駒澤大の「原点と責任」と東洋大の「酒井監督」が今年もかっこよかった――出雲駅伝「TVに映らなかった名場面」後編

駒澤大の「原点と責任」と東洋大の「酒井監督」が今年もかっこよかった――出雲駅伝「TVに映らなかった名場面」後編

コースに一礼する駒澤大学のメンバー

東京国際大の「駅伝力」と青学大の「よこたっきゅう」がすごかった――出雲駅伝「TVに映らなかった名場面」前編 から続く

 10月10日に行われた出雲駅伝は、東京国際大学の初出場初優勝で幕を閉じた。

「今年の3大駅伝はどの大学が勝つのか誰も読めない」と語る、駅伝マニア集団「EKIDEN News」の西本武司氏に、今大会で見えた気になる駅伝トピックスを聞いた。これを覚えておくと、その後の全日本大学駅伝や箱根駅伝もきっと楽しめる( 前編から続く )。

◆◆◆

■【5】駒澤大の「原点と責任」を感じるべし

 前回の箱根駅伝で優勝した駒澤大学は毎年標語を作っています。大八木監督の部屋にずらっと並ぶ年間練習記録ファイルの背表紙には毎年の標語が。この標語には「原点と○○」と、必ず“原点”が入ります。

 今年の標語は「原点と責任」。サブタイトルは「感謝の心を形に」。

 箱根の勝者であり、直後には世間もお騒がせした。それらも含めて責任である、と。なかなか重たいですが、さすが駒澤、素晴らしい標語です。

 今回、この「原点と責任」をまざまざと感じさせてくれた出来事がありました。

 出雲駅伝には僕ら駅伝好きが「もうひとつの出雲駅伝」と呼ぶレースがあります。出雲駅伝が終わった後に近くの浜山公園陸上競技場で行われる、出雲市記録会5000mのことです。出雲駅伝で補欠にまわった選手たちが出場するのですが、彼らにとってとても大切な記録会。出雲駅伝までもってきたピークをここで出し切っておくことで、次の全日本につなげるという意味合いもありますが、ここを走る選手が後に全日本大学駅伝や箱根駅伝で活躍することも多く、ネクストブレイク枠を探るレースでもあります。

 ところが今年はコロナ禍でこの記録会も中止に。そこで大八木監督が帝京大学と創価大学に呼びかけて、出雲駅伝を走れなかった3校6人の選手のためだけに、浜山公園陸上競技場のサブトラックを使って非公式な5000mのタイムトライアルを行ったのです。会場にいたのは、コーチや関係者。そしてとりわけ熱心な陸上専門記者のみ。

 3000mまで参加選手を引っ張る役目を任されたのは今年の箱根駅伝5区で2位の好走を見せた創価大学の三上雄太選手。大八木監督からの三上選手への指示は400m67秒ペース。これは5000m換算だと14分00くらい。出雲駅伝のハイペースを再現するだけでなく、最後は競り合って、みんなで13分台を目指せというメッセージでもあります。審判もいないタイムトライアルでありながらも、本番のレースさながらのピリピリしたムードの中スタート。

「これも駅伝だからな!」と大八木監督の檄が飛ぶなか、選手たちは必死で走りますが、何しろこの日の出雲は夕方でも暑かった。

 トップは駒澤大学の佃康平選手で14分9秒6。激走を終えた選手たちに、たまたま居合わせた人たちが拍手を送ると、大八木監督は「お前らは幸せものだな、練習をやって拍手がもらえるなんて」と言う。みんなちょっとジ〜ンと来ていたのですが、次に大八木監督が発した言葉に驚きました。

「リカバリー600m+1000m!」

 みんな力を出し切って、やりきった表情をしているところに1000m追加。まさかのおかわりです。

 選手も観てた人たちも、みんな「ええっ!?」と驚き、さすがの創価大と帝京大も「うちはちょっともう無理です」という空気(笑)。しかし、6人は見事「1000mのおかわり」を完遂します。ところがこれで終わらない。

「じゃあホテルまで走って帰れ」と、さらに5km追加です。

 これが駒澤の「原点と責任」なのです。今年もいいものが見れました。

■【6】西山喜久恵アナのがんばりと三浦龍司の不在

 出雲駅伝の中継はフジテレビ。選手や監督へのインタビューを主に行なっているのは西山喜久恵アナです。

 ものすごく勉強熱心な西山アナ。大会後に見かけると、バッグがパンパンになるほど資料を持ってきていたのですが「ほとんど話せませんでした」と残念そう。

 出雲駅伝は放送時間が短くて、いくら情報収集をしても、もったいないことにほとんど使われず、バタバタのまま放送が終了してしまう。今回も東京国際大のすべての選手に優勝インタビューする予定が放送時間が足りないと察するやいなや、本当は最後に聞くはずだった大志田監督へのインタビューに切り替えるとっさの機転に拍手でありました。

 西山アナの資料の出番が少なかったのにはもうひとつ理由があるでしょう。それは順天堂大学の三浦龍司選手が出走しなかったこと。

 2年ぶりの出雲駅伝ですから、フジテレビは盛り上げるために地元・島根推しの布陣を組みました。まず、テーマソングを島根出身のヒゲダン(Official髭男dism)に一新。さらに島根出身で東京五輪3000m障害で7位入賞を果たした三浦龍司選手の凱旋です。

 フジテレビはヒゲダンのテーマ曲を三浦選手に聞いてもらうVTRを作ったほど力を入れていましたし、地元メディアも、たくさん集まりました。ところが三浦選手は出場しなかった。島根推しを狙ったフジテレビの目論見は外れてしまいます。

 三浦選手がエントリーを外れたのは、あまり調子が上がっていなかったのが理由だったようです。ただ、これまでなら多少調子が悪くても、ここまで外堀を埋められたら「とにかく出てくれ」と強行出場せざるを得ない雰囲気に追い込まれたはず。

 ところが順天堂は三浦選手を完全に休ませました。順天堂はテレビ局ファーストではなく当然のように選手ファーストの選択をした。新しい時代を予感させる出来事になりました。素晴らしい判断だと思います。そうなのです。わたしたちファンは三浦選手がただ出てればいいわけではないのです。最高の三浦選手が見たいのです。ですから、じっくり身体を休めてほしいところです。まだ大学2年生ですから。

 ただ、西山アナはパンパンの資料が無駄になってしまったのが残念ですが(笑)。

■【7】東洋大・酒井監督は今年もかっこよかった

 夏頃からずっと気になっていたのが、東洋大の選手たちが左の二の腕につけている白いオセロのような物体です。呼吸が楽になるネックレスとか、体のバランスを整えると言われるスパイラルテープとか、これまで色々なランニングギアを見てきましたが、こんなものは見たことがないし、どんな効能があるかもわからない。ちょっとチップっぽいので、何かを測定するセンサーかもしれません。

 あまりに気になったので、出雲で酒井監督に聞こうと思っていたのですが、結局聞けませんでした。なぜかと言うと、酒井監督がめちゃくちゃかっこよかったからです。夏に会った時よりも体が絞れていて、いかしたサングラスをかけている。かっこよさに舞い上がって、聞きたいことが吹っ飛んでしまいました(笑)。

 テレビ中継では酒井監督の姿があまり映っていなかったようですが、東洋大学ファンの皆さん、「酒井監督は今年もかっこいいですよ」ということだけはお伝えしておきます。

◆◆◆

 話題に事欠かなかった今年の出雲駅伝。最後に西本氏がどうしても伝えておきたいことがあると言う。

「実は今駅伝界を一番騒がせているニュースがあるんです。それは僕の友人のEKIDEN MANIAさんのツイートが、東京オリンピックを境にピタリと止まっていること。マニアさんは、各地で行われている陸上大会のリザルトを淡々とツイートしてきた、インターネット陸上界の良心とも言える人です。

 バズらせようという野心はない、小さな大会でも見逃さない、記録を正確に伝えてくれる…彼のツイートは日本中の陸上ファンの情報源として重宝されてきました。誰もが駅伝シーズンが始まったら活動再開すると思っていたのですが、出雲駅伝が始まっても、ツイートどころかリツイートもない。この異常事態に出雲駅伝の会場では、“山の神”柏原竜二さんはじめ、各大学の監督や選手から『マニアさんはどうしたんですか?』と聞かれることに。だけど実は僕も全然連絡が取れていないんです。

 そこで今回、この記事を通じて“捜索願”を出したいと思います。情報をお持ちの方はEKIDEN NewsのTwitter ( https://twitter.com/EKIDEN_News )にリプをお寄せください。そしてマニアさん、この記事を見ていたら、何も書かなくていいのでそっとリツイートをしてください…」

 次の注目は10月23日に行われる箱根駅伝予選会。どんなレースになるのか、そしてEKIDEN MANIAさんは見つかるのか――。情報が入り次第、文春オンラインでお伝えする。

撮影/EKIDEN News 構成/林田順子(モオ)

(EKIDEN News)

関連記事(外部サイト)