《成人年齢が18歳に引き下げ》 “リアル高校生解禁”に抱く業界の本音 「高校生なんてリスキーすぎて…」「本当に危険なのはメーカーではなく…」

《成人年齢が18歳に引き下げ》 “リアル高校生解禁”に抱く業界の本音 「高校生なんてリスキーすぎて…」「本当に危険なのはメーカーではなく…」

成人年齢引き下げに伴う諸問題は国会でも争点に ©文藝春秋

 4月に施行された改正民法で、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられた。それに伴い、“高校生のAV出演解禁”の危険性を指摘する声が相次いでいる。以前から18歳以上で本人の同意がある場合は高校生でも出演が可能だったが、発売を後から差し止める「未成年者取消権」の行使ができた。

 しかし、改正民法が施行され成人年齢が引き下げられた4月からは、18歳になれば未成年者取消権を行使できなくなる。そのため、AVへの出演を強要されるなど被害が拡大する懸念があり、野党や関係団体からの批判を受けて、政府が緊急対策をまとめるなど大騒動になっている。

■成人ですら親の職業や同意は確認

 こうした騒動に戸惑いを隠せないのが、大手AVメーカーやプロダクションなどの業界関係者だ。大手AVメーカー関係者が語る。

「いま、大手メーカーは基本的に『危険な橋は渡らない』というスタンスです。正直『高校生なんてリスキーすぎて使わねえよ』というのが本音です。撮影代も馬鹿になりませんし、世間からの批判を浴びて発売中止にでも追い込まれたら大赤字になってしまう。今は有名AV男優のハウツーモノとか、女性用AVとか、柔らかいジャンルがトレンドですし『リアルJK』というセンセーショナルさだけでは売れるかはわかりません。今のAVの世界は『若くて可愛ければそれだけで売れる』なんて簡単な話ではないんです。

 ひと昔前のAVで過激な撮影が行われていたのは事実ですが、今は業界全体の“クリーン化”が進められ、可能な限りイザコザを避ける傾向にあります。精液も危ないシーンではコーヒーフレッシュやローションを混ぜて作ったようなニセモノ。本当に子どもができたら誰も責任とれませんから。盗撮もナンパもファンタジーです。

“出演強要”も昔はあったようですが、今は面接でも年齢確認はしっかりとやりますし、未成年での出演はまず無理。成人ですら親の職業や同意は確認しますし、少しでも後々揉めるリスクがあれば面接で落とします」

■成人年齢引き下げによる本当の危険は“裏”の世界に

 今年2月には大手メーカーのプレステージがアパレルブランド『PRESTIGE APPAREL』を起ち上げ、20年には同じく大手のソフト・オン・デマンドが新宿・歌舞伎町に現役AV女優などと飲んで話せる『SOD LAND』をオープンしたことが話題になった。「業界は少しずつ“裏”から“表”の社会に溶け込もうとしている」(前出のAV関係者)といい、「一定の需要があっても、大きなリスクを背負って『リアルJK』に手を出すメリットがあるかは疑問」なのだという。

 むしろ本当の危険はこうした“表”の世界ではなく、法規制の及ばない海外の動画投稿サイトやSNSを通じた個人売買に潜んでいるのだという。

 4月9日には無修正のAVを販売したとして制作会社「マルクス兄弟」社長の柴原光容疑者(53)ら2人がわいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で警視庁に逮捕された。柴原容疑者自身も出演しながら、これまでに350本以上を販売。1億7千万円以上を売り上げていた。

「柴原容疑者は、出演するAV女優をTwitterで10万円〜20万円で募集し、2018年から1本1500円〜6000円で、米国の動画投稿サイト『FC2』に配信した疑いがもたれています。彼は『マルクス兄弟』を1996年に起ち上げ、“表”の世界で妊婦モノを中心に撮影していたベテランです。もともとは映像倫理機構の前身である『日本ビデオ倫理協会』にも加盟していましたが、2003年に脱退。“裏”で配信を続けて、相当稼いでいたようです」(全国紙社会部記者)

 柴原容疑者らは、海外の動画投稿サイトで作品をたびたび配信していた。だが、これは氷山の一角に過ぎないという。最近ではコロナ禍の減収が相まって、こうした法規制が及びにくいサイトでの出演や、SNSでの“割のいい”個人売買も横行しているようだ。“裏”の作品にも出演したことがあるという、20代の現役AV女優が話す。

■“裏”は一般的なメーカーの2倍近いギャラ

「一般的なメーカーのAV作品に比べてギャラが2倍近く高いので、海外に法人やサーバーを置く無修正動画サイトに出演する“表”の女優や風俗嬢が最近増えています。こうした違法動画を楽しむオンラインサロンもある。女優は事務所にバレたらアウトなので、マスクをつけたりして顔を隠していますが……。“表”ではやらないハードな撮影も実際にやっていて、アフターピルを飲んで体調を壊し“表”の仕事がキャンセルになった女優もいるという話はよく聞きますね。

 こちらの世界はリアル女子高生もフツーにいますし、いまでもすでに滅茶苦茶な状態。ツイッターで個人撮影した動画を売り、アマゾンギフト券をもらっているような娘もいます。それでも“未成年”ならそういった行為が摘発されても名前も出ませんし、ある意味でやり直しのチャンスがあった。それが今回の成人年齢引き下げを受けて、自分で責任を取るリスクが大きく上がったように思います。今後もこうした“裏”中心の構造が続くとは思うので、その危険性はあると思います」

■“表”で危惧される激しい競争

 また、“表”の世界でいま危惧されているのは、むしろ職業人気の高まりに伴って起きている厳しい競争の方だという。

 有名AV女優がYouTubeで配信するのが当たり前になるなど、業界が“表”に進出した結果、競争は激化。それだけにデビューすれば“薔薇色の未来”が約束されるわけではない。

「私は1度面接で落ちて、2回目でデビューできました。今はコロナ禍で収入が減ったこともあって応募が多いようで、AV業界はまさに椅子取りゲーム状態。私は20代なのに、“アラフィフ”設定の人妻モノの依頼ばかりです。よっぽど可愛くなければ、パンチがないんでしょうね。黒髪じゃないと、オファーもきません。

■「一攫千金」を狙うには厳しい世界に…?

 元芸能人とかならデビュー作で1000万円以上貰えると聞いたことがありますが、一般的にはデビュー作でも100万円ちょっと。しかも事務所と折半です。自分からメーカーにガンガン売り込んで本数をこなせば月収100万円ぐらいはいくでしょうが、例えば1日で1本を撮影する場合、拘束時間は朝6時から夜22時ぐらいまで。しかも休憩もほぼなく、肉体的には超ハードスケジュールです。そのため、周りでは高級ソープやキャバクラに出戻りする子が多いです。

 身バレのリスクも含めれば、割にあう子はほとんどいないでしょう。今回の高校生AVの問題にしても、『騙されて……』というよりは一攫千金のつもりで自分から業界に飛び込んできた高校生が『思っていたほど稼げない』となってしまうケースの方が起こりやすい気がします。

 ちなみに応募時に面接シートを提出するのですが、そのなかで親の職業を記載する欄があります。1度目の面接のとき、正直にある大企業の名前を書きました。すると面接官に『本当に親は大丈夫なの?』としつこく確認されました。知り合いの看護師も『勤務先にバレたら大変じゃない?』とAV以外の業界を勧められていました。成人でも『勝手に出された』など後からトラブルになることが多いらしく、面接で“危険因子”は排除するようです」(前出・AV女優)

 別の現役AV女優もこう話す。

「私が新宿でスカウトされた時には、『うまくいけば月何百万円も稼げる』とか、『下着やカラコンなどの自分のブランドが作れるようになる』とか、『恵比寿マスカッツのようになれる』などと散々説得されましたが、そんな成功は本当の一握り。また、スカウトからは『プロの人がメイクするから普段の顔とは全然違うし、身バレはしないよ』と言われましたが、男友達から『君でしょ? 辞めた方がいいよ』みたいな面倒くさい連絡がよくきますし、全然、バレますね(笑)」

 “高校生解禁”に揺れるAV業界。こうした懸念は杞憂に終わるのだろうか?

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)