全国で200以上! 主人公より敵が人気、元パラパラダンサーが“中の人”…「ローカルヒーロー」の世界【北海道〜関東編】

全国で200以上! 主人公より敵が人気、元パラパラダンサーが“中の人”…「ローカルヒーロー」の世界【北海道〜関東編】

©Neiger Project

 全国ネットで放送されているメジャーなヒーロー戦隊ほど認知度は高くないが、地元では知らない子供たちがいないほど愛されているのが「ローカルヒーロー」たち。子供たちに夢と希望を与えるべく、地元で生まれ、地元に密着して活躍する日本全国のローカルヒーローたちを紹介しよう。(前後編の前編/ 後編 を読む)

◆ ◆ ◆

■ゆるキャラブームの後に……全国で200以上

「現在、日本全国で活躍するローカルヒーロー(またはご当地ヒーロー)はかなりの数に上ります。私たちが把握している限りでは少なくとも200以上で、おそらく300近いヒーローが存在しているはずです。

 地元の公共団体や地方テレビ局、企業などが主体となって生まれたヒーローもいれば、極端な話、個人がドン・キホーテで売っているような衣装にちょっと手を加えて『ヒーローです』と名乗れば、それはもうローカルヒーローですからね。こうした敷居の低さも近年の盛り上がりの一因かもしれません」

 こう話すのは日本のローカルヒーロー事情に精通している「株式会社ヤツルギ魂」の制作担当・横田渉氏。同社は千葉県のローカルヒーロー「鳳神ヤツルギ」を運営する傍ら、2014年から日本全国のローカルヒーローが参加する「日本ローカルヒーロー祭」も手掛けている。

「ローカルヒーローは地方局でのテレビ放送や映画などの映像作品を作るような本格的なヒーローから、地元のお祭りやイベント、商業施設などでショーを行う地元密着のヒーローまで様々なタイプがいます。最近ではYouTubeやTwitterといったSNSや動画配信サイトを使った活動も増えていますね」(横田氏・以下同)

 今回は数あるローカルヒーローたちの中から特に特徴的な20組をピックアップして、その郷土愛溢れる活躍ぶりを紹介してもらった。

■【秋田県】本格派ローカルヒーローの“先駆け”、「超神ネイガー」

「日本のローカルヒーローを語るうえで絶対に外せないヒーローが二人います。その一人が秋田県の超神ネイガー。2005年に地元の有志が始めた「ネイガープロジェクト」によって誕生しています。

 当時は全国的にゆるキャラがブームでローカルヒーローは数えるほどしか存在していませんでした。そんな中で誕生したネイガーは、まさに本格派ローカルヒーローの“先駆け”とも言える存在なんです。

 オーソドックスなストーリーやキャラクターには地元の特色が盛り込まれていて、ローカルヒーローとはこういうものだということがよく分かるし、新たな町おこしのジャンルを切り開いた先駆けとも言えるでしょうね」

 戦う秋田名物「超神ネイガー」は「秋田発の地産地消型ローカルヒーロー」で、これまで秋田放送でのシリーズ放送に加えコミック、絵本など、様々なメディア展開も行ってきた。名前の「ネイガー」はモチーフになっているなまはげの「泣ぐ子はいねがぁ!」から来ている。

「きりたんぽ型の『キリタンソード』やハタハタがモチーフの銃『ブリコガン』などの武器や、カメムシ怪人『ハンカクセエ』や戦闘員『ホジーネ』など敵の怪人たちもユニークです」

■【沖縄県】ローカルヒーロー界のレジェンド「琉神マブヤー」

 ローカルヒーロー界のもう一人のレジェンドが沖縄の「琉神マブヤー」だ。

「琉神マブヤーは日本全国にローカルヒーローの存在を知らしめたヒーローで、企画には超神ネイガーのスタッフも参加していたそうです。2008年に琉球放送で放映され、読売テレビやMX、札幌テレビのほかハワイでも放送されていました。その後もヒーローショーや地元イベントなどで活動を続けており、知名度の高さで言えばナンバーワンかもしれません」

 ニライカナイからやって来た魂の戦士・琉神マブヤーが、悪の軍団マジムンから沖縄の魂(マブイ)を守るというストーリーは沖縄らしい独特の雰囲気に溢れている。マブヤーが話すウチナーグチにはあえて解説は付けられておらず、分からない言葉を聞いた子供たちが親やおじい、おばあに聞くというコミュニケーションにも役立っている。

「マブヤーはローカルヒーローをきちんとビジネス化できた成功例でもあります。マブヤープロジェクトには数十社の地元企業が参加しており、那覇空港にお土産コーナーができるなど広告宣伝もあって全国にも知られるようになりました」

■【岩手県】片桐仁やガッツ石松も登場「鉄神ガンライザー」

 岩手県の「鉄神ガンライザー」が誕生したのは東日本大震災があった2011年のこと。『岩手の子供たちに元気と笑顔を』を合言葉に企画が立ち上がり、テレビ岩手の子供向け番組『らどんぱ!』内のコーナーで初登場している。

 以降、現在まで続くシリーズには岩手出身の若手俳優に加え片桐仁やガッツ石松といった有名俳優も出演し、主題歌も森口博子や影山ヒロノブらが担当。シーズン8の「東北ヒーローズ」編では「福島 ダルライザー」「山形 出羽戦士ガ・サーン」「岩手 チャグマオー改」「宮城 シージェッター海斗」「青森 ホッキーガイ」「秋田 超神ネイガー」といった東北の他県ヒーローも登場している。

「ガンライザーは鉄の神の力で戦うヒーローで、胸にさんさ太鼓、両肩に南部鉄瓶という岩手県ゆかりの名物を備えています。連続パンチの『わんこパンチ』や『石割りチョップ』などの必殺技で、仲間のリアスマリンと共に、鬼の羅刹軍団と戦っています」

 現在もTVIで「ガンライザーTV」が放映中で、今年は放送文化基金賞のテレビエンターテインメント番組部門で奨励賞を受賞。この10月からシーズン11の放送もスタートする。これまでの活躍はYouTubeやAmazonプライム、Huluなどの動画配信サイトでもチェックすることができる。

 ここからは、北に位置する都道府県から順に、ローカルヒーローを紹介していく。

■【北海道】現役スタントマンと企画して誕生「梟の戦騎カント」

「カントが誕生した経緯が面白くて、2015年に私どもが『日本ローカルヒーロー大決戦』を制作した際、クラウドファンディングを募ったんです。その時に最高額の50万円のリターンとして設定したのが『オリジナルのローカルヒーローを作ります』というもので、これで生まれたのがカントです。

 もともとアクションの仕事をしていて一度、業界を離れた若者が『ハイクオリティな特撮ドラマとキャラクターを制作して札幌から発信したい』ということで、地元の先輩でもある現役スタントマンの協力を得て応募されたんです。先輩は海外で有名なパワーレンジャーなどの撮影から帰国されたプロのスタントマンで、スーツアクターもやられています。そんな北海道の先輩後輩が自分達のヒーローを作ったわけです。

 アクションや決めポーズなども相当にレベルが高い上、ご自分たちで設定を考え、地元のイベントに参加するなど活動を続けています」

■【秋田県】元パラパラダンサーが中の人「ビートファイターAce」

 秋田のイベントを盛り上げる「ビートファイターAce」は、音楽とダンスのエネルギーを借りて戦うヒーロー。秋田市の文化と自然を守る「ちあき丸」、みんなの健康を応援する「アマビエール」と組んだご当地ヒーローチーム「ACEヒーローズ」としても活動中だ。

「ビートファイターAceが特徴的なのは、音楽劇をやっているところでしょう。音楽やリズムに合わせてダンスもやるし、ショーを見るとよく分かるんですがダンスをベースにしたアクションなんかは見栄えがしてメチャメチャ格好いい。確かパラパラのダンサーの方がやってらして、ショーで使う音楽なども自分たちで制作しているそうです。

 ローカルヒーローは、もともとヒーローに関連する業界で働いていた方が始めるケースが多いのですが、ダンサーさんからヒーローというのはちょっと面白いですよね」

■【福島県】「必殺技」がないのが売り…「ダルライザー」

「俺も福島県も何度だって立ち上がる!」と、白河市を中心に福島県で戦い続けるヒーロー。地元の名物・白河ダルマが起きる(ライズ)でダルライザーだ。

 設定もユニークで、主人公は「スーツはただの生地、変身ではなくただの着替え!」と公言する「ヒーローを目指すただの人間」で必殺技も無い。それでもダルマのように何度も起き上がるガッツと努力で成長するヒーローだ。

「白河商工会議所青年部が生み出した市公認のキャラクターで、同部に所属する和知建朗さんが中心となり、キャラクター制作からショーの脚本、出演まで、すべてを商工会議所のメンバーで行っていたそうです。

 その後、和知さんが事業化した現在も、青年部のメンバーに加え、活動に参加したいと手を上げる地元の有志の方々を交えて活動しています。イベントでは、ヒーローの姿のまま運営関連の電話対応をしていた様子が印象に残っています(笑)」

 2017年には映画『ライズ―ダルライザ−THE MOVIE−』を制作し地元で上映するなど精力的に活動を続けている。

■【茨城県】人間ではなくアンドロイド「時空戦士イバライガー」

 茨城県ではご当地ヒーローが複数誕生しているが、そんな中でも知名度の高さで知られているのが「時空戦士イバライガー」。もともと「茨城元気計画」なる地元のヒーロー好きが集まって生まれている。数々のテレビ出演も誇り、現在は茨城県警と正式に提携するなど長年にわたって市民に愛されてきた。

「イバライガーは変身するヒーローではなくアンドロイド、つまり最初からメカなんです。そのためショーも怪人とイバライガーだけで、人間がほとんど出てこないんですが、とにかくストレートに格好いい。地元企業とのコラボなど、新しいことにも積極的にチャレンジしているヒーローですね」

■【埼玉県】ゆるキャラも一緒に戦う「坂東武人武蔵」

 埼玉県から紹介するのは16年にテレビ埼玉でミニドラマが放送されたことで知られる「坂東武人武蔵」。

「もともと大手のヒーローショーなどの仕事もやっていたアクションチーム・ARCADIAが制作・運営しているため、戦闘シーンのアクションには定評があります。同作には武蔵と共に旅をする『サイゾウ』というゆるキャラがいるんですが、このかわいいキャラまで本格的なアクションをこなしますからね」

 埼玉県は他にもローカルヒーローが多く、県の公式HPには10組の県公認「ご当地ヒーローズ」の名前が並んでいる。結成時には当時の県知事が「埼玉県民は地元への愛着が薄いという見方があるが、これは悪の帝国の陰謀だ。埼玉を悪く言う陰謀から県民を守る為に結成した」とノリノリでコメントしたことも。ちなみに、ご当地ヒーローズに対抗する「アンチヒーロー同盟」も存在する。

「埼玉県はヒーロー同士横のつながりが強いんです。2020年の3月には、同じ埼玉県のヒーロー・FPレンジャーやサイセイバーと一緒に開催する予定だった『ヒーローズアッセンブル埼玉』に全国からヒーローたちが集まるはずでした。残念ながらコロナ禍で開催出来ませんでしたが、再度開催に向けて頑張られているようです」

■【千葉県】千葉テレビで9シーズン放映「鳳神ヤツルギ」

 今年で誕生10周年となるのが千葉県木更津市の「鳳神ヤツルギ」。2011年の東日本大震災の後、日本中を覆っていた「暗い空気を吹き飛ばして本当の意味で子供たちのヒーローになれれば」という思いから誕生した。

 シーズンごとに世界観を変えながら千葉テレビでシーズン9(2020年)まで放送されており、今年も10月からシーズン10の放送が開始(YouTubeでも同時配信)予定となっている。

「映像作品のほかにヒーローショーやイベントなどもやっています。加えて木更津市の公認ヒーローとして地元の幼稚園や保育園を訪問して、ヒーローと一緒に遊びながら『交通ルールは守ろうね』と伝えるようなちょっと教育的な活動もしています。おかげさまで千葉県全域から声をかけていただき、地元貢献できているかなと思います」

 ヤツルギ魂は、2014年に日本全国のローカルヒーローが一堂に会する「日本ローカルヒーロー祭」も立ち上げている。当初は20程度だった参加者数も2019年には約130団体からキャラ数を数え切れないほど多くのヒーローが参加する規模になっている。

「他のローカルヒーローさんたちも、チャレンジしてみたいアイディアはたくさんあると思うんですが、現実には色々なしがらみがあったり予算の問題があったりして難しいですよね。それなら自分たちだけじゃなく他のヒーローさん達と協力してやってみようということで祭りを立ち上げました。

 今年はコロナ禍の影響もあって未定ではあるのですが、一応、例年通り11月開催で準備は進めています。今後も全国のローカルヒーローの魅力を発信していければ嬉しいですね」

■【山梨県】敵も人気「甲州戦記サクライザー」

「山梨県のお宝・タケダクリスタルを、魔玄一族から守るために戦うというテレビ放映されたストーリーがすごく気に入ってます。武田信玄がモチーフに使われているんですが、お話にうまく調和されていてわかりやすいうえに、ちゃんと面白い。山梨の方言である甲州弁を多用した名乗りなども地元愛を感じさせるヒーローです。

 ヒーローものの主人公はイケメンだったり美少女になりがちですが、サクライザーはうだつの上がらない3枚目風と、いい意味で普通なんです。その一方で敵役の邪鬼礼威子はファンクラブができるほど人気が高くて、サクライザーを差し置いてCMに起用されたこともあるそうです」

 日本テレビ系列・YBS山梨放送で2010年から9シーズンにわたってテレビシリーズが放映されており、過去の作品はHuluなどでも配信されている。コロナ禍もあって今年は休止しているが、来年には復活する予定だ。

【続きを読む】 敵は“串カツラー”・“イカヤンキー”、特技はコント、身体が硬い…独特すぎる「ローカルヒーロー」たち 【関西〜沖縄編】

敵は“串カツラー”・“イカヤンキー”、特技はコント、身体が硬い…独特すぎる「ローカルヒーロー」たち【関西〜沖縄編】 へ続く

(清談社)

関連記事(外部サイト)