「結婚で自由な立場を得たい」秋篠宮さまの大きな“誤算”と眞子さんに受け継がれた思い…宮内庁長官は“3人目のご出産を強く希望したい”

「結婚で自由な立場を得たい」秋篠宮さまの大きな“誤算”と眞子さんに受け継がれた思い…宮内庁長官は“3人目のご出産を強く希望したい”

10月26日、記者会見に臨む小室眞子さん ©JMPA

上皇ご夫妻から「キコちゃん」と呼ばれ…秋篠宮さまが“学生時代に結婚相手を見つけないと難しい”と語った理由《眞子さんと佳子さまへの教え》 から続く

 秋篠宮さまが、11月30日に56歳の誕生日を迎えられ、誕生日を前にした記者会見で、10月26日の朝に長女・眞子さんを送り出された父親としてのお気持ちについて、「元気で暮らしてくれればいいなという気持ちでしょうかね。そういうことを最後に言ったつもりなんですけれども、ヘリコプターの音で全てかき消されてですね。向こうも何か言ったのですが、結局、何も聞こえずに終わりました」と述べられました。

「文藝春秋」は秋篠宮家の内実を報じてきました。秋篠宮さまと親交の深い江森敬治氏(毎日新聞編集委員)による「秋篠宮が私に語った『次男の覚悟』」(「文藝春秋」2010年4月号)を特別に全文公開します。(全3回の3回目/ #1 、 #2 から続く)

(※年齢、日付、呼称などは掲載当時のまま)

◆ ◆ ◆

■「性格的には父系遺伝」

 私は以前、『秋篠宮さま』という小著をまとめるにあたり、宮さまから、小さい頃の思い出話や家族の興味深い話を聞いた。その中で印象深かったことは、宮さまが、兄の皇太子さまや妹の黒田清子さんよりも、陛下との結び付きのほうが深くて濃いと話したことだった。陛下と宮さまの性格がよく似ているとも、私に語った。小学校高学年以降になると、陛下は宮さまと一緒に数学の問題に取り組み、「この問題を解きなさい」「じゃあ、これは」と熱心に教えたという。こうした関係はほかの兄妹にはなかったらしい。それはどうしてなのだろうか。

 宮さまは「性格的には私はパターナルインヘリタンス(父系遺伝)です。あとの二人はどちらかというとマターナルインヘリタンス(母系遺伝)ではないか」と話した。いかにも学者らしい言い方だが、具体的にどういうところが陛下に似ているのだろうか。

 陛下と宮さまは物事を理詰めに、論理立てて考えないと気がすまないタイプらしい。表面的な理解にとどまらず物事を突き詰めて考える性格だとも聞いた。例えば微熱が続く時は注意しなければいけないといわれるが、それはなぜか。いくつもの症例をあげて説明したりするという。専門家から話を聞いても自分で咀嚼しないと納得しない点も二人の共通点だという。陛下の「皇室の伝統は文にあり、武ではない」という言葉をめぐっての宮さまと私とのやりとりにも相通じる。ともかく陛下も宮さまも自分の目や耳で確かめないと納得しない。いいかげんなことは大嫌いだ。

 宮さまの研究について語るうえで、「多面的」「関係性」「いろいろな視点」「文化」「環境」などの言葉は切り離せない。ここに、私はあらゆる既存の垣根を取り払い、より自由な発想で生き物を見直し、生き物について多面的に考え、討論したいという宮さまの熱い思いを見て取る。研究生活は、自分の夢や理想を実現するうえで不可欠な存在なのだ。宮さまは、現実を踏まえながらも、研究活動を通じて外に向かって大きく広く伸びようとしているように思う。

■「人格否定発言」が投げかけた波紋

 平成16年5月、デンマーク、ポルトガル、スペインの3カ国訪問を前にした記者会見で皇太子さまは、病気療養のため同行できない雅子さまについて記者たちの質問に次のように答えた。「雅子にはこの10年、自分を一生懸命、皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが、私が見るところ、そのことで疲れ切ってしまっているように見えます。それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」。外国を公式訪問する前に会見が行われること自体は通常のことだったが、かなり踏み込んだ内容で周囲や国民を驚かせた。いわゆる「人格否定発言」というものだ。

 さらに6月、皇太子さまは真意を説明した文書を公表した。この中で「私は、これから雅子には、本来の自信と、生き生きとした活力を持って、その経歴を十分に生かし、新しい時代を反映した活動を行ってほしい」と表明し、こうした「新しい公務のあり方」を宮内庁ともよく話し合っていきたいと説明した。

 この年の12月の誕生日を前に、陛下は宮内記者会からの「人格否定発言」についての質問に文書で答えた。そして「私としても初めて聞く内容で大変驚き、『動き』という重い言葉を伴った発言であったため、国民への説明を求めました。(略)その後、何回か皇太子からも話を聞いたのですが、まだ私に十分に理解しきれぬところがある」と明らかにした。

 皇太子さまの発言の真意は分からずじまいのままだが、周囲にただならぬ波紋を投げかけたことは確かだ。両陛下と皇太子夫妻との不和、あるいは家族の中で皇太子夫妻が孤立しているのではとの憶測が流れた。一部マスコミは「皇室の危機」と報じた。

 平成13年、兄、皇太子夫妻に愛子さまが誕生したが、皇位継承者となる男子の誕生は、秋篠宮さま以来、久しくなかった。こうしたことから近年、「皇位継承問題」が国民の間で注目されてきた。「人格否定発言」の前年、平成15年には当時の宮内庁長官が「皇室の繁栄を考えた場合には、私は(秋篠宮家に)3人目のご出産を強く希望したい」と述べた。いわゆる「第三子発言」だが、後にこの発言も平成18年秋の悠仁さま誕生につながったのではないかという、うがった見方も国民の間で目立ちはじめた。秋篠宮さまが、より注目され、その存在がより大きく映りだしたのも悠仁さまの生まれた頃からだ、との指摘もある。

■結婚後の大きな「誤算」

 もし、宮さまの立場に立って考えることが許されるならば、結婚後、大きな「誤算」があったことはいなめないだろう。皇太子夫妻に立て続けに子どもが生まれる。皇位継承者である男子も当然、早く誕生してマスコミの目も国民の関心も自然と、子育てに追われる幸せな皇太子一家へと集中する。皇太子一家が注目されるその陰で、秋篠宮家の跡取りとしての男の子の出産も当然、あっただろう。じつは、結婚当初から、宮さまの周囲でも「早く男の子を」という声があり、私の耳にも聞こえてきた。しかし、それはあくまでも宮家の跡取りとしての男の子であって、皇位を受け継ぐという、そんなだいそれた考えで発言されたものでは毛頭なかった。

 宮さまによると「3人目が欲しい」とは以前から考えていたそうだ。しかし、「男子でも女子でも、どちらでもうれしい」と思っていたといい、「偶然、男の子が生まれただけです」、と強調し、「皇室典範改正」などの動きとは無関係だと、今でも話す。

 私は、こうした発言の背後に、宮さまの「次男」としての厳しい自覚を感じる。宮さまが結婚によって自由な立場を得たい、好きな研究の分野に没頭し可能性を追求したいと願った背景には、皇位うんぬんという問題は、元来、天皇家においては、長男のマターであって、次男が口を出すべきものではないという厳格な自覚があったからこそなのだ。一見、自由奔放そうに見えながらも、宮さまは次男は次男としての分(あるいは「限界」と言っていいのかもしれない)、自分の立場の分限をわきまえ、守るという暗黙の鉄則を頑なまでに通してきたのである。

 一方で、持前のバランス感覚の良さと冷静さで全体を見渡しながら、「皇室の危機」を一番、敏感に感じ取ったのも宮さまではなかったのか。両陛下との親密さを保ちながらも、皇太子一家との交流も深め、「皇室の危機」を救うために、今、自分が何をやらねばならないのかを宮さまは、より強く自覚したのだと思う。

 人格否定発言の後の宮さまの発言を思い返してみたい。「私も少なからず驚いたわけですけれども、陛下も非常に驚かれたと聞いております。私の感想としましては、(略)少なくとも記者会見という場所において発言する前に、せめて陛下とその内容について話をして、その上での話であるべきではなかったかと思っております。そこのところは私としては残念に思います」

 と誕生日会見で語り、また、「新しい公務のあり方」については、「私は公務というものはかなり受け身的なものではないかなと。こういう行事があるから出席してほしいという依頼を受けて、それでこちらもそれが非常に意義のあることであればそれを受けてその務めをする。私自身はそういうふうに考えて今までずっと来ています」と述べた。

 次男としての「自覚」に加え、皇族の一人として危機に立ち向かおうとする姿勢が、宮さまのなかに強く生まれたと言えるのではないだろうか。

■「男親にとって娘はかわいい」

「まだ、二人の学校に行ったことがないのですよ」と、最近、宮さまは私にこう話した。二人とは、今年4月に国際基督教大学(ICU)への進学が決まった眞子さまと、同じく4月にお茶の水女子大学付属幼稚園に進む、悠仁さまのことだ。以前から、進路については紀子さまや眞子さまから相談を受けていたという宮さま。「子どもの長所を伸ばし、私の好きなことをずっとやらせてくれた」と両陛下へ感謝を惜しまない宮さまだが、自分の子どもたちにもやはり、関心の向く分野で伸び伸びとやらせたいと思い、実践してきた。

 現時点で眞子さまは美術方面に関心があるらしい。子どもたちをとても可愛がっている宮さまだが「中学生以上になれば、父親は学校行事に一切、参加しない」との方針も併せ持つ。入学式や卒業式はもちろん、中学生以降、眞子さまと佳子さまの学校行事に宮さまは出席していない。おそらく、眞子さまの大学の入学式は、紀子さまが一人で付き添うことになるだろう。「男親にとって娘はかわいいですよね」とも話す宮さま。本当は子どもたちのそばにいたいのだが、自らに課したけじめはけじめとしてきちんと守ろうとする姿勢。これもまた宮さま流であろう。

 悠仁さまも宮さまに似て動植物が大好きだ。上野動物園の「子ども動物園」を4回も訪問。ウサギにエサをあげたり動物たちとの触れ合いを楽しみにしている。

「いずれ、花のきれいな頃にでも訪れたい」と、宮さまは眞子さまと悠仁さまの学校をお忍びで訪問することを心から楽しみにしている。

 陛下が明言した皇位継承問題や皇室の将来という課題が、今や宮さまの前に大きく横たわる。兄、皇太子夫妻に男の子がなく、自分のところに男の子が生まれたという状況の中で、次男としての分を守り、限界をわきまえながらも、どうやってこれを乗り切っていくか――。

 おそらく、近く、宮さまは、皇太子さまとの話し合いの場を持つであろう。皇太子さまを尊敬し、感謝の気持ちを忘れない宮さま。両陛下の力添えの中、宮さまは皇太子さまと一緒に粘り強く、よりよい皇室の将来に向けてどんな着地点を見出すのか。結婚から20年。成長を続ける宮さまから国民は目が離せない。

(江森 敬治/文藝春秋 2010年4月号)

関連記事(外部サイト)