JR3路線がやってくる西武新宿線“ナゾの終着駅”「拝島」には何がある?

JR3路線がやってくる西武新宿線“ナゾの終着駅”「拝島」には何がある?

「拝島」には何がある?

 いくつもの鉄道路線が集まっている鉄道交通の要衝のようになっている駅がある。もちろん、それが新宿駅だとか東京駅だとか、そういうターミナルならば万人が納得だ。が、少し都心を外れると、なぜこんなところにいくつもの路線がやってきているのかがよくわからない、そんな駅があるのだ。

 そのひとつが、今回やってきた拝島駅である。

 拝島駅は東京都昭島市と福生市のちょうど境目に位置している東京郊外の駅で、看板路線はJR青梅線。立川駅で中央線から乗り換えて10分と少し。中央線にも青梅線直通の列車があるから、それに乗ったら東京駅や新宿駅からも乗り換えることなくたどり着く。奥多摩レジャーなどに赴こうとしたとき、その途中で拝島駅の存在を認識した人も多いのではないか。

 この青梅線を中心に、JRでは五日市線と八高線が拝島駅に乗り入れる。五日市線は拝島駅が正真正銘の起点で、沿線には東京サマーランドもあってこれまた奥多摩レジャーのアクセス路線として馴染みがある。

 もうひとつの八高線は八王子から関東平野の西縁を北上して遠く群馬県は高崎駅を目指すローカル線。まあ、ローカル線といっても高麗川駅まではローカル色はあまりなく、東京の西の端の通勤路線といった趣である。

 かくのごとく、拝島駅には青梅線・五日市線・八高線というJRの3路線がやってくる。そしてもうひとつ、忘れてならぬのは西武鉄道拝島線だ。西武新宿駅を始発とする西武新宿線から拝島線へと乗り入れてくる列車も多く、夕方以降の帰宅時間帯には座席指定制の有料列車「拝島ライナー」も走っている。つまり、西武新宿線ユーザーにとって拝島駅は“ナゾの終着駅”という一面も持っているのである。

 と、ずいぶん前置きが長くなってしまったが、JR3路線に西武線1路線が乗り入れる拝島駅。東京の23区外の駅では4路線乗り入れは立川駅(モノレール含む)とこの拝島駅だけだ。立川と比べれば地味だが、とにかく拝島駅は紛れもなく東京西部における交通の要衝なのである。だからその名を耳にしたことがある人も、きっと多いのではないかと思っている。

 ところが、例のごとく拝島駅に何があるのかはとんとわからない。いったいどんな駅なのだろうか。立川駅から青梅線に乗って、拝島駅にやってきた。

■「拝島」には何がある?

 拝島駅の構内はずいぶんと広い。JRだけで3路線あって、さらにすぐ隣に西武線のホームもあるのだから当たり前といえば当たり前だが、それだけではない。駅の上り方(立川より)には車両基地とも言えるような広々とした構内を持っているのだ。そしてそこには、何やら機関車のようなものも停まっている。拝島駅は単なる4路線乗り入れの駅というだけではなくて、それ以上の大きな役割を得ているかもしれない。

 そんなことを思いながら青梅線のホームを歩く。すると、その端っこに「拝島大師下車駅」という案内板が立っている。拝島大師とはこれまたよく知らないが、拝島駅きっての観光名所ということなのだろう。

 他にはとにかく広いということくらいしかホームを歩いていてもわからない。なのでとにかく外に出よう。階段を上って橋上駅舎の改札口を出て、北口か南口のどちらかを選ぶことになる。まずは、西武拝島線のホームに近い北口に出てみよう。

■北口側には広大な基地が

 北口には小さな広場があって、その隣にはファミリーマート。広場には「福生市へようこそ」といったことが書かれた大きな観光案内板もある。駅の構内に福生市と昭島市の境目が通る拝島駅、北口側が福生市、というわけだ。

 福生といえば東京のアメリカ、横田基地の街である。横田基地は拝島駅のすぐ北側、八高線に沿うようにして広がる広大な基地だ。そして拝島駅の脇からは、横田基地に向かって1本の線路が続いている。駅前の広場のすぐ先、玉川上水を渡って住宅地の中を進み、基地の中へと消えていく。いくつか踏切があるが、その脇には「基地司令の許可なしに立ち入るな」といったことが書かれている。つまりは線路の敷地内は“米軍の土地”なのだろう。

 この線路では定期的に燃料輸送が行われているという。訪れたときにはまったく静かで列車が来る様子はなかったが、頭上にはオスプレイが盛んに飛んでいた。ちなみに、駅前でこの線路と並んで玉川上水を渡る橋は、「平和橋」と名付けられている。

■玉川上水沿いを歩く

 さて、あまり賑やかではない住宅地ばかりの駅前の横田基地への貨物線を見たところで、今度は南口に戻ろう。橋上駅舎の自由通路を歩いて線路を跨いでもいいが、ちょっとつまらない。地図によると拝島駅の北側には国道16号がオーバーパスしているようなので、そこにむかってしばらく玉川上水沿いを歩く。

 玉川上水は江戸時代の初めに玉川兄弟によって開かれ、江戸の人々に飲み水を運んだ上水道だ。その始まりは拝島駅より少し北、青梅線羽村駅の西で多摩川から分かれ、拝島駅付近を通って西武拝島線と並走。その途中の小平監視所までは今でも玉川上水を流れる水が東京都民の上水として使われている。太宰治が入水したのはさらに下流の三鷹付近。最終的には新宿御苑のあたりまで続く。

■どうして拝島に“日光”の文字が?

 拝島駅のすぐ脇、国道16号の真下を線路と並んで流れるこの区間の玉川上水を渡る小さな橋は、「日光橋」と名付けられている。日光といえばあの見ざる聞かざる言わざるの日光だ。拝島と日光はあまりに遠いが、いったいどんな関係があるのだろうか。調べてみると、拝島の街の発展に大きくかかわっていることがわかった。

 今では昭島市・福生市の境界に位置する拝島駅と拝島の街だが、かつては拝島村という独立した村だった。いまの拝島駅前よりもかなり南側、いまでも昭島市内に「拝島町」という地名が残るが、多摩川に近いそのあたりが拝島の中心だった。江戸時代中頃以降は、八王子や青梅に次ぐ規模の市が立っていたという。

 というのも、拝島は八王子と日光を結ぶ日光脇往還の宿場のひとつだったのだ。なぜ八王子と日光を結ぶのかというと、八王子千人同心が日光勤番に赴くため。日光という徳川将軍家にとって何より大事な地の守りを固めるために、日光脇往還は重要な街道のひとつだったというわけだ。そして、その最初の宿場が拝島だった。いまに残る駅の脇の「日光橋」という名の橋は、日光脇往還時代の名残である。

 といっても、今や拝島から日光まで歩いていく必要もないしそんな酔狂なことをする人もいない。むしろ、国道16号が玉川上水と線路を跨ぐオーバーパスのほうが花形だ。沿道は再開発が進められているようで殺風景だが、行き交うクルマが絶えることはない。

■南口の昭島市側に出てみよう

 そんな国道16号を歩いて進み、線路を跨いで南口側、つまり昭島市側に出る。拝島駅にとっての正面(中心)は南口側にあるらしい。その証拠に、駅前広場は実に広々と立派だし、その広場の脇の路地にはスナックやラウンジ、居酒屋などが入った雑居ビルが建ち並ぶ。歓楽街というほどではないが、周囲がほとんど住宅地という拝島の街にとってはここだけが小さな繁華街の顔を持つ。

 駅前広場は真新しいし、橋上駅舎も2010年に完成したばかり。ただ、駅の脇の小さな繁華街にはどことなく昭和の香りも漂っていて、交通の要衝としての拝島の賑わいがうかがえる。まあ、いまの世情ではスナックもラウンジも明かりがともることはないのでしょうね……。

■「それらをまとめて“不要不急線”という」

 拝島駅が開業したのは1894年のことだ。最初に拝島に来た路線は現在のJR青梅線、当時は私鉄の青梅鉄道(のち青梅電気鉄道)といった。それから長らく拝島駅は青梅電気鉄道一本槍でやってきて、約30年後の1925年に現在の五日市線、五日市鉄道が乗り入れる。八高線は1931年、西武拝島線はだいぶ遅れて戦後の1968年である。

 いまの五日市線は拝島駅で青梅線から分岐する形だが、かつては立川まで独自の路線を持っていて、拝島駅のすぐ南側から多摩川方面にルートを取っていた。戦時中の1944年に青梅電気鉄道と五日市鉄道がともに国有化されて青梅線・五日市線となり、五日市線立川〜拝島間は廃止されている。少しの鉄も惜しい時代に青梅線と並行している五日市線は必要ない、というわけだ。この時期には似たような理由で多くの路線が廃止されており、それらをまとめて“不要不急線”という。どこかでよく聞く言葉ですね……。

■激動の駅「拝島」

 そんな形で戦時中に姿を消した五日市鉄道の立川〜拝島間の独立線路だが、今では「五鉄通り」という名で残っている。拝島駅のすぐ南、5分も歩けば五鉄通りの入り口に出る。

 江戸時代には日光と八王子を結ぶ街道の宿場として賑わい、明治に入って青梅鉄道、五日市鉄道が開業して交通の要衝となってさらなる賑わいを得た。五日市鉄道は戦時中に“不要不急”として立川までの線路を奪われたが、西武拝島線の乗り入れもあって拝島の街は東京西部随一の交通の重要地となった。そして駅のすぐ北には米軍横田基地と、そこに通じる燃料輸送の線路……。とりたてて何があるわけでもない、郊外の小さな駅に過ぎない拝島駅。だが、そこにも確かに激動の歴史が刻まれているのだ。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)