小学4年生が保健の授業を「エロい話をした」と…出遅れないために意識したい性教育の“10歳の壁”

小学4年生が保健の授業を「エロい話をした」と…出遅れないために意識したい性教育の“10歳の壁”

『親子で考えるから楽しい!世界で学ばれている性教育』より

 子どもは小学校入学前から自分のことが自分でできるようになり始め、社会性を身に着けていきます。そんな時期に「性教育なんてまだ早い」と思っていると、子どもから質問されたときにうまく答えられず、困ってしまうかもしれません。

 ここでは、5歳から18歳までの幅広い年齢に対応した性教育をイラスト入りでわかりやすく解説する『 親子で考えるから楽しい! 世界で学ばれている性教育 』(講談社)より一部を抜粋。小学校入学前から中学年の子どもに「性」について教える際の心構えを紹介します。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■「自分がどこから来たか」幼い子どもたちも興味しんしん

 子どもから、「ねえねえ、自分はどこから生まれてきたの?」なんて聞かれると「キターッ! これがうわさに聞いてたアレか〜」と思いますよね。

 私の娘も幼稚園の時、そう聞いてきました。思わず「ある冬の日に『トントン、開けてください』って来たんだよ」といい加減なことを言ってごまかしてしまいました。娘は「ふ〜ん」と言いながら、まったく納得できていない顔。それが性教育の入り口になるとは、そのときの私はわかっていなかったのです。

 日経DUALの調査(2016年)によると「子どもから性に関する質問をされたことがある」と答えた人は6割。質問をされた親の半数以上は、「赤ちゃんができるまで」を聞かれています。

 子どもの年齢別で見ると、小学校に行く前の年長児の8割以上、年中児の7割以上と、小さな子どもも「自分がどこから来たか」に興味しんしんです。ママの生理や、男女のからだの違いについても、疑問を持っています。

「幼稚園児に性を教えるなんて早くない!?」「思春期になってからでいいんじゃないの?」と思うかもしれません。でも、ティーンエイジャーの子どもを持つ立場からすると、思春期の子どもにいきなり性の話をすることは、とってもむずかしい!

 小さな頃から、質問の機会を積極的に利用したり、その年齢に合った話題を使って、話をしたりすることで、自然な下地作りができると思います。

 世界の状況を見ると、ユネスコのガイダンスでは5歳から、そして『ヨーロッパにおけるセクシュアリティ教育スタンダード』ではなんと0歳からの性教育ポイントがまとめられています。学校教育の中でも学齢に応じて性の知識や意識を深めていく取組が行なわれている国が多くあります。

「どんなことをどんなふうに教えているのかな?」と大人自身が興味を持ったら、もう性教育のはじめどきです。「まだ早い」「もう遅い」はないので、さっそく情報集めからはじめてみてはどうでしょう?

■性被害、男の子たちも注意!

 息子が5歳頃のこと。公園で遊んでいると、息子の友だちがトイレに行きたいと言いだしました。その子のお母さんは「男の子だから大丈夫でしょ! 行ってきて!」と、ひとりで行かせていました。そんなシーンはよくあること。親としては自立をうながすことも大切だけど、本当に男の子だと危険はないのかなと考えてしまいました。

 法務総合研究所のデータ(平成7〜26年)によると、強制わいせつの被害者数は、女性のほうが圧倒的に多いものの、男性だけを見ると、0〜12歳に被害が集中。聞き取りをした117人が受けた加害行為のおもな内容は「性器をさわる、さわらせる」が半分近くになっています。男の子も性被害にあっていることがわかります。

 精神保健福祉士・社会福祉士で、『「小児性愛」という病』の著者である斉藤章佳さんによれば、「加害行為のしやすさ」から男の子をねらう犯罪者が多いそうです。加害者に言わせると、男児は、女児に比べて「無邪気で素直」。警戒心が弱かったり、被害の自覚をしづらかったりすることから、よりねらいやすいと思われているようです。

 ズボンを下げられたり、自慰行為を強要されたり、写真を撮られたりしても「ふざけっこだよ」「男同士の遊びだよ」と言われて、性暴力だとわかっていない男の子も少なくないかもしれません。また自覚があっても「はずかしくて親に言えなかった」と話す子もいるそうです。

 このことからも、どんなことが「性暴力」にあたるのか、女の子だけでなく、男の子にも伝えておく必要があります。たとえ大人や顔見知りの人にされてもイヤなものはイヤと言える「断わる力」を得ることは、一生を通して、自分の身を守る基礎になります。

 自分が何かされた時に、それを親に伝えるのは「まったくはずかしいことではないよ!」と、あらかじめ子どもたちの味方になっておくことが重要だと思います。

■「10歳」はどんな年齢?

「10歳の壁」とは一般的に、子どもたちが10歳くらいになるとぶつかる、生活面、心理面、学習面、体力面の壁のこと。この年頃になると子どもたちはいろいろなことへの認識が深まり、からだも大きく成長します。しかし成長には個人差も大きく、この時期には、友だちと比べて劣等感を持ったり、やる気をなくしてしまう子も多いのです。

 じつは、性教育にとっても、「10歳の壁」があるといいます。もちろん個人差はありますが、このころだとまだ、性についてそれほどネガティブなイメージを持っている子どもは多くありません。

 ところが、5年生になると、性について「恥ずかしいこと」「聞いてはいけないこと」「エロいこと」と思っている子どもが増えるといいます。子どもの成長にともなって当然おこる性に対する興味や関心に対して、まわりの大人たちがどのように対応したかが積みかさなった結果か、このような気持ちになるのでしょう。

■友だちやスマホから情報を得る前がいい!

 また性に対するネガティブなイメージは、周囲の大人だけでなく、友だちやインターネットからの情報の影響も大きいといえます。10歳という年齢は、スマホを持ちはじめる時期でもあり、インターネットなどで興味本位で得た情報から、性に対して、「いやらしい」「汚ない」など、否定的なイメージを持ってしまうこともありそうです。

 友人の小4のお子さんは、月経と射精をテーマにした保健の授業のことを、「エロい話をした」と話していました。理由はその子の友だちが「生理も射精もセックスのためにあるからエロい」と言っていたから。友人はそれまで子どもと性について話したことなどなく、いきなりすぎて、対応できませんでした。

 その後「おくれをとった!」と自覚した彼女は、性のことは人間にとって自然なこと、大切なことで、「エロい」でかたづけられないものだと伝えたそうです。

 テレビなどで、ラブシーンが出てきても「子どもは見ちゃダメ!」という態度はとらず、堂々と「美しいね」「気持ちが伝わってよかったね」など、肯定的なコメントをしていると言っていました。子どもを子ども扱かいせずにオープンなコミュニケーションを心がけることで、親子で10歳の壁を越えようとしています。

 10歳の子どもはすでに大人びてきているので話づらいのもたしか。でも親子で性の話ができる関係作りは、一生の親子関係に役立ちそうですね!

 子どもが何歳であっても、子どもの性に対する関心を大切にしてくれる、そして子どもと一緒に疑問を解決していこうとしてくれる大人が近くにいれば、性教育のうえで「10歳の壁」はなくなるはずです。

若者の16%「つきあっていれば性行為はあたりまえ」…“NG知識”をそのままにしない、リスク回避の性教育 へ続く

(上村 彰子,田代 美江子,大久保 ヒロミ)

関連記事(外部サイト)