9・11から20年…なぜタリバンはここまで「衰えない」のか《新首相ら幹部と対峙した日本人元外交官の証言》

9・11から20年…なぜタリバンはここまで「衰えない」のか《新首相ら幹部と対峙した日本人元外交官の証言》

完成時に世界一の高さを誇り、ニューヨークのシンボルのひとつだった世界貿易センタービル(写真は1991年) ©iStock.com

 9・11同時多発テロから20年を迎えた今、古くて新しい問いが再び私たちの前に立ち現れている。

 2001年の9・11を首謀した外国人オサマ・ビンラディンをかくまったことでアメリカの攻撃を受け、政権崩壊に至ったはずのアフガニスタンの「タリバン」が、追及の手を逃れ、散り散りになりながらも生きながらえ、今回の復活劇へと急展開しているのだ。

 私は、9・11の半年前に起きた「バーミヤンの大仏破壊事件」が、同時多発テロの「プレリュード(前奏曲)」だったという仮説に基づき、タリバンが国際テロ組織・アルカイダのリーダー、オサマ・ビンラディンによって乗っ取られていく道筋を取材した。それをNHKスペシャルとして放送し、書籍として『大仏破壊 ビンラディン、9・11へのプレリュード』(文春文庫、大宅壮一ノンフィクション賞受賞)にまとめた。

 当事者であるタリバンや、彼らを良く知るアフガニスタン人、パキスタン人、そして欧米人らを広く取材したなかで、ストーリーの中心に据えたのが、日本人の国連外交官だった田中浩一郎さん(現・慶應義塾大学教授)だ。

 9・11に至る数年間、田中さんは、国連アフガニスタン特別ミッションの政務官として、数限りないほどタリバン政権下のアフガンに入り、その語学力を活かして今回の組閣で首相に選ばれたアフンド師をはじめ、30人を超えるタリバン幹部たちと渡り合い、様々な交渉を行ってきた。タリバンを、その各個人の性質や行動パターンに至るまで熟知している貴重な存在である。

 本稿では、再び世界の前に登場してきたタリバンとは何者なのか、現在も研究者としてアフガニスタン情勢についてフォローを続けている田中氏に聞いた。(全2回の1回目/ #2を読む )

◆ ◆ ◆

■「謎の神学生」の正体

高木 タリバンは、8月15日にアフガニスタンの首都カブールを電光石火の進撃で「陥落」させました。田中さんは、どのようにお感じになりましたか。

田中 実は、2002年の夏から、「これはまずいな」と思い、発信していました。アフガニスタンを「きちんとしたかたちに整えなければいけない」という国際社会が持っていた狙いが、9・11から1年足らずで、別のところに持っていかれていくのを現地で目の当たりにしたからです。それが20年かけてここまで来てしまった、という印象を持っています。

高木 「別のところ」に持っていかれたというのは、具体的にはどういうことですか。

田中 2003年にアメリカがイラク戦争を遂行するわけですが、それに向けてアフガニスタンに対する関心が、その1年前の2002年夏から急速に下降線をたどり始め、アフガニスタン国民の間で「これって民主主義なの?」と感じてしまうような事態が、アメリカによって自ら作り出されていたのです。

 このことは2002年6月に開催された、緊急ロヤジルガ(アフガニスタンに伝統的な「全国長老・部族有力者会議」のような存在)ではっきり出てきました。アメリカは、ハミド・カルザイ(初代大統領)を国家元首にしようという方針をはっきり持っていて、これに異を唱える人々を、アメリカが脅して回ったのです。それを見て、アフガニスタンの人々に「結局、自分たちの意見は聞いてもらえない」という思いが広がってしまいました。

 民主主義について本当にヨチヨチ歩き以前、まだ乳飲み子ですらなかったアフガニスタンにおいて、民主的な体制を構築しようとする大プロジェクトが、いきなりおかしな方向に進んでしまった。「民意に基づくのが民主主義の大前提」のはずが、アメリカがむしろ民意を封じ込めるような動きをしたことで、大いなる幻滅をアフガニスタンの人々は感じてしまったのです。

〈ロヤジルガは選挙で代議員が選ばれるわけではないが、一種の議会的なもので、これを活用することで、正式な大統領選挙の準備が整う前に国家元首を選び、民主主義の第一歩とできる……と当時捉えられていた。田中さんによれば、ロヤジルガの参加者の間で最有力だったのは、宮廷クーデターで廃位となるまでその地位にあったザヒル・シャー元国王だったが、英語堪能でアメリカとも話ができるカルザイの国家元首就任に、アメリカは強引にこだわったのだ〉

■「大いなる幻滅」はなぜ生まれたのか

田中 アメリカのブッシュ政権としては、2004年のアメリカ大統領選挙に向けてサクセスストーリーを欲したわけです。そのために、アフガニスタンの大統領選挙もギリギリ間に合うタイミングで行った。その結果、「現地は万事うまくいっており、何も修正する必要がない」という自明の前提を作ってしまうことになり、思考のトラップに陥ってしまった。これは日本の原発の安全神話――安全に作ったのだから安全を疑う議論自体が許されない――と同じ構図です。そこから修正のタイミングを失ってしまいました。

高木 ブッシュ政権の後を継いだオバマ政権で増派も行われましたね。

田中 これだけの死者を出して、多くの戦費を払ったアメリカには非常にきつい言葉になりますが、明らかにやり方を間違えた。これは私も現場に行って見聞きしていましたが、その増派が進む中で、とにかくいろんな人にお金をバラまく。それによって人々の忠誠心を買おうとする。これはアメリカがイラクでもやっていたことですが、少なくともアフガニスタンにおいては、そのお金のかなりの部分がタリバンに流れ、軍閥の長老格のポケットに入り、その後問題になる汚職の元になりました。

■中国・ロシアに利用されてしまった「テロとの戦い」

高木 正直なところ、私も含めてアフガニスタンへの注意関心が少し薄れていたところに、予想外の早さでカブール陥落になり、多くの人がショックを受けたと思います。そもそもアメリカが20年前に「アフガン戦争を始めたこと自体がよくなかったじゃないか」という声もあります。しかし、私はあの9・11の後の状況ではあれしか選択肢がなかったと思っているのですが。

田中 あの攻撃は、国連憲章に定められた個別的自衛権の行使、NATO憲章第5条に基づく集団的自衛権の行使をはじめ、法的な枠組を踏まえています。ただ、相手が国家ではなかったわけです。

 一つはアルカイダというテロ組織で、もう一つはタリバン政権という国家を名乗っているけれども、国際社会に認知されていない政治運動体でした。特に前者に対して武力行使を行うことで、本当にテロを撲滅できるのかというのは大きな疑問だったと思います。

 また、その後の歴史の展開を見ると、この時の「対テロ戦争」という形は、中国とロシアにはさんざんいいように使われた。中国はウイグルの弾圧を「テロとの戦い」を理由に拡大させ、ロシアはチェチェンやダゲスタンのイスラム勢力の掃討にこの論理を使うようになる。テロとの戦いと言いさえすればすべてが容認されてしまう「聖域」を作り出してしまいました。

■なぜタリバンは「衰えない」のか

高木 この30年くらいの間、世界各地にさまざまなイスラム主義の暴力的な勢力が登場しました。「アルカイダ」、「IS」やその分派組織、あるいは東南アジアにおける「ジェマ・イスラミア」など、それぞれ栄枯盛衰をしてきたと思います。その中で、タリバンは息が長い。1994年に突然アフガニスタンに現れた謎の「神学生たち(=タリバン)」は、1996年の首都占領から5年間「タリバン政権」をアフガニスタンに作りました。その時と同じような雰囲気の、メンバーも重なっている人たちが2021年まで続いてきて一気に復権したわけです。その「長持ち」の原因についてどう思われますか?

田中 それは、彼らの意識がブレないからだと思います。客観的に見て正しいかどうかは別にして、90年代の時も現在もそうですが、アフガニスタンは「外国軍によって占領されている」という認識を彼らは持っています。その占領から解放するために、自分たちは立ち上がり戦っているのだという思いがある。ある種のナショナリスティックな、民族主義的な運動として勢いを保つことができるのです。

 そして、ここはまた非常に厄介な問題なのですが、それを支えるパキスタンという国家の存在があるわけです。パキスタンは2001年の時もアメリカに対して面従腹背でしたし、それ以降はどんどん中国になびいていくことによって、面従腹背以上にアメリカのコントロールの及ばない状態になっている。この隣国がタリバンをかくまい、隠れ家を提供し、食事も与えて、医療も与えて、偽のパスポートまで発行して、場合によっては武器も提供していたのだろうと考えられています。

高木 外国勢力からの祖国防衛という考え方は、アルカイダやISなどの「グローバルジハード」的な考え、つまり彼らの言うところのキリスト教徒とユダヤ教徒の連合軍に対して世界で戦いを仕掛けていくというコンセプトより、強い共感を得られるということでしょうか?

田中 そうですね。ある種の地場勢力としての強さはあります。例えばISのケースは、世界各地で様々な領域を占領していきますが、結局ISは歓迎されなかった。ISは外からやってきて、占領された人々は迫害されたり、場合によっては殺されたりしたわけですから。

 一方、タリバンの場合は同じアフガン人、場合によっては同じ民族パシュトゥン人であることをベースに国土を解放させようという思いで戦っている。もちろん、過去にひどいことをやったことで反発や反感を受けても、もう少し親和性があり得たわけです。

 さらにアメリカ軍をはじめ外国軍が、誤爆を繰り返し、タリバンやアルカイダの摘発だと言って夜中に個人宅に押し入って無茶な捜査をするなど、個人の権利侵害を平然とやっていくにしたがって、アメリカへの反感が広がり、タリバンに対する同情心も作り出されました。

■知事でさえ映り込むことを許さなかった「カメラ嫌い」たちの変化

高木 そのタリバンによる今回のカブール制圧で多くの人が驚いているのは、彼らの広報戦略です。何人かの報道官が出てきて、テレビに対して立て板に水という風情で語っています。2001年以前のタリバンはテレビを「悪魔の箱」と言って禁止していたので、ここは全く変わりました。しかも、その報道官たちが、国際社会がいま心配していることを正確にとらえて、それに対して逐一答える。つまり、テロの基地になるのではないか、女性の権利はどうなるか、少数民族はどうなるのかなど、次々と答えていく姿に驚きながらも、その言葉を信じていいのかと疑問にも感じます。

田中 以前のタリバンは、テレビはおろか写真も撮らせなかった。私も多くのタリバンと交渉しましたが、一緒に写った写真は持っていません。親しくなっても写真の一枚も撮ったことはないのです。

 ある時に、アフガン南部・カンダハルの国連の事務所が爆破テロの巻き添えになって、被害状況を確認するために現場写真を撮りに行きました。そこに当時のカンダハル州知事だった隻脚のおじさんがいて、彼がちょっと写り込みそうになっただけで、彼はターバンの端で顔を隠しました。知事ですらそれぐらい写りたくないわけです。

 これは偶像崇拝を禁じる宗教的理由とされていますが、実は、アフガン人ではない人間がタリバンと称して紛れ込んでいるので、その怪しげな素性がバレないように警戒しているためだと現地ではまことしやかに言われていました。

 それにひきかえ、現在のタリバンはメディアを通じて自分たちの正当性を訴え、正統な政権として国際的に認知してもらうことを狙ってメディア戦略に力を入れています。ただ、その言葉を額面どおり受け止めていいのかは、なかなか難しい。タリバンという組織の権力構造、さらに報道官となっている人物の地位がどれぐらいかを考えなければなりません。その彼らにしても、人権尊重などについて語るとき、あくまで「シャリーア」(イスラム法)のもとで、と条件をつけています。

■アメリカの作り上げた「タリバンのナンバー2」という虚像

〈それでは、現在のタリバンでは誰が権力を持っているのか。20年前のタリバンは、創設者で絶対的なカリスマであるオマル師が全権を掌握し、評議会である「シューラ」を率いていた。そのオマル師は2013年に病死し、次の指導者も2016年に米軍の攻撃により死亡、その後は3代目となる、ハイバトゥラー・アフンドザダ師が指導者の座についたとされる。副官として、タリバンの最強硬派「ハッカーニ・ネットワーク」という武装集団を率いるシラージュッディン・ハッカーニ師、オマル師の息子で「軍事委員会」の長と呼ばれるヤクブ師、さらには、カタールの首都ドーハの事務所にはバラダル師が配置されていた。

 この中で、最近の報道でよく見かけるのがバラダル師。トランプ政権以来のアメリカとの交渉に出席し、最近は訪中して王毅外相と会談するなど、タリバンの表に出てくるメンバーでは最高位と言える。国際舞台に姿を見せているためか、「穏健派」とも言われる〉

高木 近年のタリバンの権力状況について、田中さんはどうみていますか?

田中 最近のタリバンには、パキスタンのクエッタ――これはアフガニスタンのカンダハルに移りつつあると言われますが――、同じくパキスタンのペシャワル、カタールのドーハと3つの拠点がありますが、このドーハ事務所がどれぐらいの発言力を持っているのかよく分かりません。

 最近ドーハからカブールに入ったと言われるバラダル師を「タリバンのナンバー2」と言うこともありますが、彼は複数いる副官の一人でしかなく、ナンバー2だというのは、アメリカの一方的な宣伝です。確かにバラダル師は、オマル師がタリバンを作った時からの盟友で、一時期その右腕と言われる地位にいたとみられますが、あれからもう20年たっている。その間、8年余りパキスタン軍に捕らわれていた。それがいつの間にかアメリカの差し金によって釈放され、政治交渉のヘッドになっていました。

 つまりアメリカが交渉のため、都合のいい人物を盛り立ててきたのです。彼を「ナンバー2」に仕立てることはアメリカ側にはメリットがある。タリバンからすれば、もともとアメリカと交渉することは本意ではないのですが、アメリカが早く出ていくように仕向けるためには、交渉しているように見えた方がいい。つまりタヌキとキツネの化かし合いをやりながら、アメリカはすべてが上手くいっているように見せているのです。こうした実情はバイデン大統領にも届いていないと思います。

( #2 に続く)

「日本でいえば“織田信長”と説明していたが…」“力がすべて”のタリバンに持ちうる「2枚の交渉カード」とは へ続く

(高木 徹)

関連記事(外部サイト)