2018年を騒がせた「黄色いベスト」運動 土曜日だけの不思議なデモ

2018年を騒がせた「黄色いベスト」運動 土曜日だけの不思議なデモ

12月15日、ベニヤ板の上に「開店中」だと知らせる貼り紙が 筆者撮影

 2018年末のパリの金曜日は、毎週台風襲来の前夜のようだった。テレビカメラは週末に「黄色いベスト」がどこに来るか、どれくらいの規模になるのかをこぞって予想し、店はショーウインドウに厚いベニヤ板を打ち付けて、固唾を呑んで待っていた。

■金曜の夜でさえ、レストランは一杯

 1968年の「5月革命」の時には、ソルボンヌ大学やオデオン座などが学生や労働者たちに占拠されて、学生街カルチェラタンには連日バリケードが燃えていた。1995年11月の「年金改革反対」運動の時には1カ月以上、メトロもバスも止まった。しかし「黄色いベスト」は土曜日だけ。ストライキではないので平日は皆働いているのと、地方から上京する参加者が大半だからだ。それで、金曜日の夜でさえもまったく普段と変わらず、レストランは一杯で、集まった客たちはワイングラスを傾けている。

■「燃料税の増税反対」は“最後の一滴”にすぎない

「黄色いベスト」運動は、10月頃から、地方のラウンドアバウト(環状交差点)の占拠から始まった。燃料税の増税への反対で、地方は車で移動しなければいけない、だから切実な問題だったのだ。その映像や訴えがSNSにアップされて、全国に広がった。政党や組合、有名人が呼びかけたわけではない。高速道路の料金所の占拠、石油基地や大型スーパーの入り口封鎖などが次々に起きた。

 そして11月17日に、一部がパリへやってきた。「第1幕」の幕開けだった。11月24日の「第2幕」で、シャンゼリゼにバリケードが築かれ、車が燃やされた。12月1日の「第3幕」では、シャンゼリゼに警察による警備を集中して、彼らをその中に閉じ込めようと試みた。だが、そのために端のほうに位置するエトワール広場へ群集が集まり、周囲の大通りに溢れる結果となった。広場の中心の凱旋門は破損してしまい、その映像が世界中へ流れた。

「第2幕」と「第3幕」の間の11月27日に、マクロン大統領がテレビの前で原発削減やエネルギー転換などの環境対策を語った。環境税反対で始まった運動だったため、その答えを出したつもりだったのだろう。だが、エリート学校の口頭試問のような演説は、庶民との乖離をあからさまにしただけだった。

 燃料税は最後の一滴となって、庶民の怒りをあふれ出させただけにすぎない。「まじめに働いても、一向に生活に余裕が生まれない」という怒りだ。しかも、燃料税の引き上げ分は環境対策に使うというが、実際には2割程度しか使われず、その他は財政赤字の補てんに使われる。マクロンが最初に廃止した金融資産への富裕税を復活すれば同じだけの税収が入る。そういうことは、庶民にも知れわたっていた。

■「デモ隊が暴徒化した」のウソ

 よく「デモ隊が暴徒化した」と言われるが、決してそうではない。破壊略奪を目的とする暴徒が便乗しているのだ。「黄色いベスト」運動に限らず、ここ数年、デモには必ずこのような暴徒が紛れ込んで、特に解散地点で暴れまわっている。

 暴徒には「ウルトラ」「ブラック・ブロック」「カッスール」の3種類がある。「ウルトラ」は極右、「ブラック・ブロック」は極左で、「カッスール」は郊外の団地などに住む若者を中心とした略奪を目的とする人々である。三者はバラバラなのだが、現場で暴力という一点で連携する。

 なお、「極右」といっても、マリーヌ・ルペン党首の「国民連合(旧国民戦線)」ではなく、ネオナチのような人々だ。また「極左」も、大統領選挙の候補になったメランション氏の「不服従のフランス」や共産党・トロツキスト政党とは違う。

「第4幕」となった12月8日。前回の反省から警備を集中せずに移動しやすくし、検問を厳しくして、1220人が連行された。それでも暴徒は現れたが、「第3幕」よりも被害は少なく「今日は、カオスが勝利しなかった」(パリジャン日曜版12月9日)。

 この頃、ブルターニュ地方ではガソリンの販売量が制限され、地方のスーパーマーケットで食料などが品薄になっているというニュースが流れていた。おまけに、トラック運転手のストライキも予定されていた。流通が止まれば、都会は弱い。家人は1968年の「5月革命」を経験していることもあって、ウチでは食料の買いだめをした。トラックのストは回避され、とりあえずは杞憂に終わったが。

 1968年の「5月革命」の頃は、ずいぶん気の利いたポスターや落書きがあったものだ。しかし、今のパリには全くない。スプレー塗料で「マクロン辞めろ」などと書きなぐった落書きがあるだけだ。

■パリジャンの見出しは「寒さ一撃 黄色いベストに」

 そして「第5幕」の12月15日土曜日。

 寒い! スマホを見るとマイナス1度。
 
 翌日の「パリジャン日曜版」の一面大見出しは、「寒さ一撃 黄色いベストに」だった。
 
「動員の第5幕はデモ隊の数は明らかに減少し、緊張もずっと弱かった」と続く。確かに、その通りだった。いくつか衝突は起き、催涙弾が発射されたものの暴動には程遠い。暴徒は来なかった。

 デモが終わった後、カルチェラタンに行ってみた。1968年の主戦場だ。銀行にはベニヤ板が打ち付けられていたものの、その他の店はいつも通りで、クリスマス市も開いている。ソルボンヌの前も落書きすらない。静謐そのものだった。

 2019年度の燃料税引き上げ中止だけでは十分ではないと分かった政府は、「第4幕」のあと、12月10日に再びマクロン大統領が登場、最低賃金の引き上げや年金への増税棚上げを発表した。しかし、富裕税復活だけは頑固に拒否した。演説後のテレビ討論会で経済学者のトマ・ピケティは「マクロンは学校で富裕税を廃止すれば経済が上向くと習ったのだろうが、そうじゃないんだ」と批判していた。

■「黄色いベスト」運動はいつ、どんな形で復活するか

 クリスマスを迎え、2018年を終えようとしている現在、「黄色いベスト」運動は、収まったかに見える。しかし終わったわけではない。「黄色いベスト」運動は、ピケティの言う「格差」、いや、もっと前からの、1995年にシラク氏がスローガンにして当選した「社会の亀裂」がいよいよ限界点に来てしまったという構造的なものに由来しているからだ。

 いつ、どんな形で復活するのか?

 高校(バカロレア改革など)、大学(外国人授業料値上げ)、農民、運転手、建設業者、民間救急車……それぞれの要求と運動がある。それが合流するのだろうか。

 あるいは、来年5月の欧州議会選挙に収束するのだろうか。

 まだまだ誰にも先は読めない。

(広岡 裕児)

関連記事(外部サイト)