唯一無二「バジル冷そば」の衝撃…立ち食いそばのニューウェーブ「そばうさ」に行ってみた《半蔵門の人気店が移転》

唯一無二「バジル冷そば」の衝撃…立ち食いそばのニューウェーブ「そばうさ」に行ってみた《半蔵門の人気店が移転》

「そばうさ」は半蔵門通り沿いで再開

 文春オンラインがスタートした2017年1月、自分が 第1回目に執筆した記事 は「そばうさ」についてだった。それから4年半が経過した。「そばうさ」は2015年に創業。立ち食いそばのニューウェーブとして「バジル冷そば」など独自の味を提供し、孤高の人気店となっている。店が入居するビルの耐震工事により2020年10月に閉店を余儀なくされ、今年5月に創業地から程近い場所で営業を再開している。コロナ禍のいま、「そばうさ」はどんな状況になっているのか。久しぶりに訪問してみることにした。

「そばうさ」は東京メトロ半蔵門駅の永田町寄り出口を出て、国立劇場方向へ南下した半蔵門通り沿いで再開していた。以前は白っぽい外観だったが、新しい店舗はダークグレーのシックな外観となった。うかがったのは9月第1週の平日午後2時過ぎ。低温で霧雨が降っていたためか行列はなかった。

 店内は以前より明るく入りやすい。大きな柱を中心にぐるっと一周できる動線がよい。その回りの壁には現代アートのポスターや絵が飾られて落ち着いた雰囲気である。入店するとオーナーの小島和樹さんと奥さんが笑顔で迎えてくれた。さっそくいくつか質問してみた。

■テイクアウトをすぐに始めた

――コロナ禍でのお客さんの推移はどのような状況ですか?

小島:移転に伴う休業だったので比較はできませんが、去年は来店客数が徐々に減少して、今年5月に再開した後は一旦よくなったものの、その後は下がっていき、この夏のコロナ感染者激増で一気に減りました。とにかく半蔵門界隈に人がいないです。この辺りにはシステム会社などが多く、常連さんがたくさんいましたが、そのほとんどが在宅勤務です。この前、久しぶりにある常連さんがいらしたんですが、その人も1年ぶりの出社だと言っていました。

――来店客数の減少に、何か対策を講じていますか?

小島:コロナになってテイクアウトをすぐに始めました。うちの場合、麺が冷たいタイプで、しかもご存じのような太くゴワっとした麺なので延びることはありませんし、テイクアウト向きです。来店客数が減る分をどうにか支えているという状況です。

 厳しい状況が続いているようだ。何か食べようと思い、券売機のボタンを眺めてみる。上から男性に人気の「スタミナ冷そば」「スタミナ牛スジ冷そば」、女性に圧倒的に人気の「バシル冷そば」とおなじみのメニューが並ぶ。これらのメニューには、つゆを温かくした「温そば」もある。その下に「スタミナ担々冷そば」と「スタミナ担々温そば」というメニューがあった。

――「温そば」と「スタミナ担々そば」というメニューは以前からありましたか??

小島:「スタミナ坦々そば」は、2年前には定番化しています。その前は、おすすめメニューとして不定期で発売していました。「温そば」も以前からありました。寒い季節などはよく出ますし、「バジル温そば」は「冷そば」と比べて一層バジルが香り立ちます。「スタミナ担々温そば」も特製の辛味の利いたごまペーストがすごく香ります。

 そこで「スタミナ担々温そば」(900円)を注文してみることにした。待つこと5分。番号が呼ばれたので取りに行く。その姿はなかなか豪華で素敵だ。

■激しく旨い「スタミナ担々温そば」

 橙色の担々つゆには、特製つゆに炒めた合挽ひき肉、特製ごまだれ味噌、ラー油、唐辛子、高菜が入っている。そばの上には炒った白ごまと刻み海苔がどっさりとのっている。

「途中まで食べたら、卵をそばの上に落として混ぜて食べてみてください」と小島さんに美味しい食べ方を教えてもらった。

 ごわっとしたそばを引っ張り出してつゆにつけて食べてみる。結論から言うと、激しく旨い。担々の要素とかつお出汁の強いつゆが融合し、その味が強いそばにまとうように絡んでいる。途中、卵をそばに落として絡めて、つゆにつけて食べてみると絶妙な濃厚さが感じられる。食べ終わった後は、担々つゆにご飯を入れてもうまそうだし、そば湯でさっぱりもいい。さすが「そばうさ」である。みじん切りした玉ねぎなど10種類の食材や香辛料を使った「特製辛味」を少しかけて食べるとまた新しい辛さが広がっていく。

――「そばうさ」の味は諸説ありますが、特製つゆや「スタミナ」の食材などを少し教えてもらえますか?

小島:「そばうさ」の特製つゆは、鰹出汁をベースに返しと甘味を調合し作っています。ナンプラーは使っていません。そばにもタピオカ粉は使っていません。「スタミナ」はこの特製つゆに合挽ひき肉、青葱、鷹の爪、にんにく、にら、特製香味油を合わせています。特製香味油のレシピは企業秘密です。そばの上には、刻み海苔、白ごまをたくさんのせます。この「スタミナ」系を発展させたものが、「スタミナ牛スジそば」や「スタミナ担々そば」です。

「そばうさ」のメニューは「スタミナ」とその発展系、「バジル」系の2つで構成されている。

・「スタミナ」に牛スジがのれば「スタミナ牛スジ冷そば」「スタミナ牛スジ温そば」
・「スタミナ」に担々ごまだれ味噌などが入れば「スタミナ担々冷そば」「スタミナ担々温そば」
・「スタミナ」の具材を混ぜそばにすれば「スタミナ冷まぜそば」
・「スタミナ」の要素を引いてわさびを入れれば「海苔胡麻冷そば」
・特製つゆに特製バジルペーストをかけ、そばにスクランブルエッグ・レタス・ベーコン・かいわれ・白ごま・レモンをのせれば「バジル冷そば」「バジル温そば」

 というわけである。そばはすべて共通で、つゆは「冷」と「温」がある。複雑なようでわかりやすい。また、券売機のメニューは下に行くほど進化系だというところがとても面白い。

 ちなみに「バジル冷そば」は、アメリカの朝食をイメージして作ったそうだ。

――最後にお客様へメッセージをお願いします

小島:コロナ禍でお客様も大変な状況を強いられていると察します。「そばうさ」もこの苦難に負けないように、頑張って今の味を守り、発展させていこうと思います。コロナ禍が下火になれば、新メニューも提供したいですし、お客様とお話もできると思います。もう少しガマンして頑張るつもりです。半蔵門にお越しの際は、折をみて是非お立ち寄りください。

■いつか「生姜焼き」を提供したい

「そばうさ」の味は斬新で普遍的だといつも感心する。未来を感じさせてくれる。しかも、はね除けの紙エプロンを用意したり、密にならないように誘導したり気配りが感じられる。前にもまして居心地がよい。

 ところで、「そばうさ」が移転したこの場所は、大衆そば屋兼お弁当屋だった「あさひ」が営業していた所である。 2020年8月の文春オンラインの記事 で、小島さんが「移転先が見つからない」と嘆いていたのを「あさひ」のご主人が目にして、「それならこの場所を提供しましょう」と名乗り出たことが移転のきっかけとなった。大衆そばの経営者が文春オンラインを通して繋がっていったことは感無量である。「あさひ」のご主人にお礼を申し上げたい。

 小島さんも「お酒が飲めるようになったら、あさひで人気だった生姜焼きをおつまみとして提供したい」と密かに考えているそうだ。はやくその日が来るのを楽しみにしている。

INFORMATION

「そばうさ」

住所:東京都千代田区平河町1-8-8 桔梗ライオンズマンション1F
営業時間:月〜金11:00〜15:00 18:00〜20:00
     土 ???11:00〜15:00 
定休日:日祝

(坂崎 仁紀)

関連記事(外部サイト)