予防接種を2回打っても感染する? 「ブレイクスルー感染」について今わかっていること

予防接種を2回打っても感染する? 「ブレイクスルー感染」について今わかっていること

©?iStock.com

 日本でも、高齢者を中心に、ワクチン2回接種を完了した人が増えてきた。新型コロナウイルス感染症のワクチンには、開発当初より高い効果が報告され、ワクチン接種が早く進んだイスラエルでは、ワクチンの普及とともに感染者が激減した。

 しかし、その後、早い時期に接種を行った人々の中で再度感染が 増加しはじめた 。日本でも、医療機関のすでにワクチンを打ったスタッフからの感染事例がいくつか 報告されている 。

 ワクチンを2度接種して14日以上経過しても感染することを 「ブレイクスルー感染」という 。特に高齢者の中には、ワクチン接種が終わって3、4ヶ月経過する人もこれから増えていき、ブレイクスルー感染が気になるところだろう。

■どのくらいの人がブレイクスルー感染するのか

 ワクチン2回接種完了後の感染について、2021年7月21日に、国立感染症研究所は、本邦におけるブレイクスルー感染の状況について 報告している 。7月21日時点でワクチン接種後の感染は27都道府県から130例報告されており、2回接種14日後以降の感染はそのうち67例だ(資料1)。

 20-40代の比較的若い人が多いのは、医療従事者が多いためで、医療従事者は、ワクチンを打ってからの時間経過が長く、ワクチンの効果が落ちてきていることを示しているといえるだろう。ファイザーの接種後が多いのは、医療従事者や、高齢者の集団接種においてはファイザーが主に使われていたことによるだろう。

 130例中65例(50%)が無症状、60例(46.2%)が軽症、5例(3.8%)が中等症で、重症例はいなかったようだ。

 アメリカのCDCは、州と協力して、ブレイクスルー感染を監視しており、ワクチンの種類や基礎疾患の有無、変異株による感染かどうかなどの 調査を行い 、1-4月に報告されたブレイクスルー感染について 報告している 。

 この期間は、現在優勢なデルタ株ではなくアルファ株が優勢だった期間だが、10262例のブレイクスルー感染が報告され、2725例(27%)は無症状、995例(10%)が入院し、160例(2%)が死亡したとのことだ。

■デルタ株は従来株に比べてブレイクスルー感染の頻度が高い?

 では、デルタ株に関しては、どのような報告があるのだろうか。イスラエルの研究では、ファイザーワクチンを2回接種して7日経過した以降に感染した人は、ワクチンを打っていない人や、ワクチン1回接種後14日〜ワクチン2回目接種後6日以内に感染した人に比べて、デルタ株感染の比率が多かったと 報告している 。

 また、テキサスのヒューストンで行われた研究では、デルタ株は、その他の株と比較して、2回目のワクチン接種後14日経過した、ブレイクスルー感染の比率が高かったと報告している。その他の株では、感染数全体のうちブレイクスルー感染の占める割合は5.8%だったのに対し、デルタ株では19.7%を 占めていたとのことだ 。

 ただし、この2つの研究は、デルタ株が流行する初期までに行われたもので、デルタ株への置換が進んでいない時期であり、デルタ株の症例数が少なく、信頼性は十分とはいえないため、今後のさらなる研究が待たれる。

■ワクチン接種はどのくらいの期間有効?

 最近の研究では、ワクチン接種の効果は長くは続かないことが示唆されるようになってきた。ファイザーワクチンは、当初は高い効果を示すものの、3-4ヶ月後には低下すると 考えられている 。6ヶ月後には、若い医療従事者でも抗体価が低下していたが、高齢者でより顕著だという 報告もある 。

 それに対してモデルナワクチンは、デルタ株が優勢な期間において、ブレイクスルー感染が少なくファイザーよりも有効ではないかとする 報告がある 。アストラゼネカのワクチンは、当初はファイザー、モデルナワクチンよりも効果が低いが、3、4ヶ月経過すると、効果の低下が比較的早いファイザーのワクチンとほぼ同等になるという 研究結果もある 。

 イスラエルでは、3回目のブースター接種を行うと、デルタ株にも、ブレイクスルー感染の予防効果があるのではと示唆する研究結果が 報告されている 。

■ブレイクスルー感染、重症化や死亡率は?

 では、ワクチン接種をしていない状態での感染と比べて、ブレイクスルー感染は、重症度などに違いがあるのだろうか。

 イスラエルの医療従事者を対象とした研究では、ブレイクスルー感染のほとんどが軽症あるいは無症状だが、2割ほどは6週間以上の長期にわたり症状が持続したとの 報告がされている 。また、この研究では、ブレイクスルー感染した人の、ワクチンにより得られた抗体価は、感染しなかった人よりも低かったという。また、イタリアの研究(アルファ株に対する研究ではあるが)では、ブレイクスルー感染は、無症状あるいは軽症が多く、人に感染させることが少ないと 報告されている 。

 アメリカの研究では、ワクチンを打った人は、入院する確率が、そうでない場合よりも少ないと 報告されている 。9月1日に報告されたイギリスの研究では、ワクチン2回接種は、入院を減らすと同時に、28日以上続く後遺症を減らすことが 報告された 。?

また、どのワクチンがブレイクスルー感染が多く、重症化が多いのかについては、9月7日の アメリカの報告 で、ブレイクスルー感染の人数や重症者で多かったのはファイザーの接種者というものがあるが、研究に様々な限界があり、まだはっきりしない。?

■ワクチン接種後、免疫がつかない人や、効果が早く落ちやすいのはどんな人?

 どんな人にブレイクスルー感染が起こったのかに関してだが、イスラエルでは、ブレイクスルー感染で入院を必要とした患者は、新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい基礎疾患があったと報告され、4割に免疫不全があったと 報告している 。アメリカの研究でも、ブレイクスルー感染で入院を要した患者の4割が、癌の治療中や臓器移植後などの免疫抑制状態だったと されている 。

 癌の治療中の人は、ワクチンを打った後で、免疫に問題がない人と比べると、免疫がつかないケースもあり、また、ワクチンを打った後の抗体価もより落ちやすいという 報告があるが 、そうはいっても、この報告の中では、癌治療中の人でも3-4ヶ月後の抗体陽性率は87%と高く、ワクチンは有効と考えられる。しかし、そうでない人と比べて抗体がつきにくい・落ちやすい傾向はあるので、癌を治療中の人は、感染対策を怠らないようにしたほうがよいだろう。

■ワクチンを打っても感染対策は必要?

 アメリカのCDCは、ワクチンを2回接種した人に関して、屋内でも少人数ならマスクをしなくてもよいと5月13日にガイダンスを出したが、デルタ株の広がりを受けて、7月27日に、感染拡大地域では、屋内でもマスクを着用するようにガイダンスを変更している。

 感染力が強く、ワクチン効果がやや弱くなるデルタ株にほとんど置き換わった現状では、ワクチン2回接種完了でも、今まで通りの、不織布でのマスク、会食は避ける、手洗いと手指衛生を続けることは必要だろう。

 また、デルタ株は従来の株よりも感染力が高く、ウイルス排出量が従来の株の1000倍を超えると 報告されている 。よって、マスクの材質にも細心の注意を払わなければならない。

 昨年マスク不足だった頃は、布マスクやウレタンマスクをしている人も多かったが、現在流通は改善し、いつでもどこでも不織布マスクが手に入る。不織布マスクは、自分が吐き出す飛沫量を80%減らし、吸い込む飛沫量を70%減らすのに対して、ウレタンマスクは、自分の吐き出す飛沫量を50%しか減らさず、吸い込む飛沫量を30-40%しか減らさないと報告されている(添付資料2)。布マスクは、両者の中間くらいの値だ。感染力の高いデルタ株だからこそ、不織布マスクの装着が重要になる。

(松村 むつみ)

関連記事(外部サイト)