《京王線刺傷》「僕の人生は喜劇だ」服部恭太容疑者がジョーカーに心酔した理由 米国では自称ジョーカーの銃乱射事件も

《京王線刺傷》「僕の人生は喜劇だ」服部恭太容疑者がジョーカーに心酔した理由 米国では自称ジョーカーの銃乱射事件も

ツイッターに投稿された服部容疑者(ツイッターより)

《京王線刺傷》“ジョーカースーツ”服部恭太容疑者の“シャワー室盗撮事件”は2度あった!「母親が付き添って警察へ…」 から続く

 高齢の母を介護しながら2人で貧しく暮らす“心優しきピエロ”アーサー。少年たちからリンチを受けたことがきっかけで護身用の銃を持ち歩いていたが、小児病棟に持ち込んだのがバレて、ピエロの仕事をクビになってしまう。

 コメディアンの夢が絶たれた失意の帰り道。アーサーは、地下鉄で暴力を振るってきた酔っ払い3人を勢いで射殺するが、やがて事件が注目を浴びるのを見て、アーサーは呟く。

「僕はずっと自分が存在するのかわからなかった。でも、僕はいる」

 そんな映画「ジョーカー」のホアキン・フェニックス扮する主人公に自身を重ね合わせ、犯行が自分に救いをもたらすとでも思ったのだろうか。

 10月31日、東京都調布市の京王線布田―国領駅間を走行中の特急列車で、72歳の乗客男性が刺され、車内に放火された事件。逮捕された服部恭太容疑者(24)は、ジョーカーを想起させる派手なスーツを着ており、「警察からの取り調べに対しジョーカーへの憧れを口にしている」(社会部記者)という。

 服部容疑者は犯行前の今年7月、福岡市内の大手携帯会社傘下のコールセンターを“顧客トラブル”で退職後、失意のなかで凶行に及んだようだ。元勤務先の担当者が語る。

■顧客とトラブルになったのは「チャット上」

「服部氏は2018年4月入社で、3年以上勤めた後、今年7月に退職しました。スマートフォンなどの通信機材の使い方や使用料金など、顧客からの問い合わせにチャットで返答する業務をしていたようです。辞めた原因は、今年5月にチャット上で顧客とトラブルがあり、部署の配置転換を打診したのがきっかけと聞いています。

 退職にあたり揉めたという話も聞いておりませんし、本人が自主的に辞めたと聞いています。それまで勤務態度に、何か問題があったとも聞いておりません」

 元勤務先は“円満退社”を強調するが、本人が胸中に何を抱えていたのかはわからない。破れかぶれになったのか、退職後、福岡を出た後の4カ月に及ぶ滞在費は、消費者金融から借金をして賄っていたようだ。捜査関係者が語る。

「服部容疑者は6月に会社を辞めてから、神戸、名古屋の順で1カ月ずつ滞在し、9月下旬に上京しました。小田急線で発生した乗客の襲撃事件を真似しようと思ったのがきっかけのようです。東京・八王子市内のホテルで寝泊まりし、ホテル代などの生活費は消費者金融から借りていました。額は数十万円あったと供述しています」

 借金による“散財”は生活費だけではない。

■借金で購入したジョーカースーツは20万円

「10月上旬には新宿のブランド店で、犯行当日の“ジョーカースーツ”を購入しています。紫のスーツとコート、ネクタイと合わせて約20万円を使っていたようです。この時点で既に犯行を決めていたと思われます。

 また小田急線での事件ではサラダ油が着火しなかったため、可燃性の高いライターオイル3.5リットルを上野のアメ横の専門店で購入していたという話もあります。滞在していた八王子のホテルからも、オイル缶20個を押収しており、計画的な犯行だったとみています」(前出・社会部記者)

■ジョーカーに変貌する以前の服部容疑者

 福岡にいた頃の服部容疑者を知る関係者が抱いた印象は、こうした大胆な犯行とは結び付きがたいものだったようだ。

「5年前ぐらいに家族で引っ越してきました。たまに廊下ですれ違うこともありましたが、悪い印象が全くないんです。事件後、電車でたばこを吸う金髪のふてぶてしい姿と、近所での姿が結びつかないんですよね。挨拶もきちんとした印象で、家のドアノブにはトトロの人形がかかっていました。

 一度、朝の早い時間にシャツを着て出掛けていくことがあったので、「仕事ですか?」と聞いたら、「ハイ」と礼儀正しく答えて、自転車に乗って元気に出かけていきましたよ。このマンションは高齢者の古参ばかりだから、若々しくていいなと思っていました」(服部容疑者の実家の近隣住人)

 服部容疑者は地元の小中学校を卒業。小学校5年生の時に書かれた、学校創設120周年の記念誌には《野球せん手になりたい。》という夢がたどたどしい文字で綴られている。福岡県粕屋町の県立高校に進学したが、同級生たちは「おとなしく、地味な“陰キャ”だった」と口々に証言する。

 母と妹と3人暮らしで、地元記者によると、父と母は離婚していたようだ。母と2人で暮らす母子家庭のジョーカーを見て、密かな共感を得ていたのかもしれない。

 実はアメリカでは、映画上映当時にジョーカーへの共感を危険視する向きもあった。

■アメリカで12人を銃殺し「ジョーカーだ」と名乗った犯人

 ジョーカーが登場する、バットマンシリーズの2012年公開映画「ダークナイト ライジング」公開時には、米コロラド州の映画館で上映中に客が銃を乱射、12人が死亡、58人が負傷する事件が発生。当時、加害者であるジェームズ・ホームズは、逮捕直後に警察に対し、自らを「ジョーカーだ」と主張していたと報じられている。

 2019年に「ジョーカー」が公開された際には、事件の被害者の関係者らが映画への懸念を表明する手紙を、映画会社のワーナー・ブラザーズに送ったことが話題になった。実際に公開後、カリフォルニア州の映画館が脅迫を受け、上映を中止し警察官が駆け付ける事態にも発展している。

 服部容疑者はこういった“危険分子”のうちの一例だったのだろうか。

 映画終盤のクライマックスシーンでは、ジョーカーは自身が地下鉄殺人事件の犯人であることをテレビでカミングアウトし、こう告げる。

「僕にはもう失うものはない。傷つけるものもない。僕の人生はまさに喜劇だ」

 暴動で火に包まれた街を背景に喝采を浴び、エンドロールへと向かうが、現実は異なる。自身を映画の主人公に重ね合わせた幼いナルシシズムが、多くの乗客を巻き込む惨劇を生んでしまった。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)