「愚民を動している結果に過ぎないのである」日本の元首相・芦田均がウクライナ自治運動を冷たい目で見ていた理由

「愚民を動している結果に過ぎないのである」日本の元首相・芦田均がウクライナ自治運動を冷たい目で見ていた理由

混迷のウクライナで芦田均が見たものとは? 撮影・宮嶋茂樹

 ウクライナと日本の交流は実は戦前からあった。外交官時代の芦田均も、ウクライナ情勢観察のためかキエフの街を訪れている。のちに日本の総理大臣となる彼はそこで何を見たのか? そして当時盛んだった「ウクライナ自治運動」をなぜ冷たい目で見ていたのか?

 芦田均の「ウクライナ訪問記」を、『 物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国 』(中央公論新社)より紹介。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■ウクライナと日本の関わりはいつからか?

 1917年10月レーニンの指導するボリシェヴィキはペトログラードにおいて武力により臨時政府を倒し、ソヴィエト政府を樹立した。ウクライナ中央ラーダはこの暴力による権力奪取を認めず、ボリシェヴィキを非難した。

 また臨時政府の消滅にともない11月中央ラーダと総書記局は、第3次ウニヴェルサルを発表し、「ウクライナ国民共和国」の創設を宣言した。ウクライナは国家の樹立を宣言したが、ロシアとの連邦の絆は維持するとした。

 ただラーダはペトログラードのボリシェヴィキ政権を認めておらず、といってロシア中央に他の民主的政府も存在していない状況ではこれは事実上ウクライナの独立宣言であった。現に当時ウクライナでは中央ラーダが圧倒的な支持を得ていたことからすれば、この時点から独立国ウクライナが存在し始めたといっても間違いないであろう。

 第3次ウニヴェルサルで謳われたウクライナ国民共和国の原則は社会主義的な要素をも含むが、きわめて民主的なものであった。すなわち、言論・出版・信条・集会・ストライキの自由、個人の不可侵、死刑廃止、政治犯の大赦、少数民族の自治の権利、8時間労働、土地の私有の制限、生産手段の規制、戦争の終結などである。

 また領域も上記5県にハルキフ、カテリノスラフ、ヘルソン、タウリダ(クリミアをのぞく)を加えて9県となり、ほぼロシア帝国時代のウクライナの領域を回復した。

 ウクライナの地に中央ラーダの権威が確立されてきたことに各国も注目し、オブザーバーをキエフに送った。とくに英仏は中央ラーダ政府が独墺と独自に和平交渉を行うことを防ぐため、ウクライナ国民共和国を承認し、代表をキエフに送った。

 さてここで日本も少し登場してくる。ウクライナ史学者のジュコフスキーは、英仏など連合国の一員であった日本も1917年(大正6年)7月、在ペトログラードの日本大使館のアシダ館員を中央ラーダに送り、ウクライナ情勢を観察させ、また同年11月には同大使館付武官のタカヤナチ将軍(ロシア大本営付武官高柳保太郎少将のこと)を長とする軍事ミッションをキエフに開いたと記述している。

 この高柳ミッションが単なる情報収集のためだったのか、あるいはもっと積極的に日本としてもボリシェヴィキを潰すため中央ラーダを盛り立てていこうとの意図に出たものか詳細は不明である。

■芦田均の「ウクライナ訪問記」

 ところで、上記のアシダ館員とは、戦後日本の首相となった芦田均(1887〜1959)のことである。芦田は革命直前のペテルブルグの日本大使館に若き外交官補として赴任し、二月革命、十月革命を現地でつぶさに観察し、『革命前夜のロシア』(1950年)という優れた回想録を残した。この回想録を読むと、彼がまだ20代後半でありながら、ロシアの高官や貴族・財閥実業家らとつき合って情報を得たり、公爵家で令嬢がたのトランプのおつき合いをしたり、また音楽会に足繁く通ったりするなどロシア帝国滅亡直前の最後の輝きのような時代をいかに過ごし、またその優雅な時代が突然終わって激動の革命期を迎え、身の危険を感じながら緊張した日々をいかに送ったかが鮮やかに描かれている。

 芦田によるペテルブルグの回想はとびきり面白いので詳しく紹介したいところだが、紙面の都合上それは原典を読んでいただく他ない。ここでは彼のウクライナ訪問を少し紹介したい。この旅行が公務出張か私的旅行かは同書でもはっきりとは述べられていない。おそらく両方の意味があったのであろう。まず彼のウクライナの描写である。

〈 汽車は露都を出てから一日二夜、今、朝露のしっとりと置いたステップの中をキーエフの方角に走っている。

 おお、ウクライナ、草長き南ロシア!…… チョルニゴフからオデッサに拡がるドニエプル平野が北ロシアと異った特殊の姿は著しく旅人の眼に映る。土、草、人、一つ一つに南の国らしい面影が黒土帯の雲に連る緑の波と、処々に真黒く茂ったポプラスや白楊の葉と、小ロシア人の気軽な熱情的な眼なざしに掩うべくもなく表れている。…… 百年、二百年の昔、ゴーゴリの書いたタラス・ブーリバの当時のステップは、強烈な日の光が造化の余威を心行く許り草木の上に輝いて、平原の子の心に遠征の血を湧かしめた。丈長き草の間からコザックの黒い毛帽子の頂辺が見えつ隠れつしたのは其頃のことである。〉

 芦田はキエフの製糖業財閥ガルペリン(ウクライナ語名ハルペリン)家とその仲間のベルニンソン家とはペテルブルグでしばしば食事をともにしたり、夜会で会うことも数知れないほどの仲であったので、キエフ訪問にあたっては同地の両家を訪れ、両家の夫人や娘たちと食事をしたり、四方山話に耽った。そしてその伝で同地の有力者らとも会ってウクライナ自治運動についての情報を得た。

 しかし同時にキエフの街は騒然としていた。芦田の滞在2日目、キエフ滞在中の小ロシアの連隊が戦線行きを嫌って軍管区司令官を逮捕するなどの騒擾を起こした。3日目朝には、芦田は川向こうに退却した騒擾兵が打ち出す砲声で眼が覚めたという状況であった。

■「ウクライナ自治運動」を冷めた目で見ていた理由

 ただ芦田がキエフで会った人たちはロシア帝国における既得権益の受益者たちであったせいか、彼はウクライナ自治運動については冷たい。

〈 今日ウクライナ運動が多少とも勢力を占めているように見えるのは、戦争反対の空気が民族独立の名をかりて愚民を動している結果に過ぎないのである。只北方ロシアに於いては親独党は反動保守であり、南方に於いてはそれがナショナリストと呼ばれているのは、独墺勢力が浸透している証左ともいえるであろう。〉

 芦田のキエフ滞在は数日であったにもかかわらず、彼にはとりわけ想い出深いものであったようで、次のように記している。

〈 ドニエプルの川蒸気の甲板で舷に砕ける波の音を聞き乍ら、私は次第次第に遠ざかって行くキーエフの寺の尖塔をぽつねんと眺めた。

 私の見たロシアの中で一番になつかしみの多いこの古い都を今去って、又何時来ることかと思うと、僅かに四五日の馴染とは云い乍ら一脈の哀愁が胸に浮き上るのを覚えた。
……

 ドニエプルの流は右に左に曲りくねり、黄色い波に渦を巻いて滔々と流れている。右の岸には小高い岡が続く。処々に夕日に光った寺の屋根が見えたり、百姓家の赤黒い壁が顕れたりする。左手は収穫の終った一面の平野に枯草の束ねたのが豆を蒔いた様に点在している。静かに川岸にさ迷うている牛や羊の傍に、羊飼の子供が船を見かけて頭巾を振り乍ら大声に叫んでいる。枯草を積んだ渡船の船頭が歌う長閑な寂しい調子が川の面を流れる。太古の儘の静かな景色をじっと見ている中に、私の眼には何故とも知れず涕がにじみ上った。〉

 芦田はこの約10年後在トルコ大使館勤務の時代にオデッサからクリミア方面を旅行したが、涙をもって別れたキエフを再び訪れることはなかったようだ。

数百万人が餓死し、ついには首相が自殺……ウクライナを破壊し尽くした「スターリン」の大虐殺 へ続く

(黒川 祐次)

関連記事(外部サイト)