「そんな金額じゃなかったと思います」仏像盗難裁判の不可解すぎる結末…原告と被告の寺に“裏金疑惑”が浮上

「そんな金額じゃなかったと思います」仏像盗難裁判の不可解すぎる結末…原告と被告の寺に“裏金疑惑”が浮上

大岡寺と安楽寺の間で所有権が争われた「木造千手観音立像」(左)と「木造阿弥陀如来立像」(右) ©西岡研介

「仏像2体が行方不明に」創建1300年の古寺から重要文化財が消えた…ドロ沼の盗難事件に“空前絶後のスキャンダル” から続く

「う〜ん、ちょっと、その(仏像の)件に関しては、答えられへんな。僕は代表ではあるけれども、僕が関与してへんことが結構多いから。そやし、Xさんに聞いて……」

 大岡寺の代表役員??仮にY氏としておこう??は、私の直撃にこう言葉を濁した。(全3回の2回目/ #3へ続く )

■仏像が辿った“不可解な流れ”

 2016年、滋賀県甲賀市の古刹「大岡寺」から15年前に姿を消した国の重要文化財、「木造千手観音立像」と「木造阿弥陀如来立像」の2体の仏像が、複数のブローカーの手を経て、東京都品川区の安楽寺に渡っていたことが判明した。

 その後、大津地裁で、この2体の仏像の所有権をめぐる両寺の争いが繰り広げられたが、大津地裁は18年、安楽寺に対し、仏像を大岡寺に戻すよう命じる判決を下した。

 ところが、その判決から約1年後の19年2月1日付で、安楽寺から文化庁に出された〈重要文化財の所有者の変更の届出〉によると、2体の仏像は同年〈1月15日〉付で、大岡寺から〈無償譲渡〉されたことになっている。

 15年もの間、行方不明だった仏像がようやく、元の寺に戻ってくる……。地元の新聞やテレビでも“ハッピーエンド”として大きく報じられたその裏で、わずか1年後、“盗まれた側”の大岡寺が、“盗んだ側”の安楽寺にタダで仏像を譲り渡していたのだ。

■大岡寺側を取材すると……

 両寺の間で、一体何が起きていたのか――。取材を進めると、〈無償譲渡〉とされた届出とは異なり、実際には安楽寺から大岡寺に多額の“裏金”が渡っていた事実がみえてきた。大岡寺関係者が語る。

「今も大岡寺の代表役員に就いているYは、地元ではよく知られた、寺の“乗っ取りグループ”のメンバーで、安楽寺が大岡寺を相手取り、仏像の所有権の確認を求める裁判を起こした時にはすでに、大岡寺は、このグループに乗っ取られていた。

 黒幕は、京都の不動産業者のX。グループを親族や同級生、自らの会社の社員らで固めたXは、大岡寺に入り込み、それまで代表役員に就いていた住職を外して、従兄弟のYにすげかえた」。

 近年、社会問題化している、宗教法人の“乗っ取り”――。高齢化や過疎化によって住職や檀家が不在となった、あるいは、財政状況が極端に悪化した単立寺院(宗教法人)に言葉巧みに入り込み、寺院規則や宗務規則などの内規を書き換えるなどして、その法人の代表役員や責任役員に就任し、経営・運営権を握るのだ。

 乗っ取りの目的は、その寺の持つ土地や文化財などの財産であったり、宗教法人だけに認可される墓地や納骨堂の経営など様々だ。が、宗教法人に認められる税制優遇措置を脱税、節税に利用しようと考える企業も少なくなく、ネット上ではおおっぴらに、宗教法人が売買されている。

 大岡寺の法人登記を確認すると、確かに、2009年の時点で、それまで30年以上もこの寺で勤めていた住職( #1参照 。20年に死去)に代わって、Y氏が代表役員に就いていた。

■「安楽寺に仏像の譲渡を持ちかけた」

 また「黒幕」と名指しされたX氏は01年、琵琶湖上のプレジャーボートの船内に、京都市内の会社役員の手足をロープや粘着テープなどで縛って監禁し、殴る蹴るの暴行を加えたとして、逮捕監禁傷害の容疑で京都府警に逮捕。さらに08年には、偽造された不動産関係書類を裁判の証拠として提出したとして、偽造有印私文書行使の疑いで、同府警に逮捕されるという前歴も持っている。前出の大岡寺関係者が続ける。

「実は一審判決後、安楽寺は大阪高裁に控訴していたのだが、一審で敗訴した後も、安楽寺が仏像を欲しがっていることに目をつけたXは、(大岡寺の)住職に無断で、安楽寺に仏像の譲渡を持ちかけた。

 だが、寺同士で仏像を売買するのはあまりにバツが悪かったのだろう。表向き、『無償譲渡』として、裏では安楽寺から仏像の『預かり保証金』名目で約8500万円を受け取った」

 つまり、大岡寺は安楽寺に対し、仏像2体を実際には売却していたというのだ。それは本当なのか。私はX氏を直撃した。

■X氏は直撃に対し……

――Xさんが大岡寺を乗っ取ったと言われていますが。

「違いますよ。あそこのお寺はもともと、借金塗れで、競売にかかっていた。それで、住職から相談を受けた私が、(競売をかけていた債権者に)話をつけて、(競売を)下ろさせた。助けてあげたんです」

――仏像2体について、表向きは無償譲渡としながら、実質は有償譲渡であり、大岡寺は安楽寺から約8500万円の『預かり保証金』を受け取ったと聞いています。

「8500万なんて、知りませんね。安楽寺(と大岡寺)との間には、双方とも弁護士が入っていたので、弁護士同士で『和解』したんとちゃいますか。もしそんな金が(安楽寺から大岡寺)に入ったんなら、弁護士の(預かり金)口座に入ったんでしょう」

 当初はこう主張していたX氏だが、質問を重ねると答えが変わっていった。

――8500万円が弁護士の口座に入ったんですか?

「そんな金額じゃなかったと思います。もっと低い(金額だった)と思います。もし(安楽寺が大岡寺に支払った金額が)『8500万円』だとしたら、途中で誰かが(金を)抜いてるんやろね」

 金額については「もっと低い」としたものの、安楽寺から金銭を受け取ったことを認めたのだ。

■“裏では有償譲渡”に法的な問題は?

 表向きは無償譲渡としながら、実際は有償譲渡だった――。国の重要文化財をめぐるやりとりとして、法的な問題はないのか。自らも僧籍を持ち、宗教法人法など宗教関連の法律やトラブルに詳しい本間久雄弁護士はこう語る。

「文化財保護法は、原則として重文の有償譲渡を禁止し、まずは国に対し、売り渡しの申し出をしなければならず、文化庁長官から買い取らない旨の通知を受けてはじめて、有償譲渡が可能となると規定しています(46条)。このような規定に違反して有償譲渡がなされた場合、10万円以下の過料に処されます。

 仮に、大岡寺から安楽寺への譲渡が、(無償譲渡と届け出ているにもかかわらず)有償譲渡であった場合、大岡寺は過料に処される可能性がありますが、文化財保護法の手続きに違反していたとしても、譲渡の効力に影響はないとされています」

 ところで、 #3 で詳述するが、安楽寺はその後、熱海の私設美術館に「2億3000万円」で仏像2体を売却したとみられている。それと比較すると、大岡寺から安楽寺に引き渡された際の8500万円、あるいはX氏の主張通り「もっと低い」金額だとしたらなおさら、ここでは仏像2体が“相場”よりも安く取引されたということになる。

 なぜ、大岡寺はそんな金額で仏像を譲り渡したのか。大岡寺関係者はこう語る。「当時、Xは、大岡寺とは別の(滋賀県内の)名刹の乗っ取りに絡んで、多額の債務を抱えていた。よって、手っ取り早く仏像をカネにしたかったんだろう」

 一方、安楽寺にもまた、そうした“工作”を行ってまで、仏像を手に入れたかった理由があるはずだ。私は、大岡寺から仏像2体を手に入れ、さらにそれを千代田区の財団に売却した当時の安楽寺の住職を直撃した。

「天台宗にとって前代未聞の大事件」寺の財産で高級車やクルーザーを…品川区の寺から追放された“強欲住職”の悪行 へ続く

(西岡 研介)

関連記事(外部サイト)