後、被害者は大腸カタルで2、3日寝込んだが、8月4日、小平はわざわざ被害者の家を訪ね、親とも会ってすっかり信用され、就職の試験をするからとて6日午前9時、某所で被害者だけと会合。ごちそうした後、増上寺山内に案内、山の上でゆっくり話そうとて、そこで暴行し、被害者の腹巻で絞殺、衣類や履物はやぶの中に隠した。その後、被害者の母は不審がって小平を訪ねたところ、小平は試験の日に会えなかったとしらばっくれ、今度死体の記事を新聞で見た母親が警視庁に届け出て小平との関係も一挙に分かったもの。〉

 身元判明の経緯は、当時の堀崎繁喜・警視庁捜査一課長が雑誌「刑事警察」第2号(1947年11月)掲載「小平事件の捜査(一)」に書いた内容と、実際に捜査一課で身元確認作業を担当した三宅修一・捜査一課係長の著書「捜査課長メモ」では内容が違う。

「小平事件の捜査(一)」は、新聞の扱いが大きかったので、届け出や問い合わせがあることを予期したところ、当日(18日)だけで計8人の届け出・問い合わせがあった。三宅係長らが関係書類を検討し、行司の娘が「本件裸体被害者にやや似通っていることを発見」したという。「捜査課長メモ」はこう書いている。

〈 その(17日)夜遅く、身元を知るために詳しい新聞発表が行われ、夜を徹して家出、行方不明女性の調査をやった。わが娘の身を案じ、「もしや」と思い、人目をはばかりつつ、翌朝芝の愛宕署捜査本部に見えた10人の母親のうち2人の女性の証言で、全裸の被害者は目黒の行司の娘の変わり果てた姿と分かった。その氏名は、前夜のうちに作られた300名に近い年ごろの女性名簿の99人目に載っていた。〉

■「卒業式」が「失業式」だった当時

 被害者は当時、銀座の喫茶店に勤めながら、職を探していた。というのは、このころ都市の若者層は深刻な就職難に陥っていたからだ。

 1カ月余り後の1946年9月30日付朝日には「誰が謂ふ(言う)『失業式』 千名中、就職は五十名」という見出しの記事が見える。「29日の午後2時、早稲田大学大隈講堂で新卒業生1029名の卒業式が行われた。この日までに学校で分かった就職確定者わずかに50名余り。まさに失業式である」(このころは秋卒業だった)。

 橋本健二「はじまりの戦後日本」によれば、そのメカニズムはこうだ。戦時体制下、多くの人々が徴用で軍事産業に動員され、戦争末期には、徴兵された労働者の穴埋めで学生・生徒や「女子挺身隊」などの動員も拡大した。敗戦とともにこれらの労働力は働き場所を失った。

 1945年11月の厚生省統計によると、敗戦後の工場休廃止による徴用解除者は413万人。一部は徴用前の職場や家業に戻ることができたが、多くは社会に投げ出された。そこには、国内外から復員した膨大な元兵士や引揚者もいた。大学の新卒でさえ就職が難しかったのだから、被害者が職を求める事情はさらに深刻で切実だっただろう。

■海軍生活での“性と暴力”

 8月21日付毎日は早くも小平の前科の内容を伝えている。「郷里日光で恋人と同棲結婚をしようとしたが、女の父が許さぬので憤慨。女の父親を撲殺し、昭和8(1933)年2月、控訴院で懲役15年の刑を受け、恩赦による減刑で最近出所したものである」。

 この記事には誤りが多い。起訴状や内村祐之・東大教授(松澤病院長)が行った精神鑑定=「稀有なる凌辱殺人事件の精神鑑定記録―小平義雄の犯罪」(「人間研究」1950年1月号所収)、1948年2月の控訴審判決などを突き合わせると、彼の半生はこう描かれる。

 1905年1月、栃木県上都賀郡日光町(現日光市)で、一時は村一番の商人宿だった家の6番目の子ども、三男として出生。父親は「飲む打つ買う」が盛んで、やがて財産を失い、家業は傾いた。

 小平は尋常小学校に入学したが、成績は悪く、卒業時は23人中21番。卒業後は、東京で鋼材会社の見習工や食料品店店員、地元・足尾銅山の古河精銅所工員など職場を転々とした後、1923年、18歳の時に志願して海軍に入隊。

 横須賀海兵団で訓練を受け、機関兵として戦艦や潜水艦に乗り組み、海外への遠洋航海にも加わった。日本軍が中国に進出した山東出兵(1927年)、済南事件(1928年)にも海軍陸戦隊員として出動。1929年、戦功を認められて勲八等旭日章をもらい、三等機関兵曹となって除隊した。

 この約6年間の海軍生活で主に兵隊相手の女性と交渉を重ねたほか、軍の力を背景にした暴力の体験がのちの犯行の要因になったとされる。

■親戚の娘を妊娠させる、妻には復縁を迫りバールで…

 兵役を終えて精鋼所に復職。親戚の娘を妊娠、出産させて問題になったが、1932年1月、職場の上司のめいと見合い結婚した。しかし、妻の家では出産のことを知り、妻は半年足らずで実家に帰った。復縁を迫って断られた小平は同年7月、事件を起こす。7月3日付朝日にはその記事が載っている。

〈栃木に狂暴漢 八名を鈍器で撲(なぐ)る

?

【宇都宮電話】2日午前2時ごろ、栃木県上都賀郡東大芦村(現鹿沼市)の神職・宮本織蔵(64)方で、織蔵の五女てるの前夫である日光町大字細尾の無職・小平義雄(28)が長さ2尺5寸(約75センチ)の金テコ(バール)をもって同家十二畳の室に就寝中の織蔵に瀕死の重傷、同妻(64)に3週間、てるに2週間、孫(9)に2週間、さらに八畳間に就寝中の長男に2週間、四女に4週間、同六畳の間にいた次男に5週間、及び同家に泊まっていた男性に3週間、都合8人のいずれも頭部に重傷を負わせ、騒ぎを聞きつけ、駆け付けた近所の人に取り押さえられた。原因は、義雄が日光製銅所を先月解雇され、離縁になっていたので、てるとの復縁をたびたび申し込んだが聞き入れられないので、右の始末に及んだもの。〉

 普段はおとなしいが、いったん興奮すると抑えが利かなくなって暴力を振るう、というのは、海軍時代よりもっとさかのぼって子どものころからの性癖だったようだ。

 下された刑は懲役15年だったが、国家の慶事による2度の恩赦で刑期は短縮。1940年9月、事件から8年余りで仮出獄を果たした。機関兵の経験を生かし、ボイラーマンとしていくつかの工場を転々。太平洋戦争勃発を挟む時期には飛行場建設要員としてサイパンに渡ったことも。1943年8月には海軍第1衣糧廠のボイラー係に。

 1944年2月結婚。1945年2月、長男が生まれた。空襲が激しくなって妻子を妻の郷里の富山に疎開させ、自分も後から衣糧廠を退職して疎開。敗戦後、再び上京して渋谷の近くに住み、妻子を迎えて、1946年3月には、新聞広告に応募して芝高浜町の海軍経理学校跡にあったアメリカ軍のランドリー兵舎(洗濯工場)で働くようになった。ここで逮捕の日を迎えた。

■拡大していく事件

 8月30日付朝刊各紙は事件の拡大を伝えた。「さらに少女殺し自白 娘殺しの小平」が見出しの朝日の記事は――。

「先に迷宮入り事件とされていた品川駅付近の古自動車下で発見された少女絞殺の下手人であることも自白。殺人前科1犯とはいいながら、一見紳士ふうの小平が恐ろしい殺人鬼だったことが判明した。さる6月13日午後3時ごろ、芝区高浜町7、芝運送株式会社古自動車置き場の焼けたトラック下に、ネッカチーフで二重に首を絞め殺されている15、6歳の女学生ふうの死体について警視庁で調査したところ、江戸川区平井町、阿部敬次郎さん次女、平井第三国民学校高等科2年生(14)と分かったが、犯人は全く分からなかった」

「死の抵抗」によれば、事件主任の金原警部が被害者の身元捜査をしている時、頭にひらめいたものがあった。それがこの少女絞殺事件だった。金原警部が担当し、芝山内の事件が起きるまで六十数日間、捜査に専念したが解決できなかった。ところが、次のように、芝山内の犯行と殺害手口がよく似ていることに気づいた。

1)?? ?暴行されている
2)?? ?絞殺方法が同一
3)?? ?殺害後、野外で比較的人目につきやすい場所へ運んでいる
4)?? ?解剖結果から、いずれも食物を与えられている

 さらに決定的だったのは、小平の勤務先のランドリー兵舎が犯行現場のすぐ近くであることだった。しかし、取り調べ段階では犯行を認めた小平は公判では一転して否認。判決でもこの事件では無罪とされた。

■「恐るべき無軌道の殺人鬼ぶり」

 さらに朝日の同じ紙面には別項で「栃木の少女殺しにも疑ひ(い)」の記事が。それによれば、1945年12月に日光町の高等女学校4年生(17)が行方不明となり、翌月刺殺体で発見された事件と、同じ1945年12月に日光の姉のところに遊びに出かけた東京の19歳女性が自分のマフラーで絞殺された事件が小平の犯行ではとの疑いが出てきたとされた。

 のちに東京の女性については小平が犯行を自供し、法廷でも認定されたが、高等女学校生の件は無関係と分かった。それでも、連日「これも小平の犯行か」「あれもか」と報道がエスカレート。世間の関心も高まった。

 9月5日付読売の社説は「娘殺し事件の教訓」の見出しで取り上げ、「今日一般に子女の浮薄と虚無的傾向が問題視されている」と指摘。「責任全部を子女の無自覚そのものに負わせ、放任しておいてよいであろうか」と問い、娘の帰宅時間の厳守など、両親の適切な指導を求めた。それが当時の「常識」だったのだろう。

 9月30日付読売は「買出し娘二人殺し 小平、犯行を自白 芝山内と同一の手口」として初めて買い出しに絡んだ小平の犯行を報じた。1945年10月に見つかったが迷宮入り事件とされていた「都下北多摩郡清瀬村(現清瀬市)雑木林内に白骨と裸体となって発見された2つの女性他殺体も自分のやったことだと自白。恐るべき無軌道の殺人鬼ぶりが明らかになった」と記述。次のように続けている。

〈 白骨の方が王子区上十條、紺藤與助さんの次女(21)で、(1945年)7月15日朝9時ごろ、知り合いの買い出し先、埼玉県入間郡柳瀬村(現所沢市)にイモの買い出しに行くと出たまま行方不明となったもの。裸体の方は王子区下十條、松下伊十郎さん長女(21)=出版社「創元社」会計係=で9月28日、勤務先の先輩と東京駅で待ち合わせる約束だと、家を朝出たまま分からなくなったもの。〉

■「背後に毒牙は磨かれていた」 

 それぞれについて記事は小平の供述内容を書いている。

〈▽紺藤さんの場合 池袋の露店街をぶらついていたところを小平が目をつけ「どちらへ買い出しに行かれるのです。私も500円(現在の約7万9000円)持っていて買い出しに行きたいのですが、初めての所では売ってもらえないでしょう」と優しく話しかけた。殺人鬼と知る由もなく、「大丈夫ですわ。知り合いの所に行くのですから」。では一緒にということになったのが最大の不幸になったわけで、武蔵野線(現・西武池袋線)清瀬駅から1里(約4キロ)歩き、3町歩(約3ヘクタール)ぐらいの雑木林を近道だと横切った時、小平の毒牙は小さな獲物に飛びかかった。〉

〈▽松下さんの場合 先輩が15分ほど遅れた。人待ち顔の被害者の背後に小平の毒牙は磨かれていた。「買い出しにとてもよい場所があるから」との甘言にふらふらと死の清瀬行きとなってしまった。15分遅れたとはいえ、友達と会う約束の娘を誘い出す小平の甘言は、変質者だけに常人が想像できないほど巧みなものがあったのだろうと警視庁係官もあきれている。〉

 記事には「類例のない變(変)質者」が見出しの警視庁鑑識課の談話が付いている。

■2日で100万人の都民が買い出しに出かけた時代

 当時の買い出しのすさまじさもいまからは想像もつかない。食糧難のどん底にあった都会の住民はまだゆとりのある農村地帯へ一斉に買い出しに行った。持って行った洋服や着物と食糧を物々交換する。そのうち、買い出しで得たコメやイモなどを闇市に流す闇屋も増えてきた。政府の統制は厳しく、取り締まりに当たった警察は違反のコメなどをどしどし摘発した。

 東京の事情について上野昂志「戦後60年」は書いている。

「その行き先は、東京でいえば武蔵野線(現・西武池袋線)や東武線、東上線、京成線、あるいは省線(国鉄=現JR)などを利用しての埼玉や千葉や神奈川などの近県であったが、たとえば、1945年の11月2日、3日だけで100万人の都民が買い出しに出かけたということだけでも、その多さが想像できよう」

■「買い出し」客の9割が違反…食糧難の“日常風景”

 1946年8月1日付朝日2面トップには「乗客の九割が違反 政治の貧困に車窓から怒聲(声)」が見出しの「『白米列車』便乗記」が載っている。コメどころの東北地方を縦断する列車にはコメや麦、ジャガイモが大量に持ち込まれ、それが警察に摘発され、無償没収される“悲劇”が繰り返されていた。記事本文は――。

〈 秋田発上野行き404列車がある日の午後9時52分、山形駅に滑り込んだ。「その筋のお達しにより全員降車を願います」。ホームのマイクが幾回も意外な放送を繰り返す。「荷物を全部持って早く降りるんだ」。警官がざわめく車内に怒鳴る。「上り」には最も便利なこの列車で没収白米72俵(約4320キロ)という記録を出したこともあるだけに、当局にはこの列車こそ目の敵。この晩も73名の警官がピストルで武装。要所を固めた。乗客をホームに6列縦隊に並ばせる。食糧営団の腕章をつけた男が大きな麻袋をいくつも広げて検問官の脇に立つ。約2000名の客が持てるだけの荷物を持っている。〉

 窓から便所から洗面所から、人間の体ほどの荷物が放り出される。逃げ出そうとして取り押さえられる乗客。現場は修羅場と化した。

〈 10人のうち9人は違反組。検問官のすきを見てリレー式に荷を窓から運び込むところを捕らえられ、大立ち回りする者もいた。暴利目当ての3人組だ。2升(約3キロ)までは親心で黙認されたが、「別に升で計るわけでなし。客はお気の毒でさ!」と、5月からコメの顔を見たこともないという大阪の二等客が不平乱発。「ただで取り上げるのはずいぶんひどい!」。2つになる赤ちゃんを背に6つの子どもを膝におろおろと泣き崩れている東京都世田谷区のみすぼらしい婦人。寄席の下足番をしている主人の薄給から1升(約1.5キロ)65円(現在の約2600円)の秋田米を5日がかり、しかも2晩は満員列車に寝て買ってきたのだという。移出証明のあるものは許されたが、最高は1人で2斗8升(約42キロ)も持っているなど、この晩の無償没収は約6俵半(約390キロ)。かくて無法越境ものを払いのけ、身軽になった列車は約40分も遅れて発車した。〉

 こうした光景が日常茶飯事だった時代。小平の「甘言」がどれほど有効だったか――。

【続き】「私が狙った女は一人として失敗したことがない」終戦直後の日本で「性欲一本に集中」…30人以上の若い女性を襲った“陰獣”の最期

「私が狙った女は一人として失敗したことがない」終戦直後の日本で「性欲一本に集中」…30人以上の若い女性を襲った“淫獣”の最期 へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)