世界が激震した《カトリック教会での性虐待スキャンダル》のいま「フランスで21万人以上の未成年者が聖職者の“餌食”に」「被害者が“風呂セラピー”を告発」

世界が激震した《カトリック教会での性虐待スキャンダル》のいま「フランスで21万人以上の未成年者が聖職者の“餌食”に」「被害者が“風呂セラピー”を告発」

カトリック教会で行われていた性的虐待を隠蔽したとして批判されたポーランドのスタニスワフ・ジヴィス枢機卿 ©getty

 2002年、アメリカのメディアによる報道がきっかけで次々に明らかになっている世界各国のカトリック教会での性虐待問題。2022年4月1日には、19世紀から1990年代までカナダの寄宿学校で、カナダ先住民の子供たちへの虐待があったと、ローマ教皇自らが謝罪した。

 この問題は収束する気配を見せず、いまだに波紋を呼んでいる。

■21万人以上の未成年が聖職者の“餌食”に

 そんななか、特に衝撃的だったのが2021年10月5日、フランスでの調査報告だ。1950年以降、フランス国内では推計21万人以上の未成年者がカトリック教会の聖職者など3000人以上から性被害を受けたことが発覚したのである。

 フランス国内で未成年時に性暴力を受けた被害者の数は累計550万人とされていることから、聖職者や教会関係者から未成年の時に性暴力を受けた人はフランスの性被害者全体の4%を占めることとなる。加害者としては、家族と友人の次に聖職者が多いということがわかったのだ。

 信仰の対象として絶対的な権威を誇り、社会に根差すフランスのカトリック教会で、どのようにして子どもへの卑劣な性虐待が何十年も蔓延してきたのか――。調査をまとめたレポートや海外の報道を踏まえ、実態をお届けする。

 性暴力は、一般的には男子と比べて女子の方が被害に遭いやすいとされている。しかしカトリック教会の聖職者による未成年への性暴力の被害者は、男子が80%、女子が20%を占めており、男子の割合が非常に高いことが特徴的だ。レポートでは、男子の被害者が占める割合が高い理由について、子どもへの性虐待の温床だったカトリック教会の学校が、元々男子校だったことを挙げている。

 被害者の一人は、被害を受けた時のことを以下のように証言している。

「学校にいた修道士は、私を呼び出し、他の修道士がいる前で私を机の上で何度もレイプしました」

 フランスのカトリック教会による性虐待は、13歳以下の子どもが格好のターゲットとなってきた。報告書によると、初めて性被害を受けた年齢は、10歳から13歳が55%と最も多く、次いで9歳以下が22%と続く。同じ被害者に対して、長い時には数年間にわたって性虐待が繰り返されたこともあったという。なお、フランスのカトリック教会による18歳以下の未成年への性虐待は、全世代のうち93%と異常に高い。

 性虐待が行われる環境や状況も多岐にわたる。学校はもちろん、学外のキャンプやスカウトなど、またセラピーと称して行われることもあったという。

■被害者が告発した「内向的な性格を治す風呂セラピー」

 被害者の一人は、「内向的な性格を治すために一緒に風呂に入る」というセラピーを通して、聖職者から性暴力を受けたと話している。中には、家族ぐるみの付き合いがある神父から、被害者の家で性虐待されたという人が何人もいるという。調査レポートは、フランスのカトリック教会には(子どもへの)「性虐待の文化」が存在し、世代を超えて引き継がれてきたと指摘してもいる。

 聖職者からの性暴力を受けた男性が、その後に自身の弟を性虐待したというショッキングな例もある。自身が所属するコミュニティが絶対的な存在として信頼する聖職者たちから受けた性暴力は、被害者の心に甚大な傷を残すのだ。被害者のなかには、信仰心を失うだけでなく、何十年にもわたってトラウマを抱え、自殺をした人もいる。

 何十万人もの被害者を出しながら、フランスのカトリック教会の児童虐待はなぜ長い間表沙汰になることなく続いてきたのか。

 調査報告書を作成したJean-Marc Sauv?氏は、英BBCの取材に対し、「2000年初頭までカトリック教会は被害者に対して完全に、そして残酷なぐらい無関心」であり、「被害者の告発に耳を傾ける人はいませんでした。性的虐待が起こったのは、被害者のせいだと思われてきたのです。被害者の言葉を信じる人はいませんでした」と述べた。

 また、聖職者による児童への性的暴行が行われていながらも、教会関係者たちが「見てみぬふり」をし、場合によってはその事実を組織的に隠ぺいしてきたという実態も、世界各地のカトリック教会に対する調査で次々と明らかになっている。

■「不公平だ」調査に反対するカトリック教会の“悪しき体質”

 2022年1月20日、英ガーディアン紙は、前教皇ベネディクト16世がドイツ ・ミュンヘンで大司教をつとめていた際、子どもに対する性的虐待の過去がある神父をその事実を知りながらミュンヘンの教会の司祭に任命し、結果として新たな被害者を生んだと報道。同神父はのちに投獄されたものの、前教皇ベネディクト16世は適切な処置を講じなかったことで、激しく批判されていた。

 こうした連綿と続いてきた性虐待の歴史。それはカトリック教会の悪しき体質が影響している。

 スペインのカトリック教会でも、少なくとも数百人から数千人の子どもたちが聖職者及び教会関係者から性虐待を受けてきたことが判明しているが、同事案を調べる独立した調査機関を作るかどうかは、各政党で意見がわかれている。しかも、スペインのカトリック教会は調査が進められることに反対。聖職者の一人は、「カトリック教会の事案に絞って調査することは、不公平だ」とまで発言しているのだ。

 各国で、明らかになっていない被害も相当の数に上るだろう。

 調査が進むフランスでは、被害者への補償も始まっている。フランスのカトリック教会は、不動産の売却や寄付を通じて、被害者たちに2000万ユーロもの補償を集めているという。しかしながら、自らの権力と信頼を恣意的に使った子どもたちへの虐待の温床となり、その事実を組織的に隠してきた教会の信頼失墜はまぬがれない。

 カトリック教会は、教会の透明性を高め、同じような被害を二度と起こさないような組織体制を構築することはできるのだろうか。

(佐藤 翠/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)