「おっぱいの邪魔をするな!」極度の“密”状態になった渋谷でトラブル発生 ハロウィーンの夜はふけていく…

渋谷ハロウィーン、露出の多い女性にカメラの男性群がる 「おっぱいの邪魔」と怒号も

記事まとめ

  • 今年のハロウィーンでは、緊急事態宣言が明け、渋谷センター街にも多くの人出
  • 「ロックマン」や「東京卍リベンジャーズ」「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎などのコスプレも
  • 胸を強調したコスプレ女性には40名ほどの男性が群がり、「おっぱいの邪魔」と怒号も

「おっぱいの邪魔をするな!」極度の“密”状態になった渋谷でトラブル発生 ハロウィーンの夜はふけていく…

「おっぱいの邪魔をするな!」極度の“密”状態になった渋谷でトラブル発生 ハロウィーンの夜はふけていく…

セクシーなコスプレ衣装をまとった女性たち ©文藝春秋 撮影・上田康太郎

《現場写真多数》再びの“自粛要請”も渋谷ハロウィーンは今年もやっぱりカオスだった「鬼滅に代わり東京卍リベンジャーズが跋扈」 から続く

 10月31日の今年のハロウィーンは日曜日であると同時に、緊急事態宣言が明け東京都が飲食店に出していた営業時間の時短要請も解除された直後の週末でもあることから、渋谷センター街ではこれまで以上に警戒が強まっている。

 渋谷区の長谷部健区長は、10月21日に行った記者会見で、ハロウィーンの際には渋谷には来訪せず、「なるべく自宅で楽しんでほしい」「(渋谷に来る場合は)モラルをもって行動してほしい」と呼びかけたが、週末の29日金曜の夜から早くも混乱は始まっていた( #1 )。そして10月30日の土曜日の夜、渋谷は予想以上の人で溢れていた。

 ◆

 この日の昼間、コスプレ姿の若者はほとんど見当たらず、人気テレビゲーム「ロックマン」や「鬼滅の刃」の煉獄杏寿郎のコスプレをした若者の姿が目立った。

 17時になると警察車両が配置され、交通規制がはじまった。DJポリスの足場も準備された。渋谷駅からスクランブル交差点を渡り、センター街に流れるコスプレ姿の若者が増え始めた。

 ハロウィーン当日の31日は衆議院選挙の投票日でもある。手錠をかけ囚人の格好をした40代男性は「投票済ませてハロウィン行こう」とプラカードを掲げ、投票を呼びかけていた。

■「選挙も知らないし、行ってないし、行かないし」

 一方、「選挙も知らないし、行ってないし、行かないし」と粋がるのは「東京卍リベンジャーズ」のマイキーのコスプレをする若者たち5名だ。記者が、彼らに「路上飲酒が18時から禁止されていること」を伝えると、「この後は酒飲みながらフラーっと歩いて、そのあとのことはそのあと考えます」と答えた。「日和(ひよ)ってるやついないんで!!」と「東京卍リベンジャーズ」の有名な台詞を言って強がると渋谷の雑踏の中へと消えていった。

 20時ごろ、センタ―街は人で埋め尽くされ、入り口付近は歩くことも困難なほど「密」な状態に。DJポリスが立ち止まらないよう誘導をはじめていたが、過激な格好をした女性の前にはたくさんの人だかりができていた。

 過激なポーズを繰り返す女性に対して、通りすがりの外国人男性が女性の頭を叩き、「ああいうのはダメよ。せっかくこれからなのに、ポリスが来てお祭りを止めちゃう」と声を荒げた。その後、警察が到着し、規制がかかると「これからだから」「規制しちゃダメよ」と外国人男性が叫んでいた。

 派手な露出のコスプレをしている者は男女限らず数名。胸を強調したコスプレの女性の前にはカメラを片手に40名ほどの男性が群がっていた。

■「すれ違いざまに胸を…」痴漢の被害を訴える女性も

 記者がこの女性に取材を試みると「邪魔! おっぱいが見えない!」「おっぱいの邪魔をするな」と周囲の男たちから怒号が飛んだ。やがて、この女性も交通の妨げになるとして警備員に連れられていった。

 一方で痴漢の被害にあった女性も。埼玉県から訪れた20代のメイド服姿の女性2人組は「混んでいて歩くのもままならないから、すれ違いざまに胸を触られた」「動画を配信していたらスカートに手をいれられた」と訴えた。

 千葉から訪れたチャイナ服姿の2人の女性は「写真を撮る際に突然外国人男性に抱きつかれた」と話した。

 夜が深まるに連れ、散見されるようになったのがナンパの光景だ。人気ドラマ「イカゲーム」の被り物をかぶった男性は記者に“成果”を自慢した。

「モテるからこの仮装にしました。人気すぎるでしょ、これ。もう何人にも声かけられて写真撮りました。仮面つけて写真撮って、撮り終わって仮面を外すとあれ? イケメンじゃん! みたいなね。これがモテポイントです」

 昨年新たにオープンした「宮下パーク」ではコスプレ姿の高校生やカップルが芝生に集まり、スマホを片手に「TikTok」を楽しんでいた。

 人出は多いものの、マスクをつけている人も多く、混乱も少なくみえた今年のハロウィーン。だが、時間も遅くなると今年もやっぱりトラブルが起こり始めたのだった。

(#3へつづく)

路上飲み禁止でもテキーラ一気、無理やりキスを迫る男性も…深夜の“渋谷ハロウィーン”で起きた全トラブル「あいつらに俺らを止める権利はない」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)