死刑確定後に2件の殺人を告白した男は、なぜ“無罪”となったのか

死刑確定後に2件の殺人を告白した男は、なぜ“無罪”となったのか

矢野治被告(FNNニュースより)

「告白の目的は死刑執行の引き延ばしで、信用できない」

 死刑確定後に2件の殺人を告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治被告(69)の裁判員裁判で、東京地裁は12月13日、無罪(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。

 矢野は、(1)1996年に住吉会系元幹部ら3人と、神奈川県伊勢原市で不動産業者を殺害(2)98年に東京都豊島区で不動産会社社長を殺害したとして起訴されていた。

 法廷に現れた矢野は短髪をオールバックにし、上下黒の服装にサンダル姿。傍聴した関係者は「トレーナーには男が拳銃を構えたようなデザインが施されていた。普通の神経なら、殺人事件の判決で着てくる服装ではなく、目を疑いました」と話す。

 矢野は2003年、前橋市のスナックで銃を乱射して4人を殺害したとして14年に死刑が確定していた。その後、前述の殺人について「週刊新潮」に手紙を出し、記事化されたことで警視庁が捜査に着手。元配下組員の証言などから2遺体が発見された。

■なぜ無罪判決となったのか

 有力な証拠も乏しい中、東京地検は2事件を起訴。ところが矢野は11月の初公判で2件の殺人を否認し、「手紙は嘘」と述べた。判決は、検察側の重要証拠である手紙の告白内容は信用できず、「虚偽の告白をすれば、死刑執行の先延ばしができると考えた」と判断。他に確かな証拠もないとして無罪と結論付けた。

「裁判長は矢野を『(一連の経過が)遺族を混乱させ、つらい思いをさせたことは遺憾』ととがめ、『あなたからは控訴できず、検察が控訴しなければ裁判は終わりです』と厳しい口調で述べた。矢野は『ご迷惑をおかけしました』と頭を下げましたが、遺族側に対する謝罪はありませんでした」(司法記者)

 裁判員らは会見で「証拠を見ても何があったか分からず、もやもやした気持ちが残った」「裁判をしたら相手の思うつぼなのではと思った」などと発言。遺族の代理人弁護士は「検察には控訴しないでほしいと伝えた。控訴されても(死刑執行が)一日一日と延びるだけ。法務大臣の(執行)判断を求める」と述べた。

 刑法は「確定死刑囚に他の刑は執行しない」と定めており、今後有罪となっても新たな刑は執行されない。検察は“苦渋の判断”を迫られる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月27日号)

関連記事(外部サイト)