「天台宗にとって前代未聞の大事件」寺の財産で高級車やクルーザーを…品川区の寺から追放された“強欲住職”の悪行

「天台宗にとって前代未聞の大事件」寺の財産で高級車やクルーザーを…品川区の寺から追放された“強欲住職”の悪行

安楽寺(東京都品川区) ©西岡研介

「そんな金額じゃなかったと思います」仏像盗難裁判の不可解すぎる結末…原告と被告の寺に“裏金疑惑”が浮上 から続く

「あぁ……それはちょっと分からないです」「申し訳ないですけど、お答えできないんで、すみません……」

 2021年10月25日、自宅の玄関先で、私が“事件”の顛末を質そうとすると、その男はくぐもった声でこう繰り返し、家の中に戻っていった――。(全3回の3回目/ #1 、 #2 から続く)

■裁判後も彷徨い続けた仏像

 2016年、滋賀県甲賀市の古刹「大岡寺」から15年前に姿を消した国の重要文化財、「木造千手観音立像」と「木造阿弥陀如来立像」の2体の仏像が、複数のブローカーの手を経て、東京都品川区の安楽寺に渡っていたことが判明した。

 その後、大津地裁で、この2体の仏像の所有権をめぐる両寺の争いが繰り広げられたが、大津地裁は18年、安楽寺に対し、仏像を大岡寺に戻すよう命じる判決を下した。

 ところが、その判決から約1年後の19年、2体の仏像が大岡寺から安楽寺に〈無償譲渡〉され、さらにその2年後の21年、安楽寺から、熱海の美術館を運営する東京都千代田区の財団に売却されていた。つまり2体の仏像は判決後も、安住の地を得られないまま、彷徨い続けていたわけである。

 一体、なぜ、そんなことが起こったのか……。私は、ことの真相を確認するため、大岡寺から仏像2体の〈無償譲渡〉を受け、さらにそれを千代田区の財団に売却した当時の安楽寺の住職を直撃したところ、冒頭のように彼は何も答えようとはしなかったのだ。

■住職は天台宗から「擯斥」されていた

 もっとも、それも致し方ないことなのかもしれない。というのも、彼は??仮にA氏としよう??21年7月25日付で、安楽寺の包括宗教法人である天台宗から「擯斥」、一般社会でいうところの「懲戒免職」処分を受け、すでに安楽寺から追放された身だったからだ。

 安楽寺の法人登記を確認しても、A氏は21年7月25日付で「退任」となっている。彼の身に何が起きていたのか。天台宗関係者が語る。

「A氏にはもともと浪費癖があり、10数年前から、(安楽)寺の所有する土地などを担保に金融機関などからお金を借りるだけでなく、それらの不動産を(天台宗)本山に無断で処分していたのです」

  #1 でも触れたが、安楽寺は天台宗の「被包括法人」だ。被包括法人が寺の不動産や宝物などの財産を処分する場合、「包括法人」である天台宗の承認を得なければならない。

「天台宗では、(末)寺の不動産を担保に供することさえも宗規で禁じています。末寺の土地や宝物は、その寺のものではなく、『天台宗のもの』ですから。しかしA氏はそれを無視し、ゴルフ仲間だった不動産ブローカーと組んで、不動産売買にのめり込み、数億の負債を抱えたのです」(前出・天台宗関係者)

 かつて、安楽寺の目の前には「別院五雲閣」という葬祭場があったが、そこには現在マンションが建っている。A氏はここも借金の担保に入れてしまい、そのカタに取られてしまったのだという。

■「2体合わせて50億で売れる」

 住職にとって禁じ手である、寺の財産に手を付けていたA氏。そんなA氏のもとに、2体の仏像が持ち込まれたことから、彼の浪費は一気に加速し、負債も膨れ上がっていったという。

「安楽寺に仏像を持ち込んだのは、A氏の幼馴染で、檀家でもあった建設業者のB氏。誰がB氏に仏像を引き渡したのかは知りませんが、B氏が第三者から借金のカタに取り上げたと聞きました。

 二人は初めから、仏像を売り払うつもりでした。ただ、一個人である『B氏の所有』より、『安楽寺の所有』としたほうが高く売れるだろうと踏んだ2人は、B氏からの寄進という形で、安楽寺の所有という体裁を整えたのです」(同前)

 A氏は「2体合わせて50億で売れる」と皮算用していたという。その売却益を見込んでさらに借金を重ね、「自分にはベントレー、息子にはジープを買い与え、60フィートのクルーザーに、ヨットハーバー近くのマンション、山中湖に別荘を購入する」(同前)など、次々と散財していった。

 一方で、仏像を譲って欲しいという申し出も何件かはあったようだが、二人があまりに高値をふっかけたため、なかなか売れず、A氏は逆に借金を重ねることになったようだ。

■天台宗トップによる事情聴取

 そうした中で、安楽寺は18年、所有権の確認を求めた裁判で敗訴。だが、A氏にとってこの仏像は、膨れ上がった借金を返すための最後の切り札だった。簡単に諦めて、大岡寺に引き渡すわけにはいかない。大岡寺から“無償譲渡”を持ちかけられたのはそんな時で、A氏にとっては願ってもない申し出だっただろう。

  #2 でも触れたが、大岡寺関係者によると、「一審で敗訴した後も、安楽寺が仏像を欲しがっていることに目をつけたXは、(大岡寺の)住職に無断で、安楽寺に仏像の譲渡を持ちかけた」という。このとき、表向きは〈無償譲渡〉としながら、実際は有償譲渡であり、安楽寺から大岡寺に約8500万円が支払われたとみられている(X氏は「もっと低い(金額)」と主張)。

 この金額は、重要文化財の仏像の“相場”からみて安い方だといえるが、既に借金で首が回らなくなっていたA氏が用意できる金額としては、これが限界だったのだろう。また同時に、A氏には「ここで8500万円を支払っても、もっと高い金額で仏像を売却できる」という確信があったからこそ、この取引に応じたはずだ。

 しかし、借金塗れとなった安楽寺の危機的な財政状況はほどなく、同寺を管轄する天台宗の「東京教区宗務所」を通じ、本山の耳に入り、天台宗の行政上のトップ、「天台宗務庁」は21年1月から、A氏の事情聴取を始めたという。

 天台宗東京教区宗務所の所長(同宗東京教区の総責任者)は、私の取材に対しこう答えた。

「A氏が、安楽寺の財産を本山に断りもなく処分したことは事実です。1月から宗務庁による事情聴取が始まり、3月に入って正式に“事件化”し、天台宗における裁判、『審判』が始まりました。その審判の結果、A氏は7月25日付で擯斥処分を受けたのです」

 ところが、審判が始まり、擯斥処分は免れないと悟ったA氏は3月5日、前述の、熱海の美術館を運営する千代田区の財団に、仏像2体を売却するのだ。つまりは売り抜けたわけである。

「A氏は当初、2体の仏像を、中国に売ろうとしていたようですが、その目論見もコロナ禍で潰えた。そこで、処分を受け、安楽寺から放逐される前に、仏像を現金に換えてしまおうと思ったのでしょう。熱海の美術館に『2億3000万円』で売却したと聞きました。(売却益は)自分の借金の返済に充てたようです」(前出・宗務所長)

 私は熱海の美術館を通じ、千代田区の財団に取材を申し込んだが、拒否された。

■「天台宗にとって前代未聞の大事件」

 実は天台宗務庁は、A氏と同時期に、同じく品川区にある「観音寺」の住職で、A氏の僧侶の後輩でもあるC氏を事情聴取している。A氏はC氏を土地取引に巻き込んでおり、C氏もまた本山に無断で観音寺の不動産を処分し、莫大な負債を抱え込むことになっていたのだ。さらにA氏は、すでに負債を抱えていたC氏から「仏像が売れたら返すからと、1億1500万円もの金を借りていた」(前出・天台宗関係者)という。

 観音寺は、都内の天台宗の寺院の中でも、有数の資産を持つ寺として知られていたが、最終的には他の寺から3億円の借金をするなど、首が回らなくなっていたというのだ。

 天台宗務庁による審判の結果、A氏に巻き込まれた観音寺住職のC氏も21年9月27日付で擯斥処分を受け、天台宗僧侶の身分を剥奪された。が、その処分から6日後の10月3日の未明、C氏は自ら命を絶っている。享年48という若さだった。

「僧侶の先輩で、日頃から世話になっていたA氏から誘われるままに不動産取引にのめり込み、気がつけば、自分ではどうしようもない額にまで負債が膨れ上がっていた。なんとか寺の財政を立て直そうと悩み、もがいた末に、自死を選んだのでしょう。彼はもちろん、残された家族が不憫でなりません」(前出・宗務所長)

 安楽寺と観音寺の法人登記によると、A、C両氏が擯斥処分を受けた後、ともに「小林祖承」という人物が「代表役員代務者」として就いている。

「小林さんは、天台宗の『参務』。天台宗の責任役員であり、天台宗全体の財産に責任を負っている方です。宗務庁での肩書きは『総務部長』。その小林さんが今回、(天台宗のトップである)宗務総長の命を受けた『特命代務』として、両寺の代表役員代務者に送り込まれた。このことからも分かるように、今回、A氏が起こした問題は、被害額の大きさや、その内容からみて、天台宗にとって前代未聞の大事件であることは間違いありません」(同前)

■売買の手続きに問題はなかったか?

 繰り返しになるが、安楽寺は天台宗の「被包括法人」だ。被包括法人が寺の財産を処分する場合、「包括法人」である天台宗の承認を得なければならない。ならば、A氏が、これら2体の仏像を売却する際には、天台宗本山の承認が必要だったはずだ。

 ところが、天台宗に確認すると、「承認するはずがない」(同前)という。となると、この売買は、法的に問題はないのか。 #2 に続き、本間弁護士に聞いた。

「確かに、被包括法人が不動産や、財産目録に掲げる宝物を処分する際は、その宗派(包括法人)の代表役員の承認や、公告が必要とされ(宗教法人法23条)、これら正規の手続きを経ずに行われた譲渡(売買)は無効とされます(24条)。

 ただし、それは、あくまで〈財産目録に掲げる宝物〉が対象で、もし、安楽寺が仏像を財産目録に掲げないまま、売却していたとしたら、宗教法人法上、問題とはならないのです」

■天台宗は「然るべき対応をとるつもりです」

 こうしたA氏の一連の不祥事について、天台宗務庁は次のようにコメントした。

「今回の件はまずもって、安楽寺、観音寺の檀信徒さんに申し訳なく思っています。

 我々の最大の使命は、このふたつの寺を守り、存続させることにあります。現在も、(両寺が抱えた)負債の調査を継続していますが、財務状況は非常に厳しく、まずはこのふたつの寺の立て直しに全力を注ぎたいと考えています。

 しかしながら、(不動産や仏像の処分の過程で)不法、違法行為が行われていたとすれば、宗教法人として社会的に許されることではなく、天台宗として然るべき対応をとるつもりです」(小林祖承・総務部長)

■一方の大岡寺では……

 一方、無償譲渡としながら、実際は仏像2体を有償で安楽寺に売却していた大岡寺でも、別の疑惑が浮上している。大岡寺関係者はこう語る。

「実は、この仏像の(大岡寺から安楽寺への有償)譲渡には、(指定暴力団)会津小鉄会の大幹部も絡んでいる。その大幹部とXは数十年来の付き合いで、Xは、その大幹部が『親』となった頼母子講にも入っている。

 そして、安楽寺から大岡寺に『預かり保証金』名目で約8500万円が支払われた後、 Xから大幹部に約500万円が謝礼として流れたんだ」

 つまりX氏は長年にわたる「暴力団密接交際者」だったわけだ。X氏は私の取材に対し、こう答えた。

「まったく知りませんね。そんな話、一切ありませんわ」

 だが、X氏は、くだんの「会津小鉄会の大幹部」との面識と、その幹部が「親」となった頼母子講に、「子」として参加していることは認めた。

 欲に塗れ、業深い数多の人間たちの手によって、俗世を彷徨い続けることを余儀なくされた千手観音立像と阿弥陀如来立像。この仏様たちが安住の地を得られる日は果たして、来るのだろうか。

(西岡 研介)

関連記事(外部サイト)