《福島の桃デリシャス》「次回は箱買いしたい」「最高にジューシー」記者証がなくても、パラリンピックで福島の桃を配った話

《福島の桃デリシャス》「次回は箱買いしたい」「最高にジューシー」記者証がなくても、パラリンピックで福島の桃を配った話

福島産の立派な桃

「人生で最高の桃」「俺も6個いける」オリンピックプレスルームで勝手に始めた「福島の桃デリシャスプロジェクト」の話 から続く

「福島県民です。福島の桃を皆さんが持って笑顔になってもらえて、嬉しくて涙が出ました。ほんとはもっともっと福島に皆さんが来て、現地で食べて欲しかった。今回桃を食べた方が、美味しかったよって桃大使になってくれればいいなと個人的におもいます」

「福島生まれ福島在住です。福島産を海外の方が喜んでくださるということが、福島の農業関係者にとって、どれだけ救いになるか。笑顔で桃と写る皆さんをみて、これまでの10年が報われたような気がして、大変ありがたい記事でした」

「福島県民です。韓国のニュースに心がやられましたが、野菜も果物も本当においしいです。小さな子供達も地場産物で育っています。農家の皆さんに感謝です。この記事にほっこりしました」

 これらは オリンピック後に書いた記事 に頂いたコメントだ。能天気に始めたプロジェクトだったのに、予想外に反響があり、特に福島の方々からのたくさんのコメントに正直驚いた。

 そして、福島の人々が震災から10年、どれほどの苦労、心労を抱えて過ごしてきたかが窺えた。また復興五輪をマニフェストとして掲げ、東京大会の招致が決まってから8年。原発によって大きな被害を受けた福島ではハード面もソフト面、つまり心の復興もまだ道半ばなのだと感じさせられた。

■韓国が「福島の食材を避ける」という報道

 オリンピック開催直前、韓国の五輪委員会にあたる大韓体育会が福島の食材を避けるために給食センターを作り、弁当を韓国選手団に提供するというニュースが流れた。筆者も少なからずショックを受けた。

 オリンピックやパラリンピックの際に各国がシェフを帯同し、食べなれたものを選手に出すのはよくあることだ。日本も過去の大会では「ジャパンハウス」を作り、そこで日本選手に日本食を提供しているし、今大会も多くの国がシェフを招聘して事前合宿などで選手の食を支えている。

 韓国代表の給食センターも、基本的には選手のパフォーマンスを考えた措置だったはずなのに、なぜあえて「福島の食材の安全性」を懸念材料として挙げる必要があるのだろう。そう感じた。

 名指しされた福島の方々、特に農業に従事する人たちが、大きなショックと悲しみを感じたのは想像に難くない。一部報道によると、そのニュースに乗じて福島の農産物の値下げを求める国内業者もあったという。

 福島の人々がどんなに苦労や努力を重ねても、一瞬で色々なものが崩れ落ちる。そう感じさせられた出来事だった。

 また復興五輪として大会を招致したにもかかわらず、サポートの手薄さを感じたり、モヤモヤした気持ちを持っていた人も多かったはずだ。

 そこに明るい光を差し込んでくれたのが、ソフトボールの米国代表監督だった。

 福島のホテルで桃を6個も平らげ「デリシャス」と感想を述べたエリクソン監督の発言は、多くの人、特に福島の人たちを笑顔にした。福島の人たちにとって桃を褒められるのは、我が子を褒められるようにうれしいのだと聞いた。

 というわけで、監督のコメントに便乗してオリンピックで「福島の桃デリシャス」プロジェクトを勝手に始めたわけだが、パラリンピックでは壁にぶつかった。

 パラリンピックでも続けてほしい、桃配っちゃいなよ、というコメントをいただいたものの、筆者はパラリンピックの取材記者証は持っていなかった。

 私はオリンピックで流れを作ったのだから、パラリンピックでは別の誰かが組織的に大々的に続ければいいじゃないか。そんな考えも頭をよぎった。

 そんな時、パラリンピック日本選手団団長の河合純一さんのコメントが目に入った。

「パラリンピックでもこういう動きがあるといいですね」

 心が決まった。

■直接渡せないなら、送ればいいじゃないか

 プロジェクトの発起人である福島のボスに相談すると、同僚や陸上コーチからのカンパで、桃4箱を用意いただけることになった。

 直接渡せないなら、送ればいいじゃないの。

 送付先の候補は2名。

 カナダTV局CBCのレポーター、デヴィン・ハーロウさんと、パラリンピック長野大会3冠のマセソン美季さん(旧姓は松江)。

 デヴィンさんはセブンイレブン大好きレポーターとして、「セブンイレブン。あなたがいないと何もできないよ」などの投稿がSNSで人気になっていた。7月中旬に来日し、超人的なスケジュールでオリンピック、パラリンピックを精力的に取材。朝は4〜5時に起床、就寝は日にちが変わってからという過酷な日々を送っていた。デヴィンさんとはオリンピック期間中に連絡をとりあったのだが、CBCのオンエアのタイミングと重なってしまい、残念ながら桃を差し上げることはできなかった。

 デヴィンさんに「桃はお好きですか? もしよろしければ福島の桃を送りたいのですが」と連絡すると「本当ですか。いただきたいです」と返信が来た。

 何回かやり取りした後に、送付に至る経緯を説明した。韓国のニュースのこと、米国ソフトボール監督が6つ食べて「デリシャス」と言ったこと。オリンピックで始めた「福島の桃デリシャス」プロジェクトのこと。

 でもSNSに掲載してほしい、とはお願いしなかった。人それぞれSNSの使い方にはポリシーがあるし、ましてやデヴィンさんは報道に関わる人間だ。桃を送るからSNSで紹介してほしいと強制はできない。

 福島の桃を食べて、厳しい日程を乗り切ってくれれば、そう思っていた。

 数日後、「桃、届きました。とてもうれしい。ありがとう! 桃の種類を教えてもらえる?」とデヴィンさんから連絡が来た。

 そしてSNSで動画と共に紹介してくれた。

「たった今、ホテルに戻りましたが、福島の桃『ゆうぞら』が届いていました。#福島の桃デリシャス」

 ネットニュースなどで紹介されたこともあり、この動画は46万回以上再生された。

 日本、そしてカナダのフォロワーからは「福島の桃、おいしいよ」「桃の食レポもよろしくね」など楽しそうなコメントがたくさんつき、ネガティブなものはほとんど見当たらなかった。

 デヴィンさんは、食べた際の感想はもちろん、大会日程を終え成田空港に向かう際にも「今、最後の福島の桃を食べた。最高にジューシーだった」と呟いてくれた。

「福島の桃」が持つ意味、重さ、福島の人たちの気持ちをデヴィンさんは十二分に汲んで、最高の形で繋いでくれた。

 桃をお送りしたもう1人、マセソン美季さんも特別な思いを持ってこのプロジェクトに参加してくれた。

 美季さんはパラリンピック開会式では国旗を運び、閉会式にも長年手がけてきた教育活動「I'm POSSIBLE(アイムポッシブル)」の主要メンバーとして参加している。デヴィンさんと同じく、カナダ在住の美季さんも大会期間中に来日し、サポート業務で多くの会場に足を運び声援を送ったりと多忙を極めていた。

 果たして桃を受け取ったり、配ったりする時間や精神的な余裕はあるだろうか。

 しかし「桃を送りたいんですけど」と恐る恐るたずねると、「みんなに責任持って配ります!」と即答頂いた。

 3箱の桃というのはなかなかの数だし、何より重い。車いすの美季さんにお願いしてもいいのだろうかと一瞬躊躇したが、美季さんはパワフルで力持ちなので、まぁ大丈夫だろう。

 桃が届くと美季さんはすぐに、パラリンピックで選手の体をケアするポリクリニックのお医者さんやスタッフさんを中心に配ってくれて、桃の大きさに驚いている様子や、「私も絶対に6個いける」というコメントを桃を持った写真とともにSNSで投稿してくれた。また食べごろまで数日待ってくださいと伝えていたが、「明日まで待てない」「2つ食べたい」というかわいい反応も共有してくれた。

 選手のパフォーマンスの鍵を握る人たちには、2個でも3個でも、6個でもどうぞどうぞ召し上がってくださいという気持ちだった。

■あだなが「ピーチガール」に

 勝手に「福島の桃デリシャス」プロジェクトのパラリンピック桃大使に任命したにもかかわらず、快諾いただいたのは理由があった。

「実は私のパラスポーツデビューは、福島で行われた国体(全国身体障害者スポーツ大会)うつくしま福島大会だったんです。それで福島には勝手に思い入れがあって、デスクにも『三春駒』が飾ってあります。三春駒は福島の伝統工芸品で、国体の時に買った思い出の品です。三春というのは梅桃桜が一度に咲いて、3つの春が同時に来ることに由来しているそうで、私にもスポーツを通して3つの春が来るように、と思いながら購入しました。だからパラリンピックをきっかけに、福島の皆さんに何かできないかな、と思っていました」

 美季さんにお願いして本当によかった、そう思った。ちなみに美季さんは、桃を配った人たちに「ピーチガール」と呼ばれていたそうだ。ナイスネーミング。美季さんの福島への思いもきっと多くの人に届いたはずだ。

「私も絶対に6個いける」と言っていたが、さすがにそのチャンスはなかったらしく「次回は箱買いしてたらふく食べたい」とのこと。ぜひ来年以降にリベンジしていただきたい。

「TOKYO2020」は閉幕したけれど、復興はまだまだこれからだ。

 福島の桃は大会期間中、多くの人を笑顔にし、我々の心を繋いでくれた。その笑顔の輪がこれからも増えていくといいなと思う。

(及川 彩子/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)