『ティファニーで朝食を』はアジア人蔑視があるから放送禁止にすべき? 過去の差別表現に“うまく”答えたディズニーの方法

『ティファニーで朝食を』はアジア人蔑視があるから放送禁止にすべき?  過去の差別表現に“うまく”答えたディズニーの方法

©?iStock.com

アジア人男性は“敬意に値しない”、“性的に劣っている”…? ウィル・スミスの“ビンタ事件”が夫婦喧嘩をヒートアップさせた表象のはなし から続く

 アカデミー賞で、妻の脱毛症の容姿を揶揄したコメディアン、クリス・ロックに怒りのビンタを浴びせたウィル・スミス。この問題が大きく論じられた背景には、「メディアでの人種の扱われ方」の変化があると、ハーバード大学医学部助教授の内田舞さんは考えます。(全2回の2回目/ 前編を読む )

■ミスター・ユニヨシの表象への批判は失礼?

 アジア人差別を含む映画の表象に問題提言をした論文や記事などはたくさんありますが、特に白人の視聴者からは『ティファニーで朝食を』という名作を批判して、この表現を差別だと呼ぶなんて、映画に関わった人達、頑張って演じた役者に失礼だ、などという反応もあったそうです。

 しかし、このように特定の人種への差別が表象されることの問題は、映画製作者や役者個人の判断として問えるほど単純なものでもありません。そもそもキャラクターの表象には、その時代における意識も大きく作用するもので、ひとりの製作関係者の判断の背景には、社会の常識、社会の集合的無意識のようなものもあるはずです。アジア人男性を馬鹿にするような表象を特に問題視しない常識が社会で共有されていれば、映画製作者も消費者も、仮に映画作品の中で差別的な表現がなされていても、それを差別だと認識できないでしょう。現に1961年の映画公開直後、New York Timesはミスター・ユニヨシのコメディを賞賛しました。

 また、映画で日本人男性(またはアジア人男性)が馬鹿にされている姿を多くの視聴者が目にすることによって、社会で現に共有されている「アジア人男性は馬鹿にしてもいい」という常識がさらに強まることもあるでしょう。

 このように、メディアで目にする特定の人種に関する描写は社会の中でその人種がどのように扱われているかの表れであり、その描写はさらに社会へ影響を及ぼすものでもあって、メディアの中の表象と社会における扱われ方は相互に影響しあう側面があります。その相互作用に気付く努力をしない限り、結局のところ苦しむのは「馬鹿にしてもいい」という常識が人々に共有され、馬鹿にされ続けるアジア人男性です。

 このようなアジア人の表象に関して、ハリウッド、そしてアメリカのメディアは、何十年にもわたる批判を受けて、やっと最近少しずつ変わってきているのを感じます。

■表現の自由を守るためにこそ表象の議論が必要

 アジア人男性のステレオタイプな表象に関して考え直そうという動きに対しては、「映画やアニメ製作者が規制を受けなければならないのか」「それは表現の自由を侵すのではないか」という意見も、特にアメリカの白人社会から出ています。「表現の自由」は自由社会と民主主義を支える根本なので、芸術やテレビ番組の表現に対する政府による大きな規制には、私も賛成できません。表現の自由は保たれるべきだと強く信じています。

 しかし、芸術や言葉を通しての表現の自由は誰にでも保障されているからこそ、メディアや芸術を通しての差別表現には、一人ひとりの視聴者に責任があるともいえると思うのです。一人ひとりが差別表現に気付く努力をして、議論を蓄積していかなければならないと思うのです。

 アメリカにおける「表現の自由」に関する法律や法的な規制も、『ティファニーで朝食を』が製作された1961年当時から大きく変わっていません。アジア人男性を差別したり、搾取する表現に関してはアメリカ政府が規制したのではなく、社会からの問題提起があり、多くの人の議論、気付きの連鎖とその蓄積によって大きな変化が見られ始めたのです。

■差別を含む映画は放映しない??

 近年、作家や映画監督など表現者が、過去の差別発言の責任を遡って問われ、作品上映や発表の機会を失う「キャンセルカルチャー」の動きが目立つようになってきました。キャンセルされることに関しては、その引き金となった差別的な言動がどれだけ人を傷つけたかなど、加害の程度を考え、それぞれの言動ごとに異なった細やかな対応が必要かと思いますが、もし過去の差別的言動のすべてが無条件に作品のキャンセルに繋がってしまうのであれば、それはとても残念なことです。

 また逆に、「昔はこのくらいの発言は許されていた」などと失言の問題点を認識も反省もせずに受け流すパターンにも賛成できません。この課題にうまく応えていると感じるのがディズニーの提言です。

 最近、1955年に上映されたディズニー映画『わんわん物語』を子どもたちと観た際、上映前に「この映画には特定の人種を差別的に描く表象が含まれています。それを削除するのではなく、議論のきっかけにできればとそのまま上映します。ディズニーは、これからは世界の様々な人の経験を描く映画作りに貢献していきます」というメッセージが流れたことに気づきました。

 どのシーンのことだろうと本編を観てみると、2匹のシャムネコが登場しました。シャムネコは出っ歯で目が吊り上がり、アクセント付きの英語で喋り、美しい上流階級の白人が飼う犬をからかって、豪邸をめちゃくちゃにしてしまう悪役でした。欧米社会で東アジア人が悪印象をもって描かれる際のイメージを猫に投影させたものです。上映前のこのメッセージがなければ、うっかり見過ごしてしまったかもしれません。あるいはアジア人として嫌な気持ちを抱いたかもしれません。

 でもその提言があったおかげで、夫や子どもたちと一緒に、私はシャムネコの表象から、アジア人とアメリカ社会との関係性を議論することができました。また、昨年発表されたディズニー作品を観てみると、東南アジアのドラゴンの伝説を描く『ラーヤと龍の王国(Raya and the Last Dragon)』、 南イタリアの海岸の街が舞台の『あの夏のルカ(Luca)』、コロンビア内戦後の魔法使いの一族の物語『ミラベルと魔法だらけの家(Encanto)』、中国系カナダ人の親子関係を描く『私ときどきレッサーパンダ(Turning Red)』など、まさに世界の様々な場所で生きる様々な人々のストーリーが作品化されていることに気づきます。

 許容するのでなく、罰するのでもなく、過去の作品の表象や作者の差別的表現を今の時代感覚に照らして捉え直し、それを議論のきっかけに、さらに多元的に表象を変化させていくような、未来へのステートメントに繋げる方法の広がりを願っています。

■近年のアメリカのアジア人の表象

 ではアジア人の表象はどう変わり始めたのか、私が好きな『Never Have I Ever』というインド人家族を描くドラマのストーリーをご紹介したいと思います。このドラマは、高校2年生のインド系アメリカ人のデヴィを主人公とするコメディですが、デヴィのお父さんが急死してしまった後のデヴィの高校ライフを描きます。愛するお父さんを亡くしてしまった悲しみを上手く表現できないデヴィがセラピーを受ける姿や、インドから移民した一世のお母さんとアメリカで育ったデヴィの価値観の衝突などのヘビーなテーマも扱いますが、個性的な親友二人との友情や、学年のなかで成績1番を争うライバルとの掛け合いや、憧れの男の子との恋愛の話もあり、面白さと真剣さのバランスが絶妙なドラマです。

 このドラマでは、高校一かっこいい男の子で水泳部のエースという役柄が、Paxton Hall-Yoshidaという日系ハーフだという設定で、またPaxtonの日系アメリカ人の「おじいちゃん」(ドラマ内でも日本語で「おじいちゃん」と呼ぶ)も老人ホームで一番の人気者という設定です。

 Paxtonが学校で「自分の祖先の苦難について調べて発表する」という課題のためにおじいちゃんからもらった物を見ていたら、日系アメリカ人収容所の葉書を見つけます。「おじいちゃん、収容所に入ってたこと、知らなかったよ」とPaxtonがおじいちゃんに話しかけると、「あまり話したいと思う過去じゃないけれど、実際に起きたことだと忘れられないように、自分のような人が次の世代の人たちに話していかなきゃね」という会話になりました。

 日系の男性が「かっこいい」男性として描かれる機会が今まで少なく、このようなドラマが出てきてくれて良かったと思っています。また、一面的な容姿のかっこよさだけでなく、日系人としてのストーリーラインも入り、それも彼のかっこよさの一部として捉えられる描かれ方に好感を持てました。

■カラフルになり始めているアジア人の表象

 今までのハリウッド映画に描かれるアジア人キャラクターといえば、面白いパンチラインを言うサイドキャラが多かったにもかかわらず、この数年のうちに、キャラクター一人ひとりが深みのある登場人物として描かれ、アジア人の家庭やアジア人同士の友情を描くドラマや映画も増えてきました。

 最近ではポン・ジュノ監督の『パラサイト』がアカデミー作品賞を受賞し、少しずつアジア発の作品の受容にも変化がみられることを感じます。2022年のアカデミー賞には日本映画の『ドライブ・マイ・カー』も外国語映画作品賞を受賞しただけでなく、作品賞にもノミネートされました。アメリカ国内で製作された映画におけるアジア人キャラクターの表象に変化が見られることも前進ですが、韓国や日本発の作品がアメリカで受容されることもまた大きな意義を持っています。

 これまで縛られていた画一的なイメージから解放され、アジア人の表象がカラフルになり始めている。アジア人自身のみならず他人種の人もまたそのカラフルな表象に触れることを通じて、アメリカ社会に生きるアジア人のあり方、人々のアジア人への眼差しも変化していくのだと思います。

 コロナ禍でアジア人に向けられたヘイトに対してStop Asian Hateムーブメントが生まれた背景には、アジア人差別の存在を社会が認識するように社会の側が変化したという背景があります。メディアの中でアジア人の表象が変化したことは、まさにそうした社会の変化の表れであり、それがまた社会の変化を促した。人種やジェンダーロールの表象とはメディアの中にとどまるものではなく、社会を映す鏡であり、そこに映る像が変れば社会にも変化が生まれるエンジンでもあるのです。

(内田 舞/文春新書)

関連記事(外部サイト)