アジア人男性は“敬意に値しない”、“性的に劣っている”…? ウィル・スミスの“ビンタ事件”が夫婦喧嘩をヒートアップさせた表象のはなし

アジア人男性は“敬意に値しない”、“性的に劣っている”…? ウィル・スミスの“ビンタ事件”が夫婦喧嘩をヒートアップさせた表象のはなし

司会のクリス・ロックを平手打ちするウィル・スミス ©getty

 アカデミー賞で、妻の脱毛症の容姿を揶揄したコメディアン、クリス・ロックに怒りのビンタを浴びせたウィル・スミス。この問題が大きく論じられた背景には、「メディアでの人種の扱われ方」の変化があると、ハーバード大学医学部助教授の内田舞さんは考えます。(全2回の1回目/ 続きを読む )

 2022年アカデミー賞授賞式から1週間以上経ちましたが、未だにウィル・スミスのビンタをめぐって話題が絶えません。様々な思い出を突くトピックだったためか、多くの著名人が強い意見を表明しましたが、当事者からはほど遠い我が家でも「どんな状況であっても暴力はあってはならない」と主張する夫と、「暴力は反対だが、傷つけられたときには笑って耐える必要はなく、怒りを表現してもいいし、容姿や病気のジョークは許容されるべきではない」と主張する私のヒートアップした夫婦喧嘩が繰り広げられ、息子達を心配させてしまいました。

 ステージ上でビンタをしたウィル・スミス、髪を伸ばせない脱毛症の容姿を揶揄されたウィル・スミスの妻ジェイダ・スミス、そして容姿をネタに笑いを取ろうとしたクリス・ロック。クリス・ロックとウィル・スミスのどちらが悪いのか、言葉の暴力と身体的な暴力のどちらが問題か、などなど話す人それぞれの価値観を投影して多くの意見が交わされた背景には、近年一段と進化を遂げた「メディアの中での表象」があったのではないかと思うのです。

■「メディアを通し、どのような男性像を映し出すべきか」

 この数年、アメリカメディアでは「Toxic Masculinity(毒性のある男らしさ)」の呪縛を次世代に引き継がせないためには、メディアを通してどのような男性像を映し出すべきかといった議論が盛んにされています。

 例えば、2019年のNFL(ナショナルフットボールリーグ)最高峰のスーパーボウルの中継で、高視聴率を獲得した髭剃りメーカー・GilletteのCMが話題になりました。今まで男性が笑って見過ごしてきたセクシャルハラスメントや暴力のシーンが次々と映し出され、これからの男の子たちが男らしさの呪縛から解放されて育つために大人の男性がどのようなロールモデルになるべきかといったことを示唆する、未来に向けて希望を感じる感動的なCMでした。

 また、ジェイダの髪型についても、病気の有無に関係なく、髪、皮膚、体形というのは人それぞれで、画一的な美しさが提示されるべきではないという文脈で語られることも多く、実際に“Beauty comes in all shapes and colors.(美はあらゆる体形と肌の色に宿る)”というフレーズをよく耳にします。洋服店には様々な体系のマネキンが並び、ウィニー・ハーロウ(Winnie Harllow)という白斑のあるアフリカ系アメリカ人モデルがVogueなどのトップファッション誌モデルを務めたり、車椅子に乗ったバービー人形も発売されるなど、多様な美を目にするようになりました。

 このように男性らしさの表象、多様な美しさの表象が日々議論される時代だからこそ、今回の件はこれだけの反響があったのかもしれません。

■アメリカメディアで見るアジア人男性の表象

 漫画や映画、さらにニュースやスポーツの中継さえも、メディアに表れる表象は社会と直接、深く繋がっています。社会の中の思想や常識が結晶化されてメディアにおける表象を生み出し、そこで目にするイメージが視聴者や読者の考えやイメージ形成にも無意識に影響を及ぼすものです。ジェンダーロールや美しさの定義などはまさにそのひとつですが、アメリカでは人種の表象についても考えさせられることが多々あります。

 例えば、アジア人男性の描かれ方。ハリウッド映画では長らく、日本人だけでなくアジア人男性は馬鹿にされる役柄として描かれがちでした。

 もちろんブルース・リーがカンフーのポーズで登場するような、極端なオリエンタリズム的な眼差しを感じさせる映画もありましたが、オードリー・ヘップバーン主演の『ティファニーで朝食を』に登場するミスター・ユニヨシという日本人役の描かれ方もまた典型的です。

 演じているのは白人の役者ですが、顔は黄色く塗られ、目は細く吊りあげられ、鉢巻に眼鏡、出っ歯の付け歯、しょっちゅう物にぶつかっては笑われたり、ただ馬鹿にされるためだけに描かれたキャラクターです。オードリーが演じる女性ホリーがアパートの鍵を無くしては夜中にミスター・ユニヨシのドアベルを鳴らし、アパートビルの中に入れてもらう。そのたびに「夜中起こされるのは困る」と怒るミスター・ユニヨシは、「こんど私の写真撮らせてあげるから」とホリーに宥められると、期待と興奮の笑みを浮かべるが、実際撮らせてもらえることはない。そんな恵まれないミスター・ユニヨシの映画シーンを見て、アメリカ人の多くは大笑いしました。

 同じように80年代前半生まれの私世代が90年代に見たティーン映画『Sixteen?Candles』の中では、留学生のアジア人男性は女の子からは相手にされない、箸にも棒にもかからないお笑い役として描かれていました。またこのキャラクターの名前が、英語のスラングで「長い性器」という意味をもじったものだったりして、アジア人の性器が小さいというステレオタイプを笑っているわけです。

 このように「敬意に値しない」「脅威ではない」「性的に劣っている」が長らく、アメリカ社会におけるアジア人男性の描かれ方として定着していました。そしてこうしたメディアにおける表象は、メディアの中だけの(悪い)ジョークにとどまらず、実社会でのアジア人男性の扱われ方にも悪影響を及ぼしました。

■“理想的な非白人”とは誰にとって理想的?

 19世紀後半から増えていった東アジア系アメリカ人ですが、労働力として雇われた際、文句を言わずに低賃金でいい仕事をするという評判で、Model Minority(理想的なマイノリティ)と呼ばれました。

 また、第二次世界大戦の日系アメリカ人強制収容施設の歴史です。家や土地などを収用され、医療や暖房が行き届かない強制収容施設での生活を「我慢」を合言葉に生き延びた――その忍耐強さの象徴として、日系人は「なんて理想的な人種なんだ」と語られることがあるのです。アジア人に低賃金で重労働させ、不当な理由で強制収容を強いた側の人達が、「文句を言わないでやっているから理想的だ」と賞賛するモデルマイノリティという言葉は、私は違和感を抱かずにはいられません。そもそもそこで語られる「理想的」とは、いったい誰にとって理想的なのだろうと考えさせられてしまいます。

■アジア人へのヘイト暴力とStop Asian Hate運動の発足

 コロナ禍でのアジア人に向けられたヘイトがこれだけの件数があったのも、いじめても文句を言わないモデルマイノリティのイメージがあったからという理由も大きいと分析されています。コロナウイルスが中国の武漢で発見されたことで、中国人(あるいは中国人のように見える人)は新型コロナウイルスに感染しているのではないかという疑いや、パンデミックが続く責任を中国人が負うべきだといった考えを理由に、アジア人が暴力を受ける事件が多数発生しました。

 サンフランシスコで84歳のタイ系アメリカ人男性が地面に押し付けられ殺害された事件や、アトランタでアジア系のスパが3軒襲撃され、アジア系女性6人を含む8人が銃殺された事件など、パンデミック中にアジア系に向けられたヘイトクライムは2年弱の期間で1万件を超えました。

 しかし、パンデミックが起きたのが、日系アメリカ人の収容が合法であった1940年代や、『ティファニーで朝食を』が作られた1960年代、『Sixteen Candles』が製作された1980年代でなく、2020年代で良かったとも思わなくもありません。2020年にはパンデミックのさなかのアジア人へのヘイト暴力に対抗して、「Stop Asian Hate」運動が発足され、多くの非アジア人の賛同も得られたからです。

■「Stop Asian Hate」運動と「Black Lives Matter」運動

 Stop Asian Hate運動が得たモメンタムには、Black Lives Matter運動が大きく貢献したと感じています。Black Lives Matterとは無実の黒人が警察によって殺害される事件が相次ぐアメリカで、警官からの黒人差別への抗議運動ですが、特に2020年5月のジョージ・フロイド氏殺害事件がきっかけとなり、多くの支持者を得ました。

 黒人であるジョージ・フロイド氏が無抵抗で「息ができない」と何度も訴えたにもかかわらず、警官がフロイド氏の首に膝をかけたことで圧迫死する映像は、黒人だけでなく多くの人の怒りを呼び起こし、他人種と比べて4倍の頻度で警察に暴行される黒人が晒される構造的人種差別に対して絶対に許容しない、そして人種差別を受けている人のAlly(本当の意味でのサポーターになる)であることがあるべき姿だとはっきり掲げられたことが、黒人差別だけでなく、アジア人へのヘイトクライムの対応にも拡張されたところがあったと思います。

 アジア人へのヘイトクライムの報道があると、私の職場の部署のチーフは「どうしてる? 心配なときや自分のアイデンティティについて支持を受けられていないと感じたらいつでも言ってほしい」と声をかけてくれたり、友人から「今アメリカで起こっている人種差別は続いてはならない。もしあなたが嫌な思いをすることがあれば、いつでも話してほしい。子ども達ともアジア人とは、日本人とは、とあなたの家族のことを話して考えたよ」と人種差別に関する子どもたちへの教育の会話を報告してくれたりしました。また、街中にStop Asian Hateと書かれた看板が貼られました。

 100年以上にわたって「モデルマイノリティ」と呼ばれ、差別を容認されてきたアジア人への対応がここまで進化できたのは、長年のアジア人の努力と問題提起があったからであり、アメリカに住む日本人の私は、先人の努力に本当に感謝しています。この社会変化と共にアメリカの中でのアジア人男性の表象は大きく変わり始めました。

『ティファニーで朝食を』はアジア人蔑視があるから放送禁止にすべき? 過去の差別表現に“うまく”答えたディズニーの方法 へ続く

(内田 舞/文春新書)

関連記事(外部サイト)