《異例の死刑判決》「あんた生涯、このこと後悔するよ」 工藤会トップが裁判長に言い放った言葉の“真意”

《異例の死刑判決》「あんた生涯、このこと後悔するよ」 工藤会トップが裁判長に言い放った言葉の“真意”

元漁協組合長が射殺された北九州市の現場 ©?時事通信社

《暴力団トップに初の死刑判決》「工藤会は暴れすぎだ」 “武闘派暴力団”工藤会総裁の死刑判決が意味するもの から続く

 一般市民を襲撃した4つの事件で殺人などの罪に問われた暴力団「工藤会」(北九州市)の総裁、野村悟が2021年8月に福岡地裁で死刑判決を言い渡された。工藤会ナンバー2の会長、田上不美夫は無期懲役の判決だった。野村らは直接、手を下していなかったが、判決は元漁協組合長射殺事件などで実行犯との共謀が「推認」されるとの判断だった。

 判決公判で主文が言い渡された後、野村は裁判長に向かって、「あんた生涯、このこと後悔するよ」と威嚇とも受け取られかねない発言をした。田上も「ひどいな、あんた」と述べた。工藤会による市民襲撃事件が相次いだ北九州市はかつて、「暴力の街」「修羅の街」とも呼ばれるようになってしまっただけに、野村の弁護士は脅しの意味ではないと発言の趣旨の説明に追われた。だが、この発言をめぐって様々な憶測が飛び交った。(全3回の2回目/ #1 、 #3 を読む)

◆◆◆

■恫喝か、裁判長への批判か…?

 刑事裁判の判決公判では通常、冒頭で懲役刑などの主文が言い渡され、その後、量刑の理由などが述べられる。しかし、野村の場合は、主文は後回しにされ、裁判長は認定された犯罪事実や量刑の理由から述べ始めた。

 極刑である死刑の言い渡しを後回しにするのは、冒頭で死刑を宣告してしまうと、被告が動揺して量刑理由などをしっかりと聞き取ることができないのではないかという裁判官たちの配慮からとされている。

 野村に対する福岡地裁の判決公判は午前10時に始まり、昼の休憩をはさんで夕方にまで及んだ。判決書を読み上げ続けた裁判官は午後4時すぎ、最後になって死刑を宣告した。

 閉廷直前、判決の言い渡し終了と同時に野村は思わぬ発言をした。「なんだこの裁判は。全然公正やない。全部、推認、推認。あんた生涯、このこと後悔するよ」と、恫喝とも受け取られかねない言葉だった。法廷でのこうした発言は、ニュースで世間に伝わることを考えたうえでの子分たちへのメッセージではないかとも一部では受け止められた。

 この発言が大きく報道されると、弁護士は、「公正な判断ではなく、裁判官として職務上、生涯後悔するという趣旨だった」と野村が面会の際に述べていたと説明した。脅しや報復の意図を否定した野村の見解を明らかにした。

■「裁判官が後悔するような嫌がらせをしろということ」

 しかし、野村の裁判に注目していた、長年にわたり現場で暴力団犯罪の捜査指揮を続けてきた警察当局の幹部は、「裁判官に対して『後悔するよ』とは、要するに外にいる子分たちに、裁判官が後悔するような嫌がらせをしろということだろう。このようなことは決して許されることではない」と批判する。

 そのうえで、「二審でも死刑判断が維持されて、野村にはさらに後悔してもらわないと」と怒りをにじませて付け加えた。

 全国の暴力団犯罪など組織犯罪対策を担当してきた警察庁幹部は、「裁判官に対する襲撃事件などは絶対にあってはならないこと。司法に対する攻撃は、国家に対する挑戦のようなもの。許されないことだ」と厳しい口調で述べる。さらに、「裁判官が襲撃されるようなことになれば、麻薬組織がはびこる南米などのとある国のようになってしまう」とも述べた。

 それは、治安維持がままならず法治国家とは呼べない無法国家と同様と、国際社会からみなされることを意味する。北九州市は工藤会による凶悪事件が相次いだことから、「暴力の街」「修羅の街」とまで呼ばれた。そこにもし裁判官襲撃事件など起きてしまえば、「暴力がはびこる国」「修羅の国」との汚名をかぶせられかねないことでもあった。

 野村に死刑を言い渡した裁判長は東京高裁に異動している。現在は警察当局の身辺警護の対象となっており、警視庁が24時間体制で警備にあたっている。

 福岡地裁は判決から3日後の2021年8月27日、野村について接見禁止を決定した。裁判官への嫌がらせを防ぐ意味かどうかは明らかになっていないが、工藤会の組員らを通じて事件の関係者らを脅すなどして証拠隠滅を図る恐れが否定できないとの判断とみられた。

■かつては実際に「司法への挑戦」ともとれる事件も…

 ただ、工藤会をめぐっては、直接的な暴力が行使されたことはなかったが、過去には司法への挑戦とも受け取られかねない威迫行為が実際に行われたことがあった。

 男性を日本刀で刺して殺そうとしたとして起訴された工藤会系幹部の殺人未遂事件の裁判員裁判の初公判が2016年5月に開かれ、公判終了後に工藤会系元組員ら2人が審理にあたった一般市民の裁判員2人に声をかけていたことが後に明らかになった。

 福岡地裁小倉支部近くの路上で裁判員に、「あんたらの顔は覚えとるけんね」「よろしくね」「もうある程度、刑は決まっとるやろ」などと話しかけていた。

 こうした行為は殺人未遂罪に問われた工藤会系幹部に対して有利な判決を出すよう、裁判員に対する威迫にあたるとして、福岡地裁は福岡県警に元組員らを告発した。裁判員を脅す行為は、刑事司法に市民感覚を生かすために始まった裁判員制度の根幹を揺るがしかねない事態だった。福岡県警は2016年7月、声をかけた元組員らを裁判員法違反容疑で逮捕した。2009年の裁判員制度導入以来、同法違反容疑での逮捕は初となった。

 この事件を受けて、当時、官房長官だった菅義偉は記者会見で、「厳正に対応することが(裁判員制度定着の)環境整備につながる」と強制捜査に乗り出した福岡県警の対応を評価。さらに、「裁判員になった国民に過剰な負担を負わせることなく、公平、的確な判断をしてもらうことが極めて重要だ」との考えを示した。

 政府高官が暴力団に関してコメントすることは異例のことだった。異例な発言がなされたのは、国が推進してきた裁判員裁判制度が定着し始めたところで発生した初の事件だったこともあってのこととされた。

 裁判員を威迫した事件後、工藤会だけでなく暴力団が関与した多くの事件の審理では、全国的に一般市民が参加する裁判員裁判から除外され、プロの職業裁判官だけでの審理が進められるようになった。この流れが定着しているのが実態だ。(敬称略)( #3 に続く)

《自宅の車庫に火炎瓶も…》“トップに死刑判決”の工藤会に安倍晋三前首相サイドが「300万円提供」の過去 へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)