《たばこ“また”増税》いつまで値上がりするの?このお金はどこに消えるの?愛煙家が元担当者に聞いてみた。

《たばこ“また”増税》いつまで値上がりするの?このお金はどこに消えるの?愛煙家が元担当者に聞いてみた。

左から森信茂樹氏、カンニング竹山氏

 10月からたばこが値上げになる。2018年10月に1箱20円〜30円以上、昨年10月にもさらに同規模の値上げと近年は増税が続いており、愛煙家からは「またか」というため息も聞こえてくる状態だ。

 どうしてこれだけ“容赦なく”上がるのか。自身も愛煙家のカンニング竹山氏が、元主税局総務課長で、現在は東京財団政策研究所の森信茂樹氏に聞いた。

◆◆◆

■酒やたばこは政府にとって「お金を調達するための貴重な手段」

竹山 たばこが10月からまた値上げになります。文字通り「また」って感じですね、なぜ毎年のようにボンボン上がっていくのか……(苦笑)。一方で、私は喫煙者なので「負担する側」ですが、「たばこには税金がかかっている」とひとくくりにされたところで、実のところ具体的に何を払っているのか、何に使われているのか、正直よく知りません。

森信 たばこを吸う人でもそうだったら、吸わない人はもっと知らないでしょうね。私は財務省にいた頃、たばこ税を担当したことがあります。喫煙者でもなければ、もう辞めて10年くらいたちますが、それでもよければ聞いてください。

竹山 ありがとうございます。では早速、なぜたばこの税金だけが毎年のように上がっていくのか、教えてください。

森信 嗜好品である酒やたばこは、「好きな人」にとっては多少値段が高くても買ってもいいかなと思うものでしょう。これを政府の方から見れば、そういうところに税金をかけると収入を得ることが出来る。いわば、お金を調達するための貴重な手段、「財政物資」だと捉えられているのです。実際、令和元年のデータを見ると、酒税は1兆2400億円。たばこ税は1兆9900億円に達しています。

竹山 その金額は、税金として大きいんですか。

森信 大きいですよ。2兆円といえば、消費税1%が2兆5000億円程度なので、1%弱に相当します。たばこの販売数量は年々減っていますけど、税収額は毎年ほとんど一定です。

■「これ、もう半分くらいが税金ですよね」

竹山 喫煙者が減って売り上げが落ちた分を、値段を上げてカバーしているわけですか。

森信 そうです。税収というのは、「P(price=値段)×Q(quantity=数量)」に税率を掛け合わせて決まります。たばこの場合だと、定価×本数ですね。

 喫煙者が減っているので、税収を確保するためには、税率を上げなければなりません。しかし税率を上げすぎると値段が上がり、販売本数が減って税収が落ちてしまう。財政の状況も勘案しながら、そのバランスを見つつ、少しずつあげているのです。

竹山 微妙な調整が、ずっと行なわれてきたんですね。今回はメビウスが540円から580円に上がって、僕の吸っているアメリカンスピリットは570円だったのが600円になります。これ、もう半分くらいが税金ですよね。

森信 600円のたばこの場合、50.8%に当たる304.88円がたばこ税です。さらに消費税がかかるので、定価の60.8%が税金。とはいえこの割合は、基本的に昔からずっと変わっていません。ただ、値上げの仕組みが不透明だと批判されたので、平成30年度の改正で、紙巻きは1本1円ずつ3段階で増税することになりました。今年10月は3回目の増税に当たり、1本あたり15.244円のたばこ税が課せられることになります。

■いきなり1000円に値上がりする可能性は…

竹山 今後、いきなり1000円とかに値上がりする可能性はないんですか。

森信 ないでしょうね。あまり高くすると禁煙を決断する人が増えすぎて売り上げが落ちるので、“税をとる側”からすれば何のための増税か、ということになってしまいます。そういう意味ではいずれまた値上げがあるとすれば、竹山さんがやめる決断をしないギリギリの金額を狙って、あと10円だったら大丈夫かな、20円なら許されるかな、という感じで静かに上げていくと思います。

 現場で担当した経験でいえば、販売本数が減っていく中で税収が最大になるように考えつつ、一方では負担になりすぎないように、均衡点を常に見直しながら国や地方の財政状況を勘案して改定を検討しています。言葉にするのは簡単ですが、国会議員さんの中には「もっとあげろ」「いや、もう絶対これ以上あげるな」と迫ってくる人がどちらの立場の人にもいますから、結構、胃が痛い思いをする仕事です。

竹山 たばこ以外にも、調整しながら上げている税金ってあるんですか。

森信 私が担当したことのあるものでいえば、酒税がそうです。ビールの税金が高いからと発泡酒や第三のビールが出てきて、どんどん味はビールとあまり変わらなくなっていくのに、税金の違いでそれらは値段が安いという状態が生まれました。

 当然、値段の安いほうが売れますが、税金には“中立性”という原則があって、税金の多寡によって人の選好に影響を与えてはいけない、同じものには同じ税金をかける、というGATT(関税及び貿易に関する一般協定)の国際原則もあります。同じようなものが税金によって高かったり安かったりするのは経済に不測の影響を与えるので避けるべきだ、という原則です。

 この原則によって、発泡酒や第三のビールの税金を高くして、ビールの税金は逆に安くする形で、数年先には同じ税率になります。

竹山 じゃあ、新しく出てきた電子たばこや加熱式たばこの税金も、同様の扱いになるんでしょうか。

森信 なにぶん新しいものは勝手がわからないので手探りの部分はあるでしょうが、全体としてはそうなるでしょう。

 たばこ税の課税標準は、製造たばこの本数ですが、加熱式たばこの場合は、重量1グラムを紙巻たばこ1本に換算して税負担を決めていました。この結果、紙巻たばこと税負担割合を比べると、加熱式タバコが相当安くなるので、開発努力を行った企業や消費者への影響に配慮しながら、5回に分けて段階的に負担を増やして両方の差を縮めていきます。発泡酒の話に似ていますね。

 来年10月に、最後の増税をして調整する予定になっています。

■喫煙者はいまだに「国鉄の赤字」を返済している

竹山 そうやって我々喫煙者が納めたたばこ税は、何に使われているんでしょう? 払うだけ払ってはいるのですが、実際のところ私たちには還元されているんでしょうか。

森信 喫煙者にとって身近なところだと、街の喫煙所などはたばこ税から整備するようにと総務省は促していますね。また、たばこ税は一般財源ですから、それ以外にもほかの税金と同じようにさまざまな用途に使われます。昔のガソリン税の「道路特定財源(=道路を作るためだけの税金)」とは違う種類のものです。

 うちわけを大雑把にいうと、年間の税収2兆円のうち1兆円が国に入り、残りの1兆円が地方自治体に入ります。たばこ税は大きく、国たばこ税と地方たばこ税に分かれていて、地方たばこ税はさらに、都道府県たばこ税と区市町村たばこ税に分かれているんですね。特に地方自治体にとっては大きな金額で、よく「たばこは地元で買ってください」と宣伝しているのは、売れた場所にお金が配られるからなんですよ。

 また、ほかにたばこ特別税もあります。かつて国鉄と国有林野事業が作った大きな負債を、たばこの税金から債務に回すと決められたんです。

竹山 え!? ということは、私たち喫煙者は国鉄の赤字を負担してきたということですか?

森信 民営化で国鉄がJRに分割されたとき、過去の赤字をたばこ特別税を作って返済の一部に充てると決めたんですね、借金を背負ったまま民営化はできませんから。

 じつは私が担当課長のときに創設されたのですが、沖縄県選出の国会議員から「沖縄には国鉄なんか走っていないのに、どうして沖縄の人も負担するのか」と正論を言われて、立ち往生したことがあります。

■「多いときで1日3箱吸っていました」「毎日1000円納税している計算ですね」

竹山 その話を耳にすると、やっぱりたばこを吸っている人が、吸わない人より余計に税金を払っているのは間違いないなと思いますね。僕は多いときで1日に3箱、紙巻きを吸ってました。最近は加熱式たばこも吸い始めたので、紙巻きを1箱。加熱式が2箱くらいです。

森信 金額から逆算すると、紙巻きを60本吸うとなれば毎日約1000円ずつ納税している計算になりますね。

竹山 そのお金は、国や故郷の役に立っているということですよね。とはいえ、金額で見せられるとまたすごい数字になりますね(苦笑)。

森信 そうなんです。だから、国や地方自治体からすれば「ありがたい」のひと言ですね。

■国・地方の本音を言えば「喫煙者にたばこをやめてもらっては困る」

竹山 しかし世界的にも日本でも、禁煙を推進する方向です。たばこのパッケージには「健康被害を及ぼす」と脅し文句が書いてありますし、街中でも飲食店でも吸っちゃダメですよという流れで、たばこをやめた人もたくさんいます。「税金を上げれば禁煙が進むからいいだろう」という考えはないんですか?

森信 いやいや、政府は、国民の健康に役立つから消費抑制のためにたばこを値上げすべきだとは考えていません。先ほど話題に出たように、たばこ税の約2兆円という数字はだいたい消費税1%弱ですから、それをしては何のための増税かということになります。

竹山 みんながたばこをやめてしまったら、国は困るということですね。ではもっといえば、「みんな、たくさんたばこを吸ってくれ。そうすれば税収が上がるんだ」というのが国の本音でしょうか。

森信 本音を言えば、国や地方自治体は、今日の財政事情の下では喫煙者にたばこをやめてもらっては困るんです。だから国や地方自治体は、喫煙できる場所を減らしたり分煙化の運動を進めたりしていますが、個人に向けて禁止すべきとはいってないはずです。ただ、たばこを吸うと健康に良いとは言えないので、「もっと吸え」とは言えませんよ。まあ、専売公社時代には「今日も元気だ。たばこがうまい」という宣伝文句がありましたけどね。

竹山 喫煙者自身の健康被害のほかに、受動喫煙で他人に迷惑をかける問題もありますからね。しかし、たばこを吸う人はたくさん税金を納めているからありがたいなんて、世の中で誰も思ってないですよね。

■「税金が役立っていることは目に見えませんが、煙は見えますから」

森信 喫煙者はいま、そんなに肩身が狭いですか。

竹山 正直、かなり狭いです。分煙を進めるのは当然として、吸ってる人をみんなで責める雰囲気もありますし……。

森信 それこそ毎日1000円、人よりも多く税金を払うという人は、正直国としてみれば“ありがたい”存在でしょう。理解が広まって、「俺は税金をたくさん払ってるんだ」って威張るわけにはいきませんか(笑)。

竹山 そこまでの議論になりませんし、オフィスでバンバン吸いながら「俺は税金を払っているんだ」と言ったらやっぱり「うるさいな」ってなりますよ(苦笑)。そうなると、幸せな一服のためには、分煙に気遣いながら税金を払い続けるということですかね。

森信 財務省が泣いて喜びそうな言葉ですね(笑)。

竹山 いやいや、「たばこの税金がみんなに還元されている」と言ったって目に見えませんけど、煙は見えますから。

※1:?国・地方のたばこ税等の税収は決算額。紙巻たばこの販売数量は日本たばこ協会調べによる販売実績で、全課税数量に占める紙巻たばこ以外の製造たばこの課税数量の割合は、平成25年度の0.1%から令和元年度の21.5%に増加している(国税庁統計年報)。

構成=石井謙一郎

撮影=平松市聖 ?文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)