いじめ自殺者の遺族は、日体大で教職志望の学生に何を語りかけたのか

いじめ自殺者の遺族は、日体大で教職志望の学生に何を語りかけたのか

Aくんの父親 ©渋井哲也

「どんなに辛いことでも終わりがあるとわかっていたら、人は誰でも我慢ができます。しかし、いじめにはその終わりがありません。誰も止めてくれません。誰も助けてもくれません。それならこの先、生きていてもしようがないと考えるのが被害者です」

 兵庫県神戸市立小学校で当時小学校5年生だった男子児童Aくんが、13人の同級生から身体的・精神的な暴力を受け、また恐喝にあっていた。この言葉は、10年後の別のいじめ自殺裁判で、自身の体験を元に書いた意見書だ。

■教師や指導者の仕事は立場ではなく、子どもを守ること

 日本体育大学スポーツ危機管理研究所が主催する「学校・部活動における重大事故・事件から学ぶ研修会」の「『いじめ』『指導死』の問題について“本気で”考える研修会」が12月13日、同大学の世田谷キャンパスで開かれた。壇上に上がったAくんの父親は、将来、教師や指導者を希望する日体大生に対し、「教師や指導者の仕事は立場ではなく、子どもを守ること」として、いじめを隠蔽しないように求めた。

 体育大学である日体大の研修でいじめや生活指導を取り扱うのは、日体大では教師になる学生が多いこと、また体育教師が生活指導に関わる機会が多いためだ。いじめ被害や指導死について、当事者家族・遺族の話を聞くことで、生徒理解や指導のあり方を学生時代から学ぶ機会を提供している。

 Aくんの父親によると、いじめの期間はAくんが小学校5年生だった2005年4月から翌年2月まで。「きしょい」「うざい」「死ね」「消えろ」といった言葉の暴力、「K-1ごっこ」と称して殴る、蹴る、廊下を引きずるといった暴力、持ち物に落書きをしたり、壊したり、隠すといった行為、約50万円の恐喝に及ぶ。

 2月にいじめに気が付いた父親が担任に電話をすると、翌日、自宅へ担任がきた。担任は「そうやったんか。先生、今までいじめられていたこと何も知らんかった。よくわかったぞ。安心しいや」と話し、涙目になっていた。父親は「わかってくれた」と思っていた。しかし、発覚から9日後、その担任は校長や教頭の前で「私がいじめを見過すはずありません。つい1ケ月前にも加害者らにいじめの指導をしました」と弁明をしたという。

「担任はいじめを知っており、見て見ぬふりをしていたのです。涙は演技であり、息子のために流したのではなかったのでしょう。保身だったのでしょうか」

■学校は二枚舌を使っていた

 その後、学校はアンケートやヒアリングの調査をした。結果として校長は「いじめでした」と説明をしたという。しかし、その後もいじめはおさまらなかった。というのも、学校は、いじめの加害者側には「いじめではない」と説明し、二枚舌を使っていたというのだ。

「学校は、教育委員会に対しては『いじめ』や『恐喝』と報告しています。しかも、裁判になったときには、教委は『被害者側の証言拒否により、調査ができず、いじめかどうか判断できない』との文書を提出しました。裁判所に“保護者が調査の邪魔をした”と嘘をついたのです。明らかな捏造です。結局、裁判では、『いじめ』も『恐喝』も認定されました」

 神戸市では「いじめ解消率100%」と公表し続けてきた。しかし、Aくんの案件に加えて、2016年に女子生徒(当時14歳)が自殺していた問題でも、いじめを疑わせる聞き取りメモがあったにも関わらず、市教委幹部が校長に隠蔽を指示していたことが発覚した。

「なぜいじめを隠蔽しようとするのでしょうか。いじめ対応は教師にとっては面倒な仕事なのかもしれません。多数の加害者を指導するよりも、一人の被害者を黙らせる方が楽なのでしょう。学生のみなさんには、校長や先輩教師の言うことの中で、正しいと思ったことだけを守ってください。声をあげられない場合は、仲間を募って校長に申し入れをしましょう。それもできない場合は、マスコミに内部告発したり、公益通報者保護制度を利用してください」

■娘は突然、家族の前からいなくなった

 いじめによって自殺に至った生徒の母親も話をした。2013年3月、奈良県橿原市の中学1年生の女子生徒Bさん(当時13歳)が、自宅から徒歩数分の距離にあるマンションの7階から飛び降り、死亡した。のちに、いじめを受けていたことがわかった。

「最後の会話は、『きぃつけていってきぃや』というと、娘は『行ってきます』と答えました。しかし、娘は突然、家族の前からいなくなったのです。あとで、『なんであのとき行かせたんだ』『なんで聞いてあげなかったんだ』と思いました」

 娘の死後、いじめがあったことを知ることになる。

「クラスでの無視、仲間外れ。空気のように扱われる。暴力はないのですが、それらのことが子どもを追い詰めたのでしょう。13歳の子どもはどう対処していいのかわからなかったのだと思います」

 いじめは部活動にも波及していた。クラス内のいじめ加害者の一人が同じ部活だった。

「休憩中は、円陣を組んでみんなでお茶を飲むのですが、亡くなる頃には、一人でぽつんとしていたようです。先輩に暴力をふるわれていたという証言もあります。同級生のいじめがあったために、先輩からのいじめも助長されていったのだと思っています」

■学校や教委は“虐待があった”と家庭の問題に

 一方、女子生徒が亡くなった原因について、学校や市教委は家庭の問題にしようとしたという。

「当初は学校や教委は“虐待があった”と家庭の問題にしようとしました。市教委は『これは虐待であって、家庭問題。報道しないでほしい』と説明したため、13歳の子どもが亡くなったのに、報道されませんでした。しかし、クラスのいじめを知っている友達が教えてくれました。のちに、娘の手記を見つけましたが、加害者の名前をあげて『死ねるもんなら死にたい』と書いてありました」

 学校での生活を知る担任が自宅を訪ね、仲間外れにされていたことや一人でポツンとしていた様子を教えてくれたという。

「ありがたいと思いましたが、最後まで話を聞いてから、先生に抗議をしました。『先生は、娘の性格をわかってくれていますよね? 一人でいるなんて明らかにおかしい。なんで教えてくれなかったんですか』と言いました」

 しかし、学校や市教委がガードをし、担任が再び訪れることはなかった。

 生徒が亡くなって3ヶ月後、市教委の元に調査委員会が設置された。だが、市の顧問弁護士が調査委員に入っていた。公平ではなく、結論ありきと思った遺族は、この調査を拒否。調査委員会は解散となった。そして、改めて、調査委員会が設置された。遺族との共同推薦で委員を選んだ。

「娘が亡くなって2年後に報告書が出されました。『仲間外し、無視、嫌なことをいわれることが断続的に行われ、相当程度の苦痛を与えられていたことが認められる』とありました。これを見て、本当に悔しかったです。親に言える子どもと、言えない子どもがいます。学校が知っていたら教えて欲しい。なんらかの対応ができたはずです。親と情報を共有する。たったこれだけのことで防げたかもしれません。きょうは一番このことを伝えたい」

■「指導死」が社会問題になりにくい理由

 一方、生徒指導をきっかけに児童・生徒が自殺をすることもある。こうした自殺を「指導死」と名付けた、大貫隆志さんも壇上に立った。2000年9月、大貫さんの次男・陵平くん(当時13歳)が自宅マンションから飛び降り、自殺した。実は、その前日、学校内でお菓子を食べた生徒21人が指導を受けていた。その中に陵平くんもいた。この学校ではルール違反をした場合、奉仕活動をすることになっており、さらに反省文を書くように指導されていた。

 翌日、陵平くんを除く20人は反省文を提出した。そして、「家に電話をするので、事前に親に言っておけ」と伝えられていた。しかし、陵平くんは病気の疑いがあり、病院で検査をする日だったため学校を休んだ。そのため、家に電話があることを知らないでいた。そんな中で、家に電話があり、陵平くんが言う前に、母親が知ることになる。母親と陵平くんが話をした約40分後に自殺をした。「死にます。ごめんなさい。バカなやつだよ。自爆だよ」という遺書と、反省文が残されていた。

「当初は“なんてバカなことをしたんだ”と(息子のことを)責めていました。“なぜ、一言も相談をせずに死んでしまうのか”と。しかし、なぜ、死んだのかを父親として確かめないといけないと思いました」

 その後、大貫さんは、同じように生徒指導をきっかけに自殺をした子どもの遺族に出会うことになる。社会問題とするために「指導死」という言葉を作り、「『指導死』親の会」という任意団体を作った。ただ、なかなか社会問題として可視化されないでいた。

「背景には、(児童・生徒を)指導する理由があります。そのため、なかなか問題性を訴えられず、表面化しにくいのです」

■教師のちょっとした一言が……

 鹿児島県奄美市で、いじめ加害者として間違われた中学生が、教師の家庭訪問後に自殺した。12月9日、この問題を調査していた委員会が報告書を提出した。大貫さんは調査委員として関わっていた。

「教師のちょっとした一言が、亡くなった子どものプライドを傷つけてしまったのです。配慮があれば、死なずに済んだはずです」

 その上で、「減らすためのヒント」として、過去30年間の指導死を分析した結果からこうアドバイスをした。

「過去30年で、未遂を含めると、78件の指導死がありました。88%は指一本触れていません。13件は冤罪型であり、13件は指導中に子どもを一人にしてしまう安全配慮義務違反型です。少なくとも、3割近くの指導死は、子どもの言い分をきちんと聞いたり、指導中に一人にさせないことで防ぐことができたのです。教師に追い詰めようとする意思がなくても、子どもは追い詰められるのです。こんなことはいつまでも繰り返してはいけません」

 今年度の研修会は今回で最後。教職を希望する多くの学生たちは、静かに遺族らの話に耳を傾けた。

 ときおり涙を流す学生がいたほか、いじめに関する学校対応や指導死のことを聞き、「何ができるのかを考えた」という学生もいた。体育教師は生徒指導の担当になることも多いと言われているが、当事者の話を聞くことで、学校での振る舞いを考えるきっかけを得ていた。

(渋井 哲也)

関連記事(外部サイト)