「大人のディズニーランドだと思え」“闇カジノ”顧客リストに記された生々しすぎる“客のステータス”

「大人のディズニーランドだと思え」“闇カジノ”顧客リストに記された生々しすぎる“客のステータス”

©iStock.com

「あそこはポンコツ箱ですから」摘発続く“闇カジノ”…元オーナーが語る「超ハイリスク超ハイリターン」のリアル から続く

 ディーラーが素早い手さばきでカードを配る。客は目を血走らせながらバカラ台を凝視する。テーブルは異様な熱気に支配されていた。黒いシャツを着た客はディーラーの配るカードを凝視し、パーカー姿の客は目を閉じて何かを思案している。そしてバカラ台にはカラフルな色をしたチップが積み上げられていくーー。

 漆原氏から提供された闇カジノの隠しカメラの映像に残されていたのは、まさに違法賭博が行われている現場そのものだった。

 バカラは人気ギャンブルであると同時に、一夜にして巨万の富を得ることもあれば、あっという間に数億円もスッてしまう危険なギャンブルとしても知られている。

 そのルールは実にシンプルだ。「BANKER(バンカー)」と「PLAYER(プレーヤー)」という架空の二人の人物に対して、客は第三者としてどちらが勝つのかを予想し賭けるというゲームである。ディーラーが配るカードの2〜3枚のカードの合計の下一桁が9に近いほうが勝ちというルールで行われる。

 漆原氏が語る。

「世界的にはポーカーが主流ですが、バカラはアジア人が大好きなギャンブルとして知られています。ラスベガスに行っても遊んでいるのはほぼアジア人だけ。丁半博打に近いから馴染みやすくハマりやすい。日本でも同様で富裕層向けのギャンブルとして人気があり、闇カジノでもVIP用の定番ギャンブルがバカラなのです」

■「闇カジノは大人のディズニーランドだと思え」

 かつて漆原氏が手がけていた闇カジノ店内の写真を見せてもらった。ルーレット台やバカラ台が並ぶ店内は独特の雰囲気である。置かれている家具は高級家具ばかり。広い室内は高級感ある内装が施され間接照明の灯りに照らされている。店の中央には派手な花が装飾的に飾られていた。闇カジノを社交場と考えている客がいる、というのも頷ける店内である。

 VIPを相手にするので闇カジノでは接遇も重要な仕事だった。

「店ではサービスを徹底して行っていました。お客さんをいかに楽しませて、負けたお客さんにどれだけフォローをかけて、明日また来てもらえるようにするか。例えばタクシーまでお見送りするのに、負けたお客さんでも最後笑顔で帰らせられるようなトークを行う。プレイ中にもお客さんを飽きさせないために、7人座ってるテーブルだったら、7人のお客さん全員と会話する。ただお客さんの区別もしっかり行っていました。例えば1万円握りしめている人間が、1000万も勝負してる卓のところで立って見ていたら気が散っちゃうじゃないですか。ちょっと調子に乗って見に行っちゃうお客さんを排除するのも仕事の一つでした」(漆原氏)

 老舗の闇カジノで働いてきた人間は先輩から「闇カジノは大人のディズニーランドだと思え」と教育されてきたという。闇カジノを社交場と捉える客は多く、そのサービスも丁寧だ。店側もエンターテインメントの延長線だと思っているので犯罪意識は低い、という。漆原氏も「まあ、ぶっちゃけ犯罪だということは理解しているのですが、人に危害を加える訳じゃないのでどうしてもそう思ってしまいますよね」と振り返る。

■きれいに遊ぶ客と、負けてごねる客。そこで重要なのが…

 かつて漆原氏が経営していた闇カジノ店ではバカラやブラックジャックなどのカードゲームとルーレットが遊べた。また別の店舗では闇スロットを置いており、こらも高レートでスロットを遊ぶことが出来た。VIP客が好んで遊ぶのがバカラで、一般客に人気が高いギャンブルが闇スロットだという。

 バカラは一勝負で1000万円という金額が飛び交う大勝負。そのヒリヒリ感とアドレナリンが大量に放出される空気感をVIP客は好む。賭ける金額は漆原氏曰く「青天井」だという。一方で闇スロットの場合は12時間かけて行い、数百万円の金額をやり取りするギャンブルとなる。スロットが好きな客は楽しめるが、儲ける金額の上限は「200万円が良いところだ」(同前)という。

 さらに闇カジノ独特の用語としては、きれいに遊ぶ客を「盆面がいい」、負けてごねる客を「盆面が悪い」と評するという。ITバブル時代、六本木の闇カジノに出入りしていたIT社長やファンドマネージャーたちは、軒並み「盆面が悪い」人間ばかりだったという。

「ここで重要になるのが女性スタッフです。黒服やウェイトレス、ディーラーなどに女性を採用するのです。店内に女性スタッフがいるだけで、客はセコイ打ち方をしにくくなったり、負けて暴れるというカッコ悪いことをしにくくなる。むしろ大きく賭けていいところを見せたい、という心理まで働く。女性店員にギャルモデルなどを揃え客寄せに使っている所もある。闇カジノ店によっては男性スタッフより彼女たちのほうが店では偉いというケースもある」(漆原氏)

■客のステータスを表す4つの呼称

 闇カジノの客構成は意外な比率となっている。全体の50%を占めるのはカタギと呼ばれる通常社会で生きる人たちで、裏社会で生きるヤクザや半グレが25%、風俗や水商売などで稼ぐアングラ系の人物が25%といった具合だ。

「カタギの範囲には、一般企業社長さんから幹部、大手広告代理店、メディア関係者や芸能人なども含みます。もちろん普通のサラリーマンの方も来る。社長さんクラスが15%くらい、部長・課長クラスが15%くらい、あとは有名人とかが数%でしょうか」(漆原氏)

 前回、顧客リストに「小者(コシャ)」と店側からの記入があったことを紹介した。じつは闇カジノでは客の質によって4つの呼称があるという。その一つが「小者」なのだ。

 以下に闇カジノ業界で使用される、客のステータスを示す4つの呼称について紹介したい。

〈ガジリ〉

 客の最低ランクとされるのガジリである。ガジリは1000円でも3000円でもいいから絶対持って帰ろうという、こすい打ち方をする客を指す。前述したキャッチボールを行うとか、ゲームをしたふりだけをしてサービスチップを換金して帰ろうとする客もガジリとなる。少し儲けただけで短時間で帰ろうとするので、闇カジノでは客として扱われず出禁対象となる。〉

〈小者(コシャ)〉

 小者は5万〜10万円ぐらいしか使わないが、ある程度遊ぶ客を指す。闇カジノ側としては、小者が10人居てくれれば店として盛り上がった雰囲気にもなるので、嫌うことはしない。「ちゃんと遊んでくれるサクラみたいな感覚。昔は30万円のお客さんも小者でしたが、いまは相場が下がった」(漆原氏)〉

〈中堅〉

 週に何度も来てくれる中堅客を指す。1回の勝負が30万スタートぐらいでマックス200万円くらいを使う。普通のサラリーマンから、中小企業の役員クラス、個人事業主、アングラ系などが多い。〉

〈ビッグ〉

 上級客、「クジラ(大物)」と呼ぶ場合もある。一晩で1000万2000万円など、次元の違うお金を使う人たちを指す。実はビッグの中にも「ビッグ」、「VIP」、「ハイローラー」とクラス分けがある。「ビッグ」はやたらとお金は使うが人柄はいいとは言えない人間を指す場合が多い。ユーチューバーとかヤカラ系に多い、“金は持っているが素行の悪い”タイプなどがこれにあたる。「VIP」は社会的ステータスがある人、もしくは著名人を指す。「ハイローラー」というのはすべて併せ持った人たちのことだ。社会的ステータスがあり、かつ散財するギャンブル心に溢れる特別な人間をハイローラーと呼ぶ。ハイローラーという呼称は海外カジノ用語から来ている、のだという。〉

■55億借り入れた男の「いずれカジノで勝って返せると考えていました」

 日本屈指のハイローラーと評することが出来るのが大王製紙元会長・井川意高氏だろう。

 井川氏は国内の闇カジノで豪遊しているうちに、それだけでは飽き足らなくなり海外のラスベガスやマカオのカジノで派手に遊ぶようになった、と言われている。カジノに没頭し106億円ものお金を溶かしたとメディアでも大々的に報じられた。

 カジノで重ねた借金を返済するため大王製紙子会社7社から55億3000万円を借り入れて損害を与え、会社法の特別背任罪に問われ実刑判決を受けた。

 井川氏は後にメディアのインタビューで「これはギャンブルで借金をつくった人間の心理なのですが、いずれカジノで勝って返せると考えていました」(週刊ダイヤモンド 2018.04.14号)と語っている。ギャンブルの恐ろしさをヒシヒシと感じさせた事件が、井川事件だったといえるだろう。

 こうしたニュースに接したときに、一般人が感じるのは「なぜ負けるのにギャンブルをするのか?」という素朴な疑問である。ギャンブルを趣味とする人間はどこにでもいるが、勝ち続けたという話を聞いたことがないと思う人も少なくないだろう。さらに闇カジノとなればレートが高く、大負けする確率は格段に上がるようにも思える。

■「きちんとやっていれば店の利益は3%取れるか取れないか」

 だが漆原氏は「そんなことはない」と語り、こう続ける。

「まず闇カジノで行っている賭博自体は、普通に行っていれば基本的には還元率は公営ギャンブルよりも高いのです。還元率は90%ぐらいになる。宝くじなんて50%以下ですし、競馬や競輪などの公営ギャンブルですら70〜80%です。闇カジノで行われるバカラですと、きちんとやっていれば店の利益は3%取れるか取れないか。ギャンブルで大きく当てると、客の脳内にはドーパミンがドバッと出てクセになります。高い還元率と、大きく勝てる可能性に夢を見たお客さんが闇カジノに集まってくる、とは言えるでしょうね」

 だが、この言葉は闇カジノの一側面を表現しているに過ぎない。闇カジノには様々な裏があり、黒い人脈も蠢いているからこそ危険なのである。

 次回は闇カジノの知られざる闇に迫って行きたい――。

(赤石 晋一郎)

関連記事(外部サイト)