「傷つきやすく不安」は異常なことじゃない…大人も悩む「繊細さん」に心がけてほしいこと

「傷つきやすく不安」は異常なことじゃない…大人も悩む「繊細さん」に心がけてほしいこと

中野信子さん ©文藝春秋

  前号 ではご相談への回答に先立ち、コロナ禍に特に女性の自殺が増えているとみられる現状に鑑みて、こうお伝えしました。――孤独は人をネガティブにしてしまうことがある。感染予防のために家族や友だちとさえディスタンスを取らなければならず”独りでいる”ことになりがちな今、自分を評価する基準が知らず知らずのうちに偏っていないか。どうか偏った基準で自分はダメだ、生きている価値がないなどと決めつけないで──。

■若い人の死因のトップは自殺

 特に若い人の自殺が増えていることに関して、若い人自身にも周りの大人にもぜひお伝えしたいことがあります。厚生労働省の最新の人口動態統計(2019年)によると、15〜19歳、20〜24歳の死因の1位が自殺、2位が不慮の事故です。25〜29歳、30〜34歳、35〜39歳の1位も自殺、2位はがんです。日本では、そもそも若い人の死因のトップは自殺です。

 また、これまで自殺者は10年連続で減少していたのですが、女性の自殺が2年ぶりに増えてしまいました。男女合わせても、人口10万人当たりの自殺者数をみても、リーマン・ショック後の09年以来、11年ぶりに増加となったのです。
 
 特に女性の自殺が増えている背景には、新型コロナウイルスの感染拡大による経済状態の悪化があると指摘されていますが、10〜20代前半の場合は、別の事情も考慮する必要があります。

■10代の脳は不安をとても大きく感じる

 この年代の脳は大人の脳とかなり違うのです。最も異なる点がストレス耐性です。

 私たちヒトは、ストレスを受けるとTHPというホルモンが脳内で分泌されます。このホルモンは不安を抑えるブレーキの役割を果たすのですが、10代の脳では逆にアクセルとなり、不安を増幅させてしまいます。そのため、何か不安なことがあると、その不安がとても大きく感じられてうまく対処できない。こんなことでは自分は社会に出てもうまくやっていけないのではないかと、悲観してしまうのです。

 10年ほど前のことになりますが、インドでは「ヨーロッパで素粒子加速装置を使ってビッグバンと同じ状況を起こす実験が行われる。この過程でブラックホールが作り出され、地球を飲み込んでしまう」という報道にショックを受けた16歳の少女が、農薬をあおって死んでしまうということがありました。どうしてこんなことで死ぬのかと思うかもしれませんが、少女は世界が終わってしまうのではないかという不安に耐えきれなかったのでしょう。

■「傷つきやすく不安」は正常な状態。かならず時が解決する

 多くの大人は、かつて自分も不安だったということをすっかり忘れています。若い人に向かって「気にし過ぎだ」「繊細過ぎる」、あるいは「俺だって克服してきたんだ。お前もそうしなさい」などと言ってしまうのはかえって不安を増大させ、逆効果です。その不安も、多くの場合はご自身の力が解決したのではなく、時が解決したのです。

 特にコロナ禍にあっては、学習面でも生活でも、将来についても世界は不安な要素に満ち溢れているように見えます。若い人は大人が感じるよりもずっと大きく不安を捉える脳を持っているということを理解しておく必要があるのです。

 そして若い人自身は、自分が傷つきやすく不安でいることがどんなに辛くても、それは生理的なものであって、それがむしろ正常な状態なのだということを知っておいてください。かならず時が解決します。長いように見えても、確実にその不安は霧散して、感じていたことすら忘れてしまう時が来てしまうのです。

 若い時代に不安を大きく感じる、ということには意味があります。不安があれば、備えを怠らなくなる。一生懸命勉強したり、何かスキルを身につけようとしたり、二度と同じ失敗を繰り返したりしないようにと緊張感が高まったりなど、総じて学習効率が上がるのです。不安は、辛い気持ちとセットではありますが、自分の力を伸ばす強い原動力ともなっているのだということを、ぜひ知っておいてほしいと思います。

■成人しても不安に対して過敏な「繊細さん」

 一方で、最近は、成人してからも過敏で、不安を大きく感じがちだという人たちにスポットライトが当たっています。いわゆる「繊細さん」ですね。アメリカの心理学者エイレン・アーロンが、ハイリー・センシティブ・パーソン(HSP)と名付けています。

 脳には恐怖を感じる扁桃体という場所があります。どうやら、HSPの人はここが強く働いてしまっているようです。例えば、他人がちょっと眉を寄せただけで「この人は自分にとって危険な信号を発しているのではないか」と考えたり、いつもと何かが少し違うだけで大きな不安を感じたりするということが起こりやすくなるのです。

■HSPの人は情報の取り方を工夫しよう

 ただ、言い換えればこういう人は、外からの刺激を受けたらすぐに防御できるように、常に準備している人でもあるのです。言うなれば、電源オフにならない。ずっとスタンバイした状態にあるという感じでしょうか。でも、すぐ立ち上がるのはいいのですが、消費電力が大きくなってしまう、つまり、エネルギーを消費しすぎ、疲れてしまうのです。

 あまりに疲れてしまうようなら、スタンバイ状態から時には自分を解放できるように、情報の取り方を工夫したほうがいいかもしれません。なるべく集中感をもって没入できる仕事、作業、あるいは熱中できるスポーツなどの習慣をもつようにしてみてください。すぐにスマートフォンやパソコンで情報を検索できない時間をつくるというのも大切ですね。HSPの人はちょっとした情報や他者の言動を大きくとらえてしまう傾向があるので、できるだけそこから離れていられる時間を少しでもつくるようにしましょう。

■不安な人には「語学」の勉強が向いている

 また、不安でよく準備するという特質を利用して、ステイホームに語学の勉強をすることもお薦めです。ロシア語、中国語、フランス語……努力が裏切られることの少ないのが語学なので、不安な人に向いている勉強分野といえます。早くコロナが収まって気軽に力試しの旅ができるようになるといいですね。

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか???
みなさまのお悩みを? woman@bunshun.co.jp (件名を「中野信子人生相談」に)もしくは〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

text:Atsuko Komine

(中野 信子/週刊文春WOMAN 2021年 春号)

関連記事(外部サイト)