2018年「政治家失言大賞」 今年の失言・暴言10選

2018年「政治家失言大賞」 今年の失言・暴言10選

杉田水脈氏 ©時事通信社

 2018年は、とにもかくにも安倍1強が続いた1年だった。今年前半に騒がれていた森友・加計学園問題も、もはや多くの人にとって記憶の彼方。働き方改革関連法、改正水道法、改正入管法などをいずれも十分な議論がないまま押し切ってみせた。消費税も来年10%に増税する。与党の圧倒的な議席数と下がらない内閣支持率のなせるわざだろう。

 そんな今年の政治にまつわる発言を振り返ってみたい。

■「2018年失言大賞」を贈りたいのは……

杉田水脈 自民党・衆院議員
LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」
『新潮45』8月号

 爆発的に話題を呼んだのがこの発言だ。自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌『新潮45』8月号の特集「日本を不幸にする『朝日新聞』」に書いた寄稿文「『LGBT』支援の度が過ぎる」の中の一節である。杉田氏には「2018年失言大賞」を贈りたい。

 この発言は、「生産性」という言葉を使って線引きすることで、子どもを持つかどうかで人の価値を判断しており、明らかに差別を助長するものだ。自民党は2017年の衆院選で「性的指向・性自認に関する理解の増進を目的とした議員立法の制定を目指す。多様性を受け入れる社会の実現を図る」という公約を掲げていたが、杉田氏の発言は公約違反でもある。同氏は『新潮45』2017年3月号でも「『多様な家族』より普通の家族」と題した寄稿を行っていた。

 安倍晋三首相は杉田氏の発言について「党としても『多様性』について尊重する党であります」と強調しつつも、「私たち(は同じ)自民党ですから『あなた、お前、もうやめろ』というわけではなく、まだ若いですから、そういうことをしっかり注意しながら仕事していってもらいたい」と擁護した(ハフポスト日本版 9月18日)。杉田氏は多くの批判を浴びたが、現在も自民党議員として講演、イベントなどで積極的に発言している。

■暴言・失言が問題にならなかった1年

 政治家の暴言が暴言にならない1年だったということも感じた。その顕著な例が、麻生太郎副総理兼財務相の一連の暴言、失言だ。

麻生太郎 副総理兼財務相
「セクハラ罪という罪はない」

ロイター 5月8日

 女性記者へのセクハラ疑惑を報じられた福田淳一前財務事務次官についての発言。続けて「殺人とか強制わいせつとは違いますから」とも述べている(BuzzFeed News 5月5日)。当初、麻生氏は福田氏の処分を見送っていたが、結局福田氏は辞任。麻生氏は辞任を公表した際、「はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中にご意見ある」と言い放った(毎日新聞 4月24日)。セクハラ問題関連については、自民党の下村博文元文部科学相の「(セクハラ録音は)ある意味犯罪」という発言も忘れ難い(時事ドットコムニュース 4月24日)。

■まだまだ続く“麻生節”

麻生太郎 副総理兼財務相
「どの組織でも改ざんはありうる。組織全体としてではなく、個人の資質が大きかったのではないか」

NHK政治マガジン 5月8日

 森友学園をめぐる財務省の決裁文書改ざん問題についての発言。ただの開き直りにしか見えない。組織の問題でなく、個人の問題だから、自分には責任がないと言っているに等しい。改ざんの動機を問われた際は「それがわかりゃ苦労せんのです」「場の雰囲気、空気ってやつ」などと答えていたが(朝日新聞デジタル 6月4日)、不祥事を起こした企業のトップがこんなことを言ったら途端に潰れてしまうだろう。

 その後、麻生氏はカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された事件について「経営陣の監督機能を発揮させることが大事だ。金融庁としては引き続き企業のガバナンスを実効的なものにするために、きちんとやっていかなければいけない」と発言しているが(産経ニュース 11月26日)、ガバナンスは企業だけでなく省庁にも適用すべきだ。

麻生太郎 副総理兼財務相
「みんな森友の方が
TPP11より重大だと考えている」
朝日新聞デジタル 3月29日

 森友学園への国有地売却問題で近畿財務局の男性職員が自殺した後の発言。このとき、TPP11について「茂木大臣が0泊4日でペルー往復しておりましたけど(注:実際にはチリ)、日本の新聞には1行も載っていなかった」とメディアを批判したが、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞などが報じていた。

麻生太郎 副総理兼財務相
G7(先進7カ国)の国の中でわれわれは唯一の有色人種であり、アジア人で出ているのは日本だけ」
共同通信 9月5日

 自民党総裁選で安倍晋三首相を支援する会合での発言。米国やドイツなどG7各国はさまざまな人種で構成されており、米国のオバマ前大統領もG7首脳会議に出席している。麻生氏の頭の中では欧米諸国=白人だけの国なのだろうか?

麻生太郎 副総理兼財務相
「飲み倒して運動も全然しない(で病気になった)人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしくてやってられんと言っていた先輩がいた。良いことを言うなと思った」

共同通信 10月23日

 不摂生の結果、病気になった人への医療費支出を疑問視する発言。社会保険制度の否定だと批判を集めた。自身も同じ考えかという記者の質問に対して「人間は生まれつきがある。一概に言える簡単な話ではない」とも述べたが(時事ドットコムニュース 10月23日)、そんなのは当たり前のことだ。麻生氏は首相だった08年にも「たらたら飲んで食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言し、陳謝した(東京新聞 10月24日)。

■「はめられた、というのはしょっちゅうなので」

麻生太郎 副総理兼財務相
「人の税金使って学校行った。東京大学だろ」

YOMIURI ONLINE 11月18日

 北九州市長選で4選を目指して立候補を表明した現職の北橋健治氏について、麻生氏はこう揶揄した。共産党の小池晃書記局長は「教育の無償化を言っている安倍政権の財務大臣が、教育に対する税金投入を否定するというのは本当に支離滅裂だ」と批判している(朝日新聞デジタル 11月19日)。

麻生太郎 副総理兼財務相
「あれくらい触った程度で暴力って言われたら、とてもじゃない。この種の話で(野党に)はめられた、というのはしょっちゅうなので」

時事ドットコムニュース 12月9日

 麻生派の大家敏志参院議員が参院本会議中に立憲民主党議員を小突いたとして同党が抗議、4時間ほど空転したことについて立憲民主党の対応を批判した。枝野幸男代表に「立法府に対する冒涜だ」と批判されると「立法府の話についてわれわれがごちゃごちゃ言うようなつもりで言ったんじゃない」と釈明した上で発言を撤回した(時事ドットコムニュース 12月11日)。

■上がっていないと感じたら“感性”の問題なのか?

麻生太郎 副総理兼財務相
「上がっていないと感じる人の感性」

共同通信 12月14日

 年の瀬になっても麻生氏の暴言は止まらない。景気拡大期間が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えたが賃金が上がっていない状況を問われて「上がっていないと感じる人の感性」の問題だと言ってのけた。麻生氏は質問した記者に対して「どのくらい上がったんだね」と逆質問し、記者がほとんど上がっていないと答えると「そういうところはそういう書き方になるんだよ」と一蹴した。

 なお、麻生氏は「(現政権下で)毎月、毎年、2〜3%近くずっと上がってきた」とも述べたが、厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、2017年の物価の影響を考慮した実質賃金は0.2%減っており、名目でも0.4%しか上がっていない。こういう人が財務相をしているのか……とため息が出る。

■珍しく失言でクビが飛んだ政治家は……

松本文明 内閣府副大臣
「それで何人死んだんだ」

朝日新聞デジタル 1月26日

 麻生氏や杉田氏を見ていると、自民党の政治家はどんな暴言を吐いても進退問題にならないような気がするのだが、今年の数少ない例外と言えるのが自民党の松本文明内閣府副大臣だ。沖縄県で続発する米軍機の事故やトラブルについての国会の大行質問の最中に飛ばしたヤジが原因で自分のクビが飛んだ。

 ただし、これは2月4日に投開票が控えていた沖縄県名護市長選挙への影響を懸念した安倍首相ら自民党中枢の逆鱗に触れたため。暴言が政治家の進退に影響するのは、もはや安倍首相の一存でしかないと感じる。そんな1年だった。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)