「1万円くれれば本番OK」「現役CAが働く店も」 “摘発ラッシュ”が続くメンズエステ業界 リスクがあっても人気のワケは…?《人気店が風営法違反で摘発》

「1万円くれれば本番OK」「現役CAが働く店も」 “摘発ラッシュ”が続くメンズエステ業界 リスクがあっても人気のワケは…?《人気店が風営法違反で摘発》

摘発された店舗のホームページ

「まずいと思ったが、業界で生き残るためだった」(奥田圭一容疑者)

 違法なメンズエステ店を経営したとして警視庁は4月6日、経営者の奥田圭一容疑者(54)と性的サービスを提供した20代の女性セラピストを風営法違反(禁止地域営業)の疑いで逮捕したと発表した。

 店は、性的サービスが禁止されている渋谷や恵比寿、麻布十番のマンションなど都内計7カ所で、「スパマリアーム」「アロマ・フランドール」などの名義で営業していたという。メンズエステは近年急激にブームとなり、店の入れ替わりが激しい。そんななか同店は7年以上営業を続ける“老舗店舗”だったようだ。

■「素人感」を売りにするメンズエステ

 全国紙社会部記者が語る。

「昨年頃から都内以外にも札幌や福岡、神戸などの繁華街を始めとして、全国的なメンズエステの摘発ラッシュが続いています。奥田容疑者はこれまで『5億円以上売り上げた』と供述しており、激戦区である渋谷でも有数の人気店舗だったようです。店のホームページには『風俗店ではないので、性的なサービスは一切しません』とありますが、実際には奥田容疑者が女性セラピストに性的サービスをするように指示を出していました」

 メンズエステとは一般的には男性向けの痩身や脱毛エステサロンのことをいう。しかし、最近ではマンションの一室などを使って、女性セラピストがオイルマッサージなどのリラクゼーションサービスを施す場合を指すことも多くなっている。このタイプのメンズエステでは、店舗によってはオプションでセラピストの女性の衣装を指定できるサービスもあるという。

 もちろん風俗店とは異なるので、性的サービスの提供は風営法で禁止されている。だが一方で、実際にはセラピストとの交渉次第で“サービス”を行う店も少なくない。「風俗店よりも“擦れた”雰囲気の女性が少なく、素人感を売りにしている店舗が多い」(同前)という。

 なかでも摘発されたエステ店は「本番行為ができる」とネット上でたびたび噂があがるほどの有名店だったようだ。摘発の舞台となったこの店に客として訪れたことのある40代男性が話す。

■鼠径部のマッサージになると、局部を直接触られ…

「私が渋谷の店に行った時のセラピストは清楚なイメージとは違って、ド派手なメイクのギャルでした。素人感を売りにすることの多いメンズエステでは珍しく、ちょっと驚きました。料金は90分1万8000円の基本料金と、『マイクロビキニ』のコスチューム料金5000円を足した金額だったと思います。ただ、その女性は愛想が悪いし、マッサージもペタペタと肌を触るだけで押しが弱かった。正直、最初はハズレを引いたとがっかりしました。

 ただ、うつ伏せでの鼠径部のマッサージになると、局部を直接触られ、『あれ?』と思いました。その後、四つん這いの姿勢になったのですが、紙パンツからはみ出した局部を撫でるように直接触られました。そのうち『1万円くれればゴム有りなら本番できるけど、どうする?』と向こうから提案されたんです。

『ネットで見た噂は本当だったのか』と驚きました。店はメンズエステの店舗によくある綺麗なワンルームという感じではなく、古臭い広めのマンションの一室に複数の部屋がある感じでした。他の女性キャストも出勤していましたし、壁も薄そうなので音漏れが心配になりましたが、相手は気にする様子もなかった。室内の共用廊下もお互い素っ裸のままで、シャワー室まで移動しましたね。気に入った客とはそういった交渉をしているようでした」

■セラピストと「2万円で本番」と交渉してみると…

 こうした本番行為は極めて稀なようだが、最近では“パパ活”からメンズエステに移動し、性的サービスに最初から抵抗がないセラピストもいるという。前出とは別の50代男性客が話す。

「コロナ禍でフライトが減ったせいか、中には現役CAが働く店舗もあります。元々パパ活をしていたけれど、毎晩体を重ねる生活に疲れ、自分で客を選べて、軽い性的サービスでも満足してもらえるメンズエステで働き始めたようです。

 実際に性的なサービスをお願いしてみると、『どれぐらいの値段が相場なの?』と逆に聞き返され、『本番で2万』と言ってみると即OKで驚きました。相場は色々ですが、そもそも性的サービスなんてNGというセラピストがほとんどです。応じるといっても『10万円』とか吹っかけてくるセラピストもいるなかで、驚きました」

■風俗店にはないメンズエステのメリットとは…?

 某メンズエステの店舗経営者が語る。

「今はコロナ禍で出演料が下がったためか、『割に合わない』とAV女優がメンズエステに流れてくることもあります。風俗嬢も濃厚接触を避けるためにこの業界に参入してきている。なかには“裏オプション”のメニュー表が書かれたクリアファイルを客に見せるような店もあり、『店側の明確な指示』が窺えることもありますね」

 人気セラピストの場合は予約が数日先まで埋まっていたり、平日昼間でも数時間待ちが珍しくない店舗もあるなど、いまメンズエステ業界は未曽有の“好景気”という。

 人気の理由は、セラピストと客のそれぞれに従来の風俗店にはないメリットがあるからだ。前出の店舗経営者が続ける。

■札束を見せびらかしてくる超有名芸人も…

「セラピストからすれば、メンズエステは客に触られたりすることはありますが、性的なサービスを強制されることはない。嫌なら客を出禁にすればいいだけです。お酒もあまり飲めないし、キャバクラやガールズバーでは働きたくない。だけど風俗はコロナが怖い……そんな理由で、手軽に応募してくるセラピストも増えました。

 そのうえ、最近はリモートで仕事ができるようにもなったので、出勤時間中に文字通り“ダブルワーク”で稼ぐツワモノもいます。施術中に仕事の電話が鳴らないか、冷や冷やしながらやっているようですが(笑)。女子大生もリモートで授業が受けられるようになったせいか数が増えましたね。テレビ局が集まる六本木エリアなどでは芸能人の利用も多く、『お笑い芸人に会いたい』といった理由で、店舗を選ぶセラピストも多いようです。

 実際、芸能人が客としてどういう対応をしたかセラピストを通じて聞くことも多いですよ。超有名芸人が店に入るなり『この金でヤれるの?』と札束を見せびらかして、『嫌だ』といったら不愛想に帰っていったとか、『俺のこと知ってる?』と控えめに尋ねてセラピストの反応を試すとか、自分のモノを見せびらかす俳優さんもいると聞きました。

 客側にもメリットはあると思います。メンズエステは原則、性的サービスは禁止ですが、客のコミュニケーション能力次第ではそういったサービスまで持ち込むことができるケースも少なくない。風俗とは違って、自分の力で美女を“落とした”という感覚がウケているのだと思います」

■「普通の会社員」が副業で始めるケースもある

 また、店を始める側も“副業”として手軽にできると評判なのだという。

「普通のマンション一室を契約し、タオルやマット、紙パンツ、オイルなどを買えばすぐに始められ、初期費用が少ない。それを揃えるのも面倒であれば、店ごとサイトで売買するケースもあります。

 ワンルームにセラピストが1人で、施術は1回90分以上がほとんどのため、客の出入りが少ない。結果的にコロナの感染リスクも少ないため、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の最中でも、売り上げが落ちなかったと聞きます。風俗店というとどうしても裏社会が絡むイメージもありますが、メンズエステは一個人が勝手にマンションを借りてやるだけなので、普通の会社員が副業として始めるケースもあるようです。

 ただ、手軽とは言っても客から電話があればすぐに出なければいけませんし、セラピストがトラブルにあったら対応しなくてはいけません。また、セラピストが稼ぎたいがために勝手に性的サービスを行えば、今回のような摘発のリスクもあります。店が多すぎるため差別化が難しい側面もある。

 なかには穿くタイプではなく、結ぶタイプの紙パンツを使い、四つん這いの施術の時だけ紙パンツをとる、なんていう“工夫”を凝らして客の欲望を刺激する店もあります。実際にその紙パンツを使い始めてから人気店になっていました。ただ、過激すぎても摘発リスクがありますから、ウチではセラピストが勝手なことをしていないか、ネットでマメに口コミを確認するようにしています」(同前)

 急速に広まったメンズエステブーム。全国的な摘発ラッシュが進むなか、ブームは今後どういう結末を迎えるのだろうか?

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)