「とてつもない富や名声を持っているのに」韓国の若者からは冷ややかな目線…“BTS兵役問題”はなぜモメるのか

「とてつもない富や名声を持っているのに」韓国の若者からは冷ややかな目線…“BTS兵役問題”はなぜモメるのか

「アメリカン・ミュージック・アワーズ(AMA)」で最高賞を受賞したBTS ©?getty

 今年5月にリリースした『Butter』は米ビルボード100で10週連続1位となり、つい先日の11月21日(※アメリカ現地時間)には、米三大音楽賞のひとつ「アメリカン・ミュージック・アワーズ(AMA)」でアジア人アーティストとして初めて最高賞(「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」)を受賞。さらには来年1月31日に行われる米音楽界最高の賞「グラミー賞」でも2年連続ノミネートされたBTS。

 11月27日からは米ロサンゼルスで2年ぶりに有観客コンサートを開いて世界的に大きな話題となったが、韓国でも連日、関連する話題で持ちきりだ。

 その一方で、韓国では彼らの兵役問題が頭をもたげていた。これだけ活躍しているのだから、兵役は免除すべし、代替服務にすべしという声がずっと燻っており、11月25日、再び論議されたのだ。

■とてつもない経済的価値を創出しているBTS

 この日、韓国国会の国防委員会では「兵役法一部改正法律案」が議題となった。注目されたのは、同法に含まれる、大衆文化で功績のあった者を「芸術要員」として代替服務させるという改正を認めるか否かだ。同法は、BTSを念頭においていることから、「BTS兵役法」とも呼ばれる。

 韓国の音楽コンテンツ協会は、ことあるごとに「これが最後のチャンス」と、この11月の国防委員会でBTSを兵役特例の対象にすべきだという主張を続けてきている。野党「国民の力」の議員もこう熱弁していた。

「BTSのような国威宣揚の伝道者の役割をし、とてつもない経済的価値を創出している方々が兵役特例から外れているなんて。公正さの面において厳しいという声もあるが、第3の委員会を設けて、そこで客観的な基準により評価すればいい」

 実際、BTSによる経済効果は膨大だ。今の人気が維持されればデビュー(2013年)から2023年までの10年間で56兆ウォン(約5兆4000億円)にのぼると試算され(2018年、韓国現代経済研究院)、昨年米ビルボード100で1位となった『Dynamite』の経済効果は「1兆7000億ウォン(約1660億円)」(2020年、韓国文化観光研究院)と計算されていた。

■兵役が免除される特例「芸術要員」とは

 そもそもこの「芸術要員」という特例とはどんなものなのか。

 韓国では憲法と兵役法の定めるところにより、病気や家を継ぐ者が不在などの特別な事情がなく、身体検査で問題がないかぎり、韓国籍の男性は満20歳から満30歳までに入隊しなければならない。

 通常の入隊先は陸・海・空軍など。服務期間はかつてより短くなっており、陸軍・海兵隊は18カ月、海軍20カ月、空軍は21カ月だ。

 このほかに、「体育要員」、「芸術要員」、そして「専門研究要員」や「産業機能要員」などがある。アジア大会やオリンピックで銅メダル以上を獲得した「体育要員」や、国際芸術大会で2位以上、国内の芸術大会で1位を取得した「芸術要員」は兵役が免除される。

■BTSの活動を国に“貢献”することとみなすか否か

「専門研究要員」は修士、博士課程に在籍中か修了者で、主に理工系の分野で国に貢献できる人材が対象とされている。該当する場合は、軍が指定する中小企業やベンチャー企業、もしくは学校などの研究機関に3年間勤務・研究することが代替服務とされる。「産業機能要員」は、主に高校を卒業した技術者がその技能を生かしてやはり指定された企業に勤務することで、服務期間は長く、34カ月だ。

 これ以外に医学的に激務には耐えられないと判断された場合には役所や福祉施設で21カ月ほど代替服務する「社会服務要員」や、また、宗教上の理由が認められた場合は良心的兵役拒否とみなされ、刑務所での任務に3年間従事することが代替服務として認められている。

 今回BTSを巡り論議されたのは、「芸術要員」の枠を大衆文化で功績のあった者にまで広げ、「専門研究要員」と同じように、今まで通り活動することにより国に“貢献”することとみなすこと。

 大学院でAIを専攻した知人は「専門研究要員」としてベンチャー企業に勤務しているが、コロナ禍前は海外旅行にも行っており、通常の会社勤務となんら変わりがない日々を送っている。ただ、普通の会社員と違うのは、服務期間中に3〜4週間(入隊する軍によって異なる)の軍事訓練が義務づけられていることで、これはいずれの「要員」にも該当する。

■「兵役免除大会」と揶揄…過去には炎上も

 しかし、BTSを巡る「芸術要員」の改正は結局、保留された。国防部は「公正さ」の点から反対の立場をとっており、国防委員会でも意見は真っ二つに分かれたと韓国紙記者は言う。

「そもそも、来年、大統領選挙が行われる今の時期に話し合うこと自体、はなから結果が出ていたようなものです。兵役問題は20代の男性にとっては深刻で重要ですから、彼らの票を大きく動かすことになる問題には今触れられるはずがない」

 世論の流れをうまく掴んで発言するといわれる与党「共に民主党」の大統領選挙候補者、李在明氏はさっそくこうコメントしている。

「公平さの観点からいえば延長を可能にすることは望ましいが(兵役)免除はできる限り自制したほうがいいと思う。国際的に大韓民国を広めている有能で才能溢れる人材だが、本人たちもファンも軍隊にいくべきだと言っている。政界がわざわざ乗り出して免除してあげようというのはややオーバー」(放送記者クラブ討論会、12月2日)

 BTSの兵役について韓国社会で取り沙汰され始めたのは2018年だ。この年の夏に開かれた「ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会」で金メダルを獲得したサッカーと野球選手30人近くが兵役免除となったが、大会前から「兵役免除大会」とも揶揄された。特に野球は、各国がアマチュア選手を中心にチームを編成したことに対し、韓国チームは選手の兵役免除を狙ってプロ選手を多数起用したのではないかという疑惑が持ち上がり世論が沸騰した。

 そんな世論が冷めやらない中、米ビルボードチャート200で1位を2回獲得したBTSへも「兵役特例」を設けるべきだという意見が野党議員から出され、立法化について話が及ぶと本人たちをよそに大騒ぎとなった。

■音楽関係者は「BTSにしか適応されないんでしょ」と…

 昨年『Dynamite』が米ビルボード100で1位になると、「(BTSを)兵役免除の対象にすべきだ」とする意見が今度は与党議員から上がり、BTSの兵役を巡る世論が再燃した。結局、昨年末、大衆文化において貢献がある者の入隊が延長できる年齢を、満28歳から満30歳まで引き上げられる法改正が行われ、BTSの最年長メンバーは30歳を迎える22年12月31日まで入隊延期が可能となった。

 しかし、長く芸能界を取材してきた記者は、「BTSの活躍は素晴らしいものですが、兵役は別問題」と言う。

「今やグローバルに活躍する俳優も多いですから、そういうスターたちも含めるのか。基準を設けるのが難しいし、『韓流スターだけ特別』というのは韓国ではまだ難しい。同世代とは比べものにならないほどの富や名声を持っているのに、という冷ややかな視線もあります。2020年に入隊時期の延長を盛り込んだ法改正も『BTSにしか適用されない』と皮肉った声は音楽界でも出ていました」

 入隊時期が延長できる対象者の条件は、「大衆文化・芸術を管轄する文化体育観光相が文化勲章、褒章を受章した中から国威宣揚に貢献したと推薦する者」。しかし、この章の受章者はその分野で15年以上活動した者とされているため、K-POPアーティストでその条件を満たす者がでてくる可能性は低いといわけで、特例で受章したBTS以外には該当しない、と皮肉られた経緯がある。

■当のBTSは「兵役は当然」とコメントしているが…

 韓国ではこと兵役問題についてはとてもデリケートな話題だ。 

 これまでも子どもの兵役逃れがバレて国会議員の職を失った政治家は数知れず、芸能界でも兵役による空白期間を避けようと偽造した診断書を提出したことが明るみに出た事件もあった。そんな数々の教訓から、政界や芸能界などの公人の間では兵役を果たすことが原則といわれ、『愛の不時着』で再び人気となった俳優のヒョンビンはもっとも厳しいといわれる海兵隊を志願して入隊し、喝采を浴びた。

 しかし一方で、一般の人々の間では金銭的余裕のある人たちは他国の市民権を取得するなどして兵役を免れている人も多く、常に「不平等」という不満が燻る。

 ARMYといわれるBTSのファンのひとりはこんなことを言っていた。

「本人たちがその時が来たら行くと言っているのに周りがこんなに騒いでしまって、逆にバンタン(BTS)の立場を危うくしてしまうのではないかと心配です。活動を続けて欲しいですけど、韓国ではたとえ事情があったとしても兵役に就かなかったということで肩身の狭い思いをしますから、そんな思いはしてほしくない」

 50代の知り合いは、兵役中、サッカーが下手だという理由から腰を蹴られ、ついには手術するまでにいたり、1年足らずで除隊した。その後回復し、会社に入社したが、公けの場ではけっして年齢を明かさなかったという。

「入社年次から計算すると、どうしてその年齢で会社に入れたのかと思われて、兵役逃れしたと思われるのがイヤでしたし事情を説明するのも情けなかったのであまり言わないようにしてきました」と言う。韓国ではそれだけ「兵役」は敏感な話題なのだ。

 来年3月の大統領選挙後、新しく始まる国会で再度論議される可能性もあるといわれるが、当のBTSは、「兵役は当然」とコメントしており、メンバーのひとり、シュガは自身の曲にこう書いている。

「軍隊はその時が来たら勝手に行くから、俺たちの名前を売り物にして便乗しようとしたやつらはみんな黙ってくれ」(ミックステープ(商業的目的ではなく無料で配信される)『D-2』より、筆者訳)

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)