「仏像2体が行方不明に」創建1300年の古寺から重要文化財が消えた…ドロ沼の盗難事件に“空前絶後のスキャンダル”

「仏像2体が行方不明に」創建1300年の古寺から重要文化財が消えた…ドロ沼の盗難事件に“空前絶後のスキャンダル”

安楽寺(東京都品川区) ©西岡研介

「主文。原告の請求をいずれも棄却する」「原告は、被告に対し、各仏像を引き渡せ」――。

 2018年1月、大津地裁で注目の裁判に判決が下された。

 原告となっていたのは、東京都品川区にある安楽寺。弘治2(1556)年に開山された、天台宗の本山、比叡山延暦寺の末寺で、宗教法人法上での、天台宗の「被包括法人」だ。

 対する被告は、滋賀県甲賀市にある古刹「大岡寺(だいこうじ)」。白鳳14(686)年、奈良・東大寺の「四聖」の一人に数えられる僧、行基が大岡山の山頂に、自彫の千手観音像を安置し、創建したと伝えられ、「方丈記」の鴨長明が出家した寺としても知られる。大岡寺も、天台宗の被包括法人だったが、1951年に「包括法人」である天台宗から離脱し、単立の宗教法人となった。

 そんな由緒ある寺同士が争ったのは、国の重要文化財に指定されている2体の仏像の所有権だった。もともと、仏像は滋賀県の大岡寺に安置されていたが、ある日、忽然と姿を消してしまった。そして15年後、東京都の安楽寺にあることが判明したのだ――。(全3回の1回目/ #2に続く )

■「檀家だった男が、仏さまを持ち出し……」

 この事件の“被害者”となったのは、「木造千手観音立像」(116cm)と「木造阿弥陀如来立像」(98cm)。千手観音立像は鎌倉時代の作で、当時としてはめずらしい一木造りだ。阿弥陀如来立像は平安時代の作で、いずれも作者は不明だが、1950年に国の重要文化財に指定された。

 長らく大岡寺に本尊として祀られていた千手観音立像が、阿弥陀如来立像とともに姿を消したのは2001年のことだった。45年にわたってこの寺で勤め、一昨年5月に死去した住職の妻が語る。

「もともと檀家だった男が、お寺から2体の仏さまを持ち出し、それ以降、行方がわからなくなったのです」

 しかし、それから12年後の2013年、思わぬ形で仏像の行方が明らかになった。NHKの「クローズアップ現代」の取材で、この2体の仏像が複数のブローカーの手を経て、東京に流れていたことが判明したのだ。

「NHKの記者さんの案内で、私たちも東京まで行ったのですが、結局、仏さまには会えず終いでした。しかし、(クローズアップ現代の)放送後、平成28(2016)年頃に東京の『安楽寺』というお寺さんにあると教えて下さった方がいて、安楽寺まで伺ったのです」

■後を絶たない「重要文化財の盗難被害」

 当時も今も、仏像などの重文の盗難被害は後を絶たず、その多くはブローカーの手によって中国などに流れ、一部は「高級美術品」として売買の対象となる。

 08年にはニューヨークのオークションに運慶の大日如来坐像が出品され、日本の美術品史上最高額の13億円で落札された。幸いなことに落札者が日本の宗教法人だったため、国外流出は免れたという。

 また先述のNHK「クローズアップ現代」の取材班が13年に独自調査を行ったところ、全国18府県で国宝1点を含む76点の重文が所在不明となっていた。大岡寺から盗まれた2体の仏像もその一部だったが、幸いにも日本国内に留まっていた。

 その後、大岡寺は安楽寺に仏像を返すよう求めたが、安楽寺はこれを拒否。正当な手続きを踏んだ上で取得したものだとして、15年8月、文化庁に、仏像2体の所有者変更を届け出た。しかし、文化庁は「当事者間で整理されていない」として、所有者変更を認めず、一方の大岡寺は、安楽寺が所有者変更を届け出た直後に、文化庁に盗難届を提出した。

「仏像が盗まれた」と主張する大岡寺と、「仏像は正当に取得したものだ」と主張する安楽寺。両寺の主張は真っ向から対立し、必然的に事態は法廷へと持ち込まれることになった。

■争いの舞台は法廷へ

 まずは安楽寺が16年3月、大岡寺がある滋賀県の大津地裁に対し、仏像2体の所有権の確認を求める訴えを起こした。一方の大岡寺も翌17年、安楽寺に対し、仏像2体の引き渡しを求めて反訴。2件の訴訟は併合され、2体の仏像の所有権は法廷で争われることとなった。 

 訴訟の中で、安楽寺側は当初、2体の仏像について「2006年に大岡寺から無償譲渡、引き渡しを受けた」と主張していたが、その後、「2015年に檀家から寄進を受けた」と、その主張を変遷させた。

 これに対し、大岡寺側は、06年に安楽寺側に無償譲渡したという事実を否認した上で、「15年に檀家から寄進を受けた」という安楽寺側の主張も「そんな事実があったとは思われない」とした。

 また安楽寺側は、「檀家から仏像2体の引き渡しを受けた15年の時点で、文化庁や大崎警察署に、盗難の被害届が出ていないことを確認しており、仏像の所有者が檀家であると信じていた」とも主張していた。が、大岡寺側は「そもそも警察に確認に行くこと自体が、(安楽寺が)檀家の所有権を怪しいと疑っていたことを示すものだ」などと反論したのである。

■ようやく仏像が返ってくる……はずだった

 文化財保護法は、重要文化財の所有者が変更した際には、新所有者や旧所有者、管理場所などを記載した必要書類を添えて、20日以内に文化庁長官に届け出なければならないと定めている(32条)。

 仮に、「15年に檀家から寄進を受けた」という安楽寺側の主張が事実だとすれば、だ。15年までに、その「檀家」から文化庁に対し、所有者変更の届けが出された形跡はなく、安楽寺は、法に定められた届け出もしていない人物から、仏像2体を譲り受けたことになる。

 両寺は2年近くにわたって、仏像の所有権をめぐって争い続けたが、大津地裁は18年1月、判決で「国の重要文化財である仏像が正規の取引によって転々流通すること自体が考え難い」と指摘。「安楽寺には、仏像の来歴に注意を払わなかった過失があった」などとして、大岡寺側の訴えを認め、安楽寺側に対し、2体の仏像を大岡寺に引き渡すよう命じたのだ。

 15年もの間、その行方が杳としてしれなかった2体の仏像を元の寺に戻すよう命じたこの判決は当時、地元の新聞やテレビでも大きく報じられ、騒動はハッピーエンドで幕を下ろした……かのように見えた。

■仏像は大岡寺に戻っていなかった

 2021年10月、私は、裁判で、その所有権が争われた2体の仏像の尊容に接していた。ガラスケースの中では、42本の手のうちの2本を胸の前で合わせた千手観音立像と、特有の「来迎印」を結んだ阿弥陀如来立像が、ともに柔和な表情を浮かべ、金屏風の前に並んで立っていた。

 だが、ここは大岡寺ではない。同寺のある滋賀県甲賀市から直線距離にして約260km離れた、静岡県熱海市にある私設美術館だ。

 なぜ、2体の仏像は大岡寺ではなく、熱海の美術館に置かれているのか。

 私の手元に、文化庁への情報公開請求で入手した2つの書類がある。先述の通り、重要文化財は、所有者が変更された場合、必要書類を添え、文化庁に届け出をださなければならないと定められている。

 1つ目は、この私設美術館を運営する、東京都千代田区の財団に所有者が変更されたことを示す書類である。「変更の年月日」は2021年3月5日。「変更の事由」は〈売買〉とある。では、この財団に2体の仏像を売却したのは誰か――。それを示す「旧所有者の氏名又は名称」にはこうある。〈宗教法人安楽寺〉。

 これは一体どういうことなのか。その謎を解く鍵が、もう1つの書類にある。

 こちらもまた、2体の仏像の所有者変更を届け出た書類である。「変更の年月日」は〈2019(平成31)年1月15日〉。大津地裁の判決から約1年後のことだ。そこには、大岡寺から安楽寺へ、仏像が〈無償譲渡〉されたと明記されている。

■盗難事件の摩訶不思議な“その後”を追う

 話を整理しよう。滋賀県の大岡寺と東京都の安楽寺は、2体の仏像の所有権を巡り、法廷で争っていた。もともと仏像を所有していた大岡寺は「いま安楽寺にある仏像は盗まれたものだ」と主張。裁判ではそれが認められ、安楽寺に対し「仏像を引き渡せ」との判決が下された。

 だが、そのわずか1年後、大岡寺は“盗んだ側”である安楽寺に、2体の仏像をなぜか無償譲渡した。そして、裁判で負けたにもかかわらず、タダで仏像を手に入れた安楽寺は、今度はその2年後、第三者に仏像を売却。そして現在、彷徨い続けた2体の仏像は、熱海の私設美術館に展示されている――ということのようなのだ。

 一度はハッピーエンドで幕を下ろしたかに見えた、2体の仏像を巡る盗難事件。私は、この摩訶不思議ともいえる“その後の足跡”を丹念に追ってみた。

 なぜ大岡寺は裁判で勝ったにもかかわらず、安楽寺に仏像を〈無償譲渡〉したのか。そして、安楽寺はなぜ、無償譲渡で手に入れた仏像を、第三者に売却したのか。すると、天台宗の総本山、比叡山延暦寺を震撼させるスキャンダルが明らかになったのである。

「そんな金額じゃなかったと思います」仏像盗難裁判の不可解すぎる結末…原告と被告の寺に“裏金疑惑”が浮上 へ続く

(西岡 研介)

関連記事(外部サイト)