数百万人が餓死し、ついには首相が自殺……ウクライナを破壊し尽くした「スターリン」の大虐殺

数百万人が餓死し、ついには首相が自殺……ウクライナを破壊し尽くした「スターリン」の大虐殺

©iStock.com

「愚民を動している結果に過ぎないのである」日本の元首相・芦田均がウクライナ自治運動を冷たい目で見ていた理由 から続く

 ウクライナへの弾圧は、戦前にも行われていた。特にひどかったのが、1924年から1953年までソ連の最高指導者を務めたヨシフ・スターリンによる政策だ。

 餓死者は推計300万〜600万人、挙句の果てには時のウクライナ首相リュブチェンコ氏を自殺に追いやったスターリンの政策とはいったい? 『 物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国 』(中央公論新社)より紹介。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■ウクライナに猜疑心を抱いたスターリン

 ウクライナ化は1930年代前半まで続いたが、すでに1920年代の後半から締めつけも同時進行していた。原則には頑固だが戦術には柔軟だったレーニンが1924年に53歳で死亡し、1927年にトロツキー(1879〜1940)、ジノヴィエフ(1883〜1936)らのライヴァルを追放してスターリン(1879〜1953)が権力を掌握したのが転換点であった。

 ちなみにロシア革命にレーニンに次ぐ大きな足跡を残したトロツキーとジノヴィエフはいずれもウクライナ生まれのユダヤ人だった。スターリンは自身グルジア人ながら、ロシア中心の中央集権主義者で、かねてから民族の自治拡大に反対であった。また彼は農民を信じておらず、農民は革命の担い手というより克服すべき対象と考えていた。彼は、農民の国で民族主義の強いウクライナにとりわけ猜疑心を抱いていたようである。

 さらにスターリンは、外国の脅威からソ連を守ることを至上命令とする「一国社会主義」の立場から、いかなる犠牲を払っても近代化、工業化した社会主義国を早急に作り上げなければならないと考えていた。その手段が数次にわたる五カ年計画であり、農業集団化であった。

 第1次五カ年計画(1928〜32年)ではウクライナは重点地域であった。ウクライナは全ソ連の投資の20%を受けた。全ソ連で1400の新工場ができたうちで400がウクライナに作られた。そしてそのいくつかは巨大であった。ドニエプル川のダムと水力発電所はヨーロッパ最大のものであった。またザポリッジアの製鉄工場やハルキフのトラクター工場はヨーロッパ最大規模のものであった。ドンバスからドニプロペトロフスク(カテリノスラフが改名)を経てクリヴィーリフに至る地域はソ連最大のコンビナートとなった。生産力躍進のためのスタハノフ運動のモデルとなったスタハノフ(1906〜77)はドネツ炭田の切り出し工であった。彼はノルマの14倍の石炭を切り出したという。

 この工業化の結果のひとつが、ウクライナ人の都市への移住である。革命前の工業化のときには主にロシア人・ユダヤ人が労働者として連れてこられ、彼らが都市住民となった。今回は、ロシアも労働力不足で余裕がなく農村のウクライナ人が工場労働者として使われ、都市に住みついたのである。

 1926年ウクライナの都市人口の比率は全体の5分の1であったが、第2次世界大戦直前には3分の1にまで上昇した。また都市におけるウクライナ人の比率も1926年には6%であったものが、1939年には30%にまでなった。

■抵抗する農民は「シベリア送り」

 スターリンは農民をむしろ社会主義に対する抵抗勢力と考えていた節があり、彼らをスターリンの考える社会主義体制に組み込むには手荒な手段を使うのもやむをえないと考えていた。すなわち政治的には、個人主義的で独立意識の強い農民を上意下達の組織の中に封じ込めることが必要であった。

 また経済的には、国是である早急な工業化のため安い食糧を農村から調達して工場労働者に与える必要があったし、また機械輸入に必要な外貨を稼ぐため穀物を輸出する必要があった。そしてこの手段が、1928年に始まり1929年から強制的になった「農業集団化」であった。

 農業の集団化とは、これまで自分の土地を耕して自活していた農民を国営農場(ウクライナ語ラドホスプ、ロシア語ソフホーズ)または集団農場(ウクライナ語コルホスプ、ロシア語コルホーズ)に入れてその一員とすることである。いわば農民を土地から切り離し、農業の労働者かプロレタリアートに変えてしまうことである。農民は抵抗した。たとえば集団農場入りを余儀なくされると農民はその前に自分の家畜を屠殺して食用にするなり売るなりした。こうして1928〜32年の間にウクライナは家畜の半分を失った。しかし、党・政府はあらゆる手を使って集団化を進めた。抵抗する者は逮捕され、シベリア送りになった。また自活農が成り立たないよう高率な税を課したり、種々の嫌がらせをした。さらに「クラーク」と呼ばれた比較的豊かな農民は、農民の中のブルジョワであり、農民階級ひいては人民の敵であるとして土地を没収されたり、収容所送りや処刑されるなど徹底的な弾圧を受けた。

■スターリンの集団化が「大飢饉」を招いた

 ウクライナでは、この集団化は1930〜31年に急速に進行した。その結果、ウクライナでは1928年には3.4%の農家が集団化されていたのみであったが、1935年には91.3%が集団化されていた。

 集団化はスターリンとその党の支配の永続化には寄与したかもしれないが、ウクライナにとっては惨憺たる結果をもたらした。それが1932〜33年の大飢饉である。

 1930年ウクライナの穀物生産は2100万トンと比較的良好であり、政府による調達量は760万トンであった。この調達量はすでに1920年代の2倍であった。1931年は不作であり、対前年比65%の1400万トンであったが、調達量は変わらなかった。

 1932年の生産も1400万トンで、前年同様の不作であった。この収穫減は集団化による混乱が主たる原因であった。またウクライナは全ソ連の穀物の27%を収穫したが政府調達ノルマは全ソ連の38%に上ったとしている文献もある。

 農民はこの調達に抵抗した。しかしモスクワの党・政府は強引に調達を進めた。党の活動家は農家から穀物を押収する法的権利を得た。党活動家の一団が都市からやって来て農家の一戸一戸を回り、床を壊すなどして穀物を探した。飢えていない者は食物を隠していると思われた。食物を隠している者は社会主義財産の窃盗として死刑とする法律が制定された。

 こうして飢饉は1933年春にそのピークを迎えた。飢饉はソ連の中ではウクライナと北カフカスで起きた。都市住民ではなく食糧を生産する農民が飢え、穀物生産の少ないロシア中心部ではなく穀倉のウクライナに飢饉が起きたということはまことに異常な事態である。農民はパンがなく、ねずみ、木の皮、葉まで食べた。人肉食いの話も多く伝わっている。村全体が死に絶えたところもあった。

 フルシチョフ(1894〜1971)はその回想録の中で、1本の列車が飢え死にした人々の死体を満杯にしてキエフ駅に入ったが、それはポルタヴァからキエフまでずっと死体を拾い上げてきたからだとの話を紹介している。

■飢饉で「村民の3分の1」が死んだ村も

 この飢饉でどれだけ餓死者が出たかは、ソ連政府が隠していたためよくわからない。ある学者は300万〜600万人の間と推計している。独立後のウクライナの公式見解を盛り込み、クチマ大統領(1938〜)の巻頭言も載っている『ウクライナについての全て』(1998年)では、この飢饉によりウクライナ共和国では350万人が餓死し、出生率の低下を含めた人口の減少は500万人におよび、その他北カフカス在住のウクライナ人約100万人が死んだとしている。北カフカス出身で少なくとも母方がウクライナ系であるゴルバチョフ(1931〜)は、自分の村でもこの飢饉で3分の1が死んだと語ったという。

 この飢饉の特徴は何であろうか。第1に、これは強制的な集団化や穀物調達のために起こった人為的な飢饉であり、必然性はなかったということだ。その意味でこれはユダヤ人に対するホロコーストにも匹敵するジェノサイドだという学者もいる。

 第2に、ロシア本体がこの飢饉をほとんど経験しなかったことである。これはスターリンがウクライナの民族主義を弱めるために意図的にやったことだという説を生んだ。その証拠として、スターリンの「民族問題とは農民問題のことである」という発言や、1930年の『プラウダ』紙の「ウクライナにおける集団化はウクライナ民族主義(個人所有の農家の農業)の基盤を破壊するという特別な任務をもつ」という所説が挙げられている。

 第3に、この飢饉はソ連ではできるだけ隠されていたことである。公式には存在しないことになっていた。それに影響されて西側の歴史書でもつい最近までこの飢饉に言及していなかった。1986年に至ってさえ、ソ連官製のウクライナ史は「恐るべき食糧問題があった」とのみ述べて飢饉の事実にはまったく触れていない。当時ソ連は対外的に弱みを見せたくなかったのであろう。外国からの救援の申し出も断っているが、このことが被害を一層大きくしたことは疑いない。それよりも、この時期にもソ連は平然と穀物を輸出し続けていたのである。

■次に始まったのはインテリ・文化人弾圧

 スターリンの権力掌握でウクライナの自治に制限が始まり、ウクライナ人が農業集団化、穀物調達に抵抗したことでその流れは一層強まった。1920年代に活躍したインテリ・文化人に対する攻撃が始まった。1931年にはフルシェフスキーのアカデミー歴史部門も閉鎖された。彼はロシアに追放され、1934年カフカスで寂しく死んだ。

 1932年頃からは共産党員に対する粛清が始まった。ソ連全体の大粛清は1936〜38年に起きたのであるから、ウクライナに限ってはその数年前から始まっていたことになる。これは集団化、穀物調達に対するウクライナの抵抗の強さを見て狙い撃ちされたのであろう。またスターリンは1933年の飢饉の責任をウクライナ共産党員になすりつけた。彼はウクライナ共産党員に対する公然たる批判を許した。

 1933年には教育のウクライナ化を促進した古参ボリシェヴィキでウクライナ共和国の教育コミサール(閣僚)であったスクリプニク(1872〜1933)が自殺に追い込まれた。その他ウクライナ化を推進した有力な党員たちが自殺し、流刑となり、あるいはいずこともなく消えた。1933〜34年にウクライナ共産党は10万人の党員を失ったという。

 1930年代中期には民族楽器コブザやバンドゥーラを弾く盲目の吟遊詩人たちが大量に殺害された模様である。コブザ弾きは民族の叙事詩をコブザに合わせて吟唱するが、当局はそれが民族主義的であると敵対視した。彼らへの弾圧が語り始められたのはウクライナの独立後である。それによると1930年代の中頃ハルキフでコブザ弾きの大会が開かれ、その後彼らはハルキフから連れ出されて郊外の谷間に送られ、そこで殺されたらしい。数百人が殺されたともいう。しかしまだ文献上の証拠は見つかっていない。ただ1997年ハルキフ市は迫害されたコブザ弾きを顕彰する碑を建てた。

■当時のウクライナ政府首相が自殺

 1930年代前半の粛清の対象は主にウクライナ人だったが、1936〜38年になると粛清の対象はウクライナ人を含む全ソ連人に及んだ。ウクライナ政府の17人の閣僚が逮捕された後処刑された。リュブチェンコ首相(1897〜1937)は自殺した。ウクライナ共産党員の37%にあたる17万人が粛清された。こうしてウクライナの共産党は壊滅状態になった。1930年代末には各共和国の自治はほとんどまったく死滅していた。スターリンは彼の子分を送って各共和国を治めた。ウクライナには1938年スターリンお気に入りのフルシチョフがウクライナ共産党第1書記として送られてきた。

 ソ連全体の教育、文化は一律化、ロシア化された。ウクライナでもロシア語の教育が必須となった。ウクライナ語のアルファベット、語彙、文法がロシア語に近づけられた。ウクライナ人もプーシキン、トルストイ、ドストエフスキーなどのロシア語作家の文学を読むよう奨励された。新聞・雑誌においてもウクライナ語が減った。こうして1920年代にかくも花咲いたウクライナ文化はこの時期にはすっかり死に絶えた。

(黒川 祐次)

関連記事(外部サイト)