「『違法捜査はよくてなんでシャブはダメなんだ』って本気で思ってた」覚醒剤密売の“シノギ”で1億円以上の利益を上げた《極悪刑事の素顔》とは

「『違法捜査はよくてなんでシャブはダメなんだ』って本気で思ってた」覚醒剤密売の“シノギ”で1億円以上の利益を上げた《極悪刑事の素顔》とは

覆面パトカーの乗り込む稲葉氏

「ヤラセ捜査のために約40億円の覚醒剤130キロを道内に」北海道警が“重い十字架を背負った”大スキャンダルの裏側《日本で一番悪い元刑事インタビュー》 から続く

 社会平和を守るべき警察と、犯罪行為で治安を乱す暴力団員。相容れないように思える二者だが、“癒着”は枚挙にいとまがない。

 2018年、留置場で知り合った暴力団員と交際していた警視庁の20代の女性警察官による捜査情報漏洩が発覚。

 2021年、40代の神奈川県警警部補は捜査情報を漏らした上で、クラブでの高額接待を受け「暴力団関係者を協力者(エス)にしたかった」と弁解した。

 2022年に入っても、愛媛県警の50代の組織犯罪捜査室長が元暴力団員に情報漏洩するなど不適切な交際があったとして書類送検されている。

■キツいノルマで崩壊した警察の矜持と倫理観

 しかし、“日本で一番悪い奴”である稲葉圭昭(68)が暴力団と癒着して起こした事件の被害規模は、比べようもない程甚大だ。

 1993年、稲葉氏は道警初の拳銃摘発の専門部署となる銃器対策室の初期メンバーに抜擢された。当時、拳銃摘発は警察の最重要課題であり、それは「なんとしてでも成果をあげなければいけない」ものだった。

 そうしたプレッシャーから、稲葉氏を含め刑事たちは“ヤラセ捜査”に手を染めていた。暴力団員などの協力者から拳銃をもらったり買ったりして、摘発の数を増やしたのだ。

「俺は逮捕されるまでに100丁以上の拳銃を押収した。俺を超える数を摘発した人はいないだろうね。でもね、令状取ったり職質かけたりして正規の手続きで押収したのなんて6丁か7丁程度。周りもやってましたよ」

 ヤラセ捜査を重ねるたびに、稲葉氏の倫理観は崩壊していった。2000年には道警が稲葉氏のエスからもたらされた話に乗り、拳銃200丁の押収と引き換えに覚醒剤130キロの密輸を見過ごす“見逃し捜査”をしたこともあった。しかし取引はエスの嘘。拳銃の摘発は叶わずにただ大量の覚醒剤を国内に流通させてしまう大失態を犯すことになった。

 道警内でもひときわ多くのエスを抱えていた稲葉氏は、多額の交際費がかかっていたという。

■交際費を賄うために稲葉氏が行った“シノギ”とは

「エスは正規の捜査にもヤラセ捜査にも必須。上手く付き合うために、道警では組織的に裏金を作ってエスにも充てていました。後でバレて大きな問題になりましたけどね。だから組織として拳銃を東京で買うとなれば、ぽんっと数十万円が金庫から出てきました。

 でも俺のような末端の捜査員には普段、そんな金は回ってこなかった。それでもエスの一人からカタギになりたいから500万円貸してほしいと言われれば貸すしかない。交際費や、エスと会ったり拳銃や覚醒剤を隠しておくアジトの維持費も相当かかりましたね」

 その費用を捻出するために稲葉氏がやったことは、道警の上層部に掛け合うことではなく、覚醒剤の密売だ。稲葉氏がこの“シノギ”を始めたのは1997年頃だったという。

「当時の俺は『違法捜査はよくてなんでシャブはダメなんだ、変わりはしない』と正当化しました。密売は近くで見ていて稼ぎになるな、と知っていましたから。

 シャブは自分のアジトに置いていました。シノギに協力してくれるエスにしてみても、刑事の俺が借りている部屋は安全でしょ。その都度、手に入れたシャブを密売人に渡して売っていた。3、4年で1億円以上の利益はあったと思いますよ。それでも、交際費やアジトの維持費で自分の手元にはほとんど残りませんでした」

■犯行動機は「道警内で目立ちたい、褒められたい」

 稲葉氏は、冒頭にあるような全国の警察で発生している癒着をエスとしていたのだろう。そのような質問をすると稲葉氏は真っ向から否定した。

「癒着はしていませんよ。ヤクザから現金をもらうことはなかったし、捜査情報だって漏らしていない。俺は目の前にある事件を片付けるためにエスを利用していただけなんです。

 エスにしても、見返りを求めるというより、何かあった時に警察の傘下にいた方が便利だと考えていたはずですよ。あくまで利用し合う関係です。エスとくっついて金や女でいい思いをしたいのではなく、道警という組織内で目立ちたい、褒められたいという思いだけだった」

 しかしそんな「利用し合う関係」は、稲葉氏をどんどん蝕んでいく。シノギとして使っていた覚醒剤に手を出してしまったのだ。稲葉氏は「間近でシャブ中を見ていたから、絶対に手は出さないと決めていたんだけどね……」と、バツが悪そうに振り返る。

「映画にもなっていますが、ある時エスがきっかけで仕事を干されたんです。そのエスは、銃器対策室の俺の元上司に『首無し(所有者不明の拳銃のこと)や、おとり捜査をばらすぞ』と脅迫した。すると『稲葉のエスはとんでもない』と道警内で“稲葉おろし”が始まった。これがきっかけで俺はやったこともない産業廃棄物の担当に回されてね……。拳銃の摘発数が多くて目立っていたから、色々なところからの妬みもあったんでしょう」

 そしてこのエスといる時、自暴自棄になった稲葉氏は初めて覚醒剤を打ってしまう。

■初めての覚醒剤は「物凄く良かった。まさにハッピーだよ」

「恥ずかしいことなんだけど、当時は本当にもうどうでもよくなっちゃって。でも最初は自分で打とうとしても血管が出てこなくて上手くいかなかった。それでエスに足の血管に打ってもらったんですよ。

 正直、その時は物凄く良かった。気持ちいいというよりは髪の毛が立ってザーッと全身の鳥肌が立つようなイメージ。宇宙まで飛んでいけそうな気持ちで、嫌なことだらけだったのを全部忘れてしまう。まさにハッピーだよ」

 堰を切るように、稲葉氏は毎日のように覚醒剤を打つようになった。

「ただ、良かったのは最初の数回だけ。あとは打っても泥酔したようにドロドロになるだけで、半ば針を刺すことが目的だった。自傷行為が目的でやっているようなものでした。覚醒剤の使用期間は逮捕されるまでの1年ちょっと。最初の快楽を忘れられなくて毎日やっていたから、逮捕直前の頃にはまともにものを考えられないしろれつも回らないような状態だったね」

■覚醒剤に手を出した自分は全面的に悪い

 2002年7月10日、尿検査で陽性反応が出たため、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕。現職警官の覚醒剤絡みの逮捕は衝撃的で、当時はメディア各社が大きく報道した。関係先のガサで拳銃と覚醒剤が見つかったため、営利目的での所持、銃刀法違反の罪にも問われた。

「法廷では首無し拳銃やエスのことも少し話しました。おとり捜査で何の罪もないロシア人が逮捕された時に裁判で偽証したことも明かしました。そんな最中、当時の上司の一人が自殺しました。その上司に罪をなすりつける形で、道警は体裁を守りましたが……。

 道警という組織には問題点がたくさんあった。成果を上げるためには違法捜査も厭わないとか、隠蔽体質で、部下に責任を擦り付けるとかね。そのことも訴えたかった。ただ覚醒剤に手を出した自分は全面的に悪いし、まずは刑務所でしっかりと罪を償おうと思いました」

 2003年4月、稲葉氏は懲役9年の実刑判決を言い渡され、控訴せずに服役した。刺激的な警察人生を25年以上送った稲葉氏にとって、刑務所での暮らしはかつてない穏やかな時間だったという。

■刑務所や拘置所で「刑事もこんな人ばかりならいいのに」

「刑務所ではいろいろと考える時間が出来て良かったと思っています。景色を見ながら季節の移ろいを初めて感じました。寝る前に壁のカレンダーを見ながら『あと何年だろう』と思ったり、翌日の作業のことを考えたりしているうちに、すぐに眠りに落ちる。刑務所や拘置所のみんなから良くしてもらって『刑事もこんな人ばかりならいいのに』と思っていたな。

 作業は高齢受刑者の介護などでした。ご飯の支度をしたり、おむつを替えたり。同じ作業をしていたのは、あさま山荘事件の犯人と人殺しでしたよ」

 稲葉氏は2011年9月に刑期を終え、翌月に『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』を出版。映画化もされ、周囲は騒がしくなっただろうが、稲葉氏はいまも穏やかな生活を送っている。

「生活のメインは八百屋と惣菜屋です。毎朝早起きして、卵焼きを作ったり、市場に買付けにいったり。本当は、俺にはこういう穏やかな生活のほうが合ってたんじゃないかと思います。

 依存症のアドバイザーの資格もとったので、シャブに限らず、酒やギャンブル、ゲームなどの依存症の人の力になったり、相談する場所を紹介したりすることもありますよ。俺は最近はもう覚醒剤からは抜け出せたけど、シャバに出てきた当初とかはふとしたときに打ちたくなる時があった。ボーッとしていると、すっと考えがシャブに持っていかれてしまいそうになるんだよ。本当に覚醒剤は怖いものなんですよ」

■「道警の闇はまだどこかでくすぶっている」

 刑事としての経験を生かした仕事もあるようだ。

「探偵業。次男と2人で始めました。浮気調査、素行調査、不良社員、いろいろとやっていますが警察という後ろ盾がないので仕事は難しいですね。雪の中、外で張り込むのはもうしんどい。自分は広告塔で実務は次男が頑張っています」

 しかし、華々しく活躍した刑事としての生活に未練はない。稲葉氏は取材を受けた理由についてこう語るのだ。

「やっぱり俺の経験は、語り継いでいかないといけないと思うんです。今の日本にも、刑事に憧れた俺みたいな若い学生だっているでしょう。エスとの付き合いや捜査っていうのは本当に難しい。正直、道警が抱えていた闇はまだどこかでくすぶっているんじゃないかとも思う。俺にできることはただ語り継ぐことです。もう警察には戻りたくないけどね」

 愛猫「ベイビー」を撫でながら、稲葉氏はそう言って少し笑みを浮かべた。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)