不法残留の中国人男性が死亡 捜査員が驚愕した、来日した親族の行動とは…

不法残留の中国人男性が死亡 捜査員が驚愕した、来日した親族の行動とは…

©?iStock.com

 遺体の引き取りで来日したはずの外国人家族が、入国後に逃走し行方不明になるという事案が発生したのは2000年代のことだ。家族の遺体を引き取りもせず逃走するという、にわかに信じがたい事態は、外国人家族を招聘する場合の盲点を突かれたものだった。

■逃走した中国人が川に入って溺死

 ことの発端は、東京都内のある街道で、所轄の警察官が白いワゴン車を停止させたことに始まる。周辺地域で外国人の不法就労の情報があったらしい。ピンときた警察官は、運転席に近づくと窓を開けるよう指示し、顔を出した運転手に免許証の提示を求め、職質しようとした。

 突然、後部座席に乗っていた男2人がドアを開け、道路に飛び出した。警察官が慌てて追いかけようとしたが、2人は後ろからきた別の車に飛び乗ったという。車はそのまま男たちを乗せて逃走。逃げるものは追いかけるのが警察だ。都内を走る街道はいつの時間も車が多い。サイレンを鳴らし追尾するパトカーを振り切れるはずもなかった。

 逃走車をようやく停車させ、警察官が車に近づいたその時、今度は車のドアが一斉に開いた。男4人が車から飛び出し、バラバラの方向に走り出す。そのうちの一人が、警察官が止める間もなく傍らを流れる川に勢いよく飛びこんだ。

 当時、川の流れは早く、男はあっという間に流れに呑み込まれ、川の中に沈んでいった。発見された時は、足だけがぽこっと水面に浮いていたという。彼は不法残留の中国人だった。

■アジア圏からが多い不法残留者

 不法残留者がもっとも増加していた1990年代は、その数が30万人近く、2000年代の事件当時でも20万人を越えていた。減少しているとはいえ、令和3年1月1日現在の不法残留者数は8万2868人になる。国別ではベトナム、韓国、中国が多く、今でも上位10位まではアジア圏の国々の名前が並ぶ。不法残留は入管法違反になり、刑事処分としての罰則は3年以下の懲役もしくは禁錮刑または300万円以下の罰金、行政処分として退去強制(強制送還や国外退去処分)が行われる。

 車から逃げた男らは全員、不法残留・不法就労の中国人。亡くなった男性は古くなったビザを所持しており、身元はすぐに判明。人物特定と遺体引き取りのため、警視庁は中国から家族を呼ぶことにした。このような場合、所轄の警察署長が保証人となり、現地の領事官にその旨を連絡してビザを発行してもらい、家族を招聘することになるという。

■捜査員が空港に行き迎えに出ていたのだが……

 早々に父親と義理の姉が来日することになった。連絡を受けた捜査員は、来日予定当日、到着予定の時間より早く空港に行き、迎えに出ていた。「ところが」と当時を知る捜査関係者は話す。

「搭乗予定の便が到着し、他の乗客がすべて出てきたのに、いつまで待っても彼らが出てこない。さすがにこれはおかしいと入管に確認したところ、彼らは前日に日本に入国していた」

 捜査員の感覚でいえば彼らは遺族であり、出迎え予定の警察を無視し、勝手に入国し、遺体を放置するなど想定外。相手は予定通りの行動をするはずと思い込んでいた。だがビザがおりた2人は、領事官が用意したチケットを手に、自分たちで予約便を変更して来日し、行方をくらました。彼らは犯罪者でも被疑者でもないため、領事官がチケットを管理し、搭乗までを確認する必要はなかったのだ。

「死んだ息子の亡骸を引き取っても、仕方がないと思ったらしい。父親は歳だからあまり働けないが、義姉はまだ若いから日本で稼げるだろう。貧乏な自分たちが日本に来られるチャンスなどもう2度とない。そう考えたようだ」(前出の捜査関係者)

■日本に住む外国人同士は情報伝達のスピードが早い

 この事態に困惑したのは外務省だ。このままでは不法滞在される怖れがある。入国を見逃したのは警視庁の不祥事だと非難した。警視庁としては何としてもビザの期限内に2人を探しだし、面子を取り戻さなければならない。捜査員らは聞き込みを始め、外国人ネットワークに接触、情報提供を求めた。日本に住む外国人同士のネットワークは日本人には想像できないほどコミュニケーションが発達し、情報伝達のスピードが速いと聞く。

 中でも中国人の情報網は、出身地や地域によって民族も言葉も違うという特殊な面もある分、密接につながり、日本人が接触するのは難しい。警察といえども、相手が信頼に足る人物でなければ彼らは情報を渡さない。誰がネットワークに接触するかが、情報収集のカギとなる。この時は、すぐに日本在住の中国人女性から、有力な手がかりがもたらされた。彼女はその日、成田空港に友人を出迎えに行き、不思議な2人連れを目撃したと証言した。

「ゲートから背の低いみすぼらしいおじさんと、ジャージー姿の若い女性が出てきた。彼らはトランクも何も荷物一つ持っていなかった。あれは絶対に旅行者ではない。たぶん、探している人たちだと思う」

 まだ中国人の来日は制限され、観光ビザの発給も団体旅行のみ、それもある程度預金がなければ取得できなかった頃だ。そのため金に余裕がある中国人がどんな格好で日本に遊びに来るのか、だいたいの想像はできたらしい。

■入国から4日目に発見

 彼女がこの2人をはっきり覚えていたのには、もう1つ理由がある。彼らを迎えにきた人物と会話を交わしていたのだ。

「彼らがゲートから出てくる前、座っていたベンチの隣に水商売風の女性がいて、同じ中国人だったので話をした。女性は横浜に住んでいて、親戚を迎えにきたと言った。その親戚というのがあの2人だった」

 彼らの身辺を調べると、確かに横浜に親戚がいた。すぐに捜査員が現地に飛んだ。

「張り込みを始めると、彼らは本当にそこにいた」

 家から出てきた2人は、駅近くの携帯電話の代理店に入った。しばらくして携帯電話を手に出てきたところを、捜査員が声をかけた。親戚の女性が2人分の携帯電話を契約し、その電話を受取りに行ったのだという。入国から4日目のことだった。

■家族の遺体に執着しない外国人は少なくない

 警察に連行された父親は「警察はなんで息子を殺したんだ」と非難し続けた。ところが、捜査員が「息子さんの遺品をお返しします」と、息子のポケットにあった1万円札数枚を目の前に差し出すと、父親はぱっと手を伸ばして、そのお札をむしり取ったという。

「息子の遺体は放っておいても、目の前の金は大事ということなのか。遺体にすがって泣いたのは1時間ほど、あとはケロリとしたもので、魂のない身体に特別な感情はなかったのだろう」と捜査員は話す。警察は遺体を火葬してお骨を持たせ、2人を帰国させた。“死んだ者より生きている者”、日本の文化とは異なり、外国人は家族の遺体に執着しないことが少なくないと捜査関係者は言う。

 これ以降、警察では、外国人犯罪において家族親族を招聘する場合、来日する家族親族の行動を入国から帰国までの間、確認することになったという。

(嶋岡 照)

関連記事(外部サイト)