「パンツを脱がされ、口外しないように…」大阪の甲子園出場校の野球部男性コーチが球児への強制わいせつ罪で逮捕《大阪偕星学園高校、被害者は14人》

「パンツを脱がされ、口外しないように…」大阪の甲子園出場校の野球部男性コーチが球児への強制わいせつ罪で逮捕《大阪偕星学園高校、被害者は14人》

強制わいせつ罪で逮捕された大阪偕星学園高校の元野球部コーチ水落雄基

 大阪市生野区にある大阪偕星学園高校の野球部でコーチを務めていた水落雄基(31)が、教え子の球児に対する強制わいせつ罪で大阪府警察に逮捕されたのは、この夏の甲子園が開催されていた8月18日だった。

 9月13日には、1年生部員(当時)だったA君が水落に陰部を咥えられた被害を府警に証言し、水落は強制性交等致傷の疑いで再逮捕された。10月1日の追起訴に際して罪名が「強制性交等罪」に切り替わったものの、A君は事件後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)の診断を受け、今も苦しんでいる。

 水落から被害を受けた生徒は、学校の調査によって明らかになっただけで14名に及ぶ。提出されている被害届も、逮捕に至った2件だけではない。未成年である被害者のプライバシーを守るため、これまで学校名を伏せて報道されてきたが、卑劣な被害を受けたA君の父親が、水落への怒りとこのようなモンスターを野放しにした学校の不誠実な対応を公にすべく取材に応じた。

■「パンツを脱がされ、口外しないように…」

 2013年に此花学院から校名が変更された大阪偕星学園野球部は、2015年に夏の大阪大会を制し、全国高等学校野球選手権大会にも出場した。今年3月までは韓国プロ野球の経験もある山本ル(セキ)氏が監督を務め、大阪では大阪桐蔭、履正社の2強に次ぐ第2グループに位置づけられている強豪私立だ。

 その1年生部員だったA君は、昨年11月のある日、大阪府富田林市内のグラウンド内ミーティングルームに呼び出された。A君の父親が説明する。

「練習中に水落から『マッサージをしてやる』と声をかけられ、その施術中に股間を触られたようです。その日から、水落はことあるごとに息子と二人きりになろうとし、寮でも呼び出されるようになった。マッサージ中のわいせつ行為はだんだんエスカレートし、パンツを脱がされ、口外しないように写真を撮られたこともあったと聞きました。しかし事件が発覚した当初、息子は私たち家族には『冗談で(下腹部を)触られた』と話す程度だったんです。男からのわいせつ行為ですから、両親には言い出しづらかったのでしょう。しかし、実際の被害はもっともっと酷かった……」

 罪名には「性交」の二文字が含まれている。A君が水落にセックスを強要されたのではないか??そんな懸念を抱く。

「私たちもそれは把握していません。親から息子に事件の詳細を尋ねるのはどちらにとっても苦しいことだと思い、府警の刑事さんに任せていました。捜査の過程で刑事さんに『股間を舐められた、とようやく告白してくれました』と伝えられました。今年に入ってから息子は、『頭痛がする』『寝られへん』と口にするようになり、学校に通うのも難しい状態で、病院で診察を受けるとPTSDと診断されました。水落が逮捕されてからは落ち着いてきていますが、事件の内容が内容なだけに、これからの人生にどんな影響があるかわからない。息子は検事さんからの聞き取り調査で『(水落を)二度と刑務所から出さんといてください』と訴えたそうです。その気持ちは私も同じです」(A君の父親)

 福岡県出身の水落は、東福岡高校2年生だった2007年夏に、エース左腕として甲子園に出場した経験を持つ。ドラフト指名を待ったが声はかからず、福岡大学スポーツ科学部スポーツ科学科に進学。卒業後は企業勤務を経て2017年から進学校として知られる奈良の中高一貫校で常勤講師となり、中学軟式野球部の監督を務めた。

■福岡の甲子園常連校でも指導

 翌年には福岡の甲子園常連校で非常勤講師として野球部を指導し、大阪偕星学園の保健体育科の常勤講師になったのは2020年4月のことだった。野球部の内情に詳しい人物が語る。

「希望すれば前任校でコーチを続けることもできたようですが、大阪の野球を勉強したいということで、大阪偕星にやってきた。ただ、当時の山本監督と馬が合うかは大きな不安があった」

 大阪偕星学園を2021年3月まで率いていた山本監督(現・倉敷高校野球部監督)は令和の高校野球界では珍しいほどの熱血漢で、練習は深夜0時を過ぎることもあった。甲子園出場を決めた2015年に筆者は密着取材したことがある。保護者がいようがマスコミがいようが周囲の目を気にすることなく、生徒に投げかける言葉は直情的で、乱暴だが、グラウンドを離れれば情に篤い一面もあった。しかし、甲子園出場後はワンマン体制でコーチが長続きしないケースも多かったという。

 水落が大阪偕星学園で野球部の活動を始めたのは、新型コロナの感染を防ぐ部活動自粛期間が明けた2020年6月だった。甲子園出場経験があり、プロを目指した投手でもあった水落は、大阪偕星学園でも投手を中心に指導していた。実家が治療院を経営しているということで、生徒にマッサージなどの施術をすることもあったという。

 被害者の1人、B君の母親が証言する。

「練習がハードやから投手陣もどこかしら故障を抱えていて、ヒジや肩を傷めている子も多い。だから水落先生に診てもらっていた。しかしその施術中にセクハラが行われていたんです。セクハラが続けば選手も水落先生を遠ざけるようになりますが、そういう選手には『最近けえへんな』と圧力をかけていたようです」

■写真をネタに下腹部を触る

 なぜ水落の卑劣な行為は、14名という大人数に被害が及ぶまで明るみに出なかったのだろうか。野球部の内情に詳しい人物はこう語る。

「事の発端は、室内練習場で喫煙している部員を水落が見つけたことだったようです。喫煙が公になれば高野連に報告され、公式戦への出場停止処分が下る可能性もある。水落はそれをちらつかせて、喫煙の事実を黙っているかわりに生徒にわいせつ行為を迫った。その手口に味をしめたのか、自ら生徒にタバコを吸わせたり、寮の部屋で生徒と一緒に飲酒したりしているのを写真におさめることもあり、それをネタに下腹部を触っていたようです」

 秘密を共有することで、わいせつ行為を口外しないよう球児を追い詰めていったのだ。

 大阪偕星学園が水落のセクハラ行為を把握したのは2021年1月だった。当時2年生だった部員が仲間との電話で「お前も触られたん?」と話していたのを母親が耳にし、問い詰めたところ息子が衝撃の事実を告白した。母親は1月14日に学校に連絡を入れ、翌15日に親子が学校に足を運んで詳細を打ち明けた。聞き取りにあたった同校の教頭がその時の驚きを話す。

「セクハラと聞いて異性によるセクハラと思ったのですが、事実を聞いて驚きました。すぐに水落を呼んで問い質すと行為を認め、淡々と13名の名前をあげたんです。その後、水落の記憶になかったひとりの被害者が名乗り出て合計で14名。こんな者を学校には置いておくわけにはいきません。すぐに懲戒解雇せなあかんと思ったんですが、手順を踏まなあかんし、本人の弁明も聞かんとあかんでしょ。真っ先にパソコンやスマートフォンに生徒の写真が残っていないか確認しました。他の場所に保存しているかまでは確認しきれませんでしたが、少なくともパソコンやスマートフォンに生徒の写真はありませんでした。15日のうちに荷物をまとめさせ、即刻福岡に帰しました。その後、学校の顧問弁護士による聞き取りのために何度か大阪に呼びました」

 水落が大阪偕星学園に勤務するようになったのは、部員が増えて新たなコーチを探していた山本監督に、奈良の中学軟式野球関係者が水落を紹介したことがきっかけだった。採用面接にあたったのは教頭である。

■ズボンのポケットに手を突っ込まれ

「面接では爽やかな印象を受け、非の打ち所がない受け答えだった。実際、生徒や保護者の評判も良かったようです。監督をはじめ外部コーチや寮監に厳しいタイプが多く、その中で水落は、優しい兄貴分のような立ち位置でした。選手から慕われていた分、そこにつけ込んだのかもしれません。グラウンドで吸い玉治療(カップなどを皮膚に張り付ける民間医療)を施しながら、股間をさわったこともあったと聞きました。被害者の中には、水落に『ポケットにたばこが入っているんちゃうんか』と言われ、確認と称してズボンのポケットに手を突っ込まれて股間を触られた生徒もいます」

 セクハラをしたのはこの学校が初めてかと教頭は水落に問いかけた。

「初めてです。監督からのストレスで、最初は冗談のつもりが、だんだんエスカレートしてしまいました」

 ストレスがあるからって、していいことと悪いことがあるやろ。ストレスがあったら殺人してもいいのか??。そして教頭は「人間失格や」と続けた。

 今年1月に事件が発覚して以来、学校は高野連に事件を報告し、校長やスタッフらを減給処分にし、山本監督も一連の責任をとって辞任した。

 しかし後に発覚したのは、水落の男子生徒に対する異様な行為は「初めて」とは程遠いものであるという事実だった。( #2 へつづく)

「自分の中で暴走が始まった」部員への強制性交等罪で逮捕された大阪偕星学園高校野球部のコーチが、面会で語った驚きの言葉 へ続く

(柳川 悠二/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)