岸田文雄首相の祖先は、台湾・満州で成功した熱血ビジネスマンぞろいだった

岸田文雄首相の祖先は、台湾・満州で成功した熱血ビジネスマンぞろいだった

首班指名を受け、第100代総理大臣になった岸田文雄氏(首相官邸ホームページより)

 第100代、憲政史上64人目の内閣総理大臣となった岸田文雄(64)。政治家3世の出自と、生真面目でおっとりした人柄から、自由民主党の名門派閥・宏池会の「プリンス」と呼ばれてきた。だが意外なことに、文雄の祖父や曽祖父、彼らの兄弟らは戦前、故郷・広島を飛び出し「北海道」「台湾」「満州」という新天地で財を成す、果敢なフロンティア精神に富んでいたのだ。

■日本領になりたてホヤホヤの台湾へ

 岸田家は、安芸国賀茂郡奥屋村(現・広島県東広島市志和町奥屋)で代々「新出屋(あたらしや)」の屋号を持つ農家だった。明治維新とともに生まれた、文雄首相の曽祖父・岸田幾太郎(いくたろう、1867〜1908)には商才があったようで、1891年ごろから農機具、種苗、呉服などを開拓地の北海道に卸し、北海道から昆布などの海産物を仕入れて広島などで販売するようになった。

 さらなる業容拡大を目指す幾太郎は、1896年2月、妻・スミと生後わずか2カ月の長男を伴い、台湾の玄関口・基隆(キールン)へ移住する。前年の1895年4月に日清戦争が終結し、日清講和条約(下関条約)で台湾(澎湖列島含む)は清から日本に割譲されたばかりの頃だ。台湾総督府が統治を始めてからわずか半年。基隆の港がアジア有数の近代港湾として整備されるのはまだ先の話だった。

 原住民による激しい抗日武装運動も続いていた時期の、未開の地と言ってもいい台湾へ率先して移住した幾太郎は、材木と呉服の販売を始める。植民地として今後、港湾・鉄道などのインフラ整備や街づくりが進めば確実に木材の需要は増えるとにらんでいた。また内地から日本人の移住者増加も予想され、なにより台湾人に、「大日本帝国臣民」としての自覚を促すためにも和服着用の習慣拡大が有用と思われていた。幾太郎は28歳で、基隆の中心部に材木店「岸田材木店」と高級呉服商「岸田呉服店」を構える。

■基隆で脚光を浴びる旧「岸田呉服店」

「基隆銀座」と呼ばれるほど賑わった繁華街・義重町(現在の中正区信二路、義二路の交差点)に建てられた「岸田呉服店」のレンガ造り2階建ての建築は、築100年以上を経た今も商店として活用されている。屋根やファサードが多少改変されてはいるものの、赤レンガの壁面に白い花崗岩の帯を組み合わせた「辰野式ルネサンス」の華やかな建築は、おおむね明治の姿をとどめている。古写真を見ると、失われた塔屋部に「キ」の文字(きしだ、キールンのキの意)をレタリングした看板を大きく掲げ、「基隆銀座」のランドマーク的存在だったことがうかがい知れる。

 だが幾太郎一家は、台湾移住からわずか4年後の1899年に帰国してしまう。商売順調な時期に突然帰国した理由は定かではないが、台湾紙『聯合報』は、「当時、年間死亡者数が数千〜1万人超だった風土病、マラリアに感染し、転地療養をしたのではないか」と推測している。その後、幾太郎は日露戦争後の1906年、中国大陸の満州(現・中国東北部)へ移住し、大連に1万5000平方メートルほどの土地を取得するが、1908年に40歳の若さで急逝した。

■現在は1階がベーカリー、2階がレストラン

 幾太郎は1897年、弟の岸田多一郎(生没年不詳)と岸田光太郎(1872〜没年不詳)を台湾に呼び寄せていた。1899年に幾太郎が帰国した後は、多一郎が呉服店、光太郎が材木店を受け継ぎ、兄弟はやがて、酒の卸業や貴金属販売なども手広く手掛けるなど、ともに業容を拡大させる。多一郎は「岸田呉服店」の西側増築部にカフェ「岸田喫茶部」も運営するようになった。

 1922年の台湾の紳士録『南國之人士』(臺灣人物社刊)には多一郎、光太郎そろって、名士として掲載されている。岸田兄弟は1913年、台湾総督府から花蓮港庁(現・花蓮県)の官有地である原野の払い下げを受け、岸田材木店の花蓮港庁支店を設けた。材木の販売だけでなく良木の伐採から製材までワンストップで手掛けるようになり、岸田材木店は台湾有数の材木商に成長した。

 台湾の各メディアや、基隆市の林右昌(リン・ヨウチャン、50)市長などは盛んに、「現存する『岸田呉服店』の赤レンガ建築は、岸田文雄首相の曽祖父・岸田幾太郎が建てた!」と宣伝しているが、正しくは首相の大叔父・多一郎が建てたもの。「岸田喫茶部」も、幾太郎ではなく多一郎が始めた。幾太郎がいた時期の基隆は街づくりに伴う区画整理の影響で、岸田家の店舗や住居は何度も移転したという。

 2021年現在、基隆の「岸田呉服店」は1階がベーカリー「米塔(ミタ)」、2階が台湾式イタリアンレストラン「洋城(ユンチェン)」となっている。「岸田喫茶部」だったスペースは戦後、大陸から渡ってきた中国人による酒場「小上海小酒館」が1951年まで営業。1963年からは書店「自立書局」(※2019年に閉店し、現在基隆市が修復保存工事中)になった。

■衆議院議員と満州ビジネスを兼業

 幾太郎の長男で文雄首相の祖父・岸田正記(まさき、1895〜1961)は13歳で父と死別するが、刻苦勉励して京都帝国大学法学部を卒業。大学在学中には行政官の高等文官試験(高級官僚の採用試験)に合格したエリートだった。だが卒業後は官僚として奉職せず、不動産ビジネスを営む。

 正記は1928年、33歳で郷里の旧広島1区から衆議院議員に出馬し初当選、立憲政友会所属議員として政界入りする。そのまま政治家の道をひた走るかと思いきや、気持ちは亡父が最晩年を過ごした満州に傾き始める。衆議院議員になって2年後の1931年、日本軍は満州事変を引き起こし、翌1932年、日本の傀儡国家である「満州国」を建国した。新しい国づくりを進める満州国は、日本からの投資を求めていた。

 1933年、正記は衆議院に議席を置いたまま満州の大連に渡る。ただ、帝国議会は本会議が毎年3カ月間開かれるので、正記は臨時議会も含め、召集のたびに一時帰国していたのだろうか。現在の「衆議院規則」では7日間を超える議員の請暇は不許可となっている。

 日露戦争後のポーツマス条約で、日本はロシアから遼東半島先端部・関東州の租借権と東清鉄道南満州支線(のちの南満州鉄道)および沿線附属地を獲得。満州の植民地経営に乗り出していた。遼東半島の港湾都市、Дальний(ダーリニイ)は「大連」と改称され満州の海の玄関口として発展、1945年の終戦時には20万人超の日本人が居住していた。正記は大連と奉天(現・瀋陽)で不動産、百貨店ビジネスに乗り出し、1933年、大連で「幾久屋(きくや)百貨店」を創業する。

■「幾久屋百貨店」の年商額は三越を抜いた

「幾久屋百貨店」は大連随一の繁華街、浪速町通り(現・天津街)に建設された。亡父・幾太郎がポーツマス条約の翌1906年に取得していた1万5000平方メートルの土地の一部だろう。

 鉄筋コンクリート造り地下1階地上3階建て、延床面積5200平方メートルのハイカラな洋風建築は戦前、「三越百貨店」「遼東百貨店」と並ぶ大連3大デパートの一角を占めた。ただ現役の衆議院議員だった正記は1936年に帰国して政治活動に注力。「幾久屋百貨店」の経営は、専務だった正記の弟、岸田正次郎(まさじろう、1897〜1979)に託された。正次郎は1939年、「幾久屋百貨店」の年商額が三越を抜き大連のデパート首位(800万円、現在の約32億円)になるまで繁盛させた。

「幾久屋百貨店」は大連に続き、古都・奉天にも支店を出店した。

 奉天駅から放射状に伸びる平安通り(現・民主路)を600メートル南下した突き当りのロータリー、平安広場(現・民主広場)に面して、正記は鉄筋コンクリート地上3階建ての建築を建てた。奉天幾久屋については、記録が少なく詳細は不明。ただ、終戦時に、大連に匹敵する15万人超の日本人が居住していた奉天では、「幾久屋百貨店」のほかにも、「満蒙毛織百貨店」「七福屋百貨店」「百貨店ユニオン」「三中井百貨店」などの日系デパートが活況を呈していた。

■旧「幾久屋百貨店」は今も大連を代表するデパート

 正記が建てた大連「幾久屋百貨店」の建物は、2021年現在も残されている。

 1945年の敗戦で岸田家は大連から日本へ引き揚げるが、堅牢な「幾久屋百貨店」の建築は、中華民国政府の関東公署公安局が接収し「大連裕華商場」という名で商業施設の役割を継続。1949年に中華人民共和国が建国されると国営デパートとなり、「関東百貨公司」「旅大百貨公司」「大連天津街百貨大楼」「大連百貨大楼」「天百大楼」とたびたび名前を変える。1981年に4〜5階部分を増築。

 1987年には天津街を挟んで南側に別館を増築し、延床面積は1万平方メートル超に。2007年には7階まで増築し、民間資本の「新天百」としてリニューアル。その後、大連市の重要保護建築に指定され、2020年、幾久屋とは無関係のレトロ風デザインに外観がリニューアルされた。だが建物の基礎や筐体は依然として、1933年築の「幾久屋百貨店」をベースにしている。中国の歴史建築修復“あるある“だが、オリジナルの意匠を無視して、施主や地元政府がイメージするデザインで「それっぽく」改悪されるのは珍しくない。

 作家・司馬遼太郎が『坂の上の雲』で明治人のことを「ただひとつの目的にむかってすすみ、その目的をうたがうことすら知らなかった。この時代のあかるさは、こういう楽天主義(オプティミズム)からきているのであろう。楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前をのみ見つめながらあるく」と表現したように、明治生まれの岸田家の男たちは日本という国を飛び出して、あかるく、楽天的に、台湾と満州でビジネスを成功させてきた。

■岸田正記は戦後、岸信介のブレーンに

 安倍晋三元首相(67)の祖父でのちの首相・岸信介(1896〜1987)は、正記と1歳違いと年が近く、満州体験(1936年はともに満州在住)という共通項もあり、深い友情を築く。

 商工省(現・経済産業省)のエリート官僚だった岸は、満州国の高級官僚として1936〜39年に渡満。のち満州国国政の中枢・総務庁の次長に就任し、統制・計画経済の大胆な推進やアヘン政策で満州経営に辣腕を振るう。「満州問題は日本開闢以来の大問題で、勇断をもって、命がけで取り組まねばならぬ」と熱を込めて語っている。

 正記は1946年まで衆議院議員に6期連続当選し、第一次近衛文麿内閣(1937〜39)の海軍参与官(大臣政務官に相当)、戦時中は小磯国昭内閣(1944〜45)の海軍政務次官などを務めた。戦後、公職追放となるが、追放解除後の1953年に衆議院議員に当選し政界に復帰。自由党の代議士を1期2年務めた。A級戦犯として収監された岸も、正記と同じ1953年の総選挙に自由党から出馬して当選する。岸はその後、1955年に自由民主党初代幹事長、1956年に外務大臣、1957〜60年に首相を務めた。

『岸信介の回想』(岸信介・矢次一夫・伊藤隆著、文藝春秋刊)によると、正記は、自身と同様に公職追放が解除され、衆議院議員にカムバックした椎名悦三郎(1898〜1979 満州国時代の岸の懐刀、のち内閣官房長官)、川島正次郎(1890〜1970、のち自民党副総裁)、赤城宗徳(1904〜1993、のち内閣官房長官)、福田赳夫(1905〜95、のち首相)らとともに、自由党内でいわゆる“岸派”を形成し、岸信介のブレーンとして活躍した。

 だが正記は1955年、1958年の総選挙で続けて落選。岸内閣の閣僚に名を連ねることなく政界引退した。

■岸田首相と台湾、中国のつながり

 岸田家が台湾、満州でそれぞれ築いた事業と莫大な財産は、敗戦で全て失われた。

 正記の長男で文雄の父・岸田文武(1926〜92、衆議院議員)は旧制東京高等学校、東京帝国大学法学部へ進み、商工省へ入省。文雄ともども、自宅のある東京・穏田(原宿一帯)で青春時代を過ごしたので特筆すべき台湾、満州体験はない。

 文雄は1993年、衆議院議員に初当選して以来、自民党の「日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会(日台若手議連)」の一員として安倍晋三らとたびたび訪台し、総統の李登輝(1923〜2020)らと交流を重ねて台湾理解を深めた。今回の総裁選期間中も、中国を念頭に人権問題担当官ポスト(総理補佐官)の新設を提案し、台湾の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入申請について「歓迎したい」と発言している。

 一方、所属派閥の宏池会(岸田派)は元来、親中派議員が多く、文雄は長らく、親中派議員筆頭格の古賀誠(81、元宏池会会長、自民党幹事長)の側近だった。また文雄は現在、広島県日本中国友好協会の会長、日中友好8団体の一角・日中友好文化交流促進協会(JCCEPA)の会長代理を務めている。

 文雄はホームページに「権威主義的体制が拡大する中で、台湾海峡の安定・香港の民主主義・ウイグルの人権問題などに毅然と対応。日米同盟を基軸に民主主義、法の支配、人権等の普遍的価値を守り抜き、国際秩序の安定に貢献していく」と優等生的なメッセージを載せている。単純に親台/親中で割り切れるものでもないだろう。だが「プリンス」の仮面を脱ぎ捨て、山っ気の強い戦前の岸田家の男たちのように、アツい一面を見せられれば岸田首相の物語も面白くなりそうだ。

(文中一部敬称略)

参考文献:
●書籍
『大連・旅順歴史ガイドマップ』(木之内誠・平石淑子・大久保明男・榎本雄一著、大修館書店)
『満州国の首都計画』(越沢明著、日本経済評論社)
『図説 「満洲」都市物語』(西澤泰彦著、河出書房新社)
『図説 満州帝国』(太平洋戦争研究会著、河出書房新社)
『滿蒙と滿鐵』(南滿洲鐵道株式會社)
『岸信介の回想』(岸信介・矢吹一夫・伊藤隆著、文藝春秋)
『搨版 臺灣?史地圖』(國立台灣?史博物館、遠流出版公司)
『成爲臺灣人: 殖民城市基隆下的民族形成』(Evan N. Dawley著、國立臺灣大學出版中心)

『坂の上の雲(1)』(司馬遼太郎著、文藝春秋)

?

●ウェブサイト、ブログ
中華民國 國家圖書館 臺灣記憶
中華民國 國史館臺灣文獻館文獻?案?詢系統
「岸田文雄総裁選特設サイト 声をかたちに。信頼ある政治」
「新浪博客@清流一叶的博客 昔日大?的百?店」
「新浪博客@鼠曲草的博客 大?地理??:天津街百?大楼13.6.30」
Google Earth 奉天 探訪(調査人イチオカ編)

?

●論文、記事
「中国東北部の多民族都市・満州奉天(現瀋陽)及びハルピンにおける鉄道付属地の開発に関する考察」(川村邦夫著、『創造都市研究』第20号)
「“在満日本人”か、“日系満洲国民”か−“満洲国”における日本人の政治参加」(塩出浩之著、『琉球大学人文社会学部政策科学・国際関係論集』)
「岸田首相の親族、連なる政治家たち 宮沢喜一元首相も」(『中国新聞デジタル』2021年10月5日配信)
「鋸琴一甲子風景成?響 基隆自立書店老先生陳上惠往生」(『聯合報』2021年1月23日配信)
「日本準首相對台淵源曝光!岸田文雄曾祖父『?服店』樓房至今還在基隆」(『風傅媒』2021年9月30日配信)
「岸田文雄祖父的几久屋百?店,怎??建?大?百?大楼的?」(『??新?』2021年9月30日配信)
「沈?民主广?奉天?入?合旧址」(『?日?条』2018年1月10日配信)

(田中 淳)

関連記事(外部サイト)