小室圭さんに「相応の対応」を求められた秋篠宮さまの“宿命”

秋篠宮さま、小室圭さんに「相応の対応」を求められる 「国民の支持」を意識か

記事まとめ

  • 誕生日を前にした会見で秋篠宮さまは眞子さまのご結婚に対し断固とした姿勢を示された
  • 秋篠宮さまは大嘗祭を巡る政府方針への異議申し立てや政治的発言では、と問題視された
  • 眞子さまと小室圭さんの結婚を巡る秋篠宮さまの発言は「国民の支持」を意識されたとも

小室圭さんに「相応の対応」を求められた秋篠宮さまの“宿命”

小室圭さんに「相応の対応」を求められた秋篠宮さまの“宿命”

53歳の誕生日を前に、記者会見に臨まれる秋篠宮さまと紀子さま 宮内庁提供

 12月23日の天皇陛下85歳の誕生日に先立ち、11月30日の誕生日を前にした記者会見で、秋篠宮さま眞子さまのご結婚に対し、断固とした姿勢を示された。名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉氏が、眞子さまのご結婚をめぐる問題と象徴天皇制の関係について解説する。

◆ ◆ ◆

■秋篠宮さま誕生日会見での2つのキーワード

 11月30日の秋篠宮文仁親王の誕生日に際しての発言は、大きな話題となった。特に注目されたのが、第一に大嘗祭についての発言である。それが「皇室の行事」であり、「ある意味の宗教色が強いもの」であるから、「それを国費で賄うことが適当かどうか」と疑問を呈し、天皇などの日常経費である「内廷会計で行うべき」と主張したのである。しかも、そうした意見を「宮内庁長官などにはかなり」言ったにもかかわらず、「聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだった」と批判した。これが、政府が決めた方針に対しての異議申し立てではないか、政治的発言ではないかと問題視されたのである。

 第二に、眞子内親王と小室圭さんの結婚をめぐる問題での発言である。ここでは、過去の秋篠宮発言を見ながら、この第二の発言の意味を考えてみよう。

■「もう少し自由があってもいいのではありませんか」

 1985年、成年となった文仁親王は記者会見のなかで、「成年皇族として皇室と国民の関係を親密になることを希望しています」と述べた(「朝日新聞」1985年11月30日)。「象徴」として日本国憲法で定められた天皇制は、国民とともにあるべきだとの姿勢を示したが、これは後に「開かれた皇室」と呼ばれるようになる父親の明仁皇太子の方針をまさに引き継いだものであった。

 その後も、こうした方針は述べられつつ、会見では兄の徳仁親王以上に、ざっくばらんに発言を展開していく。たとえば、自身の結婚について理想の女性像を「会話していて楽しいことが条件」と述べるなど、自らの意見や考えを積極的に表明している。また兄の結婚について「みんなに注目されれば、女性とのおつき合いも難しくなる。もう少し自由があってもいいのではありませんか」と主張し、マスメディアが徳仁親王の結婚相手候補を過剰に報道することに対して、やや苦言ともとれるような発言をしていた(「朝日新聞」1988年3月20日)。

■「日本人の理想の家庭像」を体現した皇太子ご一家

 こうした姿勢は、戦後の象徴天皇制の展開のなかで育ってきた文仁親王だからこそのものであったと思われる。「人間天皇」のアピールと明仁皇太子人気、その後のミッチー・ブームなど、戦後の天皇制は「象徴」として国民との関係性が重要視され、またその関係性のなかで「象徴」の内容は確立してきた。そして、皇室、特に皇太子一家が若い「日本人の理想の家庭像」を体現することになり、文仁親王はその家族の一員として、「戦後民主主義」を重視する両親の背中を見て育ってきた。しかも、明仁皇太子の次男として、比較的自由な青年時代を過ごしてきたことで、兄の徳仁親王以上により自由な発言ができるような性格に育ったと思われる。

■「弟宮」と呼ばれる皇族

 また、弟宮と呼ばれる皇族などが発言してきた歴史もある。昭和天皇の弟である秩父宮、高松宮、三笠宮は、天皇が立場上なかなか自分の意思を表明したり、意見を述べたりできないのに対し、敗戦直後などにはかなり自由に発言を展開している(河西秀哉「戦後皇族論」同編『 戦後史のなかの象徴天皇制 』吉田書店)。おそらく、天皇という責任ある立場からは少し離れていること、そしてそうなることを生まれながらに求められている存在とは異なり自由に育てられたことなどが理由として挙げられるだろう。

 たとえば、民主主義を後退させる風潮に対して、秩父宮や三笠宮はそれに抗するような発言をしている。高松宮は記者などに対してフランクに話すことで、「人間」的な皇族像を定着させてきた。とはいえ、そうした発言が軋轢を生むこともあった。三笠宮の発言が政治的だと見られ、批判を浴びることもあった(河西秀哉「三笠宮の『史学会発言』と社会」高木博志編『 近代天皇制と社会 』思文閣出版)。その長男であるェ仁親王の一連の発言も、社会のなかで波紋を広げることが多々あった。そうした戦後の流れのなかで、次第に皇族の発言は抑制されつつ、しかし時折発言がなされてきたものと思われる。その微妙なバランスのなかに皇族はいた。

■“微妙なバランス”のなかで続く秋篠宮さまのご発言

 1989年1月に平成となり、翌90年6月29日、文仁親王と川嶋紀子との結婚を機に秋篠宮家が設立された。秋篠宮夫妻はその後、新しい平成の皇室にふさわしく、「親近感」を与える存在というイメージを確立していく。

 秋篠宮は、やはり前述した微妙なバランスのなかで、自らの意思を会見などで明らかにしていく。1996年11月、31歳の誕生日に際しての記者会見では、「週刊新潮」が「タイに親しい女性がいる」と報道していたことに対し、「根も葉もない女性問題に話が広がっていった」、「そういうことは全くない。火のない所に煙が立った」、「非常に想像力が豊かな人が記事を書いたのだと思う」、「完全に事実と異なる報道がなされた。不満を持っています」と記事を批判した(「朝日新聞」1996年11月30日)。このように特定の報道に対して皇族が批判をすることは異例であった。

 しかも、秋篠宮はかなり強い調子で「週刊新潮」を非難しており、かなり憤っている様子がわかる。自らの明確な意思を持ち、皇族という立場でありながら、それを表現する。週刊誌報道に対して批判をする秋篠宮は、自分の意思を公にする存在として捉えられた。

■皇太子さまの「人格否定発言」を「残念」と評した

 その後も、秋篠宮の発言は続く。2004年5月には皇太子が静養中の雅子妃について「雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあった」と発言した、いわゆる「人格否定発言」があった。それに対して秋篠宮は同年の誕生日に際しての記者会見で、「記者会見という場所において発言する前に、せめて陛下とその内容について話をして、その上での話であるべきではなかったか」と述べ、皇太子発言について「残念」と評した。また皇太子が公務のあり方を再考することを求めたことに対しても、「私は公務というものはかなり受け身的なものではないかなと」と述べ、それとは異なる考え方を提起した。皇室のなかに多様な意見があることを表明しつつ、一方で天皇の下に自らがある(だからこそ前もって相談すべきと述べている)ことを強調している。秋篠宮はそのあたりのバランスをとりながら、その後も発言をしている。

 その後も、2009年には皇族の数が今後減少していくという問題について、「国費負担という点から見ますと、皇族の数が少ないというのは、私は決して悪いことではないというふうに思います」と発言する。今回の大嘗祭に関する発言を予感させる主張とも言えるだろう。2011年には天皇の「定年制というのは、やはり必要になってくると思います」と述べたが、その後の天皇退位に関する報道によれば、すでにこの時期に天皇は退位の意思を周辺に話していたようで、秋篠宮はそれを受けてこのような発言をしたのではないか。秋篠宮は天皇の意思を踏まえつつ、発言しているように思われる。

■なぜ会見で、小室圭さんに「相応の対応」を求められたのか

 さて、今回の発言である。眞子内親王と小室圭さんの結婚をめぐる問題で、小室さん側の金銭トラブルをめぐる週刊誌報道が相次いでいる事実を踏まえ、宮内記者会では秋篠宮誕生日の記者会見の質問にこれに関する項目を加えた。

 それに対して秋篠宮は「私は、今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います」、「今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれません」、「きちんと、どういうことなんだということを説明をして、そして多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る」ことが必要だと答えた。人々のなかで疑問が生じている以上、それに対して説明し、答えるべきと主張したのである。

 秋篠宮がこうした姿勢を示した理由としては、人々の支持を得ることこそ象徴天皇制にとって重要である、との意識があったものと思われる。1998年の記者会見では「皇室が日本に存在しているのは、やはりあって良かったと思ってくださる人が、国民の支持があるからではないかと思っております。国民がどういうことを期待しているか、関心を持っているか、念頭に置きながらつとめを果たしていく」と話していた(「朝日新聞」1998年11月30日)。ここで「国民の支持」という文言が出てくるが、今回の眞子内親王と小室圭さんに対して説明責任を果たしその上で結婚すべきとの意見はこうした認識から出てくるのだろう。

 一方で、今回の会見では「私は、最近はそれほど、娘と話す機会がないので、よく分かりませんけれども」という言葉も出ている。その意味で、公にした言葉は、秋篠宮から娘である眞子内親王へのメッセージとも受け取ることができる。平成の現在、人々の価値観は多様化し、昭和のころのような「理想の家庭像」は描きにくくなっている。皇族が担ってきた「日本人の理想の家庭像」と現状とのギャップをどううめるのか、その模索の過程が見えたのが、長女である眞子内親王の結婚をめぐる問題への今回の秋篠宮の発言だったのではないだろうか。

(河西 秀哉)

関連記事(外部サイト)