年間260泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」――2018年9月〜12月編

年間260泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50」――2018年9月〜12月編

ラグジュアリー感溢れる客室(札幌パークホテル)

 ホテル評論家として2018年の1年間でホテルに宿泊したのは約260泊。そのなかで本当に泊まってよかったといえるのはどこなのか――。

1月〜4月編 」、「 5月〜8月編 」、「 9月〜12月編 」と3回に分けてお届けするこの企画。9月〜12月編の今回、さっそく9月から始めよう。

■09月04日(火)札幌パークホテル

 札幌の格式あるデラックスホテル。天皇皇后両陛下をはじめ、ロイヤルファミリーが滞在されたことでも知られるホテルとしてその存在感は圧倒的。リニューアルが進んでおり快適さも際立つ。おすすめの客室は、エグゼクティブフロアのパークビュースパホーム。広々したバスルームはデザイン性も高く充実のバスタイムが過ごせる。市街中心部にありながら、中島公園のロケーションもあいまって閑静で穏やかなステイが満喫できる。

■09月05日(水)函館国際ホテル

 歴史ある港町函館。港を望むウォーターフロントにある。函館観光の中心エリアという最高の立地にして、函館港を一望でるエレガントなシティホテルだ。人気インテリアデザイナーが手がけた朝食会場は開放感あり。ホテルご自慢の朝食、さすが北海道と思わせる海鮮コーナーには、イクラ・いかの刺身・たらこ・甘エビからサーモンも並ぶ。シェフによるステーキの実演もあり朝食とは思えない驚きの豪華さ。

■09月14日(金)天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM 名古屋栄

 ビジネスホテルと温泉で知られるドーミーイン。ほとんどの施設で大浴場が楽しめその多くが天然温泉。お風呂好きの出張族にファンが多い。経営会社は、もともと大浴場施設のある寮の運営を主幹事業としていたが、社員寮入居者の「出張先でも寮みたいなホテルがあったら」との要望からビジネスホテル業界へ進出した。当初から天然温泉にも注力している。無料夜食ラーメンも人気。

■09月25日(火)ふふ 河口湖

 客室の露天風呂でゆったり温泉も愉しめ、大浴場もプライベート感が高くリラックスできる。ダイニングは照明の演出が美しく、深い森にいるような気分になる。いきなり供されるのは“薪”と題された焼き鮑と舞茸の天ぷら。ビジュアルと香ばしさにやられるが、その後も戻り鰹の炙りなど一貫して炎とグリルがテーマ。山梨牛に山梨ワインのペアリングと、ご当地ものも充実。富士五湖をイメージした器も秀逸だ。

■09月27日(木)アパホテル横浜関内

 アパホテルのベッドが心地よい。高級ホテルで有名なシーリー社と共同開発されたオリジナルマットレス“クラウドフィット”で、こちらでも全室へ導入している。またデュベスタイル(羽毛掛布団をボックスシーツで包むベッドメイクスタイル)も導入されており快適だ。アパホテルチェーンでは宿泊者専用の大浴場やサウナがある場合が多く、こちらでも露天風呂、サウナ、水風呂などがセンス良くコンパクトにまとめられている。浴衣で行けるのも嬉しいところ。

■10月29日(月)ルネッサンス リゾート オキナワ

 ビーチに面する立地が印象的な全室オーシャンビューのリゾートホテル。“リラクゼーションホテル”とも表現できるプライベート感の高さも魅力。カップルからファミリーまで様々なゲストが訪れ、ロビーではオウムたちが迎えてくれる。豊富なアクティビティも人気で、ヨットセーリングやシーウォーク、マーメイドスクールなど40種以上のマリンスポーツが楽しめる。ディナーは鉄板焼きや琉球宮廷料理などもおすすめ。

■10月31日(水)JR九州ホテル ブラッサム那覇

 ハイクラスなビジネスホテルを展開するJR九州ホテルズの“ブラッサム”ブランドが沖縄へ進出。国際通り至近という立地も魅力のホテルで那覇を満喫できる。窓を大きくとった広めの客室、セパレートタイプのバスルームも贅沢だ。最上階にはテラス付きのライブラリー&ラウンジがあり、コーヒーが無料で楽しめる。旅に関する書籍もそろっており読書タイムも楽しい。沖縄と九州の食材が楽しめる朝食はクオリティの高さに唸る。

■11月05日(月)クインテッサホテル札幌

 リブランドで注目のホテル。特にリニューアルルームはツボを押さえた快適な空間。これほどストレスフリーでデスクワークできるスペースは久々に経験した。すすきのまで徒歩圏内という立地にして、ファミリールームなど多様な客室が揃うので、観光にもうってつけのホテルといえる。順次客室のリニューアル中。スープカレーも愉しめる朝食もぜひ体験したい。

■11月06日(火)函館大沼プリンスホテル

 レンタカーを降りた瞬間、澄んだ空気に思わず深呼吸してしまう。客室の大きな窓からは晩秋の紅葉と駒ヶ岳の雄姿が印象的。上質な温泉でぼーっとできる静かなリゾートホテル、何もないことの贅沢さをあらためて感じる。フレンチと和食が愉しめるハイブリッドなダイニングでは、北海道をまるごと味わえるメニューも魅力。朝食のパンと“うにカレー”は必食だ。

■11月14日(水)奥日田温泉うめひびき

 大分県日田市大山に立地する、本当は梅の季節に訪れたいホテル。ご当地名物“梅”をとことんフィーチャー。“梅づくし”の施設はクオリティも一級、隅々まで行き届いている。客室は利用者目線が貫かれており、たっぷりの湯量に泉質も自慢の温泉もリラックスできる。料理長が丹精込めて提供するディナーは季節を感じるメニューが並ぶ。特に味わいたいのが梅酒。鮮度が良い梅の実のみを厳選、薫りの高さが感動的だ。

■11月16日(金)ホテルフォルツァ長崎

 インスタなどSNSの広がりで最近重視されているのが、写真映えする客室。フォルツァブランドに惹かれるのは、多様な利用シーンがよく考えられていることだ。訪れる度に新しい発見がある。今回、再訪した目的のひとつがさらに進化したという朝食。噂に違わずご当地メニューの充実が嬉しい。

■11月17日(土)雲仙観光ホテル

 雲上に突如出現する高原温泉リゾートは、異国情緒あふれるサンクチュアリだ。スタッフの心温まる出迎えもホテルならではのホスピタリティ、クラシックホテルの伝統を感じる。客室へ入って感動したのは隅々まで行き届いた清掃と設え。ベッドメイクも完璧でホテルの矜持すら感じる。

■11月22日(木)アンダの森 伊豆いっぺき湖

 敷地が倍になり生まれ変わったバリ風ホテル。驚きは屋内外の無料アクティビティの豊富さ。三世代でとことん遊べるホテルといえる。新たに誕生した温浴施設は、森の中の露天風呂といった趣に癒やされる。大きくリニューアルされた客室は、かゆいところまで手が届くリラックス感が印象的。夕食はブッフェディナーに一新した。新たな試みがどう進化していくのかも楽しみなリゾートホテル。

■11月28日(水)錦山荘

 毎年この時期に訪問する施設。紅葉と旅館はいつ見ても絵になる。夜のライトアップされた紅葉も趣がある。大正時代から営業していた清水鉱泉が由来という歴史ある湯で、大浴場も重厚な雰囲気。丸太を組んだいで湯風の造りに歴史を感じる。客室の窓は大きくとられ、高崎市街から遠くは赤城山まで望める。深い自然に囲まれており“静寂”という表現もマッチする湯宿だ。

■12月04日(火)ENSO ANGO

 10月に開業したホテル。烏丸から河原町・祇園といった京都の中心部に“5棟で1つのホテル”という分散型ホテルがコンセプト。それぞれに芸術家がプロジェクト参画しており、日比野克彦さんのアートがテーマといった施設もある。京都的なエリアにありながら、客室はシンプルなのが落ち着く。ホテル唯一のダイニングも“スペイン料理”だ。

■12月04日(火)ホテル京阪 京都八条口

 12月1日に開業した新しいホテルへ早速訪問。観光目的のファミリーからおひとり様でのビジネス利用など、幅広い用途で利用できる「ちょうどいいホテル」がコンセプト。レストラン、大浴場、ランドリーの混雑状況がTV画面に映り、ベッドサイドの専用タブレットも便利。モダンなデザインの茶器が用意され、京都らしさを客室でも味わえる。朝食はロビーに接するレストランで。服部の湯豆腐や錦市場の打田漬物など、京都を代表する食材が楽しめる。

■12月11日(火)ザ エディスターホテル京都二条

 10月1日に開業したホテル。スタイリッシュで機能的な客室はテレビが壁付け。このような設置方法は最近ブームだが、外部機器を接続しようとすると壁付け固定で隙間もなく端子が使用できないことも。その点こちらは壁付けでも可動式で便利。朝食は朝食会場で食べてもよいが、京のおばんざい&炊き込みご飯のお弁当で、客室へ持って行くゲストが多いとのこと。

■12月27日(水)パレスホテル立川

 多摩地区の中心・立川を代表するデラックスホテル。宿泊、レストラン、バンケットなど地域のコミュニティホテルの要素も高い。シングルルームからスイートルームまでバラエティに富んだ客室を備えるが、リニューアルルームがおすすめ。落ち着きある従来の“European Style”に加え、スタイリッシュなモダンインテリアの“Artistic”、和のテイストを取り入れた空間デザインの“Japanese Style”と異なるコンセプトの客室が登場した。

※「 1月〜4月編 」「 5月〜8月編 」もお楽しみください。

※記載の情報は滞在時点でのものであり、最新情報等については施設の公式サイトなどでご確認ください

(瀧澤 信秋)

関連記事(外部サイト)