若者の16%「つきあっていれば性行為はあたりまえ」…“NG知識”をそのままにしない、リスク回避の性教育

若者の16%「つきあっていれば性行為はあたりまえ」…“NG知識”をそのままにしない、リスク回避の性教育

『親子で考えるから楽しい!世界で学ばれている性教育』より

小学4年生が保健の授業を「エロい話をした」と…出遅れないために意識したい性教育の“10歳の壁” から続く

 2022年4月から「成年年齢」が引き下げられ、18歳から成人と認められるようになりました。それ以前もこれからも、15〜18歳の子どもたちは大人に近い年齢ですが、親が恥ずかしがらずに正しい性の知識を共有することがやはり重要です。

 ここでは、5歳から18歳までの幅広い年齢に対応した性教育をイラスト入りでわかりやすく解説する『 親子で考えるから楽しい! 世界で学ばれている性教育 』(講談社)より一部を抜粋。15〜18歳の子どもと性について話す際のポイントを紹介します。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■「セックスの話ははずかしい」という先入観を取りのぞこう!

 NGOプラン・インターナショナルの、15歳から24歳を対象にした調査(2020年)によると、8割近くが「性的同意 」について認知しており、9割以上が「性的同意を実践している」、または、「実践しようとしている」と答えています。

 若者の認知率と実践意欲の高さについては、とてもよいと感じる一方で、「実践のための壁」があることもわかりました。

 6割近くが、性的同意の壁として、「はずかしさ」を選んでいます。続いて、半分以上が「雰囲気を壊すから」を選択。つきあっている同士でも、性について話すこと、意思をしめすことへのタブー意識が見受けられます。

 また「つきあっていれば、性行為をするのはあたりまえだ」と16%が回答。このことから、合意がなくとも「つきあう=セックス」をあたりまえととらえている人が一定数いることもうかがえます。

 つきあっている間柄なのに、同意を確認することを「今さらはずかしい」「ヤボなことをしたくない」と思っているのは、日頃からふたりの間でセックスについて話題にする機会がないからではないでしょうか?

 私の友人男性は、「くだらない下ネタ以外でセックスの話はするのはためらわれる」と言っていました。日本人の「セックスの話をするのははずかしい」「性をオープンに話す女性ははしたない」という先入観も理由のひとつかもしれません。親の「性教育ってむずかしい」という意識もこのような感情が関係していそうです。

 けれども、さまざまな性暴力や恋愛、婚姻関係の問題の裏には、パートナーと日頃ごろからまじめに性の話をできないということもあると思います。

 パートナーと性的な話を含めたコミュニケーションをしやすくするためにも、「セックスの話は生きていくうえで重要なことで、はずべきものでも、はしたないものでもない」という前提づくりを学校や家庭からはじめることの大切さを感じます。

 日頃から「命のこと」「ジェンダーのこと」「キスやセックスなどを自分の人生でどう考えているか?」を語りあって、おたがいを深く知っていくのは、家族でもカップルでも友だちでも、すてきなことですね!

■親子でやってみよう!「避妊知識実力テスト」

 厚生労働省の「衛生行政報告例の概況」(令和元年度)によると日本の年間中絶件数は、年間約16万件。その内、10代の中絶件数は約1.3万件です。10代の中絶件数は毎日35件にもなります。

 その背景には、避妊の知識のなさも関係しているのでは? JジェクスEXの「ジャパン・セックスサーベイ」(2020年) では「現在のおもな避妊方法」として、約2割の人が「腟外射精(外出し)」を選んでいます(男性22.9%、女性16.7%)。

「#なんでないのプロジェクト」調査(2020年)の、緊急避妊薬入手理由では、1位はコンドームの失敗、2位は膣外射精になっています。射精の前から分泌液の中に精子が含まれているので、膣外射精では妊娠する可能性があります。

 この「外に出せばコンドームなしでも妊娠しない」という誤まった知識をふくめ、避妊に関して、大人も間違った知識を持っている人がたくさんいます。

 以下の問題、○×どちらを選びますか?

 1)月経中のセックスなら妊娠しない

 2)精子は酸性に弱いので、炭酸飲料で膣を洗うといい

 3)射精をくり返すと精子が減るので避妊しなくてもOK

 4)コンドームは2枚重ねのほうがいい

 答えはすべて、×です。このような情報が、友だち同士の会話やインターネットでまことしやかに流れています。

 まずは1)、月経が長引くと排卵が重なる可能性もあり、とくに若い女性はホルモンバランスが不安定で排卵の時期も乱れがち。そのため、月経中でも妊娠する可能性があります。

 2)は、精子は酸に弱く、レモンや炭酸飲料によって精子が死滅して妊娠しないというのは、まったくの都市伝説。食品に含まれる酸程度では死滅せず、また精子は射精後すぐに子宮に到達するので、行為後に膣を洗っても効果はないそう。

 3)は、1度の射精で放出される精子の数は2億〜3億といわれており、2回目、3回目でも妊娠の可能性に変わりはありません。

 4)は、2枚重ねにすると、コンドーム同士がこすれあい、摩擦でやぶれやすくなるため、かえって危険です。

 避妊知識、どうでしたか?日本家族計画協会など「避妊知識実力テスト」を行っているサイトもあります。クイズを一緒にやってみることから、子どもたちと気軽に避妊について話しあえる関係づくりができるといいですね!

■若い妊娠、出産をとりまく環境は?

「もしおたがいが同意していて、きちんと避妊していれば、中学生や高校生同士でセックスしていいの?」と聞かれたら、どう答えていいか悩みませんか?そんな時、子どもたちときちんと話すため、サポートになる情報はないか考えてみました。

 それには、モラル的にいいか悪いかではなく、決断によるリスクを、あらかじめ伝えておくことが大事ではないかと思いました。

 厚労省の「出生に関する統計」(令和3年度)では、10代で妊娠・出産している人の8割は、「妊娠してから結婚している」とわかります。そして「人口統計資料集」(2021年)を見ると、19歳以下の女性の離婚件数は他世代に比べて高く約8パーセント。とても高い率だということがうかがえます。10代の離婚率が高いのは、結婚の理由が「子どもができた」からであることが多く、パートナーと一緒に家庭を持ちたいことが動機であるケースをうわまわっています。

■妊娠・出産しながら学校を続ける支援が必要

 また女性は男性よりも、出産で、学校生活の継続や将来の夢の選択を制限されることも多いでしょう。

文部科学省によると、2015〜16年度に高校3571校が把握した生徒との妊娠2098件のうち、妊娠を理由に学校を退学した生徒は、全体の約3割です。それを問題視した文科省は学校に、2018年「妊娠・出産を理由に、安易に退学させないよう支援や配慮を求める」という通知を出しました。

■貧困は下の世代に続いていく非正規雇用の不安定さ

 若くしてシングルマザーになったら、貧困のリスクもあり、それは子どもたちにも連鎖していきます。労働政策研究・研修機構の「第5回子育て世帯全国調査」(2018年)によると、シングルマザーの貧困率は51.4パーセント。

 若いうちの出産のために教育機会や就労経験にとぼしかった人も多く、収入の道が限られていることが多いのも原因ではないでしょうか?

 内閣府の「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」の報告書では、女性がより多く従事する産業が新型コロナによって打撃を受けたことやシングルマザーの失業率が2020年7月から9月にかけて急上昇したことがあきらかになっています。

 シングルマザーの場合、非正規雇用や短時間労働であることも少なくないため、経済状況が悪化した際に解雇されやすいのです。

■ひとり親家庭の子育てサポート不十分という問題点

 10代で妊娠し、結婚、そして離婚をすることが悪いのではありません。問題なのは、ひとり親世帯への子育てサポートが、日本では不十分だということです。

 子どもたちに好きな人ができることや、自分の意思で物事を決めていく姿勢はぜひとも応援してあげたい!

 ただ頭ごなしに「ダメ!」と言ったり、おどし文句を言うのではなく、今の判断が未来にもつながっていくこと、もし妊娠、出産というようなことになったら、赤ちゃんの生活にもかかわることなどをイメージしやすいよう、話せるといいですよね。

(上村 彰子,田代 美江子,大久保 ヒロミ)

関連記事(外部サイト)