「時代に合わせて教育も変化しなければ…」の落とし穴 “それだけで価値がある”学校とは?

「時代に合わせて教育も変化しなければ…」の落とし穴 “それだけで価値がある”学校とは?

©iStock.com

校長代行を取り囲んで引きずり下ろした麻布、埼玉初めての中学校だった浦和…超名門校の知られざる “歩み” から続く

 おおたとしまさの新刊『 ルポ名門校 』から100年以上の歴史を有する名門校の歴史トリビアを2回に分けて紹介する。前編の「旧制中学の系譜」「藩校の系譜」に続く後編は「女学校の系譜」「大学予科の系譜」「師範学校の系譜」。

■女学校のしたたかなサバイバル術

 前編で話題の中心だった旧制中学は男子のみが通える学校だった。戦前の女子は高等女学校に通っていた。

 1913年、全国の男子中学校317校に対し、それと同等の教育を行う高等女学校は330校。大正初期の時点で、すでに高等女学校のほうが多かった。

 戦前、女子中等教育の整備が常に後回しにされたのは事実だし、日本では多くの制度が男子優先に設計されてきたから、「戦前も戦後も女子校は意外に多かった」という事実にはやや驚くかもしれない。しかし逆説的に考えれば理由はわかる。国による規制が緩かったからこそ、学校の自由度が高まり、多様で個性的な女学校文化が花開いたのである。

 男子中等教育には藩校という原形があったが、女子教育には礎にすべきものがなかった。そこにちょうどよく、キリスト教各派の宣教師たちが多数来日するようになった。彼らは学校をつくるノウハウをもっていた。横浜や神戸などの港町には特に多くのミッション系の女学校ができた。

 明治政府も実は1872年には官立の女学校を設立していた。官立東京女学校である。そこでは従来の伝統的な女性観ではなく、開明的な女性観が採用された。しかし、西南戦争に伴う財政難で、1877年廃校になってしまう。

 1882年には東京女子師範学校附属高等女学校がつくられる。これが現在のお茶の水女子大学附属高等学校の源流だ。

 1899年高等女学校令公布。以後、各府県に公立の高等女学校が多数つくられるようになった。しかし、うまい話には裏がある。当時の文部大臣は、高等女学校の役割を良妻賢母を育てるための教育機関であると宣言した。しかも同時に発せられた訓令第12号によって宗教教育が禁止された。

 1870年に築地居留地内にプロテスタントの宣教師の妻がつくった私塾が女子学院の源流だ。1872年にはカトリックの修道女が横浜に孤児院や寄宿学校をつくった。それが横浜雙葉のはじまり。修道女らは続いて1875年に東京にも同様の施設をつくる。それが現在の四谷の雙葉となる。1873年にプロテスタントの女性宣教師らが神戸に開いた私塾がのちに神戸女学院になる。

 1899年、これらのキリスト教学校は前述の訓令第12号によって決断を迫られる。正式に高等女学校となって宗教教育をあきらめるか、正式な学校として認められることをあきらめて宗教教育を続けるか。

 雙葉は高等女学校の認可をうけつつ、したたかに生き残った。面従腹背である。しかし女子学院と神戸女学院は、正式な高等女学校になることを見送った。

 正式な学校に認められないと、女子高等師範学校など大学相当の教育への接続が得られない。そこで女子学院は自前で高等科をつくり、それが東京女子大学に発展する。神戸女学院は自前でつくった高等科を専門学校という扱いにし、高等女学校に相当する課程をその付属普通部とした。

 それぞれのサバイバルだった。

 19世紀末の埼玉には約10年もの間、男子が通う中学校がなかったことは前述のとおり。当然ながら女学校もなかった。県が動かないので民間団体が立ち上げた私立女学校が、浦和第一女子のルーツである。1899年に高等女学校令が出ると、これが公立に移管された。

 なお、戦後は全国の多くの地域の旧制中学や高等女学校が共学化したのに、前出の県立浦和も浦和一女も別学で存続したのは、埼玉以北のGHQの担当官が、共学の原則よりも地域の意向を尊重したためといわれている。

■塾高、早大学院で第二外国語必修は大学予科の名残

 1877年、原初の東京大学がつくられた。以後20年間、これが日本で唯一の大学だった。

 東京大学に進学すべき生徒のために東京大学予備門(予科)も設置された。そこで東京大学で学ぶための予備知識、特に英語を身につけておかなければならなかった。当時の東大の授業は外国人教師によって執り行われていたからだ。つまり東京大学予備門の入試が最難関だった。

 これが大学予科であり、いわゆる旧制高校も実質的に大学予科の機能を果たしていた。

 さて、慶應義塾の源流を訪ねれば、江戸時代にまで遡る。早稲田の源流がつくられたのは、大隈重信が明治14年の政変で失脚した翌年の1882年。いずれも早くから大学相当の教育を行っていたが、長らく専門学校という立場に甘んじていた。

「大学」を名乗れるようになったのは1903年。専門学校令の公布によって、1年半程度の「大学予科」をもてば、専門学校でも「大学」を名乗ることが許されたのだ。ただしあくまでも名称のみ。法令上の分類は専門学校のままであった。

 1918年は日本の大学設立のビッグバン元年といえる。このとき「大学令」が公布され、初めて官立大学のほかに公立(府県立)や私立の大学が正式に認められるようになった。いまでいう「規制緩和」である。

 1920年、慶應義塾と早稲田が初めての私立大学に正式に認められる。明治、法政、中央、日本、國學院、同志社がこれに続いた。

 東大予備門がのちに旧制第一高等学校になり、現在の東大駒場キャンパスに移行したのに対し、慶應義塾大学の予科は慶應義塾高等学校に移行した。早稲田大学の予科は早稲田大学高等学院に移行した。

 大学予科の系譜を受け継ぐ学校では、いまでも第二外国語を必修にしている場合が多い。

■高等師範学校卒の教師は超エリートだった

 戦前、大学とは別のもう一つのエリートコースに高等師範学校があった。教員養成学校である。つまり昔、教師はエリートだった。

 師範学校は小学校の教員を養成するところ、高等師範学校と女子高等師範学校は中等学校および師範学校の教員を養成するところ。師範学校には幼稚園や小学校が付設されることも多かった。教育実習のためである。これが現在も各地にある国立大学付属小学校のはじまりである場合が多い。

 お茶の水女子大学の起源である東京女子師範学校は1874年に設立されている。明治初期の政治的混乱のなかで廃校・再興・組織改編をくり返し、東京女子師範学校附属高等女学校となったのが1882年。その後も幾度か名称は変更されるが、1908年以降は長く東京女子高等師範学校附属高等女学校。

 東京女子高等師範学校は中等教育の教員を養成する官立学校の最高峰だった。その教育実践の場として附属高等女学校は存在した。それが現在のお茶の水女子大学附属高等学校である。

 筑波大学附属駒場の成り立ちは複雑難解だ。詳細は省いて結論をいえば、戦前のエリートコースであった東京帝国大学と東京高等師範学校のハイブリッドな系譜を受け継いでいる。

 もともとは地域の農家の子息に対し、農業教育を行う予定であった。いまでも学校の近くに水田があり、中1と高1で水田学習を実施するのはその名残だ。地域の発展に伴いそのニーズが消滅。しかたなく進学校になった。その結果が東大合格率全国1位である。

■古い学校にはそれだけで価値がある

 以上のような壮大な歴史的文脈のうえに、各校の現在の校風がある。

 学校とは、校舎があって教師がいて生徒が集まればできる無機質なシステムなのではない。ひとの成長に時間が必要であるのと同じように、学校も時を経て成熟するものなのだ。逆にいえば、古い学校は、それだけで価値がある。

「時代は変化しているから教育も変化しなければいけない」というのは半分正しくて半分間違っている。時代の変化とともに、人々に求められる能力はたしかに変化するが、人間の本質が変わるわけではない。

 教育をいじるのであれば、どこを変えるべきで、どこを変えてはいけないのかを明確に区別しなければならない。不易と流行である。建学の精神や教育理念など、不易の部分を変えてしまったら、その学校はその学校でなくなる。

 外圧によって名門校をいじり回すことは、樹齢数十年・数百年という大木にチェーンソーの歯を当てるようなもの。その罪深さは誰でも直感できるだろう。やってしまってからでは取り返しがつかない。社会的な大損失を意味する。

 翻って、我が国の教育。何が不易で何が流行か。巷の教育議論を聞いていると、流行の部分に関しては十分な議論がされているように思う。しかし不易の部分については十分な議論がされているようには思えない。

 いまこの国に、本当に「教育危機」が存在するのであれば、それは子どもたちの学力低下や教員の質の低下などではなく、本質的に、教育における不易が十分に議論・理解されていないことだと私は思う。

(おおた としまさ)

関連記事(外部サイト)