「日本でいえば“織田信長”と説明していたが…」“力がすべて”のタリバンに持ちうる「2枚の交渉カード」とは

「日本でいえば“織田信長”と説明していたが…」“力がすべて”のタリバンに持ちうる「2枚の交渉カード」とは

タリバンのナンバー2と称されているバラダル師 ©AFLO

9・11から20年…なぜタリバンはここまで「衰えない」のか《新首相ら幹部と対峙した日本人元外交官の証言》 から続く

 9・11同時多発テロから20年。テロを首謀した外国人オサマ・ビンラディンをかくまったことでアメリカの攻撃を受け、政権崩壊に至ったはずのアフガニスタンの「タリバン」だったが、彼らが生きながらえて勢力を回復したことで、事態は今回の復活劇へと急展開している。

 著書『大仏破壊 ビンラディン、9・11へのプレリュード』(文春文庫)で、タリバンの内情を詳細に描いた高木徹氏が、9・11に至る前の数年間、国連アフガニスタン特別ミッションの政務官として、今回の組閣で首相に選ばれたアフンド師をはじめ、30人を超えるタリバン幹部たちと交渉を行ってきた田中浩一郎氏(現・慶應義塾大学教授)に、現在のタリバンをどう見るかを聞いた。(全2回の2回目/ #1から読む )

◆◆◆

■「結局、タリバンは戦闘集団。力がすべての“ヤクザの世界”ですから」

高木 8日に発表されたタリバンの「組閣」の内容をどう見ていますか?

田中 まだ最終承認でないと示すためか大臣「代行」という言い方ですが、正直言って、それを見ると行政機構としては機能するとは思えません。そもそも、字が読めるかどうかも分からないようなメンバーがあてがわれていますから。

高木 以前からタリバンには「強硬派」と「穏健派」がいて、表に出てくるのは「穏健派」だが、結局は「強硬派」が力を持っていると捉えられてきました。

田中 「強硬派」というよりは、私は「武闘派」と呼んでいます。力がすべての世界、いわば“ヤクザの世界”ですから。米軍を追い出したいま、その「武闘派」の意見が強いことは間違いありません。

 今回「首相」になったアフンド師は、前回の政権では外務次官から外務大臣になった人で、私は10回以上会っていますが、彼の口から教条的な原則論以外のことを聞いたことがありません。いまよくメディアに登場しているバラダル師も、「武闘派」として鳴らしていました。今回の組閣では副首相という微妙な役職ですし、米軍が撤退した以上、タリバンにとってこれまで彼がやってきたようなアメリカとの交渉はもう必要がないということでしょう。

 副官の一人だったハッカーニ師が内務大臣というのはブラックジョークのように思えます。彼はいわば“狂犬”のような存在です。アルカイダともつながっていると言われますし、これまで国内でも爆破テロとか暴力行為をやってきていた人が、これからは治安の維持を担当するというのですから。

 創設者オマル師の息子で今回国防大臣になったヤクブ師は知り合いではありませんが、少なくとも軍事委員会のヘッドだったということは、話し合いで物事を解決しようとする人ではないでしょう。つまりタリバンの上層部は「武闘派」によって占められている。結局、タリバンは戦闘集団なのです。戦闘で相手を打ち負かすことを、いの一番に考えている。

 その彼らの第一のミッションは外国勢力を駆逐すること。第二のミッションは、アフガニスタンをシャリーア(イスラム法)に基づくイスラム国家に戻すことです。

 軍事的緊張状態が続けば、第一のミッションも残り続け、「武闘派」の意見が常に強く出る。緊張状態がなくなれば様子は変わるはずですが、国際的なタリバン嫌い、イスラム嫌いの脅威にさらされていると彼らが感じる限り、必然的に「武闘派」が主導権を握る状態が続くと思います。

「武闘派」から主導権を奪うためには、国際社会がタリバンに対して融和的になり、タリバン内の融和論を優勢にする必要があるのですが、タリバンはイスラム法に基づいた国づくりという方針は変えられませんし、国際社会も女性をはじめ人権問題を見逃すわけにはいかない。その結果、「国際社会からつまはじきにされている」という彼らの“被害妄想”も止まないので、結局は「武闘派」が力を持ち続けることになるでしょう。

〈今回の「組閣」メンバーの中で、田中氏が「納得がいく」と表現するのが、外相のアミール・ハーン・ムタキだ。拙著『大仏破壊』でも、武闘派の出身ながら国際社会の論理に理解を示し、強硬派とは異なり文化遺産の保護に動いたことを描いている〉

田中 ムタキは前回の政権でも、オマル師から指名されて国連を仲介者とする和平交渉にあたっていました。私たちの言うことを咀嚼して、自分なりの考えを巡らせている様子が見て取れました。交渉の進め方に関する覚書にもタリバンを代表してサインしたことがあります。キルギスでウズベキスタンの武装勢力に囚われた日本人人質4人の解放に力を貸そうとしてくれたことも思い出されます。ただ、彼一人が政権を動かせるわけではなく、今後のタリバンの外交交渉がスムーズに進むことを意味しているわけではありません。

■「人々が動いてくれなければ、結局は力に訴えるしかないのです」

高木 2001年までの数年間、タリバン政権がアフガニスタンを一応「統治」していたことになっていますが、その形に戻ることになるでしょうか。

田中 今回も銃をチラつかせて同じことをやったら、間違いなく国は動きません。アフガニスタンの人々の期待が、当時とは違うレベルに達しています。2001年以前は、内戦で焦土と化し、国として何も機能していない、安全も保たれないという状況でタリバンが出てきて、カブールを占領し、政権を担うということになったわけです。

 当時も大臣や次官を決めたりしていましたが、行政機構として実際にどれぐらい動いていたのか正直疑問です。私も当時の外務省に出入りしていましたが、職員も少なくガラガラでした。役人が最も多かったのは教育省ですね。教育省はマドラサ(神学校)を管轄するので、その数が結構ありますから、それでわりと活気があったのかもしれませんが、他の省庁は人がいなかった。

 いまタリバンは、前政権の協力者でも恩赦するなどして、行政機構に勤めていた人たちを呼び戻そうとしていますが、彼らだって、これまでやってきたことが全否定されるかもしれない環境のもとにわざわざ戻らないと思います。ありえるとすれば、家族らを人質に取って無理やり働かせるパターンです。

 とくに軍関係ではあると思います。2001年以前のタリバン政権はソ連製のミグ21戦闘機を数機持っていたのですが、タリバンは飛ばす能力がありませんでした。それでアフガニスタンの旧共産党政権期の軍パイロットを探してきて、その家族を人質に取ってタリバンのために働かせて、空爆させていました。そういうことはまたやると思います。いま、タリバンは柔らかい顔で呼びかけをしていますが、号令に従って人々が動いてくれなければ、結局は力に訴えるしかないのです。

■民主主義に手をつけると「タリバンはタリバンでなくなる」

高木 以前からはっきりしていることがあって、タリバンは民主主義というものは全く採用しないですよね。

田中 選挙という制度は認めないですね。タリバンは、地元アフガニスタンで幾世紀にもわたり続いていた意志決定機関・ロヤジルガ(全国長老・部族有力者会議)ですら否定するわけです。ロヤジルガの代議員は、例えば長老格や部族長のような人たちが伝統的に選ばれる。ところが、タリバンはそれすら「非イスラム的」と否定していました。彼らが求めていたものは、ウラマー(宗教指導者)による会議です。

 つまり、イスラム法、シャリーアによる統治です。その「シャリーアを緩めます」といったらウラマーたちが黙ってない。タリバンがシャリーアの厳格適用をやめることは無理、というのが私の結論です。構造的にできない。そこに手をつけてしまったら、タリバンはタリバンでなくなってしまうのです。

〈2001年以前のタリバン政権時代から、タリバンのイスラム法解釈の強硬ぶりを象徴する存在として「勧善懲悪省」という奇矯な名の省庁があった。人々がイスラム法に違反していないかを取り締まる「宗教警察」で、銃を持って街頭をパトロールし、女性が身内の男性を帯同せずに歩いていないか、全身をすっぽり覆うブルカを着用しているか、顎髭の短い男性はいないか、音楽を楽しむものはいないかなどを見張った。

 アフガニスタン1500年以上の文化遺産であるバーミヤンの大仏像の破壊を命じたのも勧善懲悪省だ。そして、今回の組閣でこの「勧善懲悪省」が復活し、「大臣」が任命された。20年前を知る人々の「悪夢」が再び現実になるのだろうか。〉

高木 現在のタリバンの指導者とされるハイバトゥラー・アフンザダ師は、どんな考えを持っているのでしょうか。

田中 ハイバトゥラーは90年代に一時、勧善懲悪省のトップだった人です。20年経って多少変わったとしても、彼はシャリーアの厳しい適用と、それが色濃く反映された社会制度を作ることになるでしょう。

 私が注目しているのが、組閣を発表したムジャヒド報道官が、会見の最後に「制度や法はこれから作っていくが、それらが決まり発表されるまでデモは禁止だ」と言ったことです。この先、タリバン政権の考えることに反対する人々は、叩かれ、銃で撃たれることもあり得ると危惧します。彼らはそれをためらいなくやるのです。

 実は、タリバンの中心にいた人で、ここ数年で外された人が結構います。この人たちのうちの一部とは、僕もある時までメールのやり取りがありました。90年代のタリバンのやり方に関して、間違えたということを彼らは認識していました。ある種の反省や自省がありました。その後も、彼らはタリバンに残っていたのですが、今回の組閣の30人以上のメンバーにも全く名前が出てきませんでした。

 私が「良識派」と呼んでいる彼らがいま表に出てこない。このことからも、タリバンの中枢部では「武闘派」が優勢で、これまでのタリバンのあり方に反省をする人たちに対しては非常に冷たいことが推測されます。

■タリバンは“織田信長”なのか?

高木 タリバンという存在は、日本人には分かりにくいものです。あえてタリバンという存在を日本の教育現場で若者たちに説明すると、どんな存在なのでしょうか? 山賊とも違いますし、日本なら戦国時代のようなイメージでしょうか?

田中 難しいですよね。極端な言い方をすると、1994年に内戦状態のアフガニスタンを平定するために出てきた当時のタリバンをたとえるとすれば、例えば織田信長でしょうか。

 全国を平定して安定させようとしたとか、商業を発達させようとしたという観点で見ると、タリバンもそういう要素も少し持っていましたから。その過程では、織田信長は比叡山焼き討ちなどのひどいこともたくさんやっているわけで、それをどう捉えるかですよね。

 ただ、最近はドラマやゲームでも、織田信長はあまりにヒーローとして描かれてしまっていますから、その方向で勝手なイメージを膨らませるのは的外れに逸れていくだけですし、特にいまの若い世代の人たちにはたとえとして適切ではないかもしれません。

高木 アフガニスタンの人の多くは「本当はタリバンを歓迎している」と、日本でも言われることがありますが、実際はどうなのでしょうか?

田中 都市部と農村部で相当受け止め方が違いますし、民族的な背景で言えば、どこの地方の話をしているかによっても変わってきます。それでも、「いまのタリバンが、この20年間のアフガニスタン政府よりマシ」と確証を持って言うアフガニスタン人は圧倒的に少数派だと思います。

 外国の支援によって成り立ってはいましたが、医療の機会は確実に増えたし、子どもが学校に行ける機会も与えられた。前回のタリバン政権も実現したかったでしょうが、あまりにも行状が悪く、外国人の活動に対して制約を設けたことで、十分にできませんでした。

 今回もタリバン政権が発足したとなれば、アフガニスタン政府の名前のついた銀行の外国における資産は、国連安保理の制裁に基づいてタリバンの資産として凍結の対象になります。つまり遅かれ早かれ、アフガニスタンにはお金がなくなることになる。国の民生レベルも劣化していくのは避けられないでしょうから、なおのこと「タリバンのほうがいい」と思えるとは考えられません。

■普通の個人が作り出す、度を過ぎて残虐な組織

高木 タリバンも人としては普通の人だ、という言い方もされることがありますね。

田中 同じ人間を個人としてとらえた時と、組織の一員としてとらえた時の、ほとんど180度異なるような態度をどう捉えるのか、という問題でしょう。

 タリバンも話せば普通の人だし、一人の人間に変わりはなく、彼らを悪の化身のように見立ててアメリカなどが軍事攻撃することはおかしいという、タリバンに同情的な言説がある。例えば、アフガニスタンでお亡くなりになった中村哲さんの言葉も、そのようなニュアンスで伝えられることがある。あながち間違った評価ではないのですが、それに囚われると私は危ないと感じるのです。

 私の経験でも、タリバンは人の子だし、人の親です。話をすれば一人の人間だとわかる。彼らの中には心境や内情を吐露してくれた人たちもいます。ところが、その普通の人が、内戦の最中とはいえ組織となると、とてつもなく残虐なこと、人間のする所業ではないようなことをやってのける。

 少し話は逸れますが、第2次世界大戦の時のナチスの研究をした哲学者、ハンナ・アーレントが言ったように、個人としては普通の人が作り上げる全体主義やホロコーストのような惨劇も歴史上あったわけです。こうした側面を直視しないと「タリバンとは何者か」と言う問いに向き合うことはできないと思います。

 タリバンに対する解釈に関して、「普通の人」説が日本で独り歩きして、「国際社会が軍事力で作り上げた“民主主義の幻想”を壊したタリバンに正義がある」と結論付けてしまうことは避けなければなりません。

■タリバンに持ちうる「2枚の交渉カード」

高木 先ほどのお話では、今後、「強硬派」に勢いをつけさせないためには、日本も含めた国際社会もある種の融和姿勢が必要だということでしたが、同時に田中先生は、タリバン政権の国際的な承認は簡単にするべきではないと主張されていますね。

田中 難しいバランスが求められます。政権の承認は国際社会が持っている数少ないカードです。もうひとつあるのがお金ですが、これまでのアフガニスタン政府に対して供出してきたようなお金が無条件に渡されるとタリバンに思われても困る。われわれはタリバンに対して、ほとんどレバレッジ、つまり彼らを動かすテコを持っていないわけです。

 あるのは、政権の承認とお金の2枚のカードだけです。それらは大切に使わないといけない。かといって待っているだけではいけませんから、「エンゲージメント(関与)」し続けることが必要です。アフガニスタンの国民が飢えていることは間違いない。人道支援は続けて行くことも大事なポイントです。

高木 ここまでのお話をお聞きすると、タリバンのもとで、急速にアフガニスタン国内の状況が悪化することも予想されます。この先どうなるのでしょうか。

田中 このままでは、よくて90年代のタリバンが我が物顔で歩いていた時代に戻るだけでしょう。もう少し悪くなると、フェイルドステート(失敗国家)になりかねない。せっかく、これだけ世界の様々な人がかかわって、医療や教育の向上や女性の社会進出など数字で見える成果もあった。それが消えてしまわないように何とかしたい。

 結局はタリバンが、どういう政治をするかです。国際社会は、彼らの首根っこをつかまえて「こうしろ」と指導することはできません。他方、言葉でタリバンを誘導することはまだできるかもしれない。難しいことですが、その努力を続けるしかないと思います。?

(高木 徹)

関連記事(外部サイト)